ブロッケン山のおこめつぶ

新しい街、新しいお店

お正月に「今年はがんばらない」宣言をしてしまい、
目白でのSTAMP×STAMPワークショップ活動以外、
このところなんの動きも見せなかった
はんこと切手雑貨のKrabat(クラバート)。

本人もこのまま、
皆様に忘れられるがままに年を越すのかと、
遠い目になってたんですが…


どっこい、突然ですが
東急東横線 学芸大学駅から徒歩3分の
ハンドメイド雑貨店〈 ミヤオミ 〉さんで
Krabat商品を扱っていただくことになりました!
ミヤオミさん

出会いは、まったくの偶然。
前掲記事『棚から新兵器』の巻で、
学芸大学の老舗洋菓子店マッターホーンと姉妹店フォンテーヌの間、
直線距離数百mを行ったり来たりしていたときのことです。

小さなハンドメイドショップが目に入り、
外観もカワイイし、他の作家さんの作品でも見て勉強すっかと、
つかのま見学のつもりで入ったのですが。
バラエティー豊かな商品を見るうち、
お店のマネージャー兼羊毛作家のほにょこさんと
なんとなくお話しはじめて…。

おこめつぶ、実は柄に似合わず案外シャイでして、
自分から「商品を置いてもらえませんか?」的なことを、
まったく言い出せないたちです。
それどころか、お店の人が気を使って
「今度作品を見せて下さい」と言ってくれても
「いや、こちらのお店には多分あわないんじゃないかと」みたいなことを
思っているままに口走ってしまう有様で…


しかし、なぜかこの日は、素直に言えたんですよねえ。

それはきっと、
小さいけれど明るさいっぱいの店内と、
ほにょこさんのほのぼのキャラのおかげだったんだと思います。


で、その後商談は順調に進み、
先週、無事納品に漕ぎ着けました。


ハロウィン猫
10月は、
ほにょこさんの大作
ハロウィン猫
がお出迎え。


店内は至る所に、カラフルな作品たちがぎっしり詰まってます。
M店内1
 窓にも

M店内2
 壁にも

M店内3
上にも

M店内4
下にも



ミヤオミさんの素敵なところは、
ハンドメイド作品だけを扱うお店なのに、
レンタルボックス的システムをとっていないところ。

いろんな作家さんの作品が、区切られず
肩を寄せ合い、時には混ざり合ったりしながら
仲良く並んでいます。


Krabatコーナーはお店左手奥に決定。

   Krabatコーナー
〈 どこでも雑貨屋 〉2号、行けー!!
(いつのまにやら赤い2号機、誕生)


これからクリスマス、年末に向けて、
グリーティング関連商品もどしどし出して行きたいと思っています。
新しい街新しいお店で、再始動のKrabat。
皆様、改めてどうぞよろしくお願いいたします!


ミヤオミさん(目黒区鷹番3−3−9)のSNSは

 facebook
 インスタグラム

になります。
が、正直あまり気を配られてない、というか…

SNSによる過剰な自己演出が氾濫する昨今、
このテキトー具合が逆に、ほにょこさんの大物ぶりを予感させつつ。
商品情報はともかく、存在は確認出来ます。

そんなわけで、
皆さま、学芸大学駅周辺にお越しの際は、
ぜひミヤオミさんも覗いてみて下さいね!



ところで、
自由が丘駅には今やなんの用もないおこめつぶですが、
学芸大学駅は以前から変わらず、ずっとお気に入りの街です。

オシャレ度や洗練はさておき、
質の高い古本屋さん、品揃えのいい中古レコード屋さん、
洋菓子の名店、老舗の鰻屋さん、クセのある純喫茶など、
私が街に「1軒はあってほしい」と願うお店が、今も程よく揃ってます。
(自由が丘には、それがもうなくなってしまった。寂しい…)
昭和から続く文化の香りがあちこちで感じられ、落ち着けるんですよね。

自分自身が大好きな街で、
商品を置かせていただけるお店を見つけられたなんて、
ほんとにうれしいことです。

納品をしに行ったこの日も、
ミヤオミさんと同じ通りの1ブロック先にある
オシャレなレトロ写真屋さん〈 monogram 〉(モノグラム)で、
日本人カメラマン、鋤田正義さんが撮影した
デヴィッド・ボウイ/『HEROES』、ジャケ写のネガ焼きがウィンドウに。
 ヒーローズ

思わず足を止め、
手を合わせてしまいました(お墓参りの心境)。


メゾンロミユニここ数年は、
鎌倉の2号店
となる
焼き菓子と
ジャムのお店
〈 メゾン・
ロミ・ユニ 〉さん


Mサイズ 同じ一角に
 軒を連ねる
 自然酵母パン
 〈 Mサイズ 〉さんや
 無国籍雑貨
 〈 モチレロ 〉さん等、
 個性的な人気店も
 増えています。



それに、学芸大学はなんといっても、
目黒通り沿いの人気スポット
〈 CLASKA 〉(クラスカ)の最寄り駅でもありますよね。


納品ついでに立ち寄れるあの店、この店を思って、
今からウキウキです!


おっと、
まずは新商品を作らなきゃ、ですよね。



いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)