ブロッケン山のおこめつぶ

流されて…

6月25日、
*Mayrin*さん、めしめし&ぺちさん、Yっこさん、
ブライスコンに参加された皆様、お疲れさまでした!
そして、*Mayrin*さんブースにてKrabat作品を手に取って下さった方々、
どうもありがとうございました!

その後、STAMP×STAMPワークショップへ向けて、
準備作業をドシドシ進めていってるはずのこめつぶですが、
ひと仕事終えた感に流されて、サボっておりましてよ。


7月16日(土)に開催される
目白 STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップ 
(詳しいイベント情報は、前掲記事をご覧下さい)

今回限定の〈 夏のフルーツ 〉図案は、
現在こんな状況であります。↓
SXS5サンプル作成中

ほんとはサンプルを仕上げて、捺した状態をお見せしたかったのですが。
それは次回のお楽しみ、ということにして(強引に)

流されついでに、
ほとんどブログを更新出来なかった6月を、
ちょっと振り返ってみたりして。




思い起こせば6月前半は、
5月末の関西旅行から持ち帰った和菓子の、おやつラッシュでした。
龍鳳 野菊
左 雲龍、強烈な甘党だった祖父(故人)の大好物で、
  実家の戸棚によくキープされてました。
  祖父をしのんで、最近っぽい抹茶味の〈 龍鳳 〉をおひとつ。
右 かぎやさんの〈 野菊 〉は、アーモンド味の洋風落雁。見立てっぷりがたまりません…


不老泉 いも納豆
左 かわいい箱狙いで、二條若狭屋さんの葛湯セット〈 不老泉 〉。
右 〈 いも納豆 〉はお義母さんよりお土産でいただきました。




それから、5月に萩尾望都先生のSF原画展を拝見したのがきっかけで、
「そう言えば、読んでないわ」と気づき、
SF代表作のひとつ〈 マージナル 〉の古本購入&熟読(先生、古本でごめんなさい)。

ちょうどその頃、なんと『ポーの一族』の続編が本誌に載ると聞きびっくり、
しかも付録として『訪問者』の別冊が付くそうで、
二度びっくり!(まあ、昔のが家にあるんですけど)
おかげさまで、ちょとした望都さま祭に。

望都さま祭


実は私、高校〜大学の頃でしょうか、
10年ほど、ぱったり少女漫画を読まなかった時期がありました。
今考えてみれば、当時少女漫画界全体が大きな過渡期を迎えていたんでしょうね。
その変容、変質のスピード、凄まじさに不信感を抱いちゃったというか、
自分自身もどんどんひねくれて、素直に楽しめなくなっちゃいまして。
なので、どんなに好きな先生も、
ちょうどその頃の作品がすっぽり抜け落ちてるんです。
その後、漫画好きが復活してからさかのぼって読んだ作品もあるのですが。
〈 マージナル 〉、今読むからこそわかる、もちろん当時の少女漫画の金字塔、
だからこそその表現の限界もはっきり感じられる傑作でした。


50を目前にして、望都さまワールドにどっぷり漬かるという
我ながら予想だにしなかった退行現象を起こしてしまいました。



そしてもちろん、切手ですね。


6月のハンティングは切手市場と、
6月切手市場


STAMP×STAMPの打ち合わせにかこつけて、エスケー目白店へ。
6月SK釣果1



切手買い過ぎとわかっていながら、もう止まんなくなってます。
自分一人でニヘニヘ眺めてばかりもなんなので、
すいません、6月の切手ギャラリー、よかったらお付き合いください。


フランス凹版
切手市場では、フランス凹版切手に狙いを定め、狩りを開始。
したと思ったら、
ディーラーさんと会話が弾んでしまって、まったく手が動かず…
2時間かけて通常の1/4しか見られませんでした。
それでも、見よ!
女子マストの78年「花いっぱい運動20年」切手が!(下中央)


ポーランド花切手
エスケーさんでは、
ポーランド花切手 3枚組、ついに揃いました。
これ、最後の1枚が出るまで、ほんと長かったわあ。ホ〜ッ


チェコきのこ切手
ルーマニアに続き、チェコスロヴァキアのキノコ狩りも無事終了。
モザンビークの魚切手も増えて、山海の珍味盛りだくさん。


ブルガリア新年切手new フランス紋章切手new
ブルガリア新年切手やフランス紋章切手も、抜けを少し補うことができました。



パプアニューギニアの鳥切手シリーズ。
これが増えたのはすごくうれしかったです。
パプアニューギニア鳥切手 ニューギニア紀行

パプアニューギニアってどこ?と聞かれると、
うまく説明できもしないんですけど。
でも、10数年前になりますが、この本(右)を読んでいたく感動した記憶があり、
パプアの切手に触れる度、思い出すんですよねえ。

