ブロッケン山のおこめつぶ

大掃除から遠く離れて

タイミング、ばっちり外してますが
皆様、メリークリスマス!

この12月は切手メイトのめしめし&ぺちさんとIさんから、
こんないただきものがありました。

超ミニミニ・キャンドル(めしさん作)とボタンとビール券セット(Iさん作)。
メリー・クリスマス
どちらもこの季節に似合って、ほのぼの可愛いです。
お二方とも、どうもありがとう!


さて、WSを終えたその後のおこめつぶ、
ゾンビ状態からユルユル脱出した頃には、
今年も残り僅かではないですか!

慌てて、上野の国立西洋美術館へ
〈 クラーナハ展 〉を観に行って来ました
国立西洋美術館


おこめつぶ、50年も日本で生きて来ましたが、
まとめて観られる機会が、これまでまったくなかったクラーナハ。
(気付かなかっただけかもですが)
本物にはドイツやベルギーでちょこちょこ出会ってきた程度で、
今回の大規模展覧会、とても楽しみにしてました。


展覧会内容や世界文化遺産登録について、
私ごときが語るのは控えるとして、
特筆すべきはまさかの顔ハメ発見。

クラナハ顔ハメ
クラーナハと
顔ハメ。
ちょっとない
組み合わせかと。

ユディトと
ホロフェルネス、
両方ハメられます。


もちろん、おこめつぶもハメて写真を撮りましたが(非公開)、
3人以上で行けば、人と一緒にハメられて、写真も撮れたのに
と残念でした。



ところで、遠出する日は機会を逃さず、
その街が誇る純喫茶を訪れるのが、我が家の習わし。
今回は上野の高級喫茶〈 古城 〉へお邪魔しました。

古城1
 壁のステンドグラス、

古城2
床のモザイク、


これぞまさに純喫茶の王道
古城3
しかも、どこもかしこもピッカピカに磨き上げられ、清潔感も満点。

これは
落ち着くじゃあ〜りませんか

古城4 古城でいただく
 ミルクセーキと
 コーヒーフロート。
 至福のひととき
 でした。




それから、またまた大慌てで川崎市民ミュージアムへ、
ケン・ローチ初期傑作集、特集上映を観に行きました。
映画フライヤー

予定や体力の都合で、
観ることができたのは『狩場の管理人』だけでしたが、
早起きした甲斐のある、味わい深い小品でした。

最後の作品になると言われている、ローチ監督の最新作も楽しみです。


同時期にフィルムセンターで上映されていた
〈 知られざる東ドイツ映画 〉は、残念ながら1本も行けず、でした。
おこめつぶの趣味的に、気になってしかたない作品も
少なくなかったのですが、
ゾンビに、横浜から京橋まで行けと言うのですかー!?
…川崎市民ミュージアムにて再上映、熱烈希望。




ところでゾンビ状態から人に戻ると、
WS準備優先で後回しに回し続けていたあれやこれやが、
一気に押し寄せて来たわけですが。
さりとて、残り時間は僅か。
次の最優先事項には、厳しい選択が待っていました。


本業、通常家事、年末大掃除、切手整理、次の雑貨製作

本業を怠るとおまんまの食い上げなので、これはしぶしぶ残り、
まず通常の家事仕事を元に戻す、が消えました。
折よく実家より、持って走ればラグビー出来そうなサイズの白菜が届いたので、
ここより、ディナーは毎晩、鍋に

次の雑貨製作は、WSに時間を費やした手前、消さざるをえず。


年末大掃除、切手整理、雑貨製作

あとは、大掃除が先か?切手整理が先か?
次に握るのは、ホーキか?ピンセットか?
さあ、どっちなのか???


