ブロッケン山のおこめつぶ

インスタント旅行。

そろそろ夏も終わりですね。


今年も海
海2016夏
へ行けませんでした。
(画像はダンナが撮って来た江ノ島です…トホホ)


海どころか、
最近行ったといえば病院マッサージばかり…

それから、精をつけねばと

宮川学芸大学の
宮川さんに

うな重2016
 うなぎを食べに
 行ったぐらいで。



去年の夏に比べれば、体調も多少はマシな気がしますが、
自分がこの状態に慣れただけかもしれません。
依然として半病人


猛暑のなか、イベントに旅行にと、
あちこち飛び回られている周囲の皆さんから、
ただただ、お便りやお土産をせしめる、うらぶれた夏でした。

 パイナップルケーキ
↑こちらはめいりんさんからの台湾土産、パイナップルケーキ。
いつもどうもすいません…


はんこ活動も、在庫の補充をする程度で、いまいち停滞気味。
はんこ補充
細かい手作業、どうもあんまり心臓によくないみたいで…
軽く袋小路であります。

そういえばリオ・オリンピックも
「始まった」、「終った」以外、全部スルーでした。
っていうか、地球の地軸がずれてるほうがよっぽど気になって。
今、いったい地球になにが起こっているのでしょうか!?
ああ、気になる。
〈 What's happening to 地軸? 〉はんこ、彫るべきかしら…


暗いことばっかりですいません。
でも、世の中絶好調の方ばかりじゃなくて、
なかにはこんな人もいないと。



さて、地味な療養生活も長くなると、ブログのネタにも困ります。
ほんと、毎日なんのトピックもないもんで。
そうなると話題は、
書き出すと止まらないので、普段は自主規制している
インスタント旅行(=映画)のほうへ。

最近心に残った2時間旅の土産話でも。


現在公開中の『シング・ストリート 未来へのうた』で、
80年代半ばのダブリンへ行ってきました。

シングストリート
↑アナログスタイルの凝ったパンフ。使用後(左)←使用前(右)
見よ、このロバくんヘアーにおかん(多分)のレインコート!

大不況まっただなかのダブリン、父親は失業中、母親は浮気中で、
家庭も崩壊まっただなかの高校生コナーが、
年上の女の子の気をひきたくて、
やけくその見切り発車でバンドを始める青春ストーリー。
時は80年代、すぐお隣のイギリスでは、
当時、第2次ブリティッシュ・インベージョンと呼ばれた、U.K.ニュー・ウェイヴ、
ニューロマンティクスの人気が爆発的に世界に広がっている時代。
女の子きっかけとはいえ、ロック通の兄キの厳しい指導や、
実は案外精鋭ぞろいのメンバーに助けられて、
バンドは予想外にスピード展開、みんなの大きな希望になっていくのです。

もちろんアイルランドの緑と白、港や岸壁の景色も素敵ですが、
デュランデュラン→スパンダー・バレエ→ザ・キュアーと、
もろ見たまんまでヴィジュアルのステージを上げて行く主人公たちのファッション、
楽曲アレンジやバンド演奏の成長ぶりを、
テンポよく細やかに見せて行く話運びは、
さすが『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督作品。
80年代当時を知る世代にはそのまんま笑え、
知らない世代も、恋あり、音楽ありの
無鉄砲な青春物語で楽しませてくれます。
元ミュージシャンで、音楽映画を撮り続けているカーニー監督、
前2作以上にストレートに楽しめる内容に、
「これはやったな」と思っていたら、
早くも『スパイナル・タップ』や『コミットメンツ』
『あの頃ペニー・レインと』といった
〈 架空のバンドもの映画 〉の傑作に仲間入りしてるんですってね。
それも納得。いい旅でした!



それから、こちらは9月10日から公開の作品ですが、
運よく先に観られる機会がありました。
グッバイサマー
『グッパイ、サマー』ではフランス、
ヴェルサイユからディジョンまでの田舎道を、
ヘンテコな車で中学生2人とドライヴでした。


チビで華奢、14歳なのに女の子と間違われてしまうダニエルと、
機械いじりが趣味の風変わりな転校生テオ。
クラスで浮いてる二人がひょんなことから親しくなり、
夏休みにはハンドメイドの偽装車(!?)で、
家族にウソをついてこっそり大冒険へ!

