ブロッケン山のおこめつぶ

只今、よりみち中

23日(木)、
雨にも負けず風にも負けず
よりみちフリーマーケット初日、
鎌倉のパトローネさんへ行って参りました。

IMG_2017.jpg

おこめつぶ、物欲が先に立ち、
デジカメ持って出るのを忘れてしまったため、
鎌倉の手芸愛好家 lykkeさんの画像をお借りしてご報告です。


海外のヴィンテージ雑貨やハンドメイド素材が
ところ狭しと並んだ会場、
カラフルで、とても素敵でした♡

IMG_2011.jpg
いつも楽しみにしている、
ファブリック作家 to-goさんのフィードサック端切れセット。
フィードサックに限らず、いろんな国の布を、
1枚1枚見ているだけでも楽しいです。


リスが仕切っている紙ものテーブル。
IMG_2019.jpg
kribit(ほんとにこのチーム名なのか?)の紙ものも、
こんなに場所をとってフィーチャーしていただいて、
うれしい反面なんだか恐縮でもあり。
初参加、がんばり過ぎたでしょうか…


素敵なもの、可愛いものづくしの店内、
楽しくてついつい長居しつつ、


おこめつぶのよりみち収穫はこんな感じでした。
よりみち収穫1
手編みセーターという大物を釣ってしまったため、
他をセーブしないといけないはめに。

でも、朝早く(当人比)、
暴風雨のなかをうかがった甲斐ありました!



さて、パトローネさんでよりみち後、
収穫を手にホクホク、
地元民のlykkeさんに連れられて、
Oui Ouiという名のお店で
柄にもなく優雅なランチを楽しみました。

IMG_2022.jpgIMG_2027.jpg
鎌倉って、野菜までなんかかわいい♡



よりみちからさらによりみち、
「行く、行く」と言って(→素敵じゃないか?)まだ行っていなかった
しかけ絵本専門店〈 メッゲンドルファー 〉へ
ついにたどり着きました。↓
IMG_2030.jpg


本から絵が
飛び出すわ、動くわ、スライドするわ、
ええい、こうなったら見本全部見てやるぞ!
と、ここでもすっかり長居。


それから、
「ここなんか、好きじゃない?」と連れて行かれた
怪しい路地。↓
IMG_2031.jpg

ええ、ええ、好きですとも


偶然ですが、
そこでミニチュア専門店に遭遇。
ああ、おこづかいが飛んで行く〜

よりみちのよりみちで収穫。
よりみち収穫2
19世紀ドイツのしかけ絵本の復刻版、ミニサイズ
(メッゲンドルファー作ではないですが)と、
壺がツボだったミニチュアあれこれ。

しかけ劇場
絵本を開くと、
劇場が。

オーケストラボックス
まであるよ。
子供の頃、本気で怖かった
ゲキメーション『猫目小僧』を思い出しましたとさ。




鎌倉駅周辺で、
パトローネさん×葉っぱ小屋さんのよりみちフリーマーケット、
〜26日(日)17時まで開催しております。

皆様、週末のよりみちはどうぞ鎌倉へ。









続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

よりみちは鎌倉で

さて、いよいよ今週
23日(木)〜26日(日)の4日間、
よりみちフリマ開催です!
よりみちフライヤー201702


よりみちフリーマーケットは、
鎌倉の雑貨屋さん、
〈 パトローネ 〉さんと〈 葉っぱ小屋 〉さんの2店が連携して、
年2回、2月と8月に開催している
大人気のハンドメイド・マーケットです。

ハンドメイド作品を展示販売する普通のイベントとはちょっとちがって、
よりみちフリマは、もっと気軽な持ち寄り風の素材市
お店とご縁のあるハンドメイド作家さんやディーラーさん、
そして常連のお客様も巻き込んで、
こだわりのハンドメイド素材、手芸キット、ヴィンテージ雑貨等が
お店に集結しますよ!


