ブロッケン山のおこめつぶ

紙専。

月末に向けて、
だんだんと家業の仕事量が増して来ました。
タイム・イズ・マネー(この言葉嫌い)の日々。

しかし、そこをなんとかやりくりし、

紙祭り2016
高円寺の紙雑貨店・ハチマクラさんで開催されている
〈 秋の紙祭り2016 〉へ行ってきました。


以前は東京蚤の市で、
ハチマクラさんを始め中央線沿線の紙モノ人気店・古本屋を
ダイジェスト巡りしていたのですが、
最近ではあまりの混雑ぶりに嫌気がさしてしまい、
足を運ばなくなっていました。


しかし今回、
このイベントタイトルがなんだか切実に心に響き、
初めて実店舗へ。
ハチマクラさん

正直、遠さに負けてないで、
もっと早くにくればよかったと痛感。
その思いを、ヘタクソな写真とともに巻きでご紹介します。


店内1紙漁りには不都合な雨、
しかも平日だというのに、
店内は紙好き女子で
大にぎわい。

お店の方に許可を得て、
撮影させていただきました。



店内2 紙モノの人気店が
 競い合うように出品した
 古い紙雑貨の数々。
 定番商品から、
 彫り出しものまで。


集結した商品の質・量もさることながら、
お店全体の世界観やディスプレーがほんとに素敵で。
時間が止まる、というか
時間感覚がこんがらがってしまいそう。


店内3
あまりお客さんの来ない奥のコーナーでは、
杉浦非水の木版画や、国内外・新旧とりまぜた大判のプリント紙を、
眼力で穴があくほど鑑賞。

ああ、ずっとここにいたい…


欲しいものを選んでいたらキリがないので、
製作に使えそうな紙モノを絞りに絞り、
紙収穫祭
黄ばみわら半紙や包装紙を中心に購入しました。
ハンガリー、カロチャ刺繍柄の包装紙(左)を見つけた瞬間が、
この日のクライマックスかしら。

ゆうに映画一本分は在店してたでしょうか。
それでも後ろ髪を引かれつつ…


その後は、せっかく高円寺まで来たんだし、
いつも仲良くしていただいているドール服作家の
めしめし&ぺちさんがボックスを借りているToo-tickiさんへ。
tootickiさん

店内は撮影禁止でしたが、
めしめしさんのプチワールドもしっかり鑑賞できました。


駅へ戻る途中、たまたま通りかかったバウムクーヘン屋さん
HANAMIZUKIで、ダンナへのお土産もゲット。
(仕事をサボッて来ているので、気を使います)
お土産バウム
このアレンジ・バウムクーヘン、真ん中の穴が広くて、
そこにクリームチーズやカスタードが入ってます。
これが、思いのほか美味でした。


途中、体調が崩れかけてピンチの瞬間もありましたが、
しばし貝のように無言でうずくまって、なんとかやり過ごし。
紙のためなら、路上でうずくまるぐらいなんですか!(もう慣れたというか…)


その後ついでに、新宿で下車し、世界堂本店へ。
紙やインクパッド、塗料等、あれこれ補充できました。

充実の紙づくし


夕方、限られた時間ですべてのミッションをクリアし、
意気揚々と帰宅したら
    スネコ
ダリオがスネコになっていました。
(Amazonのダンボールがお気に入り)


最近、あんまりかまってあげられなくてごめん。




いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)