ブロッケン山のおこめつぶ

ことの次第

さて、ようやく3連休のご報告です。
ぐうたらおこめつぶの限界に挑んだ3日間、どういうことになったかというと…

1日目

イシワタリ1

13日、いよいよ怒濤の3連休が始まりました。

まずは鎌倉由比ガ浜にて Sweet Sweet Sweden+ 小さい秋の北欧マルシェ。
当日は暑くもなく、穏やかで気持のいい晴れになりました。

年齢のせいか、朝早いと体調が崩れることの多いこの頃ですが、
無事なんとか定刻に、会場「スタジオ イシワタリ」さんにIN。

イシワタリ3


手入れの行き届いた古民家の、ひんやりした影の感じがすごく気持いいです。
う〜ん、子供の頃の実家を思い出すなあ。


Krabatのブースは、玄関横の洋室の一角。

洋室をシェアさせていただくBG shopさんとlittle knownさんも準備中。
イシワタリ2
開け放した窓からの光がさんさんと降り注ぎます。

ディスプレイはこんな感じになりました。
ディスプレイ1

今回初めて使ったディスプレイボードのテーマは「半畳ブンダーカマー」
ボードのひとコマひとコマに、はんこやミニチュアをはじめ、化石、ヒトデ、世界の土産物なんかを詰め込んでみました。なかにはダリオ愛用のスーパーボールもあったりして。
コーナーの棚はもともとここにあったイシワタリさんの家具ですが、
なんだかうまくマッチング。
磨りガラスも木の色も、昭和初期の洋室感満点ですね。

そういえばイベント直前、自分の記念品という意味もこめて、
こんなペーパーバッグを作ってみました。
SSS紙袋

北欧切手のモチーフをはんこにし、Sweet Sweet Sweden+のロゴを入れました
(ネコ村さん、使わせて下さってありがとうございます)。
事前にブログに載せられなかったのが残念だったので、この場を借りて。


イベントは、11時半のオープンからお客様がドッと押し寄せ、皆さんと楽しくやりとりしているうち、気がついたら3時過ぎでした。
今回、Krabat初参加の北欧イベントだったせいもあって、
関東の知人という知人、全員が遊びに来て下さった感あり。

切手関係のりんごちゃん、りんごちゃんのお友達、ペンギンさん、おざわさん。
松島屋さんでのWSに参加してくださったAさんも、
コンビのY☆さんのミッションを携えて訪ねてくださいました。

それから、イベント主催のネコ村さんとのご縁を作って下さったネコ本博士、Sweet Dreams Pressの福田さん、そのお二人とご一緒に、あらあら、あら田さんまでもが!

こうなるともう、恐縮すぎてほとんどパニック状態のおこめつぶ。
あ、ついでにダンナも現れました。いつもお世話かけます〜


皆々様、お忙しい中遠いところを、ほんとにどうもありがとうございました!

さて、夕方6時、あっという間に1日目が終了しました。

イシワタリ5 翌日は、おこめつぶ本人は終日
 参加が出来ず、north to southさんに
 商品を委託販売していただく
 ため、ブースを移動。
 
 作業中、暗く人気のない板間が
 またいい感じでした。

 このままここでまったりしたい…



この後、鎌倉駅前でダンナやネコ本さん達と合流、10時過ぎまで飲んだのでした。
って、私お酒は飲めないんですけどね。
でも、ほんとに最後まで楽しく、ありがたい1日でした。



2日目

大仏煎餅昨晩の睡眠不足も火事場の
なんとかで押さえ込み、
弱った歯に大仏観音煎餅で
カーツッ!(かたっ)

再度鎌倉へ。


この日は、翌15日のドールショウ41のため、めいりんさんと合流です。

12時に鎌倉駅で無事再会するも、バスのなかで喋りすぎて(しかもバリ関西弁)
長谷東町通過、長谷観音まで行ってしまいました。

バス通りでは秋祭りの真っ最中!御神輿が〜
祭り

これ、多分めいりんさんが呼んだんだと思います。
彼女は、全国的にも有名な荒っぽい祭の町出身。
昨日も宿泊先のホテル周辺で祭りだったそうです。
恐るべし、祭り女。

人混みをかき分け、かき分け、イシワタリさんに到着。ゼイゼイ
なかはとても涼しくて、祭りの汗がサッと引きました。

イシワタリ4

この日は穏やかな混み具合で、落ち着いた雰囲気のなかに混じる笑い声や話し声が、
ちょうどいい感じです。

先にネコ村さんとの用事をすませ、
では、イートインコーナーで、昨日食べ逃したシナモンロールを…

売り切れですと!?


