ブロッケン山のおこめつぶ

目黒のさんぽ

突然ガクンと秋ですね。
皆さん、この気温差について行ってますか?


さて、と言えばさんまさんまと言えば目黒
とこじつけて、秋の目黒へ遊びに行ってきました。

目黒扉



ゆっくり午後から出かけ、まずは自然教育園へ。
この日はこめつぶ夫婦 + ネコ会チームのネコ本博士とご一緒に。


JR目黒駅と地下鉄白金台駅の間にある
自然教育園は、都会のど真ん中のうっそうとしたジャングル。
土地本来の植生そのままなんだそうです。

曇り空、広大な秋枯れの雑木林。
植物園2 植物園4

植物園3 植物園1

カメラ片手に巨木を見上げていたら、連れはずんずん前へ。待って〜


 植物園6

この季節、花は少ないですが、かわりにいろんな実を鑑賞。
丸いの、四角いの、ぶどうみたいなの、いろいろありました。
足下はどんぐりだらけ。
連れの二人は、この機会に蒲の穂をニギニギ。

植物園5 植物園7
ホトトギスだけは満開。
水生植物園で、コサギに出会いました。



植物園8
 自然教育園の
 トップスター、
 ←『物語の松』

デカ過ぎて、画面からはみだす。


野鳥の声やいろんな木の種を学べる展示室で、
ひときわ異彩を放つ、手作り感満点のどんぐり細工を発見。
   どんぐり1


どんぐり2どうやら
作り出したら
止まらなくなった
職員さんが
いるようです。→



それから、
変わった植物を見たら、とりあえず匂いをかぐという
ネコ本博士の相当進んだネコ化現象が、印象的に残りました。





日が短くなって、夕闇が迫って来た頃、
自然教育園のお隣の、庭園美術館へ。

庭園美術館

この日のメインは、実はこちら。
フランスの現代美術家、クリスチャン・ボルタンスキー展でした。
展示作品数が相当少ないだろうことを予想し、
自然教育園と込みにしたのですが。

残念なことに、やっぱ少なかったです。


でも、こちらの世界からあちらの世界に入って行くような、
幽玄なインスタレーションにしばし時を忘れました。

ボルタン1 ボルタン2

実際はもっとずっと暗いんですが、カメラが勝手に補正。
う〜ん、雰囲気が台無しに。


こちらはネコ本博士が送って下さった画像。↓
  IMG_20161022_234853.jpg
この作品、覗き窓からずっと冷たい風が吹きつけてて、
影が揺れると同時に、なんとも言えない彼岸感。

風、匂い、振動など、普段は意識しない空気の存在が、
じわじわと体にしみて来るような展覧会でした。



自然と芸術に親しんだあとは、
プラチナ通りでお茶&お夕食。

オスロカフェ オスロカフェ
 で、まずは
 ネコ談義



利庵1
通り向いの
おそば屋さん、
利庵では
さらに
音楽や映画の話が
白熱。



ネコ本博士の、粋な晩酌セット。
 利庵2

利庵3
ノンアルコールな
子供夫婦の我々には、
そば屋のお銚子が新鮮。

私は、柚子を練り込んだ
柚子切りそばをいただきました。



帰り道、
オシャレなプラチナ通りに突然、こんなものが。
消化器

消火器って、こんなに種類があるんですかっ?!


と、最後はびっくりして楽しい目黒散歩を終えました。



これまでじっくり行ったことがなかったのですが、
ディープな自然あり、芸術あり、おそばあり、消火器ありの目黒。
寄生虫博物館も残ってますので、またぜひ出掛けたいと思いました。
冒頭の落語ネタに引っ掛けて言えば


「やっぱり、さんぽは目黒にかぎる」



おあとがよろしいようで。

いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)