ブロッケン山のおこめつぶ

たいした問題じゃないが

STAMP×STAMPワークショップが終って、
すっかり惚けてます。


抹茶葛湯暑いなか、
二條若狭屋さんの葛湯など
じんわりいただき、
ばばくさいことこのうえなし。
抹茶味です。
小鳥の浮き実が♡




惚けながらも、
切手だけはしっかり狩ってたり。
 7月SK釣果

エスケー目白店さんで、
STAMP×STAMPの反省会と称しつつ、
頭痛がするまで10円ダンボールを掘ったあの日…
7月末現在、お店では使用済み10円と未使用30円が、
果てしなく増殖中。
きれいな新古ストックブックも、たくさん入ってましたよ。




それから
週末は、実家へ帰省します。
時節柄、お盆里帰りです。

この季節、去年からの体調不良がやや増しなので、
大事をとってより道なしです。…さびしい



で、帰省の度に抱える問題が、
実家にてヒマな数日をどう過ごすか?


私の場合
旅の友、といえば
旅行の友

手近な本の山をかき回し、
荷物にならないよう薄い文庫を2冊選びましょうっと。
この夏はどれにしようかな?
ってやってるうちに、読み出してたり…


もちろん手仕事セットも準備。
いつもは「あとは彫るだけ」の状態にしたはんこを、
山のように持ち帰りますが。

今年はニュー・トライアル
new trial
これを実家で仕上げることにしました。

ショップロゴはんこのご注文をいただいた、
KIKI'S MARKETさんのロゼットに触発されて、
自分も手持ちの素材でチャレンジすることに。

最近のハンドメイド・ロゼットといえば、
フリフリのヒラヒラを思い浮かべてしまいますが、
krabatはビールの王冠や外国コインを使って、
本来のロゼットに近いトラッドなイメージを目指してみましょうっと。

まずは普通サイズから始めていますが、
これもドールサイズまで小さくなるかな?どうかな?




ところで最近、ダリオにニュー・フレンズが。

だいち&めぐみ

権利的にどこかスレスレ感の漂う、
だいちくんめぐみちゃんなのでした。



ほんと、
たいした問題じゃなくてすいません。
では、行ってきます。


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

うれしい再会!ワークショップ

ついに夏本番!
今年も命がけの暑さになりそうですね…


さて、7月16日(土)トラッド目白2F イベントスペースで、
STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップ 第5回
なんとか無事、賑やかに終了することが出来ました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

SXS5 カード作り2



SXS5会場
当日は、
ゲリラ豪雨が続いた後の、
外出にはうってつけの
曇り日でした。
講師Krabatの体調もまずまず。



今回、イベントスペース運営方針の変更などもあって、
お客様に集まっていただけるかどうか、
予測不能な面もあったのですが、
なんと!
主宰エスケーさんのマメなDM作戦が功を奏し、
たくさんのリピーターのお客様にご参加いただけました!


SXS5 WS中1 1回目(13時〜)4名様、
 2回目(16時〜)8名様満席、
 計12名のお客様中10名様が、
 Krabat・WSメンバーズ。
 なかには1年ぶり、
 今は昔の祐天寺でのWS以来
 というお客様も。


どなたか登場する度に久しぶりの再会となり、
「わーっ」「キャーッ」「どーも、どーも」で、
はんこ製作と四方山話が並走する、賑やかな1日となりました。


SXS5 WS中2ところで、
経験者のおなじみ様ばかり
ということは、講師側も
超リラックス
今回、ついにアシスト・デビュー
となったエスケースタンプ目白店
店長さんも、
最初から打ち解けた雰囲気での
スタートになりました。