当ブログのあるじ、おこめつぶこと
消しゴムはんこと切手雑貨のKrabat(クラバート)も、
昨年末より始まったパトローネさんとのご縁から、
今回初参加させていただくことになりました。

Krabatのこだわり素材と言えば、やはり切手
そして

テーマがテーマだけに、この人の協力も欠かせません。
切手メイトにして、歴戦の紙モノ勇者 Iさんとタッグを組み、
よりみちフリマに新風を、
ちょこっとだけ吹かせたいと思います(それって紙(かみ)風?!)。
チーム名は、

えーと、チーム名は…

Krabat(クラバート)I(アイ)さんだから
K、Kribit(クリビート)?



つまんないのが出たところで、
そそくさと商品紹介に移りまーす。


よりみち1702切手パック3
まずは、
お店でもご好評を
いただいている
切手パックの
スペシャル
ヴァージョン



英国、ドイツ、ブルガリア、旧チェコスロヴァキア、北欧などなど、
ヨーロッパを中心に、国・地域別でそろえた20枚前後1セット。
単片だけでなく、必ず田型や連刷を入れてます。

よりみち1702切手パック1

女性はなにかとトピカルに向かいがちなところ、
あえて国別セットを選びました。
集まった切手の趣で、
その国や地域の特色を
チラッとでも感じてもらえたらうれしいです。

台紙はアンティークポストカードのレプリカ。
レプリカだけど印刷がわりといいので、これも使えるんじゃないかと。
よりみち1702切手パック2

他に、汎ヨーロッパのアソート・パック、〈 童話 〉トピカルも。
お好きな方なら、
眺めるだけでも相当楽しいと思いますよ。



プチ・プライスな
切手単片や田型のシリーズセット
よりみち1702切手セット


ちょっとディープな郵趣アイテム、
海外の記念切手小型シートFDCなど。
よりみち1702FDC
シートやFDCは
そのままフレームに入れて飾っても素敵です。


こちらは、Iさん選りすぐりのアンティークポストカード
よりみち1702ポストカード
概ね1900〜1920年代に刷られた、
printed in Germanyのカードです。
100年ものの紙の質感がたまりません。
エンボス加工は、触っても気持ちよし♡


ドリンクラベルやシガーバンドを組み合わせたラベルセット
よりみち1702その他紙もの
フランスのビューバーも少々。


だいたいこんな感じで、本日商品を発送して参りました。

さあ、あとは、お客になるだけ

よりみちフリマは、商品委託のイベントですので、
おこめつぶの作業はこれにて終了。
あとはパトローネさんにお任せするかたちになります。

ですが、ハンドメイドの素材市、
しかも、作り手の方々が確かな目で選んだ、
珠玉のアイテムが集まります。
これは買い出しに出ないわけにはいきません!
っていうか、
「ぎゃっ、気がついたら終ってた!」
という事態を避けるために参加を希望した
というのが実情だったり。

今回も、
チラッと聞き及んでいるだけでも、

大人気U.S.A.フィードサック端切れセット、
中・東欧の布・ぬいぐるみ、
北欧のヴィンテージ雑貨、
手編みニットのキット、
昭和のガラスもの、
お蔵出しマッチラベルなどなどが
大放出されるそうな。

パトローネさんのTwitterで、これから続々商品紹介されますので、
ご興味おありの方、ぜひぜひチェックしてみてください!

パトローネさんをスマホの地図で検索される場合は、
「大町四つ角」というキーワードでどうぞ。
有名な和菓子屋さん「大くに」のはす向かいのビルになります。


ではでは、
当日もしや、
張り切り過ぎて見苦しいことになっているおこめつぶを目撃しても、
どうか見逃してやってください。


続きを読む

PageTop

2017年、始めの一歩。

2月12日(日)、
なんとか無事にアイドール仙台を終えました。

仙台 商店街

2017年最初のチャレンジングなイベントでしたが、
大きく体調を崩すこともなく、楽しい1泊2日でした。
その模様をご報告します。


まずは前日、11日に新横浜から新幹線を乗り継いで、
お昼に仙台駅到着。
駅の「ステンドグラス」でめいりんさんと再会。
仙台駅のステンドグラス、
待ち合わせの定番だそうです。


なにはともあれ、お昼ご飯。
商店街方面にちょっと歩いて、
ビルの中の日本家屋喫茶、青山文庫さんにて。
仙台 お昼2仙台 お昼1



関西時代からの旧友、今はドール服作家のめいりんさんと、
顔を会わすのも去年のお正月ぶりですから、ほんとに久しぶりで。
会った途端、騒がしい関西のおばちゃん2人組に。

