ブロッケン山のおこめつぶ

誕生日が待ち遠しい!?

ドイツたまご
先週、今年の誕生日がありました。

誕生日といっても、半世紀ぐらい延々繰り返されているわけですから、
もはや特になにをするとかどこへ行くというようなこともなく、
ささやかなプレゼントと夕食後のケーキだけいただいて終了。

ただ、なんとなく誕生日がうれしかった頃の余韻は残ってたり…

誕生日の翌日には、浅草橋の問屋街へ買い出しに。
買い出しといっても初めての問屋街、OPPの袋以外はたいして収穫もなく、
時間いっぱいうろうろだけして帰ってきました。

上の画像は、問屋でもなんでもない、アガタ北澤ビルの雑貨屋さんJAMCOVERで
「ハッピー・バースデイ!」と自分に言い訳しつつゲットした、
ドイツの卵オーナメント。

実は卵にめっぽう弱いんです。我が家の幼稚園化がますます進みます。

カフェ紅 帰りの道すがら、
 古民家カフェ紅さんを発見。
 「アフター・バースデイ!」と
 自分に言い訳しつつ、
 タルト2種をテイクアウト。
 ←
 写真を撮り忘れてて
 一口食べたの図。
 おいしゅうございました。



誕生日の前日に、誕生日とは関係なくいただいたものもありました。

切手は語る
大谷博氏著『切手は語る』
85年に出版された、なかなかの名著です。
古本屋さんで見つけたときは高くて買えず、
後日ダンナがアマゾンのマーケットプレイスで、
激安価格で見つけてくれました。

いや〜、そろそろ女子用の< かわいい切手本 >は卒業して、
おじさんのうんちくが聞きたいなと思っていたところなんですよ。

まずは表紙、向かって右上に注目。
アバ

あ、アバ?

そう、ABBA
(Bを反転出来ないのが口惜しい)


スウェーデンが誇る天才彫版師チェスラフ・スラニアが彫った、
スウェーデンが産んだポップス界永遠のスーパースター、ABBA。

こんな切手があったんですね。
洋楽&切手大好き人間には豪華すぎる一枚…
さっそく照準がロックオンされました。


定価の1/4以下という激安価格のため、表紙は少々痛んでいますが、
ダンツィヒ切手
中はピッカピカ
紙質もオールカラー印刷も上質で、切手の美しさが堪能できます。
100集められた切手にまつわるエピソードも幅広く、
憧れの切手の由来を学んだり、常々不思議に思っていたことに合点がいったり、
私ぐらいの初心者にはいちいち「へえ〜」な内容です。

誕生日でも、誕生日でなくても、いただきものは純粋にうれしいですねっ


そうそう、最近ダリオがすっかり大人になり、夜更かしするようになったので、
私の就寝前の読書時間が復活しました!

この秋は読書の秋に決定です。



さて、今週末は目白のブックギャラリー ポポタムさんへ、
アメリカの切り絵アーティスト、ニキ・マックルーア展を観に行く予定です。
ニキ展

USインディ・レーベルのアートワークや
カルチャー・マガジン< Sweet Dreams >の表紙でおなじみのニキさん作品。
どんな展覧会になるのか、とても楽しみです。
そして、ニキさんの2015年カレンダーを忘れずにゲットしなければ!

「それってどんなの?」と思った方、どうぞこちらへ→

カレンダーって、好きなんですよね。
観光カレンダーなんかを買うと、翌年いっぱい
思い出とともに楽しめるので、旅行先では必ず買い求めます。

今年ははんこにつぐはんこで、どこへも行けなかったので、
せめて来年、ニキさんの素敵な切り絵を毎月の楽しみに出来ますよう。
そして、目白と言えば、エスケースタンプさんでもよき収穫が得られますよう。

物欲の神様にお祈りしながら、週末を待ちたいと思います。





いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。
それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)