ブロッケン山のおこめつぶ

白くぬれ!

STAMP×STAMP 第4回も終わり、
予定表の真っ白な日々を過ごしてます。

ああ、なんか懐かしい、この感じ…
この、先の白〜い感じで、今回はのんびりと。

庭で、大豊作の甘夏を収穫。
16年夏みかん

酸っぱい酸っぱい夏みかん。
「なにもこんなに成らなくても…」と、毎年処分に困るのですが
今年はお隣の奥さんがたくさんもらって下さり、大助かりでした。


真っ白といいつつ、
家事と家業の傍ら、次の構想にも着手と、それなりに忙しくはしています。

でもなんか、心の持ちようがずいぶんちがうんですねえ。


WSまでに最後の詰めが間に合わなかった額装切手
その後、ようやく完成しました。
切手フレーム新

採寸し、模型用木材を切り出すところから始まる額装切手作り。
フレーム合わせ、嵌め込み台紙、補強パーツや支えと、
完成までには何工程も経るのですが、
作業のキモは、なんといっても中盤、
額と切手の間にチラ見えるバックの布を、
とっかえひっかえコーディネイトするときなんですねえ。

額、切手、バックの布、この3つのテイストがピタッと一致した時、
自分でもなんだか新世界に飛び込んだような衝撃があって、
テンション上がります。

切フレお気に入り
 今回いっきに
 18個作ったなかで、
 ←快心の作
 (当人比)

スペインのモダンな切手の日切手とシンプルな黒い額の間にはニットのボーダー。
フィンランドのクリスマス切手と小枝の額にはデニム。
中世写本の文字が素敵なイギリス印刷500年切手と
金ぴか額縁には以前to-goさんより分けていただいたフィードサック。

どれも、最初は想像もしなかった組み合わせになりました。
布の色や模様よりも、素材感で選ぶというのが、
どうやらうまくあわせる秘訣のようです。


おこめつぶ、あまりにぐうたらでネットショップもやっておりませんが、
ブログ上で気になる商品がございましたら、
コメント欄より非表示で、どうぞお気軽にお問い合わせください。



それから、めいりんさんから5月の個展用にご注文いただいた、
タイトルはんこも無事納品できました。
 タイトルはんこ

実はこれ、彫り終えて、試し捺しのインク汚れを削る、
いわば最後の最後の仕上げのときに、gardenのdをまっぷたつにスライス
…気が緩んでると、こういうことになるんですねえ。
でも、白ーい白ーい日々なので、彫り直しもたいしてプレッシャーなく…
お約束の期限に間に合ったのがウソのよう。


ところで、心に余裕のあるときは、やっぱりおやつの話題です。

この1週間に2度も、
ダンナが新宿伊勢丹のデパ地下で、仙太郎ぼた餅&団子を買ってきました。
仙太郎のだんご 仙太郎ぼた餅JPG


片手間ながら細々と団子研究を続けるおこめつぶが、太鼓判を押します。
美味しいです、ほんまに
団子は、これこそ江戸時代の峠の茶屋で皆さんが頬張っていたものではないか?
と錯覚するほど、質素な甘さ&もっちり感。
お餅にシソが混ざった白あんぼた餅もまろやかでオツな味。
もうそれなりにばあさんなので、日本の甘味が落ち着きます。
う〜ん、やっぱ花より団子


そう言えば、3月なかばの話ですが、
中学時代の友人と、いつも北欧イベントの打ち上げランチでお世話になっている
六本木のリラダーラナさんへ行きました。
お隣のテーブルで常連さんらしきお二人が、
ずっとカジヒデキさんの話をしていて、
「そんなとこまでスウェディッシュか!」と唸ってしまいました。

そのとき、デザートにいただいたセムラーという北欧菓子。↓
セムラー
ドーナツとシュークリームの中間のような生地に、甘くないクリーム。
これもなんだか新食感で、心に残りました。

そのとき、ついでに観た
東京ミッドタウンで開催されている雑貨展
  雑貨展

雑貨1 雑貨2

「雑貨観るのに1100円かよ〜」と迷ったのですが、
おばさん二人でキャッキャ言いながら見たので、結局楽しめました。

ひょうちゃんコレ 楊枝袋コレ
それに、自分がなかば集めかけたものの立派なコレクションを見るのは、
ちょっとうれし悔しい気分。
画像、左はひょうちゃん、右は楊枝袋コレクション。


こうやって、友人と特に目的もなく街をプラプラするのも、
なんだか久しぶりでした。
引き続き体調が思わしくないのもありますし、
ぽっかり予定の空いた春、体内時計のねじを少し緩めて(いや、だいぶ)、
おかしくなった自律神経を休ませたいと思います。



さて、当ブロッケンブログも、気がつけばこの3月で丸2年!
ぐうたらな週1ブログですが、訪ねてくださる方々に支えられて、
なんとか途切れることなくやってくることができました。
ブログやイベントがご縁で出会えた皆さまに、心から感謝です。

それを記念するわけでもなんでもないですが、
次回からしばらく、
まさかこんなに深く関わるハメになるとは思っていなかった
海外切手の世界について、
my切手自慢よりも役に立つ、
もっと実践的なあれこれをご紹介できたら、と思っています。

切手趣味の入り口で、ドアを押したり引いたりしているあなた、
大丈夫、私も最初はずぶの素人でした。


ではでは、
切手の人も、切手じゃない人も、
お楽しみに!


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

「サクラ、チル」ワークショップ

目白日の丸3月20日(祝)、
トラッド目白
イベントスペースで行われた
STAMP×STAMP 
消しゴムはんこワークショップ
          第4回
が、
とにもかくにも終りましたので、
ご報告させていただきます。



春分の日、快晴。

3連休の中日、
会場への行き道にも
日の丸が翻っていました。

そう、この日は全国的に卒業式デー
卒業2016

そんなこととはつゆ知らず、
館側の事情も重なって、この日を選んでしまった我々。
これが受験なら、かけたヤマがぴったり外れて
「サクラ、チル」という感じでしょうか。

おかげさまで、

ご予約お申し込み件数、過 去 最 少
直前キャンセル数、過 去 最 多

次々と新記録を打ち立てました。


でもまあ、人生的に

卒業 > はんこ

そりゃそうですとも。


会場も、いつものように準備を進めますが…
SXS4会場

はかま姿の娘さん方や正装のご家族連れでにぎわうトラッド目白館内。
この日ばかりは、ちょっぴりアウェイ感が漂います。


とはいえ、今回の展示コーナー。
テーマは春を感じさせる「花」ということで、
主宰のエスケースタンプ目白店店長さんとKrabat、
人知れず渾身の力作をそろえました。

店長さん作
SXS4展示4
店長さんも、ついに重ね捺しに足を踏み入れました。

krabat作
     SXS4展示2
     SXS4展示3
真上にライトが!いつもこんな画像ですいません。

でも、リーフの展示方法も、
さらに見やすく、分かりやすく、親しみやすいものにと、
検討しなおし、工夫してたりして。
少しずつ、地味な努力を継続中。


SXS4展示1切手フレームの新作も、
完成はしなかったものの、
無事このように
ディスプレイの一部と
なってくれました。

急遽用意された
「お席、あります!」
の文字が必死…。




そして午後1時、
WS1回目は、中学生のお客様1名様
SXS4WS中1

SXS4完成1
 挑戦したのは、
 ちょっと難易度高めの
 図案〈 スズラン 〉でしたが、
 講師と受講者、
 マン・ツー・マンでじっくり指導。
 木版風の素朴なはんこに
 仕上がりました。


こんな日に参加してくださったDさん、ほんとにありがとう!
そしてお疲れさまでした!



WS参加者数が少なかったことは残念でしたが、
少なかったからこそ、初めて出来たこともいろいろありました。

そのひとつが、
通りすがりに足を止めてくださったお客様と、ゆっくり会話できたこと。
正直、これまではWSのお客様にかかりっきりで、
展示や物販をのぞいて下さる方とお話しできる余裕が
まったくなかったんです。

それが今回、展示や物販で「これはなに?」の一言に答えられたおかげで、
自然と切手や消印、そして主宰エスケースタンプさんの話にもなり、
「いろんな方に切手の魅力を伝えたい」
という、本来のイベント主旨を全うできた気がしました。

そしてこちらは、
鬼子母神の手創り市のついでに遊びに来てくれた、切手仲間Qちゃんの手。↓
 SXS4お試しコーナー
無料試し捺しコーナーを満喫してくれました。
いつも気にかけてくれて、ありがとう、Qちゃん!

毎回、切手や消印モチーフのはんこをご用意する、
〈 試し捺しコーナー 〉を楽しんで下さった方の数も、
今回が最多だったと思います。

これまでご希望者が「案外少ないなあ」と思っていたのですが、
スタッフのあまりの忙しぶりに、
声をかけられなかったというのが正解のようです。反省…



さて、WS2回目、
あわや参加者0名→前倒しに撤収
かと思われたとき、

天の助けか、はんこシスターズ、登場
SXS4WS中2
いや、ヘアスタイル、メガネ、黒いファッションと、
この画像ではまるでシスターズなお二人ですが、
もちろん赤の他人です。

エスケースタンプ目白店店長さんご令嬢にして、
エスケースタンプ新宿店の店長さんでもあるAちゃんと、
小さい無生物をぞろぞろ連れた風来坊、
ドール服作家のめしめし&ぺちさん。
お二人とも、当ワークショップの名物参加者さんです。


そしてまた、すでに十分な実力の持ち主のため、
これまでのWSではほぼ放置状態だったお二人。
WS参加者数が多いと、
どうしても不慣れな初心者の方の指導が優先になってしまいます。
いつもはしっかり見ることのできないお二人の成長ぶりを、
じっくり見られたことも、今回とてもよかったことの1つでした。

SXS4完成2

              SXS4完成3
講師がとめるのもきかず、それぞれに最難関モチーフを選んで、見事完成。

巧い方を指導させていただくと、自分自身の勉強にもなるという、
私にとってもありがたい回となりました。


そして最後は、エスケーの店長さんも加わり、
みんなで試し捺しはんこや、オマケの重ね捺し切手カードを捺し三昧

なんせ、当ワークショップではエスケー店長さんのご厚意で、
TSUKINEKOのアートニックシリーズ全98色を始め、
メメントやカレイダカラー等、あらゆる水性インクがそろってますので、
捺し始めたらとまりません。


      そんな人間界を、無邪気に眺める無生物たち(めしめしさんお連れ様)。↓
SXS4カエル

と、まあ、
「サクラ、チル」
で始まったわりには
なんやかんやで
時間いっぱい、
おしゃべりや笑いも絶えず、
楽しく過ごせてしまった
のでした。

あなかしこ、あなかしこ…


ご参加いただいた皆様、
主宰のエスケースタンプ目白店さま、
トラッド目白のスタッフの方々、

今回もどうもありがとうございました!!




さあ、STAMP×STAMP 第4回を無事(仮)終えたKrabat、
次のイベント予定は、
なーんもありません。



…とりあえず、M様ご注文のこれ、やっちゃいまーす。
次の仕事


続きを読む

PageTop

いつも心に五えんやを…

トラッド目白での
STAMP×STAMP
消しゴムはんこワークショップ 第4回
まで
あと数日となりました。
現在、自主缶詰中。

アメリカ花切手
展示用お花はんこの
最後の仕上げに入っています。
上の画像はアメリカのヴァレンタイン切手はんこ。
重ね捺しで8色使ってます。


ポルトガル消印
ポルトガルの記念消印。
花束を後ろ手に持つおじさまがステキです。


アイスランド切手
アイスランドの装飾美術切手は、
う〜ん、この後どうするか…
全色重ねている時間はないかも…


切手フレーム製作中
それから切手フレームの新作は、今このような状態。
どこでタイムアップになるのか…くくく


と、
限りある時間のなかで、
準備作業を着々と進めております。

ところが
三連休の中日というのが祟ったのか、
時間・受講費等の変更がまずかったのか、
今回、STAMP×STAMP始まって以来
未曾有の寂しい予約状況

これまで20名近い参加者数を維持してきたのがウソのよう、
今回は、各回ほぼマン・ツー・マンとなりそうな予感が…


だけど心は

KrabatもWS講師を始めて、今年はや3年目。
今はなき祐天寺の雑貨ギャラリー 松島屋さんで
右も左もわからずに消しゴムはんこWSをスタートした頃は、
毎回ドキドキで、例えお一人でもお客さまが来て下さると、
どんなにうれしく、ありがたかったことか!
なんだかその頃の新鮮な気持を思い出して、
マン・ツー・マンもまた、そう悪くない気がします。

しかも今回、現場付きはショーミ私一人となるうえに、
WSの諸設定を見直し、気持も新たに再スタートを切る構えです。
これまでにない事態が起ころうと、覚悟の上。
「戦(WS)は数ではない。中身で勝負じゃ!」
と昔、五えんやの社長も言っておられたように(関西圏外の方は無視でお願いします)、
お客様の数よりも、
お客様に楽しんでいただける内容の充実を、気にかけていかなければ。

それにヤキモキすると体調にも障りますしね。
心穏やかに当日を待ちたいと思います。


あ、でも、もし
連休中ヒマにしている
しかも消しゴムはんこを彫ってみたい
という奇特な方がどこかにおられましたら、
定員8席 − ご予約数 = 空き席数分、当日いきなり参加可能ですので、
よろしければ、ぜひ
当日朝のお問い合わせは、エスケースタンプ目白店へ直接お電話くださいね。

当日会場では、WSだけでなく、
切手をモチーフにした消しゴムはんこの展示、
無料の試し捺しコーナー、
Krabatはんこ&切手雑貨の販売もやっております。
3月20日(日)どうぞ目白へ遊びに来て下さい!


〈STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ〉


SXS第4回日 時  3月20日(日)
     1回目 13時〜15時  
     2回目 16時〜18時
場 所  トラッド目白2F
     イベントスペース
     (JR目白駅を出てすぐ向い右手)
定 員  各回 8名
受講料  1500円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、
      当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生も受付ます)


イベントの詳細情報・予約お申し込み方法は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

でご覧いただけます。
参加についての注意点等も、詳しく明記されていますので、
お申し込みの前にぜひご一読下さい。


皆様のご参加を、こころよりお待ちしております。



ところで、14日はホワイトデーだったんですね。
そんなこと、これっぽっちも思い出しませんでした。
ダンナからいただいたチョコ。↓
ホワイトデー
またまた素敵なカンカンが手に入りました。
朝から晩まではんこを彫っているだけの嫁としては、恐縮至極です

ホワイトデーが終わり、3月ももう後半。
そろそろおこたがお役御免の季節ですが。
そんなおこたの端から、先日こんなものが出てました。↓
ダリオの手


週末、
これを借りることにだけは、なりませんよーに。


続きを読む

PageTop

STAMP×STAMP 準備中

ついに、春っぽいですね。

クリスマスローズ2016
庭ではクリスマスローズが、一輪、また一輪と咲き始めました。


また、郵便ポストには一枚、また一枚とあちこちの風景印が。
風景印
滋賀の赤いやぎさん、
スタンプブティック ロコサーフさん(切手市場に毎月出店されてます)、
お出掛け先から、どうもありがとうございます〜
私もどこかへ出掛けた際は風景印返し、出来ればいいんですけども。
もらいっぱなしでごめんなさいね。


気がつけば、トラッド目白イベントスペースでの
STAMP×STAMP
 消しゴムはんこワークショップ 第4回
も、
あと2週間という時期になっているではないですか。

というわけで、3月は切手市場詣でを断念して、
準備作業を少しでも前へ進めることに。

今年2年目となるSTAMP×STAMP、
ロゴも新たに2016年ヴァージョン。
SXS2016ロゴ
今年はチェコの記念消印のデザインをベースにしました。
無料試し捺し用に新しく作った左のはんこは、
58年ドイツのベルリン修学基金切手
「ガチョウを盗んだキツネ」のモチーフを使いました。
上にドイツ語で「はんこを作ろう!」と入れてみたり。
ガチョウもキツネも、はんこどころじゃなさそう(只今窃盗中)ですが、
まあいいじゃないですか。


そして今回のテーマ、「花」のWS用図案です。
世界各国に無数にある花切手のなかから、

水仙(旧東ドイツ)、クロッカス(旧チェコスロバキア)、チューリップ(フランス)、
スズラン(スイス)、バラ(ブルガリア)
  花モチーフ一覧
ガーベラ(ベトナム)、エーデルワイス(ルーマニア)、クローバー(アイスランド)、
カモミール(旧ユーゴスラヴィア)、エゾノチチコグサ(フィンランド)

「花」図案は曲線が多いので、初心者の方にはちょっと大変かもしれませんが、
今回から作業時間も30分増えることだし、
春を告げるお花はんこ、ぜひ挑戦してみて下さい。
もちろん、おなじみのイニシャルや切手の図案もご用意しておりますよ!


それから、毎回オマケでお付けしている、
お持ち帰り用袋と、
好きな色を選んで捺せる重ね捺し切手カード
今回はこんな感じになりました(出来たてホヤホヤ)。↓
花台紙&重ね捺し
リースはんこのデザインはノルウェーのクリスマス切手から。
重ね捺し切手カードは、63年イタリアの「切手の日」記念切手をチョイス。
シンプルながら、花びらが1枚1枚切手になってるという、
シャレたデザインがおこめつぶもお気に入りの1枚です。


STAMP×STAMPワークショップでは、
使用するすべてのモチーフ、すべてのデザインを
世界の切手や記念消印からアレンジして、
はんこを製作、展示しています。
郵便用という切手本来の目的だけでなく、
消しゴムはんこに変換することで、
小さなグッドデザインという角度からも
切手に親しんでいただけたらうれしいです。


ところで、Krabat工房(自宅のオコタ四方ですが)では
はんこ製作の間隙を縫って、木工も久々に始まってたり。
2016木工始め
こんな時期からですが、切手フレームの新作も作り始めました。
STAMP×STAMPの展示コーナーで皆さんに見ていただけたらと、
意気込んでおります。…到底間に合う気がしませんが。


〈STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ〉

日 時  3月20日(日)
     1回目 13時〜15時  
     2回目 16時〜18時
定 員  各回 8名
受講料  1500円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生も受付ます)

イベントの詳細情報・予約お申し込み方法は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

でご覧いただけます。
参加についての注意点等も、詳しく明記されていますので、
お申し込みの前にぜひご一読下さい。


WSまであと2週間、
多数のご応募をお待ちしております!




PageTop