やはりおこめつぶ、ダメな大人でした。

1612切手市場
3日の切手市場から始まって、
1612切手その他
めしさんへの柚子堂さんレクチャーも兼ねた年忘れ切手大会、
また、WS打ち合わせ込みのエスケー目白店さん通いと、
毎週のように切手を狩っていた12月。
目の前には、未整理のまま年を越すにはあまりな量の切手が…
ホーキを横に置いて、ピンセットを握ってしまったのであります。


大掃除から遠く離れて、されど大掃除を思いつつ、
12月の切手釣果、ご報告です。


切手市場、偶数月の目玉、ダミーさんのブースで、未使用揃いの切手を、
今回もたくさん購入しました。
1612市場Dさん11612市場Dさん2

昼過ぎから見てもこれですから、朝一で行くとどんなことになるのでしょうか…


それから偶数月のもうひとつのハイライト、
渋谷さんブースのパフォーマンスも最高でした。
1612市場Sさん
こめつぶ好みのメキシコ複十字切手。
かのイームズ夫妻もコレクションしていたというメキシコ土産が、切手でこんなに!


毎年12月の渋谷さんブースは、ほんとに楽しみです。
今年はクリスマスシールや複十字、
フィンランドのクリスマス柄ポストカードをたくさん持って来られ、
しかも脅威の激安価格。
営利を目的とせず、常に切手愛に溢れた
渋谷さんのアマチュアリズムに、またまた感激してしまいました。


それから、タカシマヤさんブースで、
今月もオランダの寄付金付き児童福祉切手をいろいろいただいたら、
1612市場Tさん1612柚子堂1

それに呼応したのか、柚子堂さんでもオランダ児童福祉がチラホラ。

オランダの古い児童福祉切手、今ぐいぐい引いてますよ〜
でも、本来決して安くはないアイテムなので、
竿が折れないよう、気をつけねば。


他に、柚子堂さんでは
1612柚子堂2
アメリカの州鳥と州花切手。
この日、これの美しいシートも出たのですが、
切手買い過ぎのため、使用済み単片で我慢しました。
左は、エスケーさんのダンボールで見つけた野生動物切手、未使用の田型。



柚子堂さんにて、ハンガリーの実物&スリナム寄付金付き児童福祉。
1612柚子堂3

左は切手市場にて、ドイツ寄付金付き虫シリーズ&サンマリノ蝶切手。
1612市場TD1612SK2

右はエスケースタンプにて、英国UPU100年切手。


エスケーさんでは、ドイツ寄付金付き虫のベルリン・ヴァージョンと、
長いことハヌケだった寄付金付き動物も揃いでいただけました。
1612SK1

ところで、ダミーさんのブースで、
ちまちま集めていたウガンダの花切手、揃いで発見!
1612ウガンダ
とホクホクしてたら、翌週エスケーさんでウガンダの鳥が始まりました。


この趣味に終わりなし



以上、12月の切手はこんな感じでした。



さて、ブロッケン山からのこめつぶ便りも、
これをもちまして2016年を終えたいと思います。

当ブログをたずねてくださった皆さま、
切手やはんこ活動でお世話になった皆さま、
誠にありがとうございました!
運がよければまた来年、よきご縁がもてますように。
ソフB&ブーケ
皆さま、よいお年を!パシッ(←ホーキをつかんだ音)




続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

ベリー・メリー・ワークショップ

先の土曜12月17日
トラッド目白2F イベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第6回
なんとか無事に終了いたしました!

1612WS会場

消しゴムはんこ師 Krabat(クラバート)、
体調不良をのらりくらりとかわしながら、
なんとか漕ぎ着けた今年最後の大仕事、
その1日をご報告させていただきます。



この日は、寒いけど、快晴の気持ちのいい日になりました。

クリスマスシーズンのディスプレイを施された
トラッド目白イベントスペースに、
Krabatが会場入りしたときには、
もうすでにエスケー店長さんがセッティングを終えておられました。

そんなの、初めて。


朝一で、店長さんの気合いがビンビン伝わって来ます。

1612WSセットWSの
作業テーブルには、
クリスマス仕様の
マットが敷かれ、


1612WS展示1 展示コーナーには
 クリスマスカラーの
 ベルベットクロスに
 小人たち。



そして、店長さん史上最多の展示用リーフ。
1612WS展示2
しかも開始時間前に揃ってるし…

そんなのも、初めて。

こ、怖いぐらいの気合いです。


K、Krabatも負けじと
あまったスペースにそれなりのリーフを並べましたが、
1612WS展示3
陳列用のプラ板が足りず、平置きに。


でも、ちょっと足りないのもご愛嬌。
多少の手作り感はお許しを。


1612WS試捺コーナー
無料試し捺し
コーナーも、
いつもより
エレガントに
見えますな。




クリスマス直前開催となった今回、
実は前日までの予約のお申し込みが募集定員16名の半数を下回り、
もちろんちょっと寂しくはあるものの、
それはそれでのんびりモード設定のKrabatだったのですが。

楽しげなクリスマス・ディスプレイと
店長さんの気合いオーラに引き寄せられたのか
当日になってあれよあれよというまにお客様が増え

1回目 7名様
2回目 5名様

 計  12名の方々が参加して下さいました!



