ブロッケン山のおこめつぶ

人外魔境ワークショップ

24日(土)、1日とてもよい天気でした!
午後2時より、祐天寺のminoria/松島屋さんで
消しゴムはんこワークショップを開催しました。

さて、前回の居酒屋ワークショップに続き、今回はいったい何が起こったのか?

なんと、

人間以外のお客様がご来店。

人外お客様

めちゃくちゃ可愛いお客様、いらっしゃいませ〜。
あらまあ、どうしましょう!
デザインナイフのサイズのご用意が…。

申し訳ございません、今回は見学ということで、
このミディさんをお連れいただいた人間のお客様
はんこをご一緒することになりました。

今回訪ねて下さったのは、ブライス用レザーシューズ作家marikunさん

なんと、緑豊かな奥地より2時間かけてご来店くださいました!

ミディさんが履いているお靴も、もちろんご自身の作品です。
ピッタリサイズの靴箱に入ったレザーシューズ、かわい過ぎますっっっ

しかも、ミディさんの横には、昨年のドールショウでご購入いただいた拙作が…。
こんなに大事にしていただいて、なんて幸せな標本箱。ジーン…。


うれしい出会いと再会に感動しつつ、
第4回消しゴムはんこワークショップは始まったのでした。
WS中


今回は松島屋店主のみのりさんも参加され、
marikunさんはカントリー・イニシャルはんこに、
みのりさんは小鳥のカットはんこにチャレンジ。

同じハンドクラフト愛好家どうし会話も弾みます。
好奇心旺盛で、とても暖かいmarikunさんのお人柄で、なんだか初対面な気がしない、
笑いが絶えない時間でした。

途中、どなたかへのプレゼントを大切そうに抱えて「ラッピングだけでもお願い出来ますか〜?」とお店に飛び込んでくるお兄さんあり、
消しゴムはんこに興味をひかれ、ワークショップをのぞいて下さるグラフィックデザイナーの方あり。
ストリートのさわやかな風がお店にも吹き込んできて、賑やかです。


さて、はんこ初挑戦のmarikunさんでしたが、
はんこの小ささにも、ゴム独特の伸び〜る感覚にもめげず、見事に彫り上げました!

Mさん完成
特に、普通の方なら一番苦労するイニシャル内の小さな模様を、
一刀のもとにサクッとくり抜かれたのは、さすがミニチュア作家さん!
うんうん、細かければ細かいほど、腕がなりますよね。

今回は、非吸水面用のインクを持参しておりましたので、タイルにも捺してみました。
人間以外のお客様にも、ご満足いただけたでしょうか?

お店のきりもりとはんこ製作、同時進行でいつも大忙しなみのりさんも、
少々遅れて見事完成。

出来上がったはんこを眺めて歓談しつつ、
ワークショップは今月も無事終了いたしました〜。


marikunさん、こちらこそ最高に楽しい時間を過ごさせていただきました。
遠いところ、そしてお忙しい中足を運んでいただいて、ほんとにありがとうございました。
これをご縁に、ぜひ仲良くして下さいまし〜
そして、またぜひ、お時間の許すときに遊びに来て下さいね!

marikunさんのHP→



さて、この日後半は、先月ワークショップに参加して下さったお客様が、
松島屋さんの切手を見に再訪して下さいました!

及ばずながら、Krabatも拙いストックブックを持参し、
ここからは切手の魔境へズンズンと…。

切手大魔境


切手のお話、北欧雑貨やテキスタイルのお話、イベント情報等々、

ここは喋っても喋っても、出口が見えない大魔境〜

気がつけば外はとっぷり日が暮れ、営業時間終了も過ぎ…。



というわけで、月に1度の楽しい時間が、今月もあっというまに終わっていたのでした。


毎回つくづく思うのですが、
私が一番楽しませてもらっているような気がします。

お店を訪ねてくださった皆様、
ワークショップに参加してくださった皆様、
通りすがりにご縁を持ってくださった皆様、
そして、ワークショップを開かせて下さっている松島屋さん、

今月も、どうもありがとうございました〜



ところで、前から不思議に思っているのですが、
< はんこ >< 切手 >も、英語では< Stamp >ですよね。

ということは、私のやっていることは、すべてStamp関連…。

Stampの語源、き、気になって来ました…

いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。
それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する