ブロッケン山のおこめつぶ

切手は続くよ、どこまでも…

四半世紀ぶりに食べました、ボンカレー

ボンカレー

大塚会長、追悼…、というか、
一人のお昼ご飯で、楽しただけなんですけどね。


ニナ・シモン現在のパッケージを
初めてまじまじ見て、
ニナ・シモン / Here comes the sun
のジャケを思い出し、→
これも久しぶりに聴きました。
やっぱ名盤。





さて、先土曜、今年最後の切手市場に行って参りましたよ!

切手全体


!はついてるものの、出不精&朝苦手のダブルパンチで、
出陣はいつも午後からのおこめつぶ。
最近は開場前から並んでいる女子もいるという状況らしいので、
相当ぬるいです。

まあ、ぬるいはぬるいなりに作戦はたててまして、
今月はしばらくのぞいていなかったお店を、重点的にまわることに。
いつもお世話になっているおじさま方に、年の瀬の挨拶をしつつ。


今月の主な釣果は、こんな感じでした。

ブリティッシュ・テキスタイル
イギリス82年発行のブリティッシュ・テキスタイル切手。
これ、なかなか4枚そろわなくて困ってたんです。
いつも紙付き切手の山をしつこく掘らせてもらっているおさむショップさんで
未使用の揃いを見つけたので、ちょっと張り込んで買いました。うれしい…



スイス切手
印刷の美しさとデザインのよさで、女子にも人気のスイス切手。
タカシマ屋さんでお値打ち価格の揃いを、いくつか見つけました。


アメリカ凹版
アメリカの切手も、古い凹版のものはとてもきれいです。
51州のシリーズ切手があったりして、蒐集心をくすぐります。
画像中央のイリノイ州の切手を見つけて以来、ちょこちょこ集めるようになりました。


ギリシャ切手
そして今回、ギリシャ切手に開眼
行ってみたい国としては、いつも上位にいるギリシャですが、
切手的には西ヨーロッパのメジャー国や旧共産圏の東欧諸国に比べると
やはり影が薄くて、特に注目しないまま2年が過ぎ…
ところが、牧神の切手(画像中央)を見つけた瞬間、
デカすぎる松ぼっくりに目が釘付け。
58年発行古代神話の登場人物4枚シリーズのうち、3枚をゲットできました。
マットな色調や素朴なタッチに、古代の牧歌的な空気を感じさせるギリシャ切手。
切手女子的にはプライオリティー低そうだし、のんびり集められていいかもです。

そういえば、以前新宿切手センターで見つけたキプロスの鳥切手↓
キプロス鳥
これも、ギリシャ切手独特の空気が出てますよね。
なんだか懐かしい…


午後から出陣でも、待望の収穫あり新しいトキメキあり、充実した1日になりました。
切手市場、また来年もユル〜く参戦したいと思います。



ところで、大掃除とお仕事と、家でバタバタしているばかりの12月ですが、
そんな現在、家で地味にハマってるのはコレ↓
コジャック

…今どき、『妖怪ウォッチ』でも『シャーロック』でもなく、
なぜ『刑事コジャック』か?!

う〜ん、理由はAmazonで激安のDVDを見つけた、ただそれだけです。
昔のTV放映時にまったく観てなかったので(コロンボはたまに観てたんですが)、
このタイミングで見つけたのもなにかの縁かと。
って、実は私も、最初は半信半疑だったのですが。

でもね、いきなり第1話、やんちゃ盛りのハーヴェイ・カイテルが、
ゲストで現金輸送車急襲→たてこもりなんてやってたら、
観ないわけにいかないじゃないですか!
その後も、70年代の映画で知った顔が、ちょこちょこ登場します。
刑事さん側もテリー演じるコジャックだけでなく、
おやっさん、クロッカー、スタブロス等々、
いい塩梅の地味キャラ集団で、毎回の凶悪事件ながら和みますよ〜。

それに、ニューヨークの夜の街並に『タクシードライバー』を思い出し、
小汚い、騒々しい分署の様子に『破壊!』を思い出し、
ふとした瞬間にジョン・カサヴェテスやウディ・アレンの映画を思い出し、
要するにニューシネマ時期のニューヨークを、気軽に満喫できるんですね〜。
相変わらず世の流れを無視して、バック・トゥ70’sしている我が家です。

しかし、手に入れたのがド廉価盤なので、
なんのデータもないのが残念ですが…


はっ!
また、どなたの興味もカスらないことを、書いてしまった。
…今回は、ひとまずこのへんで。




いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)