ミシェル・ゴンドリー監督最新作ということで、
楽しみにされてる方も多いかと思います。
個人的にゴンドリー監督は、作品によって楽しめたり、そうでもなかったり、
波があるので、期待値はそんなに高くなかったのですが、
実は今回「まさにこういうのが観たかったんですよ、監督!」と
ハグしたくなるほどに素敵な映画でした!

というのも、
いち映画ファンおこめつぶの脳内ビデオレンタル屋には、
〈ラブコメ〉〈ミステリー〉〈アクション〉みたいな感じで
〈フランスの子供映画〉というコーナーが、勝手にありまして。
そのコーナーには、
子供が主人公のフランス映画だったらなんでもあるわけではなくて。
ジャン・ヴィゴの『新学期・操行ゼロ』に始まり、
アルベール・ラモリスの『赤い風船』や『白い馬』、
『地下鉄のザジ』『好奇心』『さよなら、子供たち』のようなルイ・マル作品、
そしてもちろんイヴ・ロベールの『わんぱく戦争』といったような、
大人から見ると、何をしでかすかわからない、
どうにも手に負えない悪ガキ作品ばかり集まってます。
(もちろん他にもたくさんありますが、個人の趣味度が高いものを挙げてます)

フランス以外にも、世界中に秀逸な子供映画はたくさんありますけど。
でも、なんでしょう?
あの、フランスのそういった映画に漂う、独特の優雅さやリリシズム。
作っている大人も子供パワー全開でありながら、
よくもあしくも自由で純粋な子供世界への、
驚きと共感が同時に伝わって来るような…。

この映画も、
なんだか知らないけど、なにかと格闘している主人公二人の、
時にチラ見えるちがったタイプの繊細さや、
つぶやきが余韻を残す切ない幕切れがたまらなかったです。
おこめつぶの偏った〈フランスの子供映画〉コーナーに、
ゴンドリー監督の『グッバイ、サマー』、文句無し新入荷。


考えてみたらこの監督、MTV出身でカルチャー寄りの、
オシャレ映画のイメージが強い方ですが、
これまでずっと、大人になりきれなかったり、
特になる気もなかったりする、フワフワした人たちのお話を、
イマジネーション豊かにユーモラスに描き続けて来てますよね。
そう思うと、いつか抜群な子供映画を撮るのは、必然だったような気もします。
『エターナル・サンシャイン』や『ムード・インディゴ』もよいですが、
ぜひまたこんな、愉快なインスタント旅、させてください!


と、いろいろ観たなかで、
気持アップリフティングな2時間旅を2本ご紹介でした。
(あくまでもいち映画ファンの感想ですので、固有名詞の誤表記、内容の記憶ちがいなど
 あった場合は、笑って許してくださいね。)



が、今おこめつぶは、
気を引き締めて、新たなインスタント旅の準備へ。

9月ついに、70年代初頭、激動のチリへ飛びます。

チリの闘い

昨年、日本でも最近作が2本劇場公開された
パトリシオ・グスマン監督の、
史上最高のドキュメンタリーと言われる作品。
『チリの闘い』3部作、計4時間を超える、
チリが経験した政治的危機の記録の集大成です。


長い、過酷な旅となりそうです。
でも、行ってきます。


無事に戻って来れるのか、私?
(ドキュメンタリーの場合、
 ヘタすると2〜3ヶ月気持が行ったまんまのことも…)