WSの1日は時間の進みが速いです。

すでにセッティングもほとんど終っている会場で、
「あと、13時までなにすんじゃい?」と思っているうちに
今回、急遽お手伝いスタッフをお願いすることになった、
当ブログ切手記事でおなじみ、切手メイトのIさん、登場

続いて会場の警備員さんが、
そして、お客樣方が次々と賑やかに現れ、
STAMP×STAMPワークショップ
1回目がスタートしました。
DSC04146.jpg


今回で丸2年を終える当ワークショップ。
ありがたいことに
毎回楽しみにして下さっている常連のお客様も、
少しずつ増えております。
13時からの回は今回も、
すっかり顔見知りになったリピーターさんたちの
わいわい集うテーブルが出来ました。


それから、今回諸事情あり、
WS作業中、物販や展示の接客お手伝いを、
直前にお願いしてしまったIさんですが、
これが、本当にびっくりの大助かりで。

これまで、WS時間中はほとんど対応出来なかった
物販や試し捺しのお客様を、Iさんお一人でバンバンさばき、
興味を持ってくださったお客様を巧みにWSに呼び込み、
眠っていた才能が突然開花したかのような大活躍。

無料試し捺しコーナーに出来た、黒山のちびっ子だかりを、
穏やかに整列させ、一人一人順番にしっかりはんこを捺させて行く姿が、
なんて頼もしい…。
Iさん、ほんとにありがとうございました!


さて、1時間半後。
皆さんの作品が続々と完成しました!

1612WS1の11612WS1の2

1612WS1の3 こちらはリピーターの皆さんの作品。

 それぞれに軽めのクリスマス図案を
 選ばれてますが、
 皆さん、腕前は確実に上がってます。

 実はもうお一方、おられたのですが。
 参加2回目のFさんの作品を、
 撮影し忘れてしまいました!
 Fさん、ツリーと切手フレームの
 コラボはんこ、
 すごくかわいかったのに、
 ごめんなさいね〜




1612WS1の41612WS1の5

1612WS1の6 そしてこちらは
 今回初参加、初はんこの皆さんの作品。
 
 むしろ初めての方のほうが、
 手強い年賀状図案を選ばれたり。

 でも、初めてで、すごくないですか?
 
 初挑戦らしいツリーとロウソクを、
 「不器用なんで〜」と言いながら
 完成されたのは、
 切手市場で仲良くなったYさん。
 皆さん、お疲れさまでした!



残りの30分は、
みんなでおやつをつまみながら、
いろんなはんこをいろんな色で試し捺し。
1612WS捺し時間
オマケのクリスマス・カードもデコレーションしていただきました。



さて、1回目終了から2回目開始までの
1時間の休憩は、
集まって下さった皆さんとお喋りしながら
2回目のセッティングと腹ごしらえで、
あっという間です。


1612WS物販今回、
プレゼント時期
ということも
あってか、
物販の売れ行きも
上々でした。

ご購入いただいた
皆様、
ありがとう
ございました!




16時、
当日飛び入りのお客様も含めて、2回目がスタート。

満席の場合以外は必ず参加して下さる、
2回目名物 はんこシスターズ
エスケースタンプ新宿店店長さん
16時半頃に駆けつけて下さいました。

もう一人のはんこシスターズ
ドール服作家のめしめし&ぺちさんはどこへ?
実は、
Iさんの動物磁気に引きつけられて
16時頃に登場しましたが、
この日はちょっとお疲れ気味で。
はんこか?切手か?悩んだあげく、
エスケーさんで軽くダンボール行を積むことに。

もちろん、切手でも、はんこでも、どんとこい!です。
STAMP×STAMPの1日、
思い思いの楽しみ方をしてください!

