ブロッケン山のおこめつぶ

いざ、桶川!

今年のゴールデンウィーク中最大のイベントが、桶川行きでした。
気合い十分、ホラ貝を吹きまくる勢いで行って参りました(桶狭間とまちがってるんですけどね)。
旅の相棒は、minoria/松島屋店主の、みのりさん。


ところで、なぜ、なんのためにわざわざ桶川なのか?
なにかすごい観光スポットでもあるのか?

ちがうんです。
そこにあるのは、切手の魔窟なのです。
image-3.jpeg

切手女子を名乗る以上、一度は行かねばならない場所、
いうなれば、切手女子の虎の穴(ふるっ!)。


というわけで、夜型のおこめつぶにとっては真夜中みたいな時間に起きて、みのりさんとともにいざ、桶川へ!

その日の我々の目的は、海外使用済み10円切手。
きっかけは、切手市場に集まる切手仲間の「桶川には、いい10円がうなってる」といううわさ話。で、切手市場にも出店されている当の切手商さんにさっそくアポをとり、予約を申し入れたのでした。
もちろん、切手1枚10円、というのはピンキリのキリの値段です。
だいたいは未整理だったり、紙付きのままのものが山になっている状態です。
でも、というか、だからこそ、というか、雑多なガラクタの山を漁って、漁って、お気に入りの一枚を見つけ出す、その行為にこそ喜びがあるというか。
まあ、なんとでも言えるのですが、単に安いのが好きなだけかもしれません。
「そこ〜へゆけば〜、どんな(海外)切手も〜、10円というよ〜」と昔の歌にもあるように(いや、ないです)、私たちはまさに10円切手のガンダーラを目指して旅に出たのです!


image-2.jpeg渋谷駅、大宮駅で電車を乗り継ぎ、10時過ぎに桶川駅に着きました。

駅で待つこと約5分、今回お世話になる切手商さんが、わざわざ車で迎えにきて下さいました。



そして、ついにご自宅を一部改造して開かれている切手店、< 高崎屋 >さんに到着。

1日2日じゃとても見切れない量の10円切手を前に、まずは合 掌


それから、時間は静かに流れて行きました。とても静かに…
image-8.jpeg
ときどき、お互いの生存を確認するかのように、
声をかけあいますが、すぐにまた作業に没入…。


私たちが黙々と作業している間、切手商さんもご自分のデスクでずっと切手整理をされていました。

その佇まいの静かさ、和やかさを見て、
なんだか切手って、とても上品で洗練された趣味なんだなあと、思ってしまいました。
「暗い」とか「地味」とか、そんな表現ではくくれない、落ち着きと優雅さが漂っていました。


途中、コーヒーや果物をごちそうになりながらの休憩タイムに、切手収集歴50年のお話をうかがい、コレクションの一部等を拝見しました。
私のような無知でぼんくらな切手女子(私だけですよ)にも、切手にまつわるいろんな四方山話を楽しく語って下さる心優しい切手商さん。本当に楽しいひとときでした。



さて、時の流れは残酷で、10円エリアを半分も見ないうちに、早くも夕ぐれ…。
泣く泣く諦め、それぞれ山になった購入分をカウントすると

みのりさんの山は400枚超、
image-5.jpeg


「うわっ、買い過ぎ〜」と突っ込んだ私の山も300枚超…。
image-4.jpeg

半分でも、大収穫

二人とも、切手集めを始めた頃の初期衝動がよみがえったような買いっぷりでした。


切手の収穫だけでももちろん大満足だったのですが、切手商さんから「遠いところをわざわざ来てもらったので」と、お会計の端数分をオマケしていただき、さらに中古のストックブック数冊と切手用ピンセットのお土産が!

これがまた、ありがたかった〜
ストックブック


何から何まで、親切にお気づかいいただいた切手商さん。
素敵な1日を、ほんとにありがとうございました!