静かで穏やかな東北の街で、
相当デシベル高かったかもしれません。
ほんますんませんでした。


ホテルのチェックインを済ませたあとは、
アーケード商店街のこけし専門店、しまぬきさんへ。
二人とも「こけしはそんなに…」と言いながら入ったんですが、
気がついたら両手いっぱいにこけしグッズを抱えていて、
こけしの実力を思い知らされました。

仙台駅の周辺では、
とにかく「こけし」と「ずんだ」が目に入り、
トイレの表示板までこけしでしたよ(青こけし、赤こけし)。

商店街を抜けて、
おこめつぶがかねてより行ってみたかった、
ご当地純喫茶のひとつ、道玄坂へ。

道玄坂
が、まさかの休み!?(それとも閉店…?)

ガーン。…楽しみにしてたのに。


うろうろと怪しい行動をとった後、
諦めてはす向かいのオシャレカフェに入りました。
コーナーハウス

仙台 お茶

でも、
レトロチックな内装の
素敵なお店で、
ここはここでよかったです。




さて、そろそろ日も暮れて来て、
向かった先は、
仙台のハンドメイド作家さん方の商品を扱っている雑貨屋さん。
やっぱ、勉強もしとかないと。

と、思ったのですが、
そのお店もなぜか調べた住所にはなく、
がっくり来たおこめつぶの目に飛び込んで来たのは


巨大とんかつ
巨大とんかつ

 すぐに
 テンション復活。
 ありがとう、
 とんかつ。




日が暮れると、がくんと冷えますね。
暖もとりたい気持ちで、
駅構内のショッピングモール、エスパルへ。
お土産や翌日の朝ご飯を買い込みました。

仙台 お土産
お土産の
こけしグッズと
仙台駄がし等→



そして、晩ご飯はもちろん

牛タン定食
仙台 牛タン
テールスープもついて
大変おいしゅうございました♡

が、食べつけないいいお肉を食べたせいか、
夜中、胃もたれで苦しかったです。


今回、お互いいろいろ事情があって、
めいりんさんとは別々のホテルに泊まることになったのですが、
それはそれでなかなか面白かったです。

お隣同士のホテルだったので、
夜遅くまで一方の部屋でお喋りし、
就寝はそれぞれ、翌日に備えて一人でゆっくりと。
ツインだとついダラダラ喋り込んで、
寝不足になりがちなんですよね。



で、ついにイベント当日。

朝、仙台駅から仙石線で20分ほどの中野栄駅へ。
なんせ初仙台&方向オンチの二人、
さて、会場はどっちか?とうろうろしてると

あ、
仙台 道案内人

この人に
ついてけば、→

絶対大丈夫



無事、〈 夢メッセ みやぎ 〉に到着しました。


和やかムードの会場で、
さっそく設営を始めましたが

仙台 会場1

 あれれ?
 向こうはお洋服や
 アクセサリー?


しかもなんと、
ブライスのアマチュア・ブースは私たち
*mayrin*×krabatオンリー?
東京の大きなドールイベントしか参加したことのない私にとっては、
これまでにない楽〜な感じで。

後で気付いたのですが、
この日の会場は二つのイベントが同時開催されていて、
半分はハンドメイド・マルシェ、
半分はアイドール仙台だったようです。
でも、それはそれで、Krabatには幸いだったかも。



午前11時、
さして緊張することもなく、イベント開始。


*mayrin*×krabatブース

めいりんさんサイド
仙台 ブース1

Krabatサイド
仙台 ブース2


東北のめいりんさんファンの方々は、
やっぱり皆さん穏やかで、
いつもの行列は出来たものの、殺気立った様子はなく、
ゆっくり静かに、ルールを守って購入されてました。
「仙台まで来てくれるなんて!」という
喜びの声もあがってましたよ。


krabatのほうはというと、
まあ、いつもぼちぼちなのですが。

開始早々、
あるお客様(男性)が、めいりんさんのドレスを購入されたあと、
krabat側にずれて、
カフェ・スロヴェニア、ください
とおっしゃり、びっくり。
マッチ箱up
       ↑現物はこちら

うおー、ちゃんとブログ、見て下さってる!

