ブロッケン山のおこめつぶ

うれしい再会!ワークショップ

ついに夏本番!
今年も命がけの暑さになりそうですね…


さて、7月16日(土)トラッド目白2F イベントスペースで、
STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップ 第5回
なんとか無事、賑やかに終了することが出来ました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

SXS5 カード作り2



SXS5会場
当日は、
ゲリラ豪雨が続いた後の、
外出にはうってつけの
曇り日でした。
講師Krabatの体調もまずまず。



今回、イベントスペース運営方針の変更などもあって、
お客様に集まっていただけるかどうか、
予測不能な面もあったのですが、
なんと!
主宰エスケーさんのマメなDM作戦が功を奏し、
たくさんのリピーターのお客様にご参加いただけました!


SXS5 WS中1 1回目(13時〜)4名様、
 2回目(16時〜)8名様満席、
 計12名のお客様中10名様が、
 Krabat・WSメンバーズ。
 なかには1年ぶり、
 今は昔の祐天寺でのWS以来
 というお客様も。


どなたか登場する度に久しぶりの再会となり、
「わーっ」「キャーッ」「どーも、どーも」で、
はんこ製作と四方山話が並走する、賑やかな1日となりました。


SXS5 WS中2ところで、
経験者のおなじみ様ばかり
ということは、講師側も
超リラックス
今回、ついにアシスト・デビュー
となったエスケースタンプ目白店
店長さんも、
最初から打ち解けた雰囲気での
スタートになりました。




では、1回目、2回目、まとめて
皆さんの〈 力作はんこギャラリー 〉
お楽しみください。


SXS5 完成1 SXS5 完成5
イニシャル図案(カントリー)に挑戦されたのは、
今回2度目となるHさん(左)と、貴重な初参加者Yさん(右)。
技術の向上を目指して、あえてシンプルな図案を選ばれたHさんは、
エスケー店長さんのマンツーマンの指導のもと、2個も彫ってしまいました。
写真を撮り逃してしまいましたが、
1個目と2個目では彫り口が全然ちがって、ご本人もびっくり。
ビギナーのYさんも、中のくり抜き模様に大健闘。



SXS5 完成6 当日飛び込みで
 ご参加いただいたFさん、
 人生初のはんこ作品
 〈 鳩 〉です。

 最初は刃先の向きなど、
 ちょっと戸惑い気味だった
 Fさんですが

半分ほど彫ったところでいきなりスイッチがONに!
後半、メガネを外し、グッと集中して羽や尻尾の波線を彫り上げました。




SXS5 完成2 SXS5 完成3
こちらは夏図案から〈 イルカ 〉対決。
前回の挑戦で、リス図案の目をポロリと落としてしまい、
今回リベンジに燃えるTさん(右)と、
Krabatとは祐天寺からのお付き合い、目白初参加のmika*さん(左)の作品です。
どちらも甲乙つけ難い、爽やかな出来映え。波しぶき、感じますね!


    SXS5 カード作り1
最後は、お二人仲良く涼しげなポストカードを作られていたのが、印象的でした。



SXS5 完成4 SXS5 完成7
SXS5 完成10
 そして、今夏限定の
 フルーツ重ね捺し図案、
 一番人気は〈 スイカ 〉でした!

 やっぱ日本の夏は
 スイカですね〜

昨年春にSTAMP×STAMPをスタートして以来の大切なお客様、
Hさん(上左)、Fさん(下)、
そして、トラッド目白管理スタッフにして、
かわいい切手やはんこにも興味津々のHさん(上右)、お三方の作品。
写真は撮り逃しましたが(こればっかり)、
Fさんが思いついた黄スイカ・ヴァージョン、たまらなく可愛かったです。



このへんから、グググッと本気モードに入りますよ。
SXS5 完成8 SXS5 完成12
フルーツ重ね捺し図案から、〈 ブルーベリー 〉は当ブログでもおなじみの常連様、
ドール服作家のめしめし&ぺちさん作品。
〈 パイナップル 〉は、今回のWS参加者最年少にして、
はんこに本気の中学生、Kさん作品。
お二人とも、すでに講師、なんの指導もしてませんです。
この日めしめしさんは、お供のプチ・ブライスさんたちを
カバンから出し忘れるほどの本気ぶりでした。
一番細かいパイナップル図案を迷わずチョイスしたKさんも、本気度がヒシヒシ。



   SXS5 完成9
夏図案の〈 麦わら帽子 〉を、なんとオリジナルで重ね捺しにしてしまったのは、
2度目のご参加になるSさん。
切手を元にした線画の図案を、見事にご自身のアイディアでアレンジされました。
線のタッチやレイアウトにも、独特の愛らしさが。
というのも、実はSさん、消しゴムはんこ作家さんで、
エスケー店長さんのはんこの先生でもあるという方。
さすがプロ、の発想&表現力ですね。



最後は、フルーツ重ね捺し図案の〈 桃 〉。
STAMP×STAMPスタート以来、
Fさんとお二人で参加してくださっているAさんの作品です。

SXS5 11練習 この〈 桃 〉、
 一見簡単そうに見えますが、
 実は重ね捺し的に最難関。
 Aさんも、
 彫ってからが大変でした。
 重なりポイントを
 体に叩き込むまで、
 ←練習、また練習

SXS5 完成11
ついに、目をつぶっても
ばっちり重なるぐらいに!→
(…言い過ぎました)




という具合に、
ワイワイとおしゃべりやおやつ休憩を楽しみながらも、
皆さんのはんこ、ひとつひとつが素敵に仕上がっていき、
初心者の方の健闘や、経験者の方の上達ぶりに、
講師Krabatも目を見張りっぱなしでした。

皆様、ほんとにお疲れさまでした!




