ブロッケン山のおこめつぶ

特報!茶の間でアルタード・ステイツ

12月12日(土)、
TRAD目白2F イベントスペースで開催される
image4.jpg

STAMP×STAMP 第3回消しゴムはんこワークショップへ向け、
準備作業もたけなわなこの頃。(画像は前回WSの模様です)


そうなるともう、誰にもかまってもらえない
家庭内ノラ、黒猫ダリオ。
そんな彼に、
突然由々しき変化が!



あんまりビックリしたので、とりいそぎご報告します。


「ペットは飼い主に似る」の進化形なのか?
それとも退屈こそが進化をうながすのか?

その日ダリオは、
おもむろにCDラックの前を行ったり来たりし始めました。
CD猫1

人間だったら、ディスクUNIONとかで見飽きた光景ですが…

どうも〈 J〜K 〉のコーナーが気になっている様子。

CD猫2


そして、ついに手を伸ばした!?

お目当ては
CD猫3
キンクス?…マジで?

いや、ちがう、その上の
CD猫4

ジュディ・シルだあ!!趣味しぶっ


ダリオ・レコメンド、記念すべき1枚。
Judee Sill

ジュディ・シルは70年代U.S.の女性シンガーソングライター。
70年代の女性SSWといえば、素晴らしいアーティストたちが
キラ星のごとく輝いていますが、
この人はなんというか、服役経験、薬物中毒等、
大変つらい人生を送った人です。

当時たった2枚のアルバムしか残さなかったジュディですが、
そのどちらもが心を遠くに運んでくれる味わい深い作品。
このファーストアルバムは私にとっても大切な1枚です。


そんな隠れた名盤を、猫の分際で選ぶとは。
ダリオってば相当の通


しかし、やはり猫ですね。
選盤に全力を出し切ったのでしょう。

がぶ飲み
せっかく選んだCDを聴きもせず、
疲れた顔で水をがぶ飲みした後、ばったり寝こんでしまいました。


我々飼い主としては、
「どっかそのへんに、小さい蜘蛛でもいたんじゃない?」
といったような安易な解釈はひかえ、
これからもダリオの進化的行動に注目しつつ、
〈 ネコメン盤 〉、紹介して行こうと思います。



ところで、WS準備のほうは、というと(こちらが本題)。
クリスマス&来年の干支図案のサンプルが出来上がりました!

前回ご紹介した原図をもとに、講師のつとめの試し彫り。
  S×S3WSサンプルXmas
カードやメモに使えるクリスマス図案は、
初めての方でも比較的彫りやすいかと思います。
木馬、スノーマン、雪の結晶(元にした切手は雪の結晶型の
ジンジャーブレッドのようでした)などは、
ちょっとかたちが崩れても味になってくれそうです。


 S×S3WSサンプル猿
年賀状向きの、干支の猿&こけし図案は、
やはりなかなか手応えありました。
細い線を出す部分が多いので、ナイフさばきの細かさもワンランク上に。
しかし、「これは無理かも」と思ったときこそ、
あなたの後ろをうろうろしている講師を活用して下さい!
そのためのWS、そのための講師ですから、
わからないこと、難しいことはどんどん聞いて、
新しいコツを吸収して下さいね〜。


〈STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ〉

日 時  12月12日(土)
     1回目 13時〜14時半  
     2回目 15時半〜17時
     3回目 18時〜19時半
定 員  各回 8名
受講料  1000円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生も受付ます)

予約のお申し込みは、

専用gmailアドレス  stampxxstamp@gmail.com

または、TRAD目白2F エスケースタンプ目白店
    TEL 03(3980)8000
   (お問い合わせはお電話で、予約のお申し込みは直接ご来店ください)


で承っております。

お名前
ご連絡先
参加人数
参加希望回(1回目 2回目 3回目のいずれか)

を明記の上、お申し込みください。


イベントの詳細情報・予約お申し込みについては、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

でもご覧いただけます。
参加についての注意点等も、詳しく記載されていますので、
お申し込みの前にぜひご一読下さい。


現在、どの回も十分にお席がございます。
日が近づくとご予約の申し込みが混み合い、
ご希望回のお席をご用意できない場合も出て参りますので、
回を限ってご検討中の方は、ぜひお早めに。

皆様のご応募、お待ちしております!


いただいたコメントへのお返事は、少し時間がかかるかもしれません。

それでも、出来る限りちゃんとお返事したいと思っておりますので、ご容赦ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)