ブロッケン山のおこめつぶ

6月、あれこれ

littledress-2.jpg

友人でドール服作家のめいりんさんが、
6月27日(土)〜7月16日(木)の間、
渋谷パルコPart1 6F LeLe Junie Moonで個展を開催しております。


All-littlegirls.jpg
細かな刺繍がビッシリの、ドレッシーな作品群。
マイ・ドールもいない門外漢の私ですが、個人的には真ん中の子の、
たんこぶ状ヘッドドレスがウケました(ウケるとこじゃないけど)。


前日にお店で、できたてほやほやのディスプレイを拝見しましたが、
まー、よくぞこれだけやったもんだと、長い付き合いながら改めて驚愕。
めいりんさん1

20年前のあの人が、今のこの人になったなんて、まるでさなぎが蝶になったよう。
誠実で頑張り屋のめいりんさん、念願の個展開催、おめでとう!
それから、この半年間、仕事に個展準備に、ほんとにお疲れさまでした。

めいりんさん2

土曜の夜にご本人からうかがったところでは、
今回販売分のドレスは、早くも初日完売、
カスタムドール&ドレスセットも完売間近ということでした。


店頭ギャラリーでの展示は7月16日まで続きますので、
ドールの方はもちろん、小さいもの好きの方、ハンドメイド・ファンの方など、
ご興味おありの方は、ぜひ実物をご覧になって下さい!


個展の詳細情報は、めいりんさんのblog
< めいりんのちっちゃな世界 >からどうぞ→


さあ、個展も無事始まったし、
胃薬にさよならして、枕を高くして寝るんだよ〜


ところで、めいりんさんの個展に乗じて、
美味しい食事、楽しいおしゃべり、夜を徹した激論大会、
機会を逃さず盛りだくさんでした。

孔子曰く「朋あり、遠方より来たる」っていうやつですね。
亀どら&クリミッ子

亀澤堂のどら焼き、鎌倉名菓クルミッ子と、あっちゃこっちゃでおやつも入手。
ほんとに楽しからずやな週末でした。
古いトレーと薬瓶は、めいりんさんからの大阪土産です。ありがと〜





では、ここからは一路目白へ向けて、バスを走らせて参ります(?)。

7月11日(土)、TRAD目白でのSTAMP×STAMPワークショップまで
2週間を切りました。
sxsはんこ

はんこ(STAMP)と切手(STAMP)を一緒に楽しむワークショップ、
現在の予約状況は

1回目(13:00〜14:30) 満席
2回目(15:30〜17:00) 残席 3
3回目(18:00〜19:30) 残席 4

となっております。
おかげさまで残席数が少なくなってきました。
参加をお考えの方は、ぜひお早めにご検討ください。

今回使用する図案は、前回のイニシャルと切手モチーフに加え、
7月初夏のご挨拶といえば暑中見舞い
ということで、日本・外国切手問わず、
涼を感じさせる夏のモチーフを集めてみました。

sxs夏1

sxs夏2

それぞれの図案について、より的確な指導が出来るよう、
krabat、現在サンプルはんこを激彫り中。
ややこしそうに見えて、イルカ睡蓮あたり
初心者の方でもいけそうな図案もチラホラ。
もちろん経験者の方は、金魚に挑戦してみてください。

この夏はぜひ、自作はんこでひと味違った暑中見舞いを!


イベントの詳細情報・予約お申し込み方法は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

TRAD目白HP内イベントカレンダー →こちら

でご覧いただけます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


…そんなこんなで、もう6月も終わり。

お気に入りの切り絵カレンダーの一言は「エスケープ」でした。
痛い

6月カレンダー

目先の楽しみに逃避しているうち、
今年もあと半分ですか。そうですか。ブツブツ




スポンサーサイト

PageTop

フェアリーテール in the はんこワークショップ

6月20日(土)、祐天寺・出雲亭さんにて
最後の・月いちはんこワークショップ
なんとか無事終了いたしました。

6月WS1

が、

無事終了出来たことが、今となっては不思議なぐらい、
おこめつぶ、体調ボロボロ。這うようにして出雲亭さんへ。

それもこれも、

もともとの体調不良をおして、WS前日の19日、代官山UNITへ、

レインコーツ1

レインコーツのライヴで年寄りの冷や水をどばっとかぶったため。
(ステージ写真、難しー!)