続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

真夏の昼のジャズ

話は前後しますが…

7月の末、実家へお盆帰省しました。

実家生け花

後期高齢者にして生け花が趣味の母親。
実家は、お風呂場以外いたるところにありとあらゆる草花が生けてあります。
せっかくなので玄関作品を1枚。


この暑い中、
両親とも私より元気みたいだったので一安心でした。


毎年恒例、中学時代の友人と年に一度の飲み会へ。
去年新しく出来た新幹線用改札の前で待ち合わせしたところ、
正面に「ひゃくまんさん」が。

ひゃくまんさん

…現在売り出し中のご当地ゆるキャラ(だと思うん)ですが、
写真を撮ってる私の足がガラスに映り込み、不気味に合体
でも、ひゃくまんさんが立つとほんとにこんな感じなんだと、
地元の友人が教えてくれました。
…、へんなのー。
いつだったか、隣りの県でたまたま営業中の
へしこちゃん」に出会ったときも、どん引きでした。
日本津々浦々で活躍するゆるキャラ、なかなか慣れません。



田舎なので、家の周りはほぼ田んぼや空き地。

タルコ1散歩の途中、ふと
A・タルコフスキーの写真集→
『Instant Light』を思い出し、
ただの空き地が
魔法のような風景に変わるかも、
と撮ってみました。


タルコのつもり ←が、やっぱりただの
 草ぼーぼーの
 空き地でした。


そりゃそうです。

タルコ2 タルコ3
        タルコ4
        ↑タルコフスキーみたいに撮れるなら、
        この歳でこんなところでぶらぶらしてませんて。



今回の帰省、やっぱり暑さのせいか、
体調が優れなかったのは私だけじゃなく、
生誕50thアニバーサリーの友人たちも、ややぐったりめでした。
YやんMコ
50回目の夏を無事乗り切って、来年も元気に会おうね。




あ、虫が苦手な方は、
次のエピソードはササッと送ってください
夏も深くなるこの時期、横浜の家では、
朝いちでよく、見たことも聞いたこともない虫が
玄関ドアにとまっています。

不思議虫このひと、なんですか?→

蝶ですか?蛾ですか?
それとも、蝶トンボという
やつの一種でしょうか?

自然の技ながらすごい配色センス。
そのままマダムのブローチに
なりそうですね。


別の日には、
まるでハッチのお母さんのような
マッフマフのマフラーを巻いた巨大蛾がとまっていたことも。
相当キツかったです。写真、忘れててよかった。



さて、台湾イベント用商品の発送〆切が
2日後に迫っていた第一土曜日、
気がつけばやっぱり切手市場にいました。
切手市場8月


だって、切手好きなんだもん、わかって


8月釣果 ←これらは
 最後の1枚を
 どうしても
 10円で埋められず、
 諦めて揃い買いした
 シリーズの数々。
 スミのダミーさんの
 ブースです。
 でも、
 イタリア77年の
 「切手の日」切手、
 タブ入りの田型が
 うれしく、
 また愛おしい。


時間切れの揃い買い、
肩の荷が降りたような、賭けに負けたような、
複雑な気分

これまで3〜4ヶ月に1度ほどの参加だったダミーさん、
これからしばらくは試験的に、隔月出店されるそうですよ。


それから、
ユング言うところの〈 共時性 〉を知らずに証明し続ける赤の他人ペア
めしめし&あいさん(コンビ名、おこめつぶ勝手に命名)が、
今回も早々と渋谷さんのブースに並んでいるのを発見。
えーっ、着いた時間もほぼ同時だったのー?!

もちろん3人それぞれ、5時ギリギリまであちこちハシゴし、
最後のシメはおさむショップさんで(この時点でみんなベロベロ)。
さらに茶店で収穫自慢、切手談義。濃い1日となりました。


ところで、
切手市場でも老若男女に大人気の外国切手10円天国
渋谷さんのブースは、隔月で偶数月に出店されてます。
この暑い中、がんばって市場に向かったのは、
めしめし&あいさんがコンビを組む(?)強い予感がしたのと、
渋谷さんにお礼をいいたかったのもあったんです。