では、1回目、2回目、まとめて
皆さんの〈 力作はんこギャラリー 〉
お楽しみください。


SXS5 完成1 SXS5 完成5
イニシャル図案(カントリー)に挑戦されたのは、
今回2度目となるHさん(左)と、貴重な初参加者Yさん(右)。
技術の向上を目指して、あえてシンプルな図案を選ばれたHさんは、
エスケー店長さんのマンツーマンの指導のもと、2個も彫ってしまいました。
写真を撮り逃してしまいましたが、
1個目と2個目では彫り口が全然ちがって、ご本人もびっくり。
ビギナーのYさんも、中のくり抜き模様に大健闘。



SXS5 完成6 当日飛び込みで
 ご参加いただいたFさん、
 人生初のはんこ作品
 〈 鳩 〉です。

 最初は刃先の向きなど、
 ちょっと戸惑い気味だった
 Fさんですが

半分ほど彫ったところでいきなりスイッチがONに!
後半、メガネを外し、グッと集中して羽や尻尾の波線を彫り上げました。




SXS5 完成2 SXS5 完成3
こちらは夏図案から〈 イルカ 〉対決。
前回の挑戦で、リス図案の目をポロリと落としてしまい、
今回リベンジに燃えるTさん(右)と、
Krabatとは祐天寺からのお付き合い、目白初参加のmika*さん(左)の作品です。
どちらも甲乙つけ難い、爽やかな出来映え。波しぶき、感じますね!


    SXS5 カード作り1
最後は、お二人仲良く涼しげなポストカードを作られていたのが、印象的でした。



SXS5 完成4 SXS5 完成7
SXS5 完成10
 そして、今夏限定の
 フルーツ重ね捺し図案、
 一番人気は〈 スイカ 〉でした!

 やっぱ日本の夏は
 スイカですね〜

昨年春にSTAMP×STAMPをスタートして以来の大切なお客様、
Hさん(上左)、Fさん(下)、
そして、トラッド目白管理スタッフにして、
かわいい切手やはんこにも興味津々のHさん(上右)、お三方の作品。
写真は撮り逃しましたが(こればっかり)、
Fさんが思いついた黄スイカ・ヴァージョン、たまらなく可愛かったです。



このへんから、グググッと本気モードに入りますよ。
SXS5 完成8 SXS5 完成12
フルーツ重ね捺し図案から、〈 ブルーベリー 〉は当ブログでもおなじみの常連様、
ドール服作家のめしめし&ぺちさん作品。
〈 パイナップル 〉は、今回のWS参加者最年少にして、
はんこに本気の中学生、Kさん作品。
お二人とも、すでに講師、なんの指導もしてませんです。
この日めしめしさんは、お供のプチ・ブライスさんたちを
カバンから出し忘れるほどの本気ぶりでした。
一番細かいパイナップル図案を迷わずチョイスしたKさんも、本気度がヒシヒシ。



   SXS5 完成9
夏図案の〈 麦わら帽子 〉を、なんとオリジナルで重ね捺しにしてしまったのは、
2度目のご参加になるSさん。
切手を元にした線画の図案を、見事にご自身のアイディアでアレンジされました。
線のタッチやレイアウトにも、独特の愛らしさが。
というのも、実はSさん、消しゴムはんこ作家さんで、
エスケー店長さんのはんこの先生でもあるという方。
さすがプロ、の発想&表現力ですね。



最後は、フルーツ重ね捺し図案の〈 桃 〉。
STAMP×STAMPスタート以来、
Fさんとお二人で参加してくださっているAさんの作品です。

SXS5 11練習 この〈 桃 〉、
 一見簡単そうに見えますが、
 実は重ね捺し的に最難関。
 Aさんも、
 彫ってからが大変でした。
 重なりポイントを
 体に叩き込むまで、
 ←練習、また練習

SXS5 完成11
ついに、目をつぶっても
ばっちり重なるぐらいに!→
(…言い過ぎました)




という具合に、
ワイワイとおしゃべりやおやつ休憩を楽しみながらも、
皆さんのはんこ、ひとつひとつが素敵に仕上がっていき、
初心者の方の健闘や、経験者の方の上達ぶりに、
講師Krabatも目を見張りっぱなしでした。

皆様、ほんとにお疲れさまでした!