しかも、商品名まで憶えて下さってる!!

なんか、あったけ〜♨︎


いやあ、はるばる仙台までやって来た甲斐がありました。

実は、めいりんさんとも事前に話していたんですが、
もっとアウェイな感じになるかと思ってたんですよね。
ほんとに小規模なイベントのようだし、
地域がちがうと好みや流行りの事情もちがうだろうし。

でも、いざフタを開けてみると、
もちろん、ブースを目指して来て下さるお客様の数は、
東京のように多くはないですが、
そのぶんお一人お一人とちゃんとお話でき、
お互いの気持ちが伝わる気がしました。

これぞまさしく、地方のよさ。

しかも程よい混み具合で、
お客さんは途切れませんが、
押せ押せで疲れるというほどでもありません。


Krabatのお客様は、
ほとんどがその日初めて
外国切手や消しゴムはんこと出会うという、
通りすがりの方々でしたが、
「横浜から来ました」でまずビックリ、
マッチ箱を見て2度ビックリで、
そのピュアなリアクションを見ているだけで楽しくって。
私が扱っている素材自体が、仙台では珍しかったようで、
まるで舶来品を運んで来た異国の人気分でした。

ご当地でハンドメイドをされている参加者の方々とも
いろいろお話しでき、
仙台の手作り事情を垣間みられて、
とても有意義でした。


それから、
krabatのテーブルにも
素敵なお嬢さん方が遊びに来て下さって、
記念撮影。
仙台 お客様がた
今話題のアナ スイ・コラボのブライスさんが、
ANAの制服着てますよ〜。




楽しくおしゃべりし続けているうちに、
午後3時、無事イベント終了。

仙台 会場2
我々は
帰りが遠いので、
ちょっとお先に
会場を
後にしました。



仙台駅のお店でお疲れお茶会をして、
(ずんだクリームがたっぷり乗ったフレンチトースト、
 ここまで来てついに写真を撮り忘れました)
めいりんさんともお別れ。


帰りの新幹線ではちょっと贅沢をして、
駅弁買っちゃいました。
仙台 帰りメシ
北海道の名物駅弁、鮭めし

昨日の胃もたれを思い出し、
牛を避けた由、お察しくだされ。


食事後爆睡で、気付いたら東京駅到着。

今年初の大仕事が、
なんとか終ったのでした。


ブースを訪れてくださったお客さま、
暖かく話しかけて下さったイベント参加者の皆さま、
仙台の街で出会った皆さま、
楽しい二日間を、
どうもありがとうございました!


また、機会があればぜひ、
今度は暖かい季節に仙台を訪ねたい!と
めいりんさん共々思っております。




さて、
仙台の余韻にのんびり浸っていたいのは山々ですが、
ここは横浜、そうもいきません。

Krabat、次のイベントは
2月23日(木)〜26日(日)
鎌倉で開催の〈 よりみちフリーマーケット 〉
に参加させていただきます。(そう、もう10日ないんですよ)
よりみちフライヤー201702

二つの会場のうち、
Krabatは〈 パトローネ 〉さんのほうで、
切手パックやFDC、小型シートなど、
ヨーロッパの郵趣ものを中心に出品させていただきます。



会場となる〈 パトローネ 〉さんをスマホの地図で検索される場合は、
「大町四つ角」というキーワードを入れると探しやすいそうです。
有名な和菓子屋さん「大くに」のはす向かいのビルになります。

よりみちフリマの詳細、出品内容等は、
次回しっかり紹介させていただきますね。



ではでは、
楽しかった仙台を胸に、
駒を前へ進めましょう!