この本は、19世紀後半、当時「列強」と呼ばれたヨーロッパ諸国が、
植民地を求めてこんなところまでやってくる少し前に、
単身島へ渡り、原地住民の生活や習俗を調査研究するなかで、
島の人たちにとっても神とつながる大切な相談役となっていった、
ロシアの人類学者さんの手記です。
もちろん研究者の記録ですので、
小説みたいにドラマチックな描写もない地道な本ですが、
その後、著者も島の人々も厳しい時代の大波に飲み込まれていった歴史を思うと、
「泣けるなんとか」みたいなものではついぞ泣けた試しがない私ですが、
思わず目尻がキラリと光る1冊でした。


切手に触れていると、
これまで実際の旅行だけじゃなく、
本や映画や音楽を通しても見知って来た世界の国々が、
別の角度からぐっと身近に感じられる瞬間があります。
それがまた、私にとっては心の旅なんですよねえ。シミジミ言い訳…





ちょこっと新宿それから、
野暮用のついでに
ちょこっとだけ、
新宿切手センター
へも寄りまして、

アメリカレース切手 ユーゴ民族衣装切手

アメリカのレース切手やユーゴの民族衣装切手をゲット。

ハンガリー刺繍切手
例のハンガリー刺繍切手は、全模様制覇まで
(数字だけちがうものは、この際無視)あと2枚
というところまで追い込みました。



…STAMP×STAMPワークショップまで、あと2週間とちょっと
というときに、はんこも彫らずに
いったいなにをやってるんでしょう,私は?
こんなにしっかりブログ書いてるヒマがあったら、
やることやらねばなりませんよね。トホホホ


皆様、7月のWSもどうぞよろしく…

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

ふみの日直前!夏はんこWSのお知らせ

すっかりご無沙汰しておりました。

ご無沙汰せざるをえなかった事情はあとでゆっくり語るとして、


まずは、
目白 STAMP×STAMP 
消しゴムはんこワークショップ 第5回

のお知らせから。
SXS5扉

エスケースタンプ目白店主宰、
JR目白駅前 トラッド目白2F イベントスペースで催される、
切手とはんこのコラボ・イベント 
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ
次回 7月16日(土)が近づいてきました。

開催日まですでに1ヶ月を切ってますので、
ご予約受付、始まっておりますあわわわ
ちょっとアナウンスが遅れてしまいましたが、企画はしっかり進行中。
ここから巻き返し、盛り上げていきたいと思います。


今回で5回目を数えるSTAMP×STAMPワークショップ、
私、おこめつぶことKrabat(クラバート)
スタートからずっと講師を務めさせていただいてます。
7月23日はふみの日ということで、
切手屋さん主宰のイベントにとって、毎年この時期は外せません。

今回も昨年同様、暑中見舞いに最適な夏図案をご用意。↓
SXS夏図案
インクを2色使うと、またひと味ちがっていい感じです。
暑中見舞いに限らず、
普段のお手紙や封筒にちょこっと季節感を添えるのも風流ですよね。


また、2016年夏、特別にご用意する図案は、
〈 夏のフルーツ 〉特集。
当ワークショップ用図案初の、重ね捺し仕様になる予定です。
ルーマニアの桃、ユーゴスラヴィアのブルーベリー、
ブラジルのパパイヤ、日本のスイカ等、
カラフルで美味しそうなのを、現在選りすぐり中です。

そして今回の展示は、まだエスケー店長さんと密談中ですが…
一言、「ドイツ」とだけ、言っておきましょう。
知る人ぞ知る郵趣大国「ドイツ」、夏は涼しそうな「ドイツ」
ドイツの、いったい何がはんこに!?(ギャッ、冒頭画像でバレてる…)
これからWS当日まで、
サンプルはんこや展示用はんこの作成状況を
ブログ上でビシバシ紹介して参りますので、
どうぞお楽しみに!

もちろん、定番のイニシャル図案切手図案もご用意あります。
図案はどれも郵趣アイテムのデザインからおこしますので、
お子様対象のワークショップよりも、
ちょっと彫り応えのある大人向けの図案になりますが、
はんこや切手にご興味おありの方、
はんこ技術の上達を目指す方、
この機会にぜひ挑戦してみてください!