というのは今年4月、
消しゴムはんこでエアメールシールを作ろうと思い立ち、
以前エアメールマークをバラ売りされていた渋谷さんに、
また販売してもらえるようリクエストしたのがきっかけで、
はんこの原本集めで、すっかりお世話になることに。
世界中のいろんなエアメールマークを安価で分けていただいたうえ、
今月はさらに、「こんなの、はんこにしたらどう?」と、
渋谷さんオススメの素敵なカヴァーや小型シートを
わざわざコピーしてきてくださいました!
エアメールシール
                悶絶ものの実逓カヴァー、めちゃくちゃ素敵…↑
              現物は常連のお客様が早いうちに買って行かれたとか。


このイタリアの本刺繍切手、実際に布(多分リネン)に刺繍されてます。

20140807_f9a8fc.gif現物はこちら→
獣道を行く
10円ハンターには
決して出会えない、
高価な1枚。


本刺繍の布切手は、
2000年のスイスを皮切りに世界中で発行されるようになったそうです。
どれもため息が出るような、オトメ品。


しかし渋谷さん、仮にもディーラーさんなのに、
現物を買えるはずもない貧乏ファンに、コピーをとっておいてくれるなんて、
なんてジェントルマンで、アマチュアシップに満ちた方なんでしょう。
おこめつぶ、感激でした。
こちらも、出来上がったエアメールシールの成果品を、
お礼にお渡し出来て、ほんとによかったです。

聞けば、渋谷さんは大のジャズ好き。
特にジャズ・ヴォーカルがお好きで、
エラ・フィッツジェラルドの熱烈なファンだそうで。

おこめつぶは、基本U.K.、U.S.のインディ・ロックですが、
もちろんジャズも基礎教養的に長年聴いて来てますので、
切手以外にも「音楽」という共通の話題ができ、
急激に雑談にも花が咲くようになりました。
60〜70年代当時のジャズ・シーンについて、
実体験に基づく貴重なお話がおもしろく、
思わず切手を仕分ける手が止まるように…


そこで、やっと今回のタイトルなわけです。


台湾イベント用商品も無事送り終え、当面の予定をすべてクリア。
ようやく取り戻した自由時間に、
昼間っからCD棚のジャズコーナーをじっくり見てたら、
渋谷さんの大好きなエラのCDが見つかりました。

真夏の昼のジャズ

ついでに引っぱり出してきたのは、
ジャズとは言えませんが、今オリンピックで熱いブラジル
国民的女性シンガー、エリス・レジーナの『エリス・レジーナ・イン・ロンドン』。
『エラ・イン・ベルリン』というタイトルつながりで。

お二方とも、その笑顔がキャラを物語る、秀逸なジャケット↓
エラ&エリス

あと1枚は、おこめつぶが一番よく聴いたジャズ・ヴォーカリスト、
ブロッサム・ディアリーの、自作曲中心の異色作
『ザッツ・ジャスト・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー』。

真夏のけだるいまっ昼間、
コーヒー片手にフィメール・ジャズ・ヴォーカルを楽しむ。
蝉の歓声が轟く、ひとときの自宅夏フェスでした。


続きを読む

PageTop

いい大人の夏休み自由研究


週1ブログのはずが、2週間のご無沙汰でした。

まあ、そんなときはだいたいただのサボりなんですが、
今回はちゃんと理由がありまして。

  ロゼット扉

今週日曜、14日に台湾で開催されるイベント
「Mr.Hoffmann’s Toy Box」に参加される
友人のドール服作家めいりんさんのご厚意で、
今回もKrabat商品をブースに置いていただけることになりました。
というわけで、帰省からこのかた、他のことは全部横に置いて、
前回記事でチラ出ししたブツの製作に没頭しておりました。


昨日めいりんさんの元へ台湾用商品を発送し、
ようやく年季明け。
その間にあったあんなこと、こんなこと、
喉まで出かかってますが、ちょっと我慢。
まずは出来立てホヤホヤの新作を紹介させてくださいませ。


ちょうど夏休み時期、大人だって新しいことに挑戦したいっすよ。
それで始めたロゼット作り、ほぼ人間用サイズで出来あがりました。

王冠ロゼット
飲めないビールを
無理して飲んで集めた
ビール王冠の
コレクションを
思い切って
使ってみました。→
まあ、また、
飲めばいいし。

ギネス、
ホーフブロイ、
黄色いのは、
…なんだっけ?
(↑本来、酒にうとい)


