ブロッケン山のおこめつぶ

ちょっとそこまで切手を買いに 1

気になりつつも、またちょっと間が空いてしまいました。
皆さま、お変わりなくでしょうか?


こちらはスタンプ×スタンプ終了以来、
家でもうギッタギタに仕事してました。ゼイゼイ

イベントもりもりの4月、そとは春の陽気、
あれもしたい、これも行きたいのに、ままなりませんで。
なにしろ、私の作業があがらないと、ダンナの仕事も止まってしまいます。

それでも、
ちょっとコンビニにでも行くようなそぶりで家を抜け出し
なんとか行けたイベントのご報告。
巷ではすっかり終った話題かと思いますが、
老人の備忘録と思ってお付き合いください。



4月15日は紙博で浅草へ
 紙博1
行ってはきましたが、
皆さん、ご存知のとおり、
見た途端きびすを返したくなるような混雑ぶりで。
会場中、通勤ラッシュ時のホーム並み。

それでも入場料を払ったことに納得したいと思い、
蛮勇をふるってムリムリッと体を人垣にめり込ませ、
お目当ての数ブースだけは買い物に成功。

紙博2
大阪、
オソブランコさんの
マッチラベル。
シートでなんて
買えやしませんが
眼福でした。



休憩出来るような場所もなく
階段がぐったりした人たちの避難所に。
(私は静かな3Fで勝手に休憩しましたが)
混雑苦手な私も2時間で不快指数が限界に達し、脱出。

こんなこっちゃないかと予想しつつも、
第一回ということで出かけしましたが、
東京蚤の市同様、もうこりごりでした。




気をとり直して翌週末は、
年に一度のスタンプショウで浅草、アゲイン。
初日の金曜に勇んで参りました。
スタンプショウ1


が、
入り口でさっそく
オスカル様の巨大パネルを撮影しようとしたところ、
デジカメが息をひきとってたり。
(接触不良かなにかで、充電出来てなかったり)

というわけで、現場写真はなし。
3年ぶりに行けたスタンプショウなのに、
内田さんの『ベルばら』展示も激写できず、残念です。


同じ会場でも、前週の紙博に比べ、
こちらはほんとに落ち着きますねえ。
私、やっぱり基本的にこちらの人間なんだと思います。
ほどよくにぎわった会場内に、
ちゃんと休憩所も、お弁当屋さんまでありました。
抽選会では、景品もオマケいただきました。
長く続くイベントって、
入場者のかゆいところに手が届いてますね。



さて、3年ぶりのスタンプショウですが、
最近は郵趣サービス社さんの
『かわいい切手』ケースなるものが
女子の大人気を博していると、噂は聞き及んでました。


こんなときでも午後から参加の私は、
まず業者さんのブースが集まる7階をまわった後
3時頃にやっと噂の『かわいい切手』コーナーへ。

行ってびっくり!
切手市場でおなじみの女子の面々が、
あの人もこの人もズラッと並んでおりました(そっちのびっくりかよ)。
しかも皆さん、朝10時からおられるそうで。
ただならぬ意気込み。

気になる『かわいい切手』の正体は、
女性なら誰でも切手を始めた頃に憧れる(と思われる)
ブルガリアの新年切手、オランダの(比較的新しい)児童福祉切手、
チェコの凹版切手やドイツの童話切手などなど。
まさに女性切手ファンの心のふるさとと言えましょう。
しかも、うれしい未使用。

…ではありましたが、
こちらはとうの昔に女子の本道を外れ、
忍びが通る獣道を行く10円ハンター。
「先にこっちへ来なくて正解」
と思ってしまったり。


郵趣サービス社1
それでも、シリーズのなかで入手しにくい、高額面のものや、
集め途中で忘れていた抜けを中心にけっこういただき、

郵趣サービス社2 ←ドミニカや
 ガーナの切手は、
 うれしい
 収穫でした。




…なんかちょっと距離のある物言いですが、
「じゃあ、この日、あんたの大収穫はなんだったのよ?」
と問われると、

文句無しに
(有)フクオさんの
外国未使用フルセット100円均一でしょう。
(せっかくなので、オスカル様と一緒に↓)
フクオさん1

イベント続きで財政難の折、
心のなかで「しまっていこう!」と
自分に声をかけながら入場した途端、
いきなり財布のヒモが吹っ飛んだ感覚。

フクオさん2

切手市場でよくお見かけするおじ様と並んで座り、
後ろから某ディーラーさんに解説されながら、
高速で見続けること約1時間半。

フクオさん3

これでも
えさ箱から抜いちゃあ戻し、抜いちゃあ戻しで、
泣く泣く3分の1ぐらいに絞った結果(画像はもちろん一部です)。
ほしいの、どんだけありますか。
ああ、いっそ「この箱、全部ちょうだい」って言いたい…


新宿切手センターのエスケー新宿店へ行くと、
必ずついでにのぞかせてもらうフクオさんでしたが、
こんな実力店だったとは!
おみそれしやした。


長いこと攻めあぐねていた、ユーゴスラヴィア切手の数々。↓
念願のユーゴ切手
個人的に、好きでたまらないワビサビ虫切手。
初めて見る高額面に、なんかこみ上げるものが…



72年の子ども週間切手は↓
  ユーゴ子ども週間
今、マイ・ストックブック(ユーゴスラヴィア編)で燦然と輝いてます。

子ども週間、次の獲物は59年だ!



そんぐらいフクオさんで盛り上がった後、
頭を冷やすために7階会場をブラブラ見て回っていて
この日のNo.1掘り出し物に遭遇。↓
複十字収穫JPG
日本郵便趣味協会さんのブースで見つけた
複十字シール1958年『雪の結晶』のシート(&63年『鯉のぼり』の小型シート)。

実はこのシート、端の1列が切れてるせいで、投げ売り価格でした。
複十字シールにはご覧の通り、
1シート(50片)に3、4枚しかない種類(58年は白と黄緑)があります。
それを単片で見つけるのは至難の業
シートで見つかって、命拾いしました。




そんなわけで、
『かわいい切手』にたどり着く頃には、
私のスタンプショウは、実質上終っていたわけです。


逆に言うと、
他の女子の皆さんが『かわいい切手』に集中してくれたおかげで、
遅がけの私にも幸運が残っていたのかもしれませんね。

なんにせよ、スタンプショウ2017に大感謝!!!



〜〜〜 INTERMISSION 〜〜〜
次回、〈 ちょっとそこまで切手を買いに 2 〉に続く



いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)