ブロッケン山のおこめつぶ

いざ、鎌倉!

北欧切手up

もののふ系の勇ましいタイトルですが。
内容は、いたってオシャレな北欧イベントのご紹介です。あしからず。

この秋、Krabatが参加することになった2つのイベントのうち、
1つが鎌倉で開催されます。


9月13日(土)・14日(日)の二日間、
鎌倉の< 古民家ギャラリー イシワタリ >で開かれる、

Sweet Sweet Sweden+2014 presents 
〜ちいさな秋の北欧マルシェ〜



主催のネコ村さんとの、ありがたくも不思議なご縁から、
参加の運びとなりました。

ネコ村さんのセンスで厳選された実力派のハンドメイド作家さん方が集結、さらに彼女が扱うスウェーデンのデザイナー商品や現地で買い付けたグッズなども交えて、
会場全体が北欧一色に染まる、素敵なイベントです。
興味がおありの方は、こちらへリンクしてみてくださいね。↓

会場:古民家ギャラリー イシワタリ
今年1月に開催された北欧イベント:Sweet Sweet Sweden 2014


さて、そこでKrabatですが。
突然の北欧ミッション

北欧というくくりは、スカンジナビア半島に位置するスウェーデンフィンランドノルウェー、それからすぐ下のデンマークの4カ国を指すようです。時には上のアイスランドも入ったり。

もちろん北欧デザインや文化史について教養程度の知識はあるし、ほんわか憧れてはいたものの、これまで特別に凝ったこともなく、現地を旅したこともありません。
さらに、ハンドメイド作家としても、まったく駆け出しの若輩者。
お誘いを二つ返事でお受けしたものの、さて、どうしたものか…。

しかし、そこで思いました。
他の皆さんのブースがメインストリートのキラキラしたブティックだとしたら、
Krabatは商店街の端っこの駄菓子屋さん。
イベントの箸休めブースとして、存在意義があるじゃないですか!

それに、特に北欧に造詣が深くなくても、
世界中のどの国にも特化出来る万能選手切手があるじゃないですか!


よっしゃ、やれるような気がして来たで〜!


というわけで、まず紙もの雑貨から取りかかりました。

北欧しおり
いつも作っている切手栞
ちょっとアレンジを加えて、ハードフェルトには小型切手を使用。サイズも小さめ。
布の栞は、もともとやや厚めだったのですが、今回は文庫本にも挟める薄さに改良しました。


それから、封筒型カードも、北欧切手に模様替え。
北欧カード

ちなみに、写真でバックに使っている画集も、一応こだわってコペンハーゲン出身の挿絵画家、カイ・ニールセンだったりして。


それから今回、ソーマトロープという、
小さな紙おもちゃを作ろうと思っています。

2つの絵をすごい速さで交互に見ると、合体して1枚の絵に見えるという、人間の目の錯覚を利用したおもちゃで、映画やアニメーションの原理の元になったもののひとつです。パラパラ漫画みたいな感じかな。

製作はまだこれからなのですが、
なぜ、今回ソーマトロープに挑戦しようと思ったか?というと。


100人の子供この映画を観たからです。→

これは、1988年に南米のチリで制作されたドキュメンタリー映画。『100人の子供たちが列車を待っている』というタイトルは、映画の歴史に明るい人ならピンと来ますよね。
世界で初めて上映された映画、リュミエール兄弟の『列車の到着』にちなんでいます。
私も大昔、大阪の小さい小さいイベントスペースで、列車を待ってたことがありました。


チリの小さな町の子供達が通う< 映画教室 >
貧しくて、映画館で映画を観たことすらないような子供たちが、週に1回教会の教室に集まって、映画の歴史をひもときながら初期映画の名作をみんなで鑑賞したり、カメラや映写機の仕組みを学んだり、果ては映画製作までやってみたり。
そんな教室の半年間を、現実の厳しい生活模様を交えながら綴った映画でした。
映画を足がかりにどんどん広がって行く子供達の世界に、
すっかり引き込まれてしまいまして。
人はパンのみで生きるにあらず
珍しく、ほんとにそんなふうに思えました。

そして、ある日の授業で子供達がワイワイと
ソーマトロープやゾエトロープを作っているのを目撃、
即座に「おばちゃんもまぜて〜〜〜っ」と。

もちろん、北欧仕様にこだわって、やってみます。


どんなことになるか、今からすごく楽しみです!







いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。
それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する