さて、2回目の皆さんは
エスケー新宿店店長さん以外の4名様、
全員が初参加、初はんこの方でした。

1612WS2の11612WS2の2

とはいえ皆さん、初めてとは思えない、図案チョイス&出来映え!

1612WS2の31612WS2の4

初めての挑戦で困ったり笑ったり、
真剣かつワクワクな皆さんとご一緒できて、
krabatもほんとに楽しかったです。
どうもお疲れさまでした!

1612WS2の5 締めくくりは、
 新宿店長さんがペロリと彫った
 ←この最難関図案で。



そして、18時を過ぎ、
皆さんの笑顔とともに、
エキサイティングな1日が無事に終わりました。

WSにご参加いただいた方々、
展示や物販を見ていただいた方々、
お試しはんこに並んでくれたちびっ子たち、
そして、エスケースタンプに集う切手関係の方々、
皆様、どうもありがとうございました。



2016年最後のイベントを無事に終えることができ、
今、Krabatはゾンビのようになっています(ホッとしすぎ)。

STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップ、
懲りずに来年、3年目に突入予定です。
これからもどうぞよろしくお願いしますね!




続きを読む

PageTop

最後のお誘いに参りました。

今年も残り少なくなって来ましたね。
例年なら、すでに孤独な大掃除に突入しているおこめつぶですが、
今年はまだまだ営業中。

いよいよ、今年最後の大仕事
12月17日(土)
トラッド目白2F イベントスペースにて
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第6回
開催です!

1612SXSラスト

現在、お席のご予約状況は

1回目(13:00〜) 残席 3

2回目(16:00〜) 残席 7

です。
…先週から変化なしですね。
2回目が、ちょっぴり寂しい。
年末過ぎたのでしょうか…

とはいえ、当日の残席分は、
もちろん飛び入り参加大歓迎です。
突然はんこが彫りたくなった方は、ぜひぜひ目白へお越し下さい!


イベント内容、予約お申し込み方法などは、
当ブログ前々回記事 タイトル『チェーン・リアクション』
に詳しく記載しております。
どうぞ、そちらのほうで詳細をご確認ください。
ご参加、心よりお待ちしております!

なお、予約専用メールアドレスでのご予約・お問い合わせ受付は
12月16日(金)いっぱいまでとなっております。
17日当日、空席状況のご確認、遅刻・キャンセルのご連絡は

エスケースタンプ目白店 03(3980)8000

まで、直接お電話ください。
どうぞよろしくお願いいたします。



先月から想定外のハプニング続きで、
準備が遅れに遅れた今回ですが。

展示リーフ用はんこや、お持ち帰り袋も
さすがに仕上がって来ました(3日前だし…)。

この時期はやっぱりクリスマス&お正月ということで、
1612SXS展示
世界のクリスマス切手や、
2017年の干支 酉(とり)にちなんだモチーフを集めてみました。


さらに、彫った後のお楽しみ、
今回のオマケは封筒付きクリスマスカード
 1612SXSオマケ
出来立てほやほやのマイはんこや、Krabatのサンプルはんこを使って、
見開き面をデコレーションしていただきますよ!


また、物販コーナーでは
クリスマス柄のポストカードやグリーティング用ミニカード等、
この季節限定の商品も並びます。
1612SXS物販


皆様、17日土曜、お近くにお寄りの際は、
どうぞトラッド目白2F イベントスペースを覗いてみて下さいね!



ふ〜。
さあ、これでブログでのご案内は終了です。

後は残りの作業に没頭しつつ、当日を待つのみ。


猫の手も借りたいというのに、
猫に手を借りるどころか、
冬はヌクヌクナデナデのため、
人が手や膝を貸しまくっている現状に苦笑いしつつ…
1612ダリオ

聞いてんのか、ダリオ。



続きを読む

PageTop

あと1週間。

12月17日(土)
トラッド目白2F イベントスペースで開催される
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第6回
まで、あと1週間となりました!
1612作業中


1611作業中↑現在、krabatのデスク上は
分単位で目まぐるしく変化し、
なにがなにやら→

切手や郵趣のモチーフを、
消しゴムはんこで楽しむSTAMP×STAMPワークショップ、
今回の図案テーマは
クリスマス・オーナメント
来年の干支  です。


現在、お席の予約状況は


1回目(13:00〜) 残席 3

2回目(16:00〜) 残席 7

となっております。

お席、まだまだ余裕ございます。
消しゴムはんこにチャレンジしてみたい方、
切手をもっと楽しみたい方、
この機会にぜひご検討ください!