〈STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ〉

日 時  7月16日(土)
     1回目 13時〜15時  
     2回目 16時〜18時
定 員  各回 8名
受講料  1500円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生も参加いただけます)

 ※ はんこ製作、押印に必要な道具・インク類はすべてこちらでご用意しております。
   個人のスタンプ帳、使い慣れたツール等をお持ちの場合は、ぜひご持参ください。

予約お申し込み方法

メールにて  1 お名前
       2 人数(複数で参加ご希望の方は、全員のお名前をお願い致します)
       3 参加希望回(1回目or2回目)

を明記の上、下記のアドレス(☆印を@に替えて)

stampxxstamp☆gmail.com

までお申し込みください。

または、ドラッド目白2F エスケースタンプ目白店店頭で、直接お申し込みください。
(電話でのご予約は承っておりませんので、ご注意ください。)


イベントの詳細情報・参加に関する注意点等は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

でご覧いただけます。(のはずなんですが、こちらのインフォも間に合ってないかも…)
お申し込みの前に、ぜひご一読下さいね。


ではでは皆様、
多数のご応募をお待ちしております!




ほーーっ
予約開始日から2〜3日遅れてしまいましたが、
WSのご案内がアップできて、ようやくひと心地です〜

この2週間、家事も仕事も
STAMP×STAMPの告知さえ後に回して、
おこめつぶにはやらねばならない任務がありました。

きたる6月25日(土)、
中野コングレスクエアで開催されるブライスコンベンション・ジャパンで、
*Mayrin*さんブースに置かせていただくKrabat商品を、
ブロッケン山ミニチュア部隊総力戦(=はんこ部隊、無人)で
もう、作っては投げ、作っては投げ(ると一発で壊れますがな)、
時間切れギリギリまで孤軍奮闘し、
金曜の5時直前に郵便局へ転がり込んで、めいりんさん宅へ発送。
ようやく任務完了しました。

なので、今おこめつぶの手元はもぬけの殻なんですが。
せっかくなので、商品の一部を紹介させて下さい。

久しぶりに作った切手標本箱、新作です。↓
切手標本箱new

いやあ、どうやって作ってたのか、全然憶えてなくて参った、参った。

どーせ憶えてないので、新たな気持でいろいろ実験してみました。

標本箱4 大きめサイズは、
 思い切って
 苔やドライフラワー
 を全面に。
 消印にも注目!


標本箱2
スリムなサイズは、
バックに紙を使って、
サラッと上品な印象に
なりました。


標本箱3
 シンプルな1枚ものは
 お揃いで、
 バラ一本で仕上げました。


標本箱1
懐かしい昭和モダンを
イメージしたものも。



うまくいったかどうかはおいといて、
久々の箱アート作り、満喫しました。



捺さないときは飾っておける、ミニはんこセット箱↓
ミニはんこセット箱
雪の結晶(×5)、スクロール(×5)、ロックアート(×2)の3種類。
雪の結晶とスクロールはそれぞれ全部モチーフがちがう、一点ものです。



krabat新アイテム、世界のAIR MAILシールセット↓
AIR MAILシール
実際のAIR MAILマークのデザインを、
消しゴムはんこで再現したマスキングシールです。
英語、フランス語、スペイン語等入り乱れ、船便用も混じってたり。
このシールの製作を可能にして下さった、
切手市場のディーラーさん、渋谷さんに感謝!!



そして、最後の1週間をかけた、マッチ箱ドールハウス↓
マッチ箱ドールハウス
ドールイベントにこれが出なくて、どーする!?
その思いに取り憑かれて、鬼のように作りました。
金曜の4時半、完成。ドロッ(←なんか出た)

これこそ、もう2年ほどまったく作っておらず、
カラのマッチ箱を前に一瞬固まりましたが、
幸い作業手順をメモってありました。
ありがとう、2年前の私。

マッチ箱内部1 アルプスの
 山小屋を
 イメージ
 してます。
 窓外の切手は
 98年スイスの
 シンプロン峠。
 す、すごい絶景
 なオタク。


マッチ箱内部2田舎の観光地の
プチホテル、
でしょうか。
窓外は65年フランス
観光切手より、
ムースティエ・
サント・マリー。
フランス南西部の
静かな田舎町
だそうです。