…やっぱり。

気を取り直し、リンゴンベリータルト、最後の一切れを、
めいりんさんにゆずってもらいました。

大人げなくてすいません…


この日は2時間ほど、はんこに目を留めて下さったお客様とお喋りしたり、
終了後の商品配送の段取りを整えたりして、鎌倉を後に。

次は、かねてからめいりさんと約束していたとおり、
いつもWSでお世話になっているminoria/松島屋さんを訪ねます。

途中、翌日の荷物を自宅の駅でピックアップし(ダンナよ、かたじけない)、祐天寺へ。

ここでは前回書いた通り、ドイツ切手パックにかじりついているうち、
あっという間に閉店時間。
みのりさん、お世話になりました。


夜9時、ようやく大門のホテルへ到着。
晩ご飯は、もうめんどいのでモスバーガーとコンビニサラダ、お持ち帰りで。
行程の半分を過ぎ、さすがにちょっとフラフラしてきました。

疲れてすぐ寝るのかと思ったら、ベッドに横になったまま、喋るわ喋るわ

1時過ぎ、お互い「ええかげんにせい
とツッコミを入れあい、消灯。



3日目

ついに最終日です。
なんとかあと1日、元気よ、もってくれ。

ホテルをチェックアウトし、
途中コンビ二で釣り銭補充作戦を展開しながら、
9時半頃浜松町の会場に入りました。

ドールショウ1

この日はあまり余裕がなく、オタオタのままスタート時間を迎えましたが、
めいりんさんのドール服は、相変わらず開始と同時に売り切れでした。

その後Krabatがぼちぼちと、といった感じで、
めいりんさんのドール仲間やファンの方がひっきりなしに遊びに来られるなか、
時間は楽しく賑やかに過ぎて行きました。

そうそう、昨年のドールショウ38で出会い、
松島屋さんのWSにも遊びに来て下さったドール用シューズ作家の
marikunさんとの再会もありました!
ドールショウ2
合同でブースを出されていた
takaさん、ピッピ豆(この
お名前、おこめつぶ共感)
さんともお会い出来て
楽しかったです!



人の波が落ち着いてきた2時頃、
ちょっと一休みと思って椅子に座ろうとしたところ

グキッ

…え?


グキッの文字が小さかったから、まだよかったのです。
腰に軽い、しかし無視するとおおごとになりかねない痛みが…。

そそそ、そこに来たか…

その後2時間、顔は笑顔で、動きは老人フォームのスローモーで。


ドールショウ、2度目のコラボとなった*Mayrin*×Krabatブース、
いろいろありましたが、なんとか無事終えることが出来ました

遊びに来て下さった皆様、声をかけてくださった皆様、
どうもありがとうございました〜

ドールショウ3

思えばこの3日間、私が一人でがんばったというよりも、
Krabatに関わって下さっている方々、
イベントを一緒に楽しんでくれた友人達、
出会いや再会のうれしさを励みにできたあの人、この人、
そういった人々の力に支えられて、知らぬ間にがんばれたという気がします。

またいつか、いろんな方といろんなかたちでお会い出来ることを、
楽しみにしております。



…そして、夜便で関西へ戻るめいりんさんと別れ、

瞬く間に過ぎ去った3日間の思い出を噛み締めながら、

本格的にグキッと行く前に、

おこめつぶは家路へついたのでした…



さて、明日の20日(土)は、
minoria/松島屋さんでの月一消しゴムはんこワークショップです。
(WS詳細は、ブログ前回をご覧下さい)

Wイベント
返す刀で
ワークショップ

唐突に一句詠んでしまうのも、頭がゴチャゴチャしている証拠。
いったいどんなことになるんでしょうか?
ともあれ、お時間のある方はぜひぜひ遊びに来て下さい!

いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。
それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)