また、当日の残席分のみになりますが、
飛び入り参加も大歓迎です。


イベント内容、予約お申し込み方法などは、
当ブログ前々回記事 タイトル『チェーン・リアクション』
に詳しく記載しております。
どうぞ、そちらのほうで詳細をご確認ください。
ご参加、心よりお待ちしております!




もちろん、STAMP×STAMP講師 Krabat(クラバート)ことおこめつぶ、
現在必死のワークショップ準備中であります。

ありますものの、そんな事情とは関係なく、
なんたって、師走
他にもいろいろミッションが押し寄せて…

今月3日の切手市場には、もちろん行ってきましたが、
切手についてはまた後日、とっくり報告させていただくとして。


北欧2016まずは、
都立大で開催された
北欧マルシェ
行って参りました!

久しぶりにマルシェの
皆さんと再会でき、
嬉し楽しい上に、
戦利品多数→。

草だんごでも、
午後遅かったので
ちもとの八雲もちは
売り切れ。
1年前の雪辱は
果たせませんでした
(代わりを務めた草だんご→)




ニキ・カレンダー それから、
 アメリカの切り絵作家
 ニキ・マクルーアさんの
 2017年カレンダーを、
 今年もゲット出来ました。

 今回の入荷は
 ごく少数だった
 らしいです。
 Sweet Dreams Pressさん、
 どうもありがとう
 ございました!




ドール服作家をされている友人のめいりんさんからの、
ドイツ土産も届きました。

今、まさに家を出ようとしているところへ郵便屋さんが。
送り状の品名に「お菓子 はんこ 切手」とあり

「お菓子? はんこ?! 切手?!!」

すぐに家のなかへとって返して、開封
ドイツ土産2016
急いでいたのでヒドいセッティングですが(なら後にしろ)、
シュトーレン発祥の地ドレスデンの、本家本元シュトーレン。
こめつぶ史上(たいして歴史なし)最高に美味しいシュトーレンでした。

そして、Krabat発祥の地と言っても過言ではない、
ベルリン、ペルガモン博物館前のアートマーケットで長年お店を出している、
素敵なおじさん(めいりんさんジャッジ)のメタルスタンプ。
しかも、ダリオ印蔵書票デザイン。
このお店のスタンプに遭遇したことがきっかけで、
消しゴムはんこ師Krabatは生まれたのでしたね。
ああ、懐かしい…。

とるものもとりあえず開けた切手パックは、
外れ(こめつぶ、厳しいジャッジ)でした。


とにもかくにも、いつもありがとう、めいりんさん。
5年前、一緒にドイツを旅して以来、
ほぼ毎年ドイツへ羽ばたいてるよね。
いつかまた、一緒に旅に出られるよう、1日も早く健康に戻りたいなあ…



また、テレビを卒業して長い我が家、
この時期、you tubeにあがったM1グランプリを、
消される前に速攻で見るというミッションも無事完遂。


いやいや、そんなしょーもないことよりも、
WS準備中でありながら、
うれしいご報告です。


当ブログでも、先月のニットフェアの様子を紹介させていただいた
鎌倉のヴィンテージ&ハンドメイド雑貨のお店
〈 パトローネ 〉さんで、
この12月よりKrabatの商品を扱っていただけることになりました!

