ブロッケン山のおこめつぶ

偶然の旅行者

この週末に鬼怒川温泉へ行ってきます(予告)。

1708SKさん

ダリオのノミ騒動から大掃除に突入し、
「温泉どころじゃない」のは火を見るよりも明らかだったので、
自分たちでもビックリしてます。


というのも、
ノミ騒動以前に「温泉行きたい」と話していた知人の方から、
「もしよかったらご一緒に」という思わぬお誘いがあり、
ちょっとタイミングはズレてしまいましたが、
これもなにかの縁、
「もう行ってしまえええ!!」ということに。


というわけで、旅は道連れ、
偶然同行させていただくことになったお連れさまにと
急遽〈 WELCOMはんこ 〉をひとっ彫りしているところ。
  悲馬はんこ
初めての方々との温泉旅行、楽しみです。


ところで、はんこと切手雑貨のKrabat 次のミッションは、これ。↓
  製作中はんこ
憧れのドイツ地方切手
ヴュルテンベルクの鹿モチーフを使って製作中。
いったいいつになったら6枚揃うんじゃい?!
そんなことを考えながら、こちらも近日中に仕上げる予定です。



そういえば、
今週末、またまた9月の切手市場ですよ。
1ヶ月、早いわぁ…

ココス切手
8月は市場と、
(もう記憶の彼方ですが、
 どうもこの→
 ココス諸島のセットが
 一番うれしかったっぽい)


それからWSの打ち合わせも兼ねて、
エスケー目白店さんへ2回おじゃましました。
冒頭画像は、そのとき遭遇した新入荷の、
90年代以降の中・東欧切手収穫祭です。
チェコ、スロヴァキア、クロアチア、ラトヴィア、エストニアなど、
きのこと民族衣装とモダンデザインの嵐でした。
全部未使用フルセット、ありがたき幸せ。


また、別日には切手のついでに、いい感じのシートホルダーもいただけました。
1708SKさん2
白のほうは中の袋がグラシン紙で、レトロな味わい。


まだまだ先の話ですが、
次回のSTAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップは、
12月恒例クリスマス&お正月の回です。
はんこ講師は目下、クリスマス&来年の干支の切手を検索中。
(切手仲間の皆さん、いいのあったら教えて〜)

オランダクリスマス切手
かわいいクリスマス切手
は無尽蔵にあるので、
そんなに心配してませんが、
(今年はこの
 2011年オランダ
 クリスマス切手が
 第一候補→)


かわいい犬の切手となると…
店長さんと今から頭を抱えています。

犬の切手って、
犬種にこだわった写実的なものが多くて、
はんこにして楽しそうなものが少ないんですよねえ。


そんななか、
エスケー店長さんが1枚見つけてくれました。
  WSに向けて
韓国の新年切手。
ううっ、かわいい、色もデザインもいい!
しかも、クリスマスも被ってる!

なんとかなりそうな予感♡



さあ、これからだんだん涼しくなります。
ちょっとずつ、秋の準備ですね。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

夏の終わりの大掃除

さてさて、
「お盆過ぎに、なにかが起こるかも!?」
とネタフリっぱなしで、お盆もとっくに過ぎましたが。

いろいろ調整がありまして、なかなか決定が出ず…ゴニョゴニョ


ええい、ちょっとフライングで
Krabat切手部門からお知らせです。

切手フェア1

9月12日(火)より
鎌倉の古道具&雑貨のお店〈 パトローネ 〉さんの片隅で

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々


が、プチっと開催されることになりました。


パトローネさんで8月開催予定だった〈 よりみちフリマ 〉が、
今回お休みになってしまったというお話は、
前掲記事でお伝えしましたね。

そんなことはこそっとも想像せず、すっかり楽しみに切手を蓄えていたKrabat、
お店で事情をうかがったとき、
「そんなバカな!」とガックリ膝を折ってしまい…。
思わず出たプラトーン(古い)でしたが、
いい歳のオバさんのそんな姿が哀れを誘ったか、
「じゃあ、代わりに切手フェアでもやりましょうか?」と、
お話をいただけたのでした。


という、相当カッコ悪い発端ではありますが、
来月12日からの
Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々