1日中一心不乱に切手を見続け、普段の切手市場とはひと味ちがう収穫にすっかり満足し、「ありがとうございました、また来ます!」と満面の笑顔でお店を辞した二人。
もちろん、首・肩・腕がカチンコチンのサイボーグでしたけどね。


さて、切手漁りを満喫した後には、二度目の楽しみがやってきます。

新しくゲットした戦利品を交えて、じっくり切手整理です。

この切手整理、毎回そうなのですが、「やっとそろった!」というものよりも、「あ、このシリーズ、いいかも」と新たに気になり出すもののほうがずっと多いのです。

今回の桶川戦利品からも、こんなに気になり切手が出て来ました。
気になり切手

そうやって切手集めはどこまでも、エンドレスで続いて行くのですね…。

さて、次は

いざ、新宿切手センター










いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。
それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

切手、わたしもむかし集めてました^^
絵とロゴとの絶妙なマッチがいいんですよね^^
こういうところで切手あったりするんですね。!すごい、虎の門。!^^
なんだかわたしも惹かれていきました^^
こういうので一緒の共通のおともだちがいるのはうれしいですね^^

尚花 | URL | 2014-05-11(Sun)23:20 [編集]


Re: 尚花さんへ

さっそくコメント、ありがとうございます〜
尚花さんも集めてたんですか?いや〜、お仲間じゃいですか!
そうそう、切手って、絵と文字と数字の組み合わせで、しかも極小でギザギザの縁取りっていう。
ものすごくスタイルを感じるんですよね。
熱心な切手仲間も出来てしまって、当分この世界から抜けられそうにないです〜

おこめつぶ | URL | 2014-05-12(Mon)08:53 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-06-19(Thu)17:22 [編集]


Re:19日にコメントをいただいた方へ

コメント、ありがとうございます!
同じ切手好きの方からコメントいただけるなんて、うれしいです〜
私も、全然詳しくないままに、切手を使ってしおりや雑貨を作ってます。

さて、おたずねの件ですが、
個人のお宅にうかがうという趣が強いお店ですので、
まずは人形町の切手市場に行かれて、切手商さんと直接お話をされてみてはいかがですか?
毎奇数月に出店されている、服部さんという方です(次は7月ですね)。
性別や年季に関係なく、とても親切に対応してくださいます。
私たちも、切手市場の会場で直接来店の予約をさせていただきました。
服部さんは店じまいの時間がちょっと早いので、お昼頃までに行かれるといいと思いますよ。

切手市場には、私もほぼ毎月出向いておりますので、もし会場で見かけたらぜひ声をかけて下さいね!
蛍光黄緑のリュックをしょって、あっちの店こっちの店とあたふたしておりますので〜

ではでは!

おこめつぶ | URL | 2014-06-20(Fri)16:53 [編集]


お返事ありがとうございます!
7月の切手市場、久しぶりに行ってみようかと思います。
連れに気兼ねなく時間を忘れて黙々と切手に触れ合いたいので
このてのイベント、おひとりさまで参加することが多いです。
蛍光黄緑のリュック、わかりやすい目印ですねー
勇気があったら声かけさせていただきますね(笑)
ほんと、ありがとうございました♡

ゆか | URL | 2014-06-20(Fri)20:53 [編集]


Re: ゆかさんへ

いえいえ、こちらこそです。
おひとりさま参加、気合いがうかがえますね〜。
切手市場、私もずっと一人なのですが、
会場で毎月顔をあわせる人たちと仲良くなってしまいました。
いろいろ教えてもらえて面白いですよ。

ではでは、ゆかさんが無事ガンダーラへたどり着けるよう、祈っております!

おこめつぶ | URL | 2014-06-20(Fri)23:51 [編集]


ゆかさんへ

昨日、切手市場へ行かれましたか?
実は、切手商の服部さん、体調が優れないとのことでお休みされていました。
私も現地で知ったのですが。もし行かれてたら、ごめんなさいね〜。
次は9月に参加予定だそうなので、よかったらまたトライしてみてください。

ではでは!

おこめつぶ | URL | 2014-07-06(Sun)11:06 [編集]