 SXS5 カード作り3
はんこ製作の後は、残り時間いっぱい、
楽しいポストカード作りで盛り上がりました。
同じはんこを使っても、配色やレイアウトはまさに十人十色。
皆さんのオリジナリティーが光るカード作り、
krabatも見ていてとても新鮮で、楽しかったです。


2時間、そして1日があっという間のワークショップでした。
切手や消しゴムはんこを通じて出会った方々との再会、
そしてまた、新しい出会い。

不定期開催ながら1年半を経過して、
STAMP×STAMP消しゴムはんこWSにも、
独特のグルーヴ、広がる人の輪が出来つつあるように感じます。

ここだから出会える人々ここでしか味わえない楽しさ
そんな思いにぼんやり幸福感を感じながら、
講師Krabatは今回のワークショップを終えることが出来ました。
これからも、お客様お一人お一人、ひとつひとつのつながりを大切に、
続けて行きたいと思っております。

お忙しいなか、ご参加くださったお客様方、
主宰のエスケースタンプ目白店の方々、
トラッド目白イベントスペースの運営スタッフの方々、
皆様、どうもありがとうございました!



ところで、来る8月1日(月)には、
〈 夏休み子供大会 〉的STAMP×STAMP新企画、
エスケー店長さんの、消しゴムはんこ捺し放題イベントが、
同じくトラッド目白2F イベントスペースで開催される予定です。

その日私用が入ってしまったkrabatは、
残念ながらお手伝いに駆けつけられないのですが、
そちらのほうも、ご興味おありの方はぜひぜひのぞいてみて下さい。
30分捺し放題+ミニトートバッグ作り、だそうですよ!





さて、ここからはWSのおこめつぶ的余談ですが。


WS当日、ちょとびっくりした出来事が。

休憩時間中、会場の留守番しながらまったりお昼を食べていたら、
WS参加のめしめしさんと、切手関係記事でおなじみのIさんが、
楽しそうにおしゃべりしながら一緒に現れたではないですか!

えええ?…このお二人、切手を通じてもちろんお知り合いですが、
にしても、メールアドレスはおろか、本名さえちゃんと知らない仲ですよ。
それもこんな中途半端な時間に、
いったいどうやって一緒にやって来れたのか??

答えは簡単、「駅で偶然会った」でした。

が、偶然という名の縁なのか、
アンテナの周波数があってるのか、
動物磁気で引きあってるのか、
片方がいるときは、ほぼ確実にもう片方も現れるという、
すごいシンクロ率のお二人です。
…か、もしくはどちらかがもう一方に取り憑いている妖怪なのか?(妄想域突入)

39差し入れ
そしてまた、レモンとゆずでシンクロ気味の、
美味しそげな差し入れを、お二方からいただきました。
親切なお心づかいがうれしゅうて、涙が…
いつもほんとにありがとうございます。



そうそう、シンクロといえばもうひとつ。

今回、展示用に作成した〈 風景印でドイツの街めぐり 〉ボード。↓

展示ドイツ

1日だけの展示用なのが切ないぐらい一所懸命作ったので、
ちょっと大きめ画像で紹介させて下さいね。
解説の文字が小さ過ぎて、誰にも読んでもらえなかった気がします。ぐっすん…

ちなみに、下のはんこ原版と一緒に飾っているミニチュア花かごは、
ブライス・コンでめいりんさんにゲットしていただいておいた、
めしめしさんの作品です。
(めしめしさん作品、もっと見たい方はこちらへどうぞ→

(店長さんの展示〈 ドイツ寄付金付き童話切手記念消印 〉はんこシリーズは、
 作品が出そろってから撮影しようと待っているうちに、
 うっかり撮り忘れてしまいました。超力作だったのに、すいませーん!
 追々STAMP×STAMP情報blogのほうに画像がアップされるかと思いますので、
 皆様、当ブログのリンクから、そちらのほうでぜひご覧下さいっ)