パトローネさん
パトローネさん
入り口→


2度目の納品に
うかがった折には、

パトローネさんと
Krabatを
つなぐ架け橋と
なってくださった

手芸愛好家のLykke(リュッケ)さんが、
WSとはちょっとちがう手芸の集い、
シュゲラーカフェをひらいておられました。

お客様それぞれが、NOW ON WORKの手仕事を持ち寄って、
おしゃべりしたり、情報交換したりしながら
一緒に手芸の時間を楽しむ会です。
あわよくば参加させていただこうと、
私もはんこセット持参で行きましたが、
この日は満員御礼で、大変な盛り上がり。


シュゲラー1ちょっと見学
させてもらいました。

皆さんの、
思い思いのニットワークと

シュゲラー2
 Lykkeさんの
 手作りおやつは
 クリスマスヴァージョン
 でした。



シュゲラー(手芸er)カフェは、
編み物に限らず、手芸のくくりに入るものなら
どんな作業の方でも参加可能だそうです(スペースの問題はありますが)。
おこめつぶもはんこでの参加を、来年再チャレンジの予定。
気になった方はどうぞ、lykkeさんのSNS窓口や
パトローネさんのお店で尋ねてみてくださいね!


店内には、
P納品1
すでにKrabatのクリスマス商品も素敵に並べてもらっていて、
パトローネさん、さすがのスタイリング・センス。
とても、ふざけたこめつぶ作とは思えません。ウフフフ


P納品2
この日
納品させて
いただいたのは、
トピカルの
切手セットと
北欧柄
ポストカード。



P納品3
箱とリボンとタグを
セットにした
グリーティングマッチ箱も、
これから登場の予定です。


皆さま、
鎌倉へご用の際には
ぜひパトローネさんさんへも
立ち寄ってみてくださいね!







最後に、
ここ最近、
ノーベル賞受賞のおかげで
この人の話題で持ち切りでしたね。(↓右)
黒い2枚
家業柄、聴きたいか聴きたくないかに関係なく、
我が家でも70年代のアルバム中心に、毎日のように聴くことに。
でも、個人的には
新作を発表した直後に、
82歳で亡くなられたレナード・コーエンの
ラスト・アルバム(↑左)のほうが心に響きました。

お二人とも、60年代から長きに渡って
北米大陸を代表するシンガーソングライターであり続けましたが
振り返ってみると、なんだか対照的な人物像な気がします。

そういえば、
レオン・ラッセルさんも亡くなられましたね。
今年はデヴィッド・ボウイの訃報に始まり(まだ引きずってる)
だんだんと寂しくなって行く年でした。



と、まあそういうわけで、
なかなか落ち着いてWSに集中することもできないまま、
現在に至っております…


まずい。

続きを読む

PageTop

11月の釣果まとめ

おっと!

もう12月だというのに、
11月の切手釣果報告を忘れてました!
1611切手市場


状況的に、切手とかウキウキ見せてる場合ではないのですが、
逃避行動のひとつとして、一気にまとめます。


11月は、JAPEXの影響で1週間ずれた切手市場へ。
それから、STAMP×STAMPの打ち合わせにかこつけて、
エスケースタンプ目白店さんへ半日コースで2回足を運びました。


切手市場では相変わらず、
午後から参加のため、終了時間まであっという間。

座ったままギャロップで、
いつもお世話になっているバラ(?)のタカシマヤさんにて
1611市場1
オランダの古い寄付金付き切手をあれこれ、
格安で分けていただきました。
タカシマヤさん、蔵出しの貴重な切手をありがとうございます!


もはや奇数月の定番、
BUCCHI(ブッチ)スタンプさんでは
1611市場3
突然、きのこ一色に。
切手メイトめしめしさんと二人で秋の味覚を満喫しました。

シリーズ揃いモノにも当たりが!
1611市場2
ブルガリアの鳩、ブラジルの鳥、特にモンゴルの蝶々に歓喜。
どれも蒐集途中での揃い買いですが、
超お買い得価格なので、まったく迷い無し。
また、メキシコの複十字切手をこめつぶ用に持って来て下さるなんて
BUCCHIさん、お世話かけます〜。


久しぶりにお邪魔したY&Sさんでは、
長い間放置されている抜けをあれこれ、50円前後の未使用で埋められました。
1611市場5
フォークランド諸島の虫切手が増えるのは、
2年ぶりぐらいでしょうか…
シャーロック・ホームズ・シリーズ、『最後の事件』。モリアーティ教授、危ない!


