ブロッケン山のおこめつぶ

徹底比較 コーヒー VS スタンプス

予告から、すっかりお待たせしてしまいました。

コーヒーも切手も大好きなので、
あまり戦わせたくはないですが…

CS扉

3月21日(土)、祐天寺・珈琲 出雲亭さんでの
< 続・月いちはんこワークショップ >を皮切りに、

4月11日(土)
トラッド目白 2F イベントスペースでのSTAM×PSTAMPワークショップ

4月18日(土)
< 続・月いちはんこワークショップ > 4月


と、この春はワークショップ・マラソンとなったKrabat。

しかし、こう日がたてこんでいると、参加をお考えの方々も
いったいどれがどうなのか?と、迷いそう…

もちろん、場所と日時で各々の方のご都合に、
一番あった回を選んでもらえばよいのですが、

ここはKrabat本人の、こんがらがった頭の整理も含めて、

祐天寺か?目白か?
コーヒーなのか?切手なのか?

ふたつのワークショップを多角的に比較・検討してみたいと思います。


以下、コーヒーマークは出雲亭さん、切手マークはトラッド目白です。


ワークショップ内容

どちらのWSも、以前の松島屋さんとのちがいは、
1回参加ではんこの製作個数が1個という点と、
参加のお代金を先払いでお願いする点です。
後だと、忘れる自信大なもので…。
それから、スペースの都合上、
Krabat商品の物販はちょこっとだけになるかと思います。


では、それぞれのちがいは…?


コーヒー 松島屋さんWSの続編としてスタートしますので、
 これまで通りKrabatはんこの全図案から、
 お好きなものを選んで作っていただきます。
 飾り文字でも切手でも北欧でもレコはんでも、
 どれでもかまいません。
が、レコはんなど大きくて複雑なものは、2回通しの参加でないと厳しいかと思います。
そして、時々原本を紛失していて、ご用意できなかったりします。
手抜かり、誠に申し訳ありません。
お客様から彫ってみたいデザインを持ち込まれてもOKです。

2時間中、はんこ製作に1時間半、
新作スタンプを捺していただく時間が30分という時間割です。
レコはんをはじめその月に作った新作スタンプは、全面的に持ち込みます。
どうぞ心ゆくまで捺して下さい


スタンプ 「切手×はんこ」というコンセプチュアルなイベントなので、
 WS用の図案も飾り文字イニシャルと切手モチーフの
 2種類に絞ります。

 切手モチーフ図案は、STAMP×STAMP用に厳選。↓

切手モチーフ原本
切手モチーフは、主に経験者の方向けになりますが、
未経験の方でもなんとかなりそうな図案には、星マークを付けてます。
定番の飾り文字も、普段よりちょっと大きめサイズでご用意しますので、
初心者の方に優しい感じかと思います。
ただ、Krabat製作はんこの試し押しタイムを省いているため、
出雲亭WSより30分短く設定されています。

試押用1かわりに、
ご自身の完成品の試し押しと
一緒に楽しんでいただけるよう、
切手や消印のサービスはんこを
数点ご用意させていただきます。

こんな感じの重ね押しはんこも
ありますよ。→

目白で特筆したいのは、午後18時スタートの< 夜の回 >
クラフトWSといえば普通土日のお昼ですが、
WSに参加したくても
「土日が仕事の人は、どうすればいいの…?」
というエスケー店長さんご自身の切なる思いから、
土曜がお仕事でも5時に終業なら間に合う、夜の回を設けることになりました!

5時までお仕事の方はもちろん、お昼は他のイベントでお忙しい方、
夜行性の方など、夜がうれしい方案外多いはず。
この機会に、ぜひご検討ください!


ワークショップ環境

コーヒー 貸し切りではなく、出雲亭店内の入り口付近、
 カウンター数席と1テーブルをお借りしての開催です。
 奥のお席は普通に喫茶のお客様がいらっしゃってますので、
 皆さんも普通にカフェでくつろぐ感じで、
 のんびり彫って下さい。

サナエ店長の粋なはからいで、ちょっとしたおやつも持ち込み自由です。
出雲亭店内
せっかくのカフェ開催ですから、彫る方も、彫らない方も、
見学、おしゃべり、ちょっと休憩などなど、思い思いの目的で、
気軽に遊びに来て下さい。
なんといっても、街自体がのんびりな祐天寺ですのでね。



スタンプ レストランやカフェに囲まれた、
 イベント用オープンスペースでの開催です。
 いろんな方が通り過ぎるちょっとした雑踏のなかで、
 はんこを彫る。
 これもまた新鮮かもしれません。

