ブロッケン山のおこめつぶ

ダンゴマニア

新鶯亭


松島屋さんでのワークショップ前後、

渋谷のNESTへザ・ニュー・メンディカンツのライヴを観に行ったり、
バルチュス展の終了間際に駆け込んで、MITSOUグッズを買いあさったり、
切手仲間のりんごちゃんに連れられて初めて新宿切手センターを訪れたりと、

自分的にあれこれトピックがあったのですが、

その途中、あたかも持ち主のええ調子を諌めるように、
デジカメが壊れました

今時、デジカメが壊れたからって、どう?かもしれませんが、
こちとらスマホどころか、恐怖!無携帯人間なもので、
新しい画像が撮れなくなってしまったのでした。

というわけで、急遽、ネタを探して過去へさかのぼることに。


バルチュス展が開催されていた東京都美術館は、上野公園内にあります。
上野公園に足を踏み入れると、必ず寄る場所が。

新鶯亭というおだんご屋さんです。

鶯団子
鶯だんご。1人前550円。
決してお安い価格ではないですが、峠の茶屋風の鄙びた店内で、濃いお茶と一緒にいただく上品な甘さのおだんご、なんと心の休まること。
こちらのおだんごを食べて、あたらめて白あんの美味しさを発見したような気がします。


そもそも、おこめつぶがだんごに目覚めたきっかけはというと…。
決して、例の兄弟ソングではありません。
十数年前、仕事の都合でよく東銀座をぶらぶらしていた時期がありました。
その頃、岩手銀河プラザで出会っただんごが、これ。

芽吹き屋さんの三色だんごです。
芽吹屋団子

そのカラーリング、3つ並んだ丸を棒が一本貫いている姿、もちっとした歯ごたえを予感させるツヤ、
思わず足をとめ、じーーっと眺めて思いました。

おだんごには、スタイルがある。

お値段もお味も、いたって庶民的なおだんごですが、
それが逆に、名前を背負ってる感じがまったくなくて、親近感を感じます。
黄色は黒ごま餡、白はくるみ餡、緑はつぶあん、とたっぷり詰まっています。
おだんごには珍しく、2〜3日日持ちするところも買いやすいです。
その後、岩手出身の知人に芽吹き屋さんのことをたずねたら、
県内どこでも見かける気軽なお店だということでしたが。
それ、ほんとうだったら、うらやましいなあ。


以来、あちらの名店、こちらの老舗、そして偶然見つけた無名店と、
おだんごをこつこつ食べて参りました。

そのなかから、我が家の定番スイーツとして定着したいくつかを、ご紹介。


石谷精華堂さんの打吹公園だんご
打吹公園団子

鳥取県の和菓子屋さんです。
都内のデパ地下などで出店されている期間をチェックしては、買っています。
だんごの追っかけみたいなもんでしょうか。
一口サイズの小さいおだんごで、ヴィジュアルがほんとにかわいいんです。
食べるのもったいないと思いながら、一瞬で食べ終わります。

埼玉屋さんの小梅だんご
小梅だんご

言問橋のたもとにある和菓子屋さん。
おこめつぶは、近所にあるもうひとつの有名店よりこちらのほうが好みだったりして。
薄い求肥のカワで包まれた、あんが主役のおだんご。
3玉目の緑色は、なんと青のり。磯の香りとあんこのマッチング、斬新です。



そして今一番のお気に入り、日暮里の羽二重団子
羽二重だんご

羽二重しょうゆ

こちらは1本ですごいボリュームです。
おやつというよりは2本で軽く一食に。
絶品醤油味の焼き団子、とみにお食事感あり。


JR日暮里駅の構内でも買えるので、通過するときにわざわざ電車を降りてしまいます。



と、まあ、
他にもいろいろ、美味しいだんご画像が残っていたのですが、大方は店名不明。
ダメですね。これからはちゃんと書いておかないと。


毎年7月31日〜8月1日に八王子市の浅間神社で行われるという、
団子祭り

いつか、目の黒いうちに一度は参加したいと、夢見ております。












いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。
それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する