 
で、話はシンクロに戻ります。
WSの片付けを終えたあと、エスケースタンプさんの営業終了を見計らって、
関係者&有志のお客様で、コーヒーとケーキのプチ打ち上げを開きました。
もちろんイベントの打ち上げ、ではありましたが、
場所が場所だけに、手だけは切手満載のダンボール箱へ突っ込んでる状態で…。

これもまた偶然のなせる技か、
ダンボールからは大判小判が、いや、女子人気のドイツ切手がザックザク


それだけなら、まだ単なる偶然ですが、
帰宅途中、閉店間際の「おかしのまちおか」の前を通りかかると、
リッターの定番、アルペンミルク・チョコ
なんと1枚98円(通常300円以上)の投げ売り状態で山積みになっていました!

ドイツ収穫
なぜかWSから持ち帰ることになった、ドイツ土産↑



こうなるともう、
ドイツが私に努力賞をくれたとしか思えない…(完全妄想域突入)




続きを読む

PageTop

痛恨の吹っ飛ばし

大急ぎでブログを書いていて、
保存直前に、ミスタッチで記事が吹っ飛びました。

…「母さん、僕のあのブログ記事、どうしたでせうね?」

やけくそで祝・角川映画祭であります。(7/30〜 於:角川シネマ新宿)


では、うろ覚えにて再出発。

7月16日(土)に行われる
目白 STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップまで、
あと1週間を切りました。
当ブログでは最後のご案内となります。

SXS51週間前

夏開催の今回、
恒例の〈 お持ち帰り袋 〉のはんこは、海の幸満載です(非食用)。
図案はモナコ1961年「水族館学会議」記念切手より(画像右上)。
モナコの水族館といえば、世界最古にして世界一有名な歴史的水族館。
海洋生物好きな人にとっては、マジで竜宮城のような存在です。
おこめつぶもいつか訪れることを夢見つつ、ありがたく彫りました。



SXS5ポスカそれから、
ふみの日目前ということで、
今回はいつものオマケ
〈 重ね捺し切手カード 〉
からちょっと趣向を変えて、
暑中見舞いにすぐ使える
Krabat特製
〈 はんこポストカード 〉
をご用意しました。



切手枠はんこ
 ←縁飾りに
 マキシマムカード風
 切手はんこを使い、
 WSで出来立てホヤホヤの自作はんこや
 試し捺し用はんこ等
 いろいろ組み合わせて



オリジナルはがき作りを楽しんで下さい。


どんな塩梅か、おこめつぶもさっそくチャレンジ↓
ポスカサンプル

一刻も早くアップしようと焦っていたため、
レイアウトや配色を詰めきれず、インプロ捺しになってしまいましたが、
いかがでしょう?なんとなく、雰囲気は伝わるでしょうかね?
ご挨拶の一言を添えるスペースを忘れずに。



さあ、あと残すは展示用
「ドイツ 風景印マップ」の製作のみ。
一番の大仕事が最後に残るのはいつものことですが、
あと1週間でなんとかなるんでしょうか?(誰に聞いているのか…)
とにかく、あとは現地でのお楽しみ、ということで。


STAMP×STAMPワークショップ、
現在の空席状況は

1回目(13:00~15:00) 空席 3
2回目(16:00~18:00) 空席 3

となっております。

イベント詳細・予約お申し込み方法については、
当ブログ前掲記事に記載しております。
どうぞそちらのほうで、内容をご確認ください。

(注:WSご予約は15日深夜にて締め切らせていただきますので、
   イベント当日は、ご予約専用メールアドレスへのお問い合わせに
   対応出来ない場合があります。
   当日は、直接お電話でエスケースタンプ目白店 
    TEL 03-3980-8000
   までお問い合わせください。)



