ブロッケン山のおこめつぶ

もう今年はがんばらない

スポンジ馬

2016年
あけましておめでたい、おめでたいと思っていたら、
もう24分の1が過ぎているじゃないですか。
今年も残り、24分の23…


とりあえず、先のことはおいといて、
皆さんはよいお正月を過ごされましたか?

おこめつぶの年末年始は、
年明け3日まで家業の〆切に追われて大荒れでしたが、
それでもちょこちょこ、お正月らしさを味わいました。


今年最初のお出かけは、『絵の住処展』を観に、
千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館へ。
川村美術館

横浜から、なんと遠かったこと…。

途中、体調不良でフラフラしながらも、
ジョセフ・コーネルの箱アートと20数年ぶりの再会を果たすため、
なんとか行ってきました。
現物の画像をお見せ出来ないのは残念ですが、雰囲気だけでも。

コーネル
右のポストカードセットは、
先に観に行かれていた切手メイトのIさんが、
お土産にくださったもの。
Iさん、ほんとにいつもありがとうございます!
とってもうれしかったのですが、
観賞後にミュージアムショップで買うものがなくなっちゃったぞ!
う〜ん、コーネル関連の商品、もっと置いててほしかった〜

左は、1992〜3年の大々的な展覧会でダンナ(当時は彼氏?)
が購入した、展覧会図録。
これを見ると、川村記念美術館蔵のものも含め、
国内にあるコーネル作品がほとんど一同に会したことがわかります。
あれから20数年…。
現在この図録が、
私が切手や箱のミニチュア作品に取り組むときの、
心強い指南書のひとつとなってくれています。

久しぶりの美術鑑賞。
マーク・ロスコの部屋なんかも、迫力あってよかったです。
今年はもっと、インプットに時間を割けたらいいなあ。


さて、仕事が無事片付いてから、ようやく帰省。
途中、もちろん毎年恒例の
京都新春 関西の旧友達と喋り倒し祭

だったのですが、うっかりデジカメを忘れてなにも撮れず、
しかもテンション上がり過ぎて見る間に体調悪化、
なかなかに厳しい旅となりました。

それでも、年に一度の大放談。苦しくもほんとに楽しかった。
めいりんさん、Kッキー、Yうちゃん、今年もありがとう〜

実家では、年末以来の疲れも出て、
いい歳をして、ただただグータラ。
実は横浜の我が家にはテレビがない(わりと衝撃告白?)ので、
静けさや心地よい音空間に慣れているのですが、
実家では1日中大画面テレビがワーワー騒いでるわけで。
どぎつくノイジーなテレビの前で、金縛りの正月でもありました。



さて、私が実家から横浜へ戻ると、
今度はダンナが帰省&旧友巡りの旅へ。
我が家にダリオが来てからは、
バトンタッチ帰省方式を採用しています。

ああ
やっとここでシングルライフの寝正月

かと思いきや、
忘れていました、大掃除
ダンナがいないうちに、
しかたなく、そーじ、そーじ、大そーじ。
1年間溜まったチリやホコリの舞い踊り…


そんななか、去年の北欧イベントがご縁で知己を得た
ハンドメイドの大先輩 MIKA MIKAさんの
ご自宅でのモビールリース・ワークショップに参加させていただきました。

アットホームなアトリエで、
お茶やおしゃべりを楽しみながらのWSは、まさに女子のオアシス
新年早々、今年のいい思い出が出来ました。
が、この日もヌケヌケのおこめつぶ、
デジカメを当たり前のように忘れ、
WSの模様はもちろん、
MIKA MIKAさんの心づくしのランチも、
ご一緒した皆さんの厳選手土産デザートも、
楽しかった1日のすべてを記録し逃したのでした…。

唯一、証拠物件のモビールリース
  わらモビール

安全のため、ダリオの死角を探して、玄関のコーナーに。
しめなわ風でお正月っぽくもあり、いい感じであります。

あ、それから、冒頭画像に写っているIKEAの馬スポンジも、
この日ご一緒したRさんからの、サプライズ手土産でした♡

WSをご一緒した皆さん、
そして楽しい時間を用意してくださったMIKA MIKAさん、
どうもありがとうございました!

あらゆる素材を駆使して
バッグやアクセサリー、洋服までも作ってしまう
MIKA MIKAさんのブログはこちらです。
モビールリースWSの様子もアップされているので、
(おこめつぶの野太い腕も写ってます…)
ご興味おありの方はぜひ一度のぞいてみてください!


そうこう(おもに掃除)しているうちに、
ダンナが帰ってきてしまい、つかの間のシングルライフ終了
途端に、おやつデフレに突入。

名古屋→実家→京都と巡ったダンナが持ち帰った、
各地の名物おやつの数々。
おやつデフレ
右より名古屋のしるこサンド
ご当地よりも名古屋のほうが入手しやすいクルミっ子
京都のあんもち
伏見稲荷の五福餅


ピナのあんもち実はこのあんもち、密かないわれが。
故ピナ・バウシュさん
(ドイツの前衛舞踏家)
が京都公演の折に食し、
以来気に入って京都に来るたび
「あんもち、ビッテ」
と言ったとか言わないとか。

ピナさんご推奨、
一度に何個でもいけるお味。



2016神棚
神棚(仮設)には、
伏見稲荷のおいなり様も加わりました。


そんなふうに早くも24分の1が過ぎて行ったのですが。

引き続き体調不良も健在で、
生きて行くうえで、自分にあったリズムやスピードも、
少しずつ変わってきたようです。

先日、駅のホームで発見した草たち。
がんばり草

寒空の下、フェンスとコンクリートの狭間、
土もないのに必死で太陽の方向へ伸びていました。
逆境でいや増す生命力、若いからこそですよね。

この草たちを見て、思いました。
もう今年はがんばらずにいきましょう

やりたいこと、行きたい場所、もちろんいっぱいありますが、
今年はあまり多くを望まず、
自分の体と相談しながら、
うろ〜んとやっていきたいと思います(薬の影響っぽい…)。

問題は、油断するとついテンション上がって
がんばってしまうこの性格
ここをなんとかしないと。
よっしゃ、今年は気合い入れて、
もう全然、全然がんばらんようがんばるで!



……ほら



いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)