続きを読む

PageTop

昨日の続き

マッチ箱ドールハウス
〈 カフェ・スロヴェニア 〉
完成しました。
マッチ箱カフェ1

この箱は、ドアと店内の仕切りがポイントでした。
マッチ箱カフェ2

金属のパーツをけっこう使ったので、
この箱、ちょっと重いです


ついでに、
〈 アルペン・ロッヂ 〉もカーテン付いて完成!
アルペン完パケ




以上、
作業に戻ります。


続きを読む

PageTop

「せんだい」は言わないで

いよいよ次の日曜、アイドール仙台に、
めいりんさんと共に酸化、いや、参加します。

この時期にこのタイミングで、
先土曜、2月の切手市場に行ってきました
仙台最終扉


久しぶりに外の空気を吸い、
すべてを忘れて半日切手と戯れ、
今年に入ってようやく顔を合わせた切手メイトの皆さんと
いつものお店で切手談義。


ああ、楽しかった1日。

帰りの電車で、皆さんとの別れ際、
いただいた励ましの一言
「じゃあ、仙台、がんばって
一瞬で、顔が真っ青に

一言かけてくれたIさんご自身がカタマってしまうほど、
ひどい形相だったみたいです。
ふいを突かれ、心のなかがボロロンと出てしまったんですね。
まったくお恥ずかしい…


もちろん仙台は、とても楽しみです。
千葉より北に行くのは、生まれて初めてですし。
イベント参加というより、大人の遠足気分で
めいりんさんとも1年以上ぶりに再会出来るし、
仙台の街にも興味津々。


でも、「せんだい」と聞いただけで
顔からサーッと血の気が…
そんなにも、
そんなにも製作が間に合っておりません


全マッチ箱
今回、Krabatのドールイベント恒例商品、
マッチボックス・ドールハウス↑を、
一度に6つも作ろうという
身の程知らずな計画に、天罰が下ったのでしょうか…
イベント直前、
ブログでのご案内はこれが最後のタイミングだというのに、
完成作品をお見せ出来ないなんて。
ああ、口惜しい(なら、なぜ切手を買いに行くのか)。


とりあえず現在、
定番の〈 アルペン・ロッヂ 〉↓
マッチ箱1新

マッチ箱1upアルペンなので
いつもはスイス切手を
使うのですが、
今回はカナダの白樺林と
スウェーデンの青空を。

カーテンバーとバッグは
取り外し可能ですが、
動かす場合は
必ずピンセットを
お使いくださいね。



一番人気の〈 田舎のプチ・ホテル 〉↓
マッチ箱2新

マッチ箱2up 美しい凹版で印刷された
 フランスの景勝地を
 ホテルの窓から眺める
 シリーズです。
 
 こちらも
 カーテンバーは
 取り外し可能。
 でも、ちょっと
 コツがいるかも。



この2種は二つずつ、95%完成しております。
あとはカーテンをかけるだけ(一番の難所を残してる…)。


Krabatが作るマッチ箱ドールハウスは、
小さな小さな世界中の風景を、
小さな小さな部屋の窓から眺めてみたいという思いから、
身近にある気軽な素材を使って作るようになりました。
ミニチュアは完全独学なので、
正確な縮尺に則ったものではありませんが、
その世界観を楽しんでいただければうれしいです。

マッチ箱以外にも、いつもの切手フレームや標本箱、
紙雑貨、消しゴムはんこ等々持てるだけ持って参りますので、
仙台方面のドールファンの皆さま、
めいりんさんのドレスを見るついでに、
ぜひ寄ってってくださいね〜。



さて、問題はこちら。

今回初めて作る〈 カフェ・スロヴェニア 〉↓
マッチ箱東欧
その名の通り、スロヴェニアの写真切手を使っております。
東欧風を意識して、重厚な雰囲気の木組みのカフェ。
進捗状況は現在、サバよんで70%ぐらいでしょうか…


〈 スウェディッシュ・コテージ 〉↓
マッチ箱北欧
こっちはまだ、50%行ってないような気が…
窓外に広がる冬の森と、
暖かくて快適な室内のコントラストを考えながら,
ほとんどインプロで製作中。


しかし正直、この二つは持って行けるのかどうなのか。



寝ないでがんばれる歳でもなし。
仙台入りまであと数日、
せめて、集中力が切れて投げちゃわないよう、努めましょう。


あ、それから、この場を借りて、個人的なメッセージを一言。
滋賀の赤いやぎさーん、
お手製のミニ封筒、ありがとうございました!
これから私も、切手ストックに使わせていただきますね〜
すぐにお礼のお手紙を書きたいのは山々なれど、
こんな状況に免じて、なにとぞご容赦を。


…突然失礼しました。


では、次回は、まさに仙台のご報告になるかと。

皆さまも、よい週末を!苦々々…




続きを読む

PageTop