ではでは16日まで、
まだ諦めずに頑張りたいと思います。

皆様、当日のお越しを心よりお待ちしております。



…プハーッ
やっと吹っ飛ばしたところまでたどり着きました。

吹っ飛ばしの復元だけではつまらない(なに、この余裕?)ので、
もうちょっと、近況をば。

ここ数日、はんこ、PC、はんこ、PCと、
座りこんで手元に集中してるので、体がサイボーグなみにカッチカチ。

一作業終った息抜きには、
本よりも漫画を読むことのほうが多いのですが、
選んだ漫画が面白かったりすると、途中で置けずに逆効果。

↓2冊とも、面白過ぎて休憩時間大幅に超過。
漫画2冊
バンド・デシネ(フランスのアメコミ)の『ピノッキオ』と
近藤ようこさんの『五色の舟』です。
一癖も二癖もあるダークファンタジーがお好きな方、オススメです。

本は、なんとなく気分でですが、
P.P.パゾリーニのインタビュー本(右)を読んでいます。↓
本2冊
60年代末に行われたインタビューで、
この本自体が40年以上前に出されたものです。焼けがすごい…
この勢いで、次はJ.カサヴェテスのインタビュー集を読もうと思ってます。
画像左は、最近ただ同然で手に入れた、10年ほど前のタッシェンの北欧デザイン本。
洋書なので読めませんが、見るだけでも勉強になるかと。


それから、息抜きというより、無理矢理時間を作って、
ライアン・マッギンレーの日本初の展覧会に行ってきました。↓
   RM図録
うちでは珍しく、図録購入。
音楽ファンにはシガーロスのジャケ写でおなじみのカメラマンです。
ちょっと昔のラリー・クラークの『タルサ』を思い出しもしましたが、
クラークよりは断然明るい青春でした。


あと、最近頭から離れないのは、

STAMP×STAMPが終ったら、マッサージへ行こう


もう、それだけです。
(いや、その前に選挙でしょう)

続きを読む

PageTop

夏のフルーツ、豊作。

7月16日(土)
目白 STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップまで
あと2週間

先週サボったツケが今、仕事と共に押し寄せ、少々焦りが…。


この夏限定の〈 夏のフルーツ 〉重ね捺し図案
原本とサンプルが、なんとか出来上がりました。
  フルーツ原図



アメリカ花切手これまで、
STAMP×STAMP企画の
なかでも、展示や
オマケの切手カード用に
重ね捺しはんこを
作って来ましたが。
(こちらは、
前回展示した
アメリカの
ヴァレンタイン切手→
10分割8色重ね)



ワークショップ用図案としては初めての試みです。


さあ、サンプルはんこを捺してみましょう!

フルーツ重ね1
まずは外枠になるはんこを捺し、
そこへ、絵を合わせるポイントを決めて、
2つ目のはんこをのせていきます。

フルーツ重ね2
すると、こんな感じに。


フルーツup3
ルーマニアの桃は、彫るのは楽ちんだけど捺すのが大変で、
コスタリカのパイナップルは捺すのは楽ちんだけど彫るのが大変。
あら、桃、さっそくずれちゃってますね(なにぶん練習不足で…)。


フルーツup2
ブラジルのパパイヤは3色、日本のスイカは塗り分けで4色使いました。


フルーツup1
モロッコ王国のオーリブユーゴスラヴィアのブルーベリーは、
彫りも捺しも比較的簡単で、ずれも気になりません
(いや、このオリーブのずれは気になる。…練習不足で)。


ちょっとぐらいずれたほうが味わいがでますから、
そんなに神経質にならずに、
いろいろ配色を楽しんで捺して下さい(自分にも言ってます)。



フルーツ重ね捺し図案は、経験者の方用(ご希望で)とさせていただきます。
二つのはんこの輪郭がずれないように、
線に沿って正確にナイフを運ばないといけないので、
初めての方にはちょっとプレッシャー大かと。何卒ご了承ください。


もちろん、他にも夏の定番切手図案↓や
スタンダード夏図案
イニシャル図案等もご用意しております。

初めての方から腕におぼえのある方まで、
それぞれのスキルや興味にあわせて楽しんでいただけたらと思います。




ところで、展示用はんこもそろそろ仕上がって来ました。
エスケー店長さんと協議の結果、
この夏のお題は「ドイツ」。ああ、行きたい。


Krabatは、ドイツの各観光地の郵便局で
使われているらしい
ご当地印(勝手に命名)を集めて、はんこにしてみました!
   ドイツご当地印


…で、ご当地印とは、いったいどんなものなのか?

