ブロッケン山のおこめつぶ

レコードを捺しましょう!

扉

4歳の頃、父の転勤先と実家を頻繁に往復する車のなか、流れっぱなしのラジオから、
私の洋楽生活が始まりました。

学生時代はお小遣いもお年玉も、もらう先からLP盤に化けていきました。

すっかり大人になって、大変趣味のあう人と結婚。

その結果どうなったかというと、

レコードの山&壁に囲まれて暮らすことになりました。

歩けばジュエルケースが割れ、寝転べば平積みCDが崩れる日々。
「いったいどうしたらいいのかしらね、このCD?」
とイヤミを飛ばしたら、ダンナが一言。
「彫ればいいんじゃない?」

…あ、なるほどね。
そこに山があるなら登ればいいし、はんこがあるなら捺せばいい、
レコードがあるなら彫ればいいと。

its1.jpg
そんなわけで、今年から始まりました。

レコジャケはんこ、略して< レコはん >

某レコード店の名称に激似の響き…



さて、さっそく挑戦したのは…
 THE MILLENNIUM / Begin
ビギン
60年代ソフトロックの名盤。やはり最初はこれじゃないかと。
ポップなメロディーの乱れ打ち、一旦かけるとそのまま最後まで歌いきる1枚です。

 SONIC YOUTH / “Goo”
Goo.jpg
実は、私はあんまりソニックユースは聴いて来なかったのですが、「はんこ」ですぐに浮かんだジャケでした。ちょっとワルいはんこも彫ってみたかったんですね。
とにかく、Tシャツ姿のサーストンよ、永遠なれ!    


はんこのサイズは基本、CDジャケットの1/4。
アートワーク全体のものもあれば、一部を抜き出したものもあります。
今、アイディアを続々と暖め中。

ところで、レコジャケはんこを彫り始めた頃、
同タイミングでうれしいお誘いがありました。
東急東横線祐天寺駅近辺で、土日限定で営業しているちょっと変わった雑貨屋さん、minoria/松島屋(画像↓)から、「消しゴムはんこのワークショップをしませんか?」というお話をいただいたのです。
松島屋正面

とはいうものの、はんこを始めてまだ2年生のKrabat。
「とても人に教えられる腕前じゃないし」と一瞬躊躇しましたが、
いや待て、なにごとも挑戦、それなら先輩として一緒に学ぶ気持ちでやってみようと思いました。


minoria/松島屋さんについては、日を改めて、ワークショップの話題も絡めて詳述させていただきますね。
minoria/松島屋→

さて、記念すべきワークショップ第1回、「みんなにも捺してもらいましょう」とBeginのレコはんを持って行ったところ、けっこう受けたのに気をよくしたKrabat。
これから毎月のワークショップに併せて、月いちでレコはんを彫ることにしました!


レコはんは、大きさ、図案の入り込み具合、再現の正確さ、どれをとっても修行中のKrabatにはなかなか難題です。でも、ゴム板を前にしてデザインナイフを握ったとたん、頭の中でプレイボタンがオンになり、まるで自分とはんこと音楽が一体化しているように感じるんです。
それが、クセになるんですよねえ…。

ロデオの恋人(途中)

3回目には THE BYRDS / Sweet heart of the rodeo を、現在製作中。


レコはんシリーズ、12月まではがんばりたいと思っていますが、
さて、どこまで続けられますことか…。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

レコはん。

レコはん、恰好いいですね。!^^
ふつうの英文字のもすきですが、レコードだったらアート的なものがありますから、なんだかわたしも通じるものがあります^^
洋楽はわたしはまだまだ初心者なのですが、レコはんをみているとその音楽が伝わってくるような気がしてきます^^
ソニックユースの、ああいうのすきです^^

ワークショップがんばってくださいね^^
そですね、なにごともチャレンジしていかないと進みませんから。

尚花 | URL | 2014-04-10(Thu)18:34 [編集]


Re: レコはん。

尚花さんへ

コメントありがとうございます!
レコはん、大変です〜。でも頑張ります〜。
レコジャケっていいですよね。ほんとはアナログ盤のほうがインテリアにはいいんだけど、うちは量で勝負、CDがずらっと並んでます。なにか、はんこによさそうなジャケをご存知だったら、ぜひ教えてくださいね!

ワークショップ、やってみたらすごく楽しかったんですよ!
自分でも意外でした。すでに毎月の楽しみになっちゃってます〜。

おこめつぶ | URL | 2014-04-11(Fri)00:00 [編集]