せっかくなので、先に商品をちょこっとご紹介。

切手フェ2
今回の目玉は、使用済み&未使用のフルセット。
オシャレ雑貨屋さんの切手フェアなのに、
気合い入り過ぎの構えです。

用意した外国切手は、
60〜80年代の東西ドイツ、中・東欧を中心に、
ヨーロッパ切手がほぼ8割、
その他(南北アメリカ、アフリカ、アジアなど)が2割でしょうか。


切手フェア3
女子モノ定番、
’94〜’99ハンガリー刺繍切手のショートセットや
ムーミンのスタンプブックもあったりしますよ。

すべて一点のみの出品なので、
お探しの切手が「画像に写ってるじゃないの!」という方は、
ぜひぜひお早めに。


フェアの花、
特価アソートセットも、大・小2種類作りました。
切手フェア4
パッケージに、はんこもちょっとあしらってみたりして(一応はんこ師なんで)。
今回はトピカルくくりで(前回国くくりだったので)、
(画像右)は「猫」「天使」「科学」「乗り物」など、
ピンポイントで、約20枚セット。
(画像左)は、花、鳥など定番テーマ10枚セットで、
使用済みでちょっと消印が強めのものを、
特価のクラフト素材としてまとめました。


他に小型シート、ブロック、FDCなど、
その全容をここではじっくりご紹介出来ませんが、
あれこれ迷えるぐらいの量はあるかと思います。
パトローネさんのツイッターでも、
これから追々紹介されると思いますので、
気になる方はどうぞこちらでチェックしてみて下さい。→


また、今回は遠方から通販でのご購入も可能になる予定。
画像にほしい切手を見つけられた方は、
パトローネさんのHP内コンタクトフォーム →
からお問い合わせください。


パトローネさんでのヴィンテージ・スタンプ・フェア、
期間は9月12日(火)〜9月末の予定です(月曜定休)。
お出掛けの際は、お店のスケジュールなどご確認のうえ、
お間違えのないようご注意くださいね。
世界中の切手を、どうぞ楽しんでください!




ところで、このところパトローネさんの話題が続いてますが、
もう一店、Krabat商品を扱っていただいている
学芸大学の〈 ミヤオミ 〉さんのほうも、もちろんがんばってますよ。


紙箱・新
最近新しく作っている紙箱を、納品して参りました。
サイズは5cm × 9cm × 3cm(高さ)で、
パトローネさんヴァージョンよりもやや小ぶりです。

ミヤオミさんでは、消しゴムはんこ以外にも
しおり、切手フレーム、ロゼット、紙箱など、
いろんなものをちょっとずつ置かせてもらってます。
ミヤオミさん内Krabat2

     ミヤオミさん内Krabat1
ミヤオミさんのKrabatコーナー、相変わらずのごちゃごちゃぶりを
さらに充実させてきました。


〈パトローネ〉さんと〈ミヤオミ〉さん。
方向性は真逆ながら、
どちらも個性的な二つのお店と、
幸運な(私にとってですが)お付き合いが始まって、そろそろ10ヶ月。
体調不良で思うようにイベント参加も出来ず、
かといって、デジタルオンチでネットショップも出来ず、
足場グラグラで立ち往生だった当時のKrabatと、
快くご縁を持ってくださった両店に、ほんとに感謝が尽きません。

と常々感じながらも、イベントやWS優先でバタバタしっぱなしで、
これまでちゃんとお付き合い出来ていなかった面も…。

今年の残りは両店とじっくり向き合って、
お二方のスタイルに寄り添い、また学びながら、
ものづくりを通してお付き合いを深めていけたら、
と切に願っております。



とかなんとか、前向きな見解を述べておりますが…


相変わらずの暑さながら、そろそろ夏も終わり。

特にこれと言ってトピックのない、ダラダラ汗をかくだけの夏でしたが、
今月の仕事も一段落し、
「最後になったけど、どこか近場の温泉でも行こうかね」と
夫婦で語らっていた矢先、
ダリオがノミだらけと判明

「家猫なのに、なんで!?」と叫びながら慌てて病院へ走り、
フロントラインを施すも
時すでに遅し。
よく見ると、家のあちこちにピョンピョンと跳ねるものが…(ゾーッ)