終了後のお茶時間には、
切手メイトIさんから、JAPEXのうれしいお土産が!
1611市場4
1969年ドイツの航空郵便50年切手、未使用!
赤のボーイングが、まだいなかったんですよ。ありがたいなあ
その下、謎のレコジャケ・シールはいったい??
なぜか、どれもオリジナル・アルバムではない廉価盤ジャケのようです。
本来の用途がさっぱりつかめない謎シールも、
だんだん増えてきました。

もちろんこめつぶからもIさんへ、エスケーさんで掘り出した、
アフリカ凹版動物切手の束をお土産に。
Iさんの人の好さから始まったお土産合戦も、
徐々に盛り上がって来てます。



ところ変わって、
エスケースタンプ目白店では現在、次の祭へ向かって着々と準備中。
というわけで、売れ残った外国切手の終着駅、
10円均一ダンボールがパンパンに膨れ上がっています。
しかも3〜4箱ほど並んでいるかと。

最近は未使用美品に100円近く出すこともある私ですが、
今月のエスケーさんでは本来の10円魂を取り戻し、
最も楽しく厳しい修行、
ダンボールの行に入りました。
1611SKさん

藁の山から1本の針を探すかのようなダンボールの行。
なぜそんな、時間の無駄系修行に励むのか?
といいますと、
思いもよらなかった1枚を
10円でピックアップ出来る可能性があるから、なんです。
今回も、修行の成果がいくつか。

モザンビークの蝶切手
1611SK1.jpg
9枚という半端な枚数を眺めながら、
「多分あと1枚はあるよな」と思っていたら、やっぱり出ました。
4(通貨単位はなに?)の白い蝶。これまた、微妙な存在感の薄さ…


おこめつぶを南米へ導くことになった
エクアドルの国際スポーツ競技会切手が数枚、未使用で見つかりました。
1611SK2.jpg
古代人の方々が現代のスポーツに打ち興じるという、
凡人の発想を遥かに超えた摩訶不思議シリーズ。
まだまだ蒐集途中ですが、今回はテニスが新入りです。



それから、今なぜか一番気になっているチュニジア切手も多数発掘。
1611SK3.jpg
元仏領ですので、
独特な配色の装飾図案をあしらった美しい凹版切手が多いのですが、
人物がみんな、なんともいい表情してるんですよねえ。
この顔を見ると、つい連れて帰ってしまう…


普段念頭にないマイナー国の、個性豊かな切手に出会える。
エスケーさんのダンボールには
未知の国へのロマンが詰まってるんです(ものは考えよう)。

あと、シリーズものがごっそり束で出て来ることもあります。
そういうのを冷たくやりすごすのは、案外難しいのです。


切手界的には人気の薄いイタリア、
1611SK4.jpg
気になりながらも、ずっと無視して来た
噴水切手と館切手に、ついに手を出してしまいました。
枚数が多過ぎて全貌がわからないものには、あんまり近寄りたくないんですけども…



ところで、付き合いも長くなって来たおかげか、
エスケーさんへうかがうと
店長さんがこめつぶ好みのオマケを用意してくださっていることも。

少し早めのクリスマス・プレゼントでしょうか、
1973年スイス、児童福祉切手のブックレットをいただきました!
1611SK5.jpg
素敵過ぎて使えない!店長さん、ありがとうございます〜

ブックレットと言えば、ドイツやスウェーデンのものが可愛くて人気ですが、
スイスのゴージャスなゴールドもなかなか。
印刷技術の高さでも定評のあるスイス切手ですので、
中身も込みで高級感溢れる逸品。
これは、紙モノ好きにはたまらないプレゼントですよね。

右の82年ベルギーのクリスマス切手は、
「はんこまで彫ったけど、実物はまだ一度も見たことない」
と店長さんにこぼしたら、
なんと目にもとまらぬ早業で、その日のうちに取り寄せてくださいました!
ほんとにいつも、
なにからなにまでお世話になりっぱなしのエスケーさんなのです。


ちなみに、ダンボールの行は
2日通ってようやく1箱終了、まだ道半ばです。
年内に終れるか、どうか…



さて、これでやっと11月の報告も済んだし
次の切手市場まではゆっくり

って、明日じゃないですか!




続きを読む

PageTop