 SXS5 カード作り3
はんこ製作の後は、残り時間いっぱい、
楽しいポストカード作りで盛り上がりました。
同じはんこを使っても、配色やレイアウトはまさに十人十色。
皆さんのオリジナリティーが光るカード作り、
krabatも見ていてとても新鮮で、楽しかったです。


2時間、そして1日があっという間のワークショップでした。
切手や消しゴムはんこを通じて出会った方々との再会、
そしてまた、新しい出会い。

不定期開催ながら1年半を経過して、
STAMP×STAMP消しゴムはんこWSにも、
独特のグルーヴ、広がる人の輪が出来つつあるように感じます。

ここだから出会える人々ここでしか味わえない楽しさ
そんな思いにぼんやり幸福感を感じながら、
講師Krabatは今回のワークショップを終えることが出来ました。
これからも、お客様お一人お一人、ひとつひとつのつながりを大切に、
続けて行きたいと思っております。

お忙しいなか、ご参加くださったお客様方、
主宰のエスケースタンプ目白店の方々、
トラッド目白イベントスペースの運営スタッフの方々、
皆様、どうもありがとうございました!



ところで、来る8月1日(月)には、
〈 夏休み子供大会 〉的STAMP×STAMP新企画、
エスケー店長さんの、消しゴムはんこ捺し放題イベントが、
同じくトラッド目白2F イベントスペースで開催される予定です。

その日私用が入ってしまったkrabatは、
残念ながらお手伝いに駆けつけられないのですが、
そちらのほうも、ご興味おありの方はぜひぜひのぞいてみて下さい。
30分捺し放題+ミニトートバッグ作り、だそうですよ!





さて、ここからはWSのおこめつぶ的余談ですが。


WS当日、ちょとびっくりした出来事が。

休憩時間中、会場の留守番しながらまったりお昼を食べていたら、
WS参加のめしめしさんと、切手関係記事でおなじみのIさんが、
楽しそうにおしゃべりしながら一緒に現れたではないですか!

えええ?…このお二人、切手を通じてもちろんお知り合いですが、
にしても、メールアドレスはおろか、本名さえちゃんと知らない仲ですよ。
それもこんな中途半端な時間に、
いったいどうやって一緒にやって来れたのか??

答えは簡単、「駅で偶然会った」でした。

が、偶然という名の縁なのか、
アンテナの周波数があってるのか、
動物磁気で引きあってるのか、
片方がいるときは、ほぼ確実にもう片方も現れるという、
すごいシンクロ率のお二人です。
…か、もしくはどちらかがもう一方に取り憑いている妖怪なのか?(妄想域突入)

39差し入れ
そしてまた、レモンとゆずでシンクロ気味の、
美味しそげな差し入れを、お二方からいただきました。
親切なお心づかいがうれしゅうて、涙が…
いつもほんとにありがとうございます。



そうそう、シンクロといえばもうひとつ。

今回、展示用に作成した〈 風景印でドイツの街めぐり 〉ボード。↓

展示ドイツ

1日だけの展示用なのが切ないぐらい一所懸命作ったので、
ちょっと大きめ画像で紹介させて下さいね。
解説の文字が小さ過ぎて、誰にも読んでもらえなかった気がします。ぐっすん…

ちなみに、下のはんこ原版と一緒に飾っているミニチュア花かごは、
ブライス・コンでめいりんさんにゲットしていただいておいた、
めしめしさんの作品です。
(めしめしさん作品、もっと見たい方はこちらへどうぞ→

(店長さんの展示〈 ドイツ寄付金付き童話切手記念消印 〉はんこシリーズは、
 作品が出そろってから撮影しようと待っているうちに、
 うっかり撮り忘れてしまいました。超力作だったのに、すいませーん!
 追々STAMP×STAMP情報blogのほうに画像がアップされるかと思いますので、
 皆様、当ブログのリンクから、そちらのほうでぜひご覧下さいっ)

 
で、話はシンクロに戻ります。
WSの片付けを終えたあと、エスケースタンプさんの営業終了を見計らって、
関係者&有志のお客様で、コーヒーとケーキのプチ打ち上げを開きました。
もちろんイベントの打ち上げ、ではありましたが、
場所が場所だけに、手だけは切手満載のダンボール箱へ突っ込んでる状態で…。

これもまた偶然のなせる技か、
ダンボールからは大判小判が、いや、女子人気のドイツ切手がザックザク


それだけなら、まだ単なる偶然ですが、
帰宅途中、閉店間際の「おかしのまちおか」の前を通りかかると、
リッターの定番、アルペンミルク・チョコ
なんと1枚98円(通常300円以上)の投げ売り状態で山積みになっていました!

ドイツ収穫
なぜかWSから持ち帰ることになった、ドイツ土産↑



こうなるともう、
ドイツが私に努力賞をくれたとしか思えない…(完全妄想域突入)




いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)