ブロッケン山のおこめつぶ

あと1週間。

12月17日(土)
トラッド目白2F イベントスペースで開催される
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第6回
まで、あと1週間となりました!
1612作業中


1611作業中↑現在、krabatのデスク上は
分単位で目まぐるしく変化し、
なにがなにやら→

切手や郵趣のモチーフを、
消しゴムはんこで楽しむSTAMP×STAMPワークショップ、
今回の図案テーマは
クリスマス・オーナメント
来年の干支  です。


現在、お席の予約状況は


1回目(13:00〜) 残席 3

2回目(16:00〜) 残席 7

となっております。

お席、まだまだ余裕ございます。
消しゴムはんこにチャレンジしてみたい方、
切手をもっと楽しみたい方、
この機会にぜひご検討ください!

また、当日の残席分のみになりますが、
飛び入り参加も大歓迎です。


イベント内容、予約お申し込み方法などは、
当ブログ前々回記事 タイトル『チェーン・リアクション』
に詳しく記載しております。
どうぞ、そちらのほうで詳細をご確認ください。
ご参加、心よりお待ちしております!




もちろん、STAMP×STAMP講師 Krabat(クラバート)ことおこめつぶ、
現在必死のワークショップ準備中であります。

ありますものの、そんな事情とは関係なく、
なんたって、師走
他にもいろいろミッションが押し寄せて…

今月3日の切手市場には、もちろん行ってきましたが、
切手についてはまた後日、とっくり報告させていただくとして。


北欧2016まずは、
都立大で開催された
北欧マルシェ
行って参りました!

久しぶりにマルシェの
皆さんと再会でき、
嬉し楽しい上に、
戦利品多数→。

草だんごでも、
午後遅かったので
ちもとの八雲もちは
売り切れ。
1年前の雪辱は
果たせませんでした
(代わりを務めた草だんご→)




ニキ・カレンダー それから、
 アメリカの切り絵作家
 ニキ・マクルーアさんの
 2017年カレンダーを、
 今年もゲット出来ました。

 今回の入荷は
 ごく少数だった
 らしいです。
 Sweet Dreams Pressさん、
 どうもありがとう
 ございました!




ドール服作家をされている友人のめいりんさんからの、
ドイツ土産も届きました。

今、まさに家を出ようとしているところへ郵便屋さんが。
送り状の品名に「お菓子 はんこ 切手」とあり

「お菓子? はんこ?! 切手?!!」

すぐに家のなかへとって返して、開封
ドイツ土産2016
急いでいたのでヒドいセッティングですが(なら後にしろ)、
シュトーレン発祥の地ドレスデンの、本家本元シュトーレン。
こめつぶ史上(たいして歴史なし)最高に美味しいシュトーレンでした。

そして、Krabat発祥の地と言っても過言ではない、
ベルリン、ペルガモン博物館前のアートマーケットで長年お店を出している、
素敵なおじさん(めいりんさんジャッジ)のメタルスタンプ。
しかも、ダリオ印蔵書票デザイン。
このお店のスタンプに遭遇したことがきっかけで、
消しゴムはんこ師Krabatは生まれたのでしたね。
ああ、懐かしい…。

とるものもとりあえず開けた切手パックは、
外れ(こめつぶ、厳しいジャッジ)でした。


とにもかくにも、いつもありがとう、めいりんさん。
5年前、一緒にドイツを旅して以来、
ほぼ毎年ドイツへ羽ばたいてるよね。
いつかまた、一緒に旅に出られるよう、1日も早く健康に戻りたいなあ…



また、テレビを卒業して長い我が家、
この時期、you tubeにあがったM1グランプリを、
消される前に速攻で見るというミッションも無事完遂。


いやいや、そんなしょーもないことよりも、
WS準備中でありながら、
うれしいご報告です。


当ブログでも、先月のニットフェアの様子を紹介させていただいた
鎌倉のヴィンテージ&ハンドメイド雑貨のお店
〈 パトローネ 〉さんで、
この12月よりKrabatの商品を扱っていただけることになりました!

パトローネさん
パトローネさん
入り口→


2度目の納品に
うかがった折には、

パトローネさんと
Krabatを
つなぐ架け橋と
なってくださった

手芸愛好家のLykke(リュッケ)さんが、
WSとはちょっとちがう手芸の集い、
シュゲラーカフェをひらいておられました。

お客様それぞれが、NOW ON WORKの手仕事を持ち寄って、
おしゃべりしたり、情報交換したりしながら
一緒に手芸の時間を楽しむ会です。
あわよくば参加させていただこうと、
私もはんこセット持参で行きましたが、
この日は満員御礼で、大変な盛り上がり。


シュゲラー1ちょっと見学
させてもらいました。

皆さんの、
思い思いのニットワークと

シュゲラー2
 Lykkeさんの
 手作りおやつは
 クリスマスヴァージョン
 でした。



シュゲラー(手芸er)カフェは、
編み物に限らず、手芸のくくりに入るものなら
どんな作業の方でも参加可能だそうです(スペースの問題はありますが)。
おこめつぶもはんこでの参加を、来年再チャレンジの予定。
気になった方はどうぞ、lykkeさんのSNS窓口や
パトローネさんのお店で尋ねてみてくださいね!


店内には、
P納品1
すでにKrabatのクリスマス商品も素敵に並べてもらっていて、
パトローネさん、さすがのスタイリング・センス。
とても、ふざけたこめつぶ作とは思えません。ウフフフ


P納品2
この日
納品させて
いただいたのは、
トピカルの
切手セットと
北欧柄
ポストカード。



P納品3
箱とリボンとタグを
セットにした
グリーティングマッチ箱も、
これから登場の予定です。


皆さま、
鎌倉へご用の際には
ぜひパトローネさんさんへも
立ち寄ってみてくださいね!







最後に、
ここ最近、
ノーベル賞受賞のおかげで
この人の話題で持ち切りでしたね。(↓右)
黒い2枚
家業柄、聴きたいか聴きたくないかに関係なく、
我が家でも70年代のアルバム中心に、毎日のように聴くことに。
でも、個人的には
新作を発表した直後に、
82歳で亡くなられたレナード・コーエンの
ラスト・アルバム(↑左)のほうが心に響きました。

お二人とも、60年代から長きに渡って
北米大陸を代表するシンガーソングライターであり続けましたが
振り返ってみると、なんだか対照的な人物像な気がします。

そういえば、
レオン・ラッセルさんも亡くなられましたね。
今年はデヴィッド・ボウイの訃報に始まり(まだ引きずってる)
だんだんと寂しくなって行く年でした。



と、まあそういうわけで、
なかなか落ち着いてWSに集中することもできないまま、
現在に至っております…


まずい。

いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)