 ※ ビールの王冠は現物を使ってますので、
   開栓時の凹み、小さな傷などがついています。
   何卒ご了承ください。

コインロゼット1 ←こちらは
 外国コイン使用。

 フランス、イタリア
 ドイツ、ポーランド
 アメリカなどの
 コインを使いました。

 バイメタル
 (金属2種)
 や七角形など、
 日本硬貨には
 ない種類が
 やっぱりいいですね♡




コインロゼット2
こちらのリボンは
イタリア製の別珍。→
ぶ厚いので、
均一に折るのに
地獄を見ました。

バックのリボンは
使ううちに
だんだん程よく
ほつれてくる、
サイド切りっぱなしの
シルクリボンです。





ロゼットプチ ブライスにも
 いけるか?
 ←プチサイズ。
 なにしろ材料が
 人間様用なので、
 思ったようには
 なかなか…

 中央のロゼットの
 ビーズは、
 たまたま家にあった
 チェコの
 ガラスビーズです。



  裏は、実は思ったような留め金具が見つからず、
  いろいろ悩んだ末、苦肉の策で
  今回はひとまず、文房具のクリップ(ホールド力強め)を使いました。
  ロゼット裏
  クリップはハードフェルトとソフトフェルトの間に挟んで、接着しています。


 着用例1

着用例3

 ポケットや襟元を挟んで
 ブローチにするもよし、

 ヒモを通して、下げるもよし。



着用例2 しかしさすが
 元は勲章ですね。
 
 ロゼットひとつで
 相当インパクト
 出ますので、
 ブローチ使用でも
 ストラップ使用でも、
 シンプルな無地のものに
 付けるほうが、
 冴える気がします。

ブローチ使用の場合、
ジーンズのような厚い生地も挟めますが、
なにぶんクリップですので、早いうちに締めが甘くなるかと。

ヒモを通して、壁やバッグ等に飾るほうをオススメします。

着用例4

ブローチとしてのみ使用されたい場合は、
裏貼りのフェルト1枚を、ナイフやヘラなどでクリップごと剥がし、
下のハードフェルトに安全ピンを縫い付けてもらえば、
より安心して使っていただけるかと思います。


試行錯誤しながら初めて作ってみたロゼットですが、
ボール紙、ホッチキス、両面テープなど、耐久性のない材料は避け、
すべて手縫いと、
縫えないものは湿気大国日本が誇る超強力接着剤でくっつけています。

ただ、
縫いの技術が中学生水準で…。
とれたボタンをつける以上のことが出来ない自分に、
途中で気付く始末。
そして徐々に、めいりんさんを始め、
普段なにげにお付き合いさせていただいている
ソーイングの達人方の、弛まざる努力、その凄腕ぶりに
尊敬を通り越して恐怖さえ感じ始め…

ああ、黙ってはんこ彫ってりゃよかった
気安く針と糸を持ってしまった私が、バカだったようです。


なにはともあれ挑戦、その結果、大いに勉強
大人の夏休み自由研究、大変ためになったのでした。



そして、新米ロゼットたちは、
夕日を浴びながらめいりんさんの元へ、
さらには台湾へ…
旅立ちのとき

今回、パイロット版というつもりもあり、
気持お安めに値段設定させていただきましたが、
とにかくめいりんさん頼みの委託販売。
イベント当日、出す商品のジャッジは
ブースを一人でキリモリするめいりんさんに、
全面的にまかせております。
当日ブースにロゼットが見当たらなかったとしても、
どうぞ事情をお察しくださいね。
なにとぞよろしくお願いしまーす。


krabatのロゼット、
今後、日本の皆様に見ていただく機会がもてるかどうか…
なんとかこの場で紹介出来てよかったです。


ではでは今週末、
めいりんさん、イベントのご成功を祈ってます。
気をつけていってらっしゃい!


続きを読む

PageTop