トラッド目白目白会場

目白駅の改札を出て、すぐ目の前の右手が、トラッド目白。
この日、2F イベントスペースでは
学習院大学の鉄道研究会が鉄道模型の実演イベントを開催していました。

レストランフロアなのでWS前後のお食事、お茶などにも、困ることがありません。
目白といえば、切手の博物館や自由学園明日館、目白庭園、骨董通りなど、
楽しい寄り道にも困らないのですが…
一番の寄り道先は、なんといってもWS主催のエスケー・スタンプではないでしょうか。
そこのあなた、どんなに切手が好きでも、
一人で切手屋さんに入るのにはちょっと腰が引けていませんか?
でも、勇気を出して一歩入ったら、
切手はもちろん、初日カバーが、マキシマムカードが、エアレターだって、
こんな値段でいいんでしょうか?

当ブログでも再三ご紹介しているように、
そこは紙ものパラダイス
さらに店長さんに「WS参加者です」と告げれば、
なんかいいことあるかも?!
(元ダンボールクィーンの眩しい¥0スマイル、とか…)

とにかく目白WS、切手好きの方には特にオススメしたいです。



その他のトピック

コーヒー 月いちはんこWS古巣の松島屋さんが
 21日より土日営業を再開します。
 せっかくチョー近所なので、
 よかったら出雲亭WSの前でも後でも途中でも、
 みのりさんと雑談がてらのぞいてみてくださいな。

そして、出雲亭の隠し球。
店長サナエさんの特技はなんと、タロット占い
タロット
そう、
カフェ店長は昼の顔、
夜は祐天寺の母
早変わり

タロット占い、
お店の営業終了後に
予約制で、受けられて
いるそうです。

WSでサナエさんのお人柄に触れ、なにかピンと来た方は、
人生の岐路に立ったとき、より良い未来を探しているとき、
サナエさんのカードに聞いてみては?



スタンプ WSと同時に、Krabatとエスケー店長さんが
 これまで彫り貯めた&このために彫った
 切手モチーフはんこを、会場で展示しております。
 しかも、リーフを使った切手マナーの展示スタイルで。
 仕上がった展示用はんこの一例です。↓

展示用1

…蒐集、と言ってももちろんストックブック止まりの切手女子Krabat、
リーフとか、マウントとか、
ついに貼り込み始めることに。(なぜかこっそり)ガーン

そこにはんこがあるのに捺せないのは残念ですが、展示見学は無料ですので、
どうぞお気軽に楽しんでいってください。
ご希望の方に捺していただく、無料スタンプも数点ご用意する予定です。

それから目白は、参加可能人数最大8名×3回という、
Krabat史上初の超大型イベント
「それって、一人でだいじょぶか?」と不安がよぎり…。

そこで、転ばぬ先の杖(年寄りの知恵ですね)、
松島屋WSのレジェンド生徒さん、Y♡さんに手伝っていただくことに。
知らぬ間にはんこ作家への道を着々と歩み始めているY♡さん、
ついにワークショップ講師見習いとなります。
WSでご一緒した皆さん、ぜひひやかしに来てやって下さい〜

それでも夜の回が終る頃には、2人ともガタガタなんでしょうね…




…いかがでしょうか?
祐天寺と目白、それぞれに楽しみどころ、明らかになったでしょうか?


ワークショップ・マラソン開幕まであと1週間、
Krabatもそろそろエンジンをかけていかねばなりませんね。


現在の予約状況は、3月21日(土)出雲亭さんWS
         17時からの回、残席2席のみとなっております。
4月11日(土)STAMP×STAMPワークショップは、
        どの回も十分にお席がございます

どちらも詳細情報、予約方法などについては、
当ブログ最近記事(2/11〜)に掲載しておりますので、
どうぞさかのぼってご覧下さい。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。


いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

紹介していただいて、ありがとうございます。レジェンドって、いつも恐縮です^^;

素敵なハンコたちが仕上がってますね‼︎ 展示、見応えのあるものになりますね。
wsの切手のモチーフも可愛いです‼︎
流石です、師匠~。
楽しいイベントになる様、微力ながらアシスタント頑張ります。

Facebookで告知する際に、このブログも紹介させてもらっていいですか?

吉田 | URL | 2015-03-17(Tue)20:04 [編集]


Re: 吉田さんへ

コメントありがとうございます〜
こちらこそ4/11、よろしくお願いしますねー
目白、予約の出だしがふるわず、
店長と二人ひきつり笑い中です。
こうなったら吉田さんのFBに期待。
もちろんどしどし紹介してくださーい!

ではでは、また近いうちにっ

おこめつぶ | URL | 2015-03-18(Wed)00:23 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)