ご当地印原図
切手イベントで
紙付きの激安切手や
ポストカードを
漁っていると、
時々こういうものに
出くわします。→


消印とは別に捺されている、
ご当地ならではの風景や名物を盛り込んだスタンプです。
旅行先やわが町からのご挨拶に花を添える、
お土産スタンプという感じでしょうか。
もちろんドイツ語はちんぷんかんぷんのおこめつぶですが、
雰囲気で察するに、「千年の古都」とか「上質なビールの街」とか、
キャッチフレーズがその街の紹介になっていて、楽しいんですよね。


シュヴァンガウ印
例えば、このご当地印。↑
オーストリアとの国境、ロマンティック街道とアルペン街道が交わる、
有名なフュッセンの街の東に位置する
シュヴァンガウのものです。
ロープウェイの向こうにはホーエンシュヴァンガウ城とノイシュヴァンシュタイン城、
さらにアルプスの峰々を臨む、豪華なごお土地柄です。
キャッチフレーズには半分「ウィンタースポーツの里」
みたいなことが書かれてますが、あと半分はちょっと…?
さすがに原寸では無理なので、ちょっと拡大して彫りました。


風景印夏 ←日本にも、
 その地域の名勝や
 風物をデザインした
 風景印というものが
 ありますよね。

 おこめつぶも、
 スタンプサロン
 ROCO SURFさんや
 滋賀の赤いやぎさんから
 いただくお葉書で、
 ちょっとずつ各地の風景印に
 親しんでます。




今回彫ったドイツのご当地印は、
日付が入っていないので、消印ではなく、
あくまで観光地のちょっとしたトレードマーク的はんこ
なのではないかと思うのですが、
なにぶん、正確なことはドイツ郵政の方にでも聞かないことにはわかりません。
(聞いてもドイツ語じゃ、やっぱりわからんでしょうが)
もし詳細をご存知の方がおられましたら、
ぜひご教示いただきたいと思っております。


展示では、このご当地印と地図を使って、
はんこでドイツ観光地巡りと洒落込み、
夏のバカンスに行った気になろうという、涙ぐましい作戦であります。


WS準備作業も、まだまだ中盤。
頑張りますね。



〈STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ〉

日 時  7月16日(土)
     1回目 13時〜15時  
     2回目 16時〜18時
場 所  JR目白駅前 トラッド目白2F イベントスペース
定 員  各回 8名
受講料  1500円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生も参加いただけます)

 ※ はんこ製作、押印に必要な道具・インク類はすべてこちらでご用意しております。
   個人のスタンプ帳、使い慣れたツール等をお持ちの場合は、ぜひご持参ください。

予約お申し込み方法

メールにて  1 お名前
       2 人数(複数で参加ご希望の方は、全員のお名前をお願い致します)
       3 参加希望回(1回目or2回目)

を明記の上、下記のアドレス(☆印を@に替えて)

stampxxstamp☆gmail.com

までお申し込みください。

もしくは、ドラッド目白2F エスケースタンプ目白店店頭でも、
直接お申し込みいただけます。
(電話でのご予約は承っておりませんので、ご注意ください。)


イベントの詳細情報・参加に関する注意点等は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

でご覧いただけます。
お申し込みの前に、ぜひご一読下さいね。



お席、まだまだあります。
当日の空き席に飛び入り参加も可能です。
皆様、どうぞふるってご参加ください!



続きを読む

PageTop