ブロッケン山のおこめつぶ

ヤンヤンヤン、ヤンヤン 夏の想い出

エドワード・ヤンの映画の話と見せかけて、実は全然ちがったりして。

家業の関係で、年がら年中
数日ごとのテーマソングがしつこく流れる我が家ですが、
先週のCAN(“愛は勝つ”ではなくてクラウト・ロックのほう)に変わって
最新テーマはヨーコ・オノ
朝っぱらから蝉の「ミンミン」とヨーコさんの「ヤンヤン」が大合唱で、
心に残るアヴァンギャルド・サマーになっております。


こちらは今月の切手市場で仕入れたチェコの新聞切手。↓
鳩の新聞切手
裏がギラギラだったので、すぐにお風呂に入れました。
(注:画像では表を見せていますが、実際には表を新聞紙に貼付けて乾かします。)

見ると買ってしまうぐらい好きな切手のひとつなのに
これまでずっと気に留めてなかったことが。
この鳩切手、国名が
チェコスロバキアドイツベーメン・メーレン
と3種類あるんですね。
…ベーメン・メーレンっていったいなに?

今頃になってやっと調べたところ、
ドイツ・オーストリアとの国境にあたる
ボヘミア・モラヴィア地方をドイツ語でこう呼ぶそうで、
第二次世界大戦中、ドイツ軍の占領を受けて国名が変わってるわけです。
切手にはかわいいだけじゃない、
つらいヨーロッパの歴史も刻まれているんですねえ。

なんて、終戦記念日を目前に控え、
ちょっとしんみりしたりして。



ところで、
前回記事に偽りがありました!
つい「なんもしてない」と書きましたが、
まったくなんもしてないわけではなかったです。

実は、いつもお世話になっている
鎌倉の古道具&雑貨のお店〈 パトローネ 〉さんからご依頼を受け、
箱を作っておりました。

クロスステッチ刺繍図案集のページを使って作った、
〈 パトローネ 〉オリジナル紙箱。↓
刺繍紙箱1
蓋に使っているのは70年代ハンガリーの刺繍図案。
紙のチョイスはやっぱりkrabatとはちがう、
シンプル&エレガントなパトローネさんならではですね。


名刺サイズに合わせて作っていますが、細々したものがけっこう入ります。
刺繍紙箱2
蓋が勝手に
開いたり
しないので、
カバンに入れて
携帯もできます。

お揃いで、
マッチ箱もあり。


夏を意識して爽やかな色目のページで作りましたが、
これから秋〜冬にかけて赤やブラウンもよいかもですね。

オリジナル紙箱、現在お店で販売されているんじゃないかと。
(未確認ですいません…)


ついでに、お店でご好評をいただいている
イニシャルはんこの追加補充分も作りました。
イニシャルはんこ補充
一気にこれだけ作ると、肩腰パンパン。↑
こちらはまだ納品出来ていませんが、
きっと来週末ぐらいにはお店に並ぶかと思います。


それから、
8月のパトローネさんといえば、半期に一度の〈よりみちフリマ〉
出品者として、またお客として、Krabatも楽しみにしていたのですが、
今回はスケジュールの都合で、残念ながらやらないんだそうです。

やらないんですが、
残念過ぎたおこめつぶの怨霊がとりついて(夏だし)、
お盆過ぎに、何かが起こるかも!?
(後日、明らかになるはず)


みなさま、鎌倉にお寄りの際はぜひ、
お散歩がてらに大町のお店をのぞいてみて下さいね。
パトローネさんのツイッターはこちら →
Krabatともども、どーぞよろしくお願いします。



さて、
滋賀の赤いやぎさんからは
〈 文供養 〉無事終了のご報告ハガキが届きました。
文供養報告
あ、ぽすくまも来てる…。
地元の郵便局の方々のご協力も得られ、充実したイベントになった模様。
スタッフの皆さん(ぽすくまも)、お疲れさまでした!



えーと、あとなんか言い忘れてなかったですっけ?
(最近、記憶が…)

あ、そうそう、夏と言えば
へん虫

毎夏、何者か全然わからない虫を
一匹は紹介させてもらってます(山なのでよく出るだけですけど)。

今年はそんなにへんじゃないかもしれなけど。
夏のへん虫
厚手のチョッキ
着てるっぽい
蜂なのか?
アブなのか??
トンボなのか???

…全然
わかんないのは
私だけなのか!?


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop