ブロッケン山のおこめつぶ

X'masからお正月までのおこめつぶ

クリスマスも終わり、
今年もあと数日になりましたね。

しばらくぶりのブログです。
今年のクリスマス、
おこめつぶは深夜まで仕事してました
去年は切手を買いに行ったあと、深夜まで仕事してました

…そういう時期なんです、年末は。


とはいえ、プレゼントはいろいろいただきましたよ。
新カップ1

六本木の北欧レストラン、リラ・ダーラナで見て以来、
頭から離れなくなったロールストランド〈ペルゴラ〉のティーカップ。
こめつぶ家の経済状態からするとありえないお値段ですが、
こんなときのためにクリスマスがあるんですね。
生まれて初めて、ダンナにプレゼントのリクエストを出してみました。
大きめシンプルなデザインは、コーヒ党にもうれしい。

ケーキは、関西の友人がホールで送ってくれた、
日持ちのするベイクドケーキ。
ようちゃん、毎年ありがとう!
クリスマスを過ぎてなお、
残ったケーキをちびちびやるのがまたなんともオツで。

あら、こんなところに
新カップ2

 新しいティーカップに
 ちょうどいい、
 カラフルな
 ティーバッグが!
 
 と思ったら

実は丸美屋
のりたま

使い切りが6種類×5袋入った、
〈のりたま&バラエティー〉セット。
入るカフェ、入るカフェ、必ずシュガーバッグとマッチを探す私、
この小袋スタイルに抵抗出来ませんでした。

これ、最初はネタだけだったんですが、
実際けっこう楽しめてます。
お昼ご飯の度に「今日はなにをふりかけることになるやら?」と
くじ引き方式で大袋に手を突っ込んでおります。
好みによって、当たり(ごましお)と外れ(のりたま)も。


また、クリスマスよりちょっと前になりますが、
目白でSTAMP×STAMPワークショップの反省&忘年会がありました。
今年はその日が切手納めに。

切手おさめ1
ここ2ヶ月ぐらいの未整理品とあわせると、テーブルに小山が…

画像左下の、ドイツ・プラウエンのレース切手4枚組は、
エスケー店長さんからのサプライズ・プレゼント!
今年1年、一緒にがんばった思いもあふれ、感激でした。
お心づかい、ほんとにありがとうございます〜

今年最後の切手狩り、
思わぬ収穫は、スイスの寄付金付き福祉切手
切手おさめ2
ほとんど70年代のものでしたが(実はもうちょっと古いのが好み)、
ヌケヌケだったパーツが一気にそろった感じです。うれし〜


と、自分がもらってうれしかった話をしてたら、
ブログをのぞいて下さっている皆さんに、
おこめつぶもなにかプレゼントしたくなりましたよ。

毎年この時期耳にタコのクリスマス・ソングですが、
皆さんはご贔屓の曲ってありますか?
私は、月並みではありますが、やっぱり
ジョン・レノン / Happy Christmas(War is Over)
がマストです。
毎年スーパーなんかでふいに耳にすると、つい泣けてきます。
なんなんでしょうね?
ジョンの声かな?突然問いかけられる感じかな?
反戦を歌う、歌詞の内容もですね、きっと。


でも、ジョン・レノンやジョージ・マイケルじゃ
皆さんとっくに聞き飽きちゃってると思うので、
ここは隠れた名クリスマス・ソングをプレゼント。


NRBQ / Christmas Wish

ジョンの次に好きな、心和む名曲です。
でも、映像の可愛さで行くと、
次のほうが、皆さん向けかな?

A Charlie Brown Christmas - Christmas Time is Here Song

PEANUTSテレビ版のサントラを手がけていたヴィンス・ガラルディによる
素敵なジャズナンバーです。

クリスマスは終わっても、
お正月までホーリーな空気が漂うこの時期、
よかったら2分間の息抜きを楽しんで下さーい。



じゃっ、引き続き仕事します


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

年の瀬迫るワークショップ

ではでは、先12月12日に開催された
STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップの顛末、
ご報告させていただきます。

目白紅葉1


目白紅葉2当日は快晴。
会場はJR目白駅のド真ん前ですが、
渋谷乗り換えが苦手なKrabatは、
前回から副都心線の雑司ヶ谷駅を
利用しています。

道すがら、
銀杏の黄色が鮮やかでした。
この黄色が終ると、
寒さも本番ですね。



清々しい気分で、11時に会場入り。
SxS3会場1

アシスタントのヨシダヤさんと、いつも通り粛々とセッティング。
今回は会場のクリスマス・デコレーションのおかげで、
いつもより華やかな感じが。

SxS3物販 物販コーナーも、
 ディスプレイが
 ちょっとだけクリスマスに。
 Krabatとヨシダヤさん、
 最後の合同です。



12時より開始の展示コーナー
SxS3会場2

今回、ひそかにピンチだった展示用はんこリーフも、
直前にまさかの本業投げ捨て、
新作をなんとか2つ完成出来ました。
展示1 展示2


エスケースタンプ店長さんの展示は、
ないかもしれなかったKrabat分のフォローのため、
今回盛りだくさん(画像が変な色に写ってしまってすいません)。
展示3

         展示4

展示5


SxS3無料試捺
こちらは
クリスマス・モチーフを集めた
無料の試し捺しはんこコーナー。


空前の体調不良に見舞われて、
スタート前から真っ青だった前回に比べ、
今回はKrabatの体調もある程度安定して、
まずまずのコンディション。



13時、
予定通りワークショップがスタートしました!

SxS3WS風景1

この日、計3回のワークショップに集って下さったお客様は、
延べ14名様
第1回、第2回に比べると、やや少人数ではありますが、
実際には、これぐらいのほうが、
お客様も講師も落ち着いてじっくりはんこに向き合えるので、
返ってよかった気がします。

少人数に加え、賑やかなお子さん方の受講がなかったことも、
じっくり集中する空気になった要因のひとつかもしれません。
展示や物販から興味を持って、
ブース内をぶらっと見学して下さる方もチラホラ。

SxS3WS風景2
今回で
お手伝い最後となった、
ヨシダヤさんの勇姿。

定員8名×3セットという、
相当ハードな
WSのお手伝い、
1年間、
お疲れさまでした!




毎回欠かさず参加して下さる常連の方々、
エスケー店長さんや講師Krabatとのご縁でご来場下さった方々、
思い切ってはんこ初挑戦を楽しんで下さった方々、
今回もいろんな出会い、再会がありました。

加えて、回ごとに当日飛び入り参加の方も登場し、
主宰&講師側にも驚きや発見の多い1日となりました。

皆様、お忙しい中のご参加、
どうもありがとうございました!



今回参加の皆様の〈 完成作品ギャラリー 〉

完成1完成2完成3


完成4完成5完成6
(例の怪しいカエルコンビがいますね。そう、あの方もご参加でした!)

完成7完成8完成9


完成10
2回目・3回目に参加された方のうち、
数名の方の完成画像を撮り忘れてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
なにぶん講師業務に必死なため、ついつい撮影モレが…。
どうかご容赦のほど。



お昼の日射しのなかでスタートしたかと思ったら、
あっというまに終了の19時半を過ぎ、外はすっかり夜でした。
ほんとに毎回、息つく暇もない1日です。

主宰および会場側のスタッフの皆様も、
ほんとに1日お疲れさまでした!




さて、というわけで、
消しゴムはんこのKrabat 2015年最後のイベントが無事終了しました。
現在、先の予定はまったくなし

こ、これはなんて素敵な開放感!
こんな身軽な感じ、久しぶりだわぁ
(というふうに、不必要なプレッシャーを普段から自分にかける性格で、
 只今、自律神経を失調中。)


ああ、このまま、この真っ白な感じのまま、
残りの半月、どっぷり切手整理か、
映画でも観て過ごしたい…


と思ったら、
次のSTAMP×STAMPワークショップ
さっそく来年3月の中下旬に開催決定(かも)。
今年の経験・反省点を踏まえ、
次回からはフォーマットを一新して臨むことになりそうです。
2015Xmas.jpg
来年も、どうぞよろしくお願い致します。


いや、その前に、
投げ捨てた本業の逆襲がっ
頭から抜け落ちていた年末大掃除の奇襲がっ



やっぱり今年も同じドタバタなんですね、歳末は…


続きを読む

PageTop

土曜の夜と日曜の昼

先土曜、12日 TRAD目白イベントスペースでの
STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップ、
なんとか無事に終了しました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。


大盛況というよりは、
こじんまり暖かかった今回のイベントのご報告は、
また日を改めてしっかり書かせてもらうとして、
まずは今年最後のイベントを終えたKrabatの、
すっかり気の抜けた当日夜〜翌日模様を…



いただきもので作ってみたチョコリース。
チョコリース

美味しくいただく前のひとときの楽しみ。
めいりんさんのミュンヘン土産、ラウエンシュタインのクリスマスチョコと、
目白WSへ遊びに来て下さった切手メイト、Iさんのお土産、
GODIVAのクリスマスチョコを使用。
「かわいすぎて、食べられんわ」と言いながら、ガッツリいただきました。
任務完了へのなにより甘いご褒美おやつ。
お二方、ほんとにありがとう!



それから、
普段ダンナが家で仕事をしている、自由業のこめつぶ家。
1日3食の炊事はおこめつぶの担当。
それはイベント当日も変わりません。
なので、数日前ともなると、
土・日のお昼も視野にいれ、
日持ちのするお惣菜の作り置き、作り置き…

そんなことをしていると、
イベント翌日のお昼ご飯は
ザンパン祭り
Almost ザンパン祭り

嵐のような残り物は、右上より時計回りに

オクラの鶏そぼろ煮
煮豚のサラダ
ギョウザ2切れ
ブロッコリーの素揚げ パルメザン和え
ピーナツみそ
カボチャの煮つけ
湯豆腐
油揚、えのき、ワカメのお味噌汁


新鮮かどうかはおいといて、
品目だけなら30は下りません。
…でも、真夏はやめたほうがいいですよね、きっと。



ところで、ご褒美とはいえ、
高級チョコを一気に食べるのはもったいない。
日曜には、
「他になんかないんかい?」
と、おやつカゴを漁ったところ…

出て来たのは
おやつ対決
ロブションカヌレ(食べ残し)とフジパンマドレーヌ

〈ジョエル・ロブション〉から〈フジパン〉までの振り幅、
これも、またおこめつぶ



カゴ内では、
おやつに貴賤はありません。
高いも安いも、美味いもまずいも、みんな仲良くいきたいですね。
(でも、リコリスだけはかんべんな)

続きを読む

PageTop

土曜になるまえに


今週土曜12月12日、
TRAD目白2F イベントスペースで
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第3回
いよいよ開催です。

SxS直前
Krabatの目の前は、現在このようなてんやわんや


イベント当日まで残り数日ではありますが、
お席のご予約数は、各回定員8名中

1回目(13:00~14:30) 3席
2回目(15:30~17:00) 1席
3回目(18:00~19:30) 4席

と、引き続き風通しのよい状況です。
初回より、満席回なども出て快調に飛ばしていたSTAMP×STAMPでは、
初めてのすっきり感…

とはいえ、おこめつぶも場慣れして来たのか、
多少のことでは動じなくなってきました。
お客様が少ないなら少ないなりに、
お一人に時間をかけて指導出来るというメリットもありますし、
なにより、自分自身がリラックスして臨めます。
もちろん、エスケースタンプ目白店店長さん、アシスタントの吉田さんも、
いつもと変わらず、気合い十分です!

 
ワークショップご予約お申し込み方法は、
当ブログ 前回・前々回記事に詳述しております。

もしやご検討中の方がいらっしゃいましたら、
11日(金)深夜までに、ぜひお申し込みください!


ところで
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップは、
当日、いきなり参加OKなイベント。

定員数 ー ご予約数 = 当日受付可能席数

となります。
当日までまだ数日あるので、断言はできませんが、
このままいけば今回は〈 飛び入りパラダイス 〉かも。

もしや当日「やっぱ行こう」と思われた奇特な方は、
ご希望回がスタートするよりも前の時間に、
エスケースタンプ目白店、もしくはイベント会場で直接お申し込みください。

当日の空席状況などは、

エスケースタンプ目白店 TEL 03-3980-8000

まで、お電話でお問い合わせください。

予約受付専用gメールアドレスは、
11日深夜をもって締め切らせていただくため、
12日当日のお問い合わせは、お電話が確実です。


ってな具合で、
皆さまのご参加、当日までしぶとくお待ちしております〜

Xmas天使の切手はんこ
さあ、残り数日は、
こんな感じの目の前で頑張るぞと。



続きを読む

PageTop

真冬のデッドリミット

本格的に寒くなって来ましたね。

12月12日(土)
TRAD目白2F イベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第3回
も、だんだん近づいて参りました。
S×S-3最終

デッドリミットを前に、準備作業も加速しております。

お持ち帰り袋、やっと作り終えました!

WSで完成したはんこ、残りのゴム板、試し捺しの紙などを、
まとめて入れられる台紙付きの袋、毎回お付けしています。
台紙のはんこはクリスマス・スペシャル
S×S-3お持ち帰りセット

今回はイギリスのエアレターのデザインを元にしました。
実は、この台紙のデザインも、回を重ねるごとに凝ってきてまして、
やり出すと止まらないおこめつぶの性格丸出し…。
台紙の裏には、サービスはんこを捺してもらえるようになっています。


もうひとつ、ワークショップでは参加者の皆さんに、
消しゴムはんこを彫っていただくだけでなく、
捺すことも楽しんでもらおうと、
毎回、試し捺し用サービスはんこをいろいろご用意しています。

クリスマス目前の第3回、重ね捺し切手カードは、これ↓
ババリア切手はんこ

1920年頃に発行されていた、ドイツの地方切手の図案です。
おこめつぶは勉強不足で、なにも考えずに選んだのですが、
なんでも、世界で初めて聖母子像を図案にした切手なんだそうです。
エスケーの店長さんに教えていただきました。

ババリアいろいろ
2枚の切手カードに、
お好きな色で
重ね押しを楽しんでもらう、
毎回恒例のオマケです。




さて、これでだいたい、WSの準備は完了。
しかし、物販、展示と、まだまだ作業は続きます。
デッドリミットは1週間、あとどのぐらい出来るでしょうか…


それから、第一回から
ワークショップを手伝って下さっている吉田さんが、
今回でアシスタントを卒業されることになりました。
吉田さんは〈 ヨシダヤ 〉のショップ名で、
今夏より作家活動をスタート。
ご実家のある高山やFBを中心に、順調に活動の場を広げておられます。

ヨシダヤさんのFB(→)

吉田さん、
この1年、ほんとにお疲れさまでした(まだ終ってないけど)。
目白WSはちょっと寂しくなりますが、
お時間あれば、また遊びに来て下さいね!


と、準備は順調に整いつつあります
が、
肝心のお客さまが…

…師走もなかばですものね。
皆さん、はんこどころではないかもしれません。


しかし、おこめつぶ的にもいろいろあった2015年、
なんとかたどりついた最後のイベントです。
お集りいただける方の多い、少ないに関係なく、
心温まる、楽しいWSにしたいと思ってがんばっております。
WS、イベント等でご縁をいただいた皆さま、
拙ブログをのぞいてくださっている皆さま、
もしお時間とご興味がありましたら、
ぜひぜひご参加ください!


〈STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ〉

日 時  12月12日(土)
     1回目 13時〜14時半  
     2回目 15時半〜17時
     3回目 18時〜19時半
定 員  各回 8名
受講料  1000円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生も受付ます)

予約のお申し込みは、

専用gmailアドレス  stampxxstamp@gmail.com

または、TRAD目白2F エスケースタンプ目白店
    TEL 03(3980)8000
   (お問い合わせはお電話で、予約のお申し込みは直接ご来店ください)


で承っております。

お名前
ご連絡先
参加人数
参加希望回(1回目 2回目 3回目のいずれか)

を明記の上、お申し込みください。


イベントの詳細情報・予約お申し込みについては、

STAMP×STAMP情報blog → こちら
TRAD目白HP内 イベントカレンダー → こちら

でもご覧いただけます。
参加についての注意点等も、詳しく記載されていますので、
お申し込みの前にぜひご一読下さい。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。


〈 オマケ 〉
WSの話題だけでは、なんだか寂しいので。
最近入手したブツの話を。

ある日、仕事帰りのダンナがぼんやりしていて電車を乗り過ごし、
そのままなんとなく下北沢へ。
足の向くまま中古レコード屋、古本屋など回って
釣って来ました

どっちも私
ゴア・ヴィダルの『マイラ』と
オトフリート・プロイスラーの『クラバート』。

『マイラ』やゴア・ヴィダルについて、
ここでご説明するだけの時間も根性もないのですが。
ゴア・ヴィダルはカポーティやメイラーと同世代の米文学の作家、
この作品は60年代サブカルチャーの勢いにのったベストセラーです。
おこめつぶは10年ほど前、続編の『マイロン』(画像左下)を読んで、
あまりの面白さ、切れっぷりに感服し、本家『マイラ』を捜索開始。
しかし、手頃な値段ではなかなか見つけられず、
そうこうするうちに、
マイケル・サーン監督で映画化された『マイラ』も観てしまい、
探す勢いもパワーダウンしていたのですが。
忘れた頃に、家にいながらにして激安価格で入手。感無量。

『クラバート』は、
ショップ名で〈 Krabat 〉を名乗っている以上、
読んでおかねばならない、いや、なんでまだ読んでない?
という1冊でした。
チェコアニメ・ファンのおこめつぶは、
カレル・ゼマンの作品名からお名前を拝借したため、
原作のほうは読んでいなかったのですが。
ショップ名の由来を尋ねられることも多い昨今、
「地方伝承を元にしたドイツの有名な児童文学作品で」とか説明しながら
「よ、読んでないって言えない…」
と内心穏やかでなかったのでした。

年末を前に、周囲の海外旅行話やイベント気分とは裏腹に、
家で仕事とはんこに追われ続けているおこめつぶには、
ホロリとくる、サプライズなお土産でした。
ああ、これでなんとか正月のモチが買える、
じゃなくて、正月の楽しみが出来た。


ところで、ダンナいわく
「この2冊の並び、あんたっぽ過ぎる


…『マイラ』から『クラバート』までの振り幅、
それが おこめつぶ 。


続きを読む

PageTop