めいりんさん、後は任せたバッタリ…


ところで、ブライスコンベンション・ジャパン、
予約制で入場料も高額な、
まさにブライスファン・オンリーのためのスペシャルなイベントですので、
残念ながらおこめつぶ本人は当日参加を諦めたのですが。
めいりんさんのブログ(→☆)で当日の配置図を拝見したところ、
めいりんさんのお隣には、いつもはんこや切手で仲良くしていただいている
めしめし&ぺちさんのブースが!くーっ、楽しそうっ!!
お二人とも、そしてもちろん参加される皆様も、
またとないビッグイベントを存分に楽しんで下さいね!
そして、*Mayrin*さんブースに立ち寄られた際には、
さしみのツマに、ぜひKrabat商品も見てってくださーい。



ダリオ夏仕様
日一日と
気温、湿度が増す季節。
ダリオも冬毛が
抜けに抜け、
すっかり男前な
スポーツ刈りの
夏仕様に。




さあ、体調を整えつつ、
夏の準備に入りましょう!


続きを読む

PageTop

『関西物語』

もうすっかり日が経ってしまいましたが、
両親との関西旅行、無事行ってきました。
なんとか最後まで務めを果たせ、ホッとしました。

 東寺

大阪→京都の2泊3日。
といっても、兄が大阪におりますし、
私も横浜に来るまで長年関西在住だったので、
〈 旅行 〉って感じなのは両親だけでしたが。


大阪では梅田茶屋町のホテル阪急インターナショナル泊。
ホテル1

場所がいい割にお手頃価格だったので、1週間前に予約したのですが、
これが思いのほか高級ホテルでびっくり。
高層階の窓外は、淀川を臨む絶景。


ホテル2
6畳はあろうかという
ドレッシングルーム。
う〜ん、普段のホテルは
部屋全部でこんぐらい…




御堂筋
 兄キおすすめの
 焼き肉屋さんへ向かう途中、
 ひっさしぶりに歩いた御堂筋。




後期高齢者の両親につきっきりでオールモスト添乗員な旅でしたが、
大阪で30分だけ自由時間をゲット。
すかさず大阪駅前第2ビルのフジスタンプさんへ。

 フジスタンプ

所変われば品変わる。
外国切手専門のフジスタンプさんは、
2000年以降の新しい未使用揃い、小型シートがメインです。
とはいえ、
古い使用済み切手を安くで集めてるんですけど…」という、
どこも引っかからないお客にも親切に対応して下さいました。

 切手収穫1
もともと未使用揃いのお店だから、
使用済みやハンパものは二束三文というありがたい状態。

チェコ民族衣装
 ←この未使用が10円だなんて。
  ジーン…
  行った甲斐あり。



切手収穫2
64年の複十字シールも、
各10円で4種揃いました。


いつの日か関西の切手屋さん巡り、密かに目論んでます。



2日目は京都へ移動し、ダンナ&ご両親と合流。

 島原

旅館が新撰組や幕末の志士ゆかりの置屋街、島原にあったので、
古い町並みをぶらぶら散策し、重要文化財となっている角屋さんを見学。

 角屋2

              角屋1



イルカショー
 最終日は親子3人で
 東寺と水族館を回り、
 京都駅で無事
 両親を見送りました。




この頃は両親と一緒に行動するとき、
いつもつい、小津安二郎監督の『東京物語』を思い出して、
逆にめちゃくちゃ気をつかってしまいます。
『東京物語』、親元を遠く離れて都会に根を下ろした身には
トラウマになるぐらいの名作ですよ。
映画のなかのご両親みたいな思いはさせたくないと気づかえば気づかうほど、
その気づかいもまた、長年離れて暮らすうちにずれてしまった思いや価値観、
普段の疎遠さの表れなのだなと感じ、
内心はなんだかやるせなく…。

いや、しかし両親が機嫌良く楽しんでくれさえすれば、
あとはもう、なんでもいいや。


私も調子が崩れかけのところで、
ギリギリ新幹線に飛び乗り、無事帰宅。


東寺餅
自分用のお土産、
東寺餅で一服。→

これ、お抹茶があってこそ
味が完成する一品でした。
普通に煎茶だと
いまいちパンチにかけたような。



その後、
気疲れからか、二日ほどまったく使いものにならず、
旅行以前とのつながりもプツンと切れて、
現在に戻ってくるのに苦労しました。


気付けばもう6月。
ちょっとやばいかも…



続きを読む

PageTop