というわけで、
夏の終わりは温泉、
じゃなくて大掃除に落ち着きました。



黒饅頭

一件落着。

なわけなくて、
現在平和なのは
このヒトだけ→





続きを読む

PageTop

ヤンヤンヤン、ヤンヤン 夏の想い出

エドワード・ヤンの映画の話と見せかけて、実は全然ちがったりして。

家業の関係で、年がら年中
数日ごとのテーマソングがしつこく流れる我が家ですが、
先週のCAN(“愛は勝つ”ではなくてクラウト・ロックのほう)に変わって
最新テーマはヨーコ・オノ
朝っぱらから蝉の「ミンミン」とヨーコさんの「ヤンヤン」が大合唱で、
心に残るアヴァンギャルド・サマーになっております。


こちらは今月の切手市場で仕入れたチェコの新聞切手。↓
鳩の新聞切手
裏がギラギラだったので、すぐにお風呂に入れました。
(注:画像では表を見せていますが、実際には表を新聞紙に貼付けて乾かします。)

見ると買ってしまうぐらい好きな切手のひとつなのに
これまでずっと気に留めてなかったことが。
この鳩切手、国名が
チェコスロバキアドイツベーメン・メーレン
と3種類あるんですね。
…ベーメン・メーレンっていったいなに?

今頃になってやっと調べたところ、
ドイツ・オーストリアとの国境にあたる
ボヘミア・モラヴィア地方をドイツ語でこう呼ぶそうで、
第二次世界大戦中、ドイツ軍の占領を受けて国名が変わってるわけです。
切手にはかわいいだけじゃない、
つらいヨーロッパの歴史も刻まれているんですねえ。

なんて、終戦記念日を目前に控え、
ちょっとしんみりしたりして。



ところで、
前回記事に偽りがありました!
つい「なんもしてない」と書きましたが、
まったくなんもしてないわけではなかったです。

実は、いつもお世話になっている
鎌倉の古道具&雑貨のお店〈 パトローネ 〉さんからご依頼を受け、
箱を作っておりました。

クロスステッチ刺繍図案集のページを使って作った、
〈 パトローネ 〉オリジナル紙箱。↓
刺繍紙箱1
蓋に使っているのは70年代ハンガリーの刺繍図案。
紙のチョイスはやっぱりkrabatとはちがう、
シンプル&エレガントなパトローネさんならではですね。


名刺サイズに合わせて作っていますが、細々したものがけっこう入ります。
刺繍紙箱2
蓋が勝手に
開いたり
しないので、
カバンに入れて
携帯もできます。

お揃いで、
マッチ箱もあり。


夏を意識して爽やかな色目のページで作りましたが、
これから秋〜冬にかけて赤やブラウンもよいかもですね。

オリジナル紙箱、現在お店で販売されているんじゃないかと。
(未確認ですいません…)


ついでに、お店でご好評をいただいている
イニシャルはんこの追加補充分も作りました。
イニシャルはんこ補充
一気にこれだけ作ると、肩腰パンパン。↑
こちらはまだ納品出来ていませんが、
きっと来週末ぐらいにはお店に並ぶかと思います。


それから、
8月のパトローネさんといえば、半期に一度の〈よりみちフリマ〉
出品者として、またお客として、Krabatも楽しみにしていたのですが、
今回はスケジュールの都合で、残念ながらやらないんだそうです。

やらないんですが、
残念過ぎたおこめつぶの怨霊がとりついて(夏だし)、
お盆過ぎに、何かが起こるかも!?
(後日、明らかになるはず)


みなさま、鎌倉にお寄りの際はぜひ、
お散歩がてらに大町のお店をのぞいてみて下さいね。
パトローネさんのツイッターはこちら →
Krabatともども、どーぞよろしくお願いします。



さて、
滋賀の赤いやぎさんからは
〈 文供養 〉無事終了のご報告ハガキが届きました。
文供養報告
あ、ぽすくまも来てる…。
地元の郵便局の方々のご協力も得られ、充実したイベントになった模様。
スタッフの皆さん(ぽすくまも)、お疲れさまでした!



えーと、あとなんか言い忘れてなかったですっけ?
(最近、記憶が…)

あ、そうそう、夏と言えば
へん虫

毎夏、何者か全然わからない虫を
一匹は紹介させてもらってます(山なのでよく出るだけですけど)。

今年はそんなにへんじゃないかもしれなけど。
夏のへん虫
厚手のチョッキ
着てるっぽい
蜂なのか?
アブなのか??
トンボなのか???

…全然
わかんないのは
私だけなのか!?


続きを読む

PageTop