ライヴはもちろんサイコー、
物販をバカ買いし、ジーナさんと記念撮影、
テンションMAXで帰って来たのは終電間際。

レインコーツ2

興奮覚めやらず、勢いで夜中にレインコーツはんこを製作。

明らかに自業自得であります。
WS関係の皆様、ご迷惑をおかけしました。



さて、祐天寺で催す最後のワークショップには、
前回と同じメンバー

出雲亭さんで読み聞かせ会をされているFさん、
ウクレレ講師・プレイヤーのIさん、
ドール服作家のめしめし&ぺちさん、

のお三方が参加して下さいました。

皆さん、ドリンクやお昼ご飯をいただきながらの図案選び。

6月WS2

図案が決まり、お腹も落ち着いた人から、ぼちぼちスタート。


一番乗りで彫り始めたIさんは、
オランダのクリスマスシールから、小鳥モチーフに挑戦。

6月WSIさん
トレードマークのウクレレも
バッチリ入って、
味のあるはんこになりました。

スムーズな曲線が出るように
なるまで、あと一息です。
おつかれさま!



いつも満面の笑顔で、パワフルなIさん。
ウクレレだけでなく、ハワイアン・カルチャーのいろんなイベントに
出演されたり、参加されたり、大忙しだそう。
この日も、はんこを彫り終えた後、
元気に次のイベントへ向かわれました。

素敵なハワイがつまったIさんのblog、
ご興味おありの方はぜひのぞいて見て下さい。→こちら


さて、参加2回目のFさんは、
切手はんこ夏モチーフから、金魚鉢をチョイス。

6月WSFさん水草の細かい線に、
「もうダメ!」
一度は投げ出しかけたFさん。
(びっくりしました、私)
でも、そんなときは
コーヒーで一息入れて、
最後は私も少しだけ
お手伝いしつつ、
涼しげなはんこが
出来上がりました!


2回目でこれだけ細かい図案を彫りぬいたFさん、全然ダメではないですよ〜
でも、思いのままに線を出せるようになるまでは、それなりの経験が必要。
気が向けばこれからもぜひ、ゴムとナイフを手にしてくださいね!


さあ、最後は3回連続参加のめしめしさんです。

月いちWSを続けるうちに、気づいたことなのですが。
リピート参加の方のはんこの彫り口が、ある日突然ガラッと一変するんです。
ナイフとゴムの関係が突然腑に落ちるというか、
別々だった右手と左手が、ピタッとひとつになる感じです。
人により個人差があるので、いつ、とは言えませんが、
だいたい参加3、4回目のタイミングが多いように思います。
まれに、初回から自然に出来る方もおられます。
そして、そういうふうに出来たはんこは、
印面を見ただけでなんとなくちがいがわかります。
線が整い、迷いなくくっきりとはんこになっています。

今回めしめしさんが、まさにそうでした。

6月WSめしさん
また一人、
彫り師の誕生です。

めしめしさん、もう大丈夫。
はんこ魂が、
あなたの手先に宿りました。
ここからは、
ぜひお時間のあるときに、
マイペースでコツコツと、
気に入った図案を
彫って行ってください。
彫れば彫るだけ、
自然に上達しますよ。



消しゴムはんこ作りは、微妙な手先の感覚が頼りの作業。
口では説明が難しい部分や、人によって感じ方がちがう部分もたくさんあります。
WS中にも、そんな、うまく伝えられないもどかしい場面が何度あることか。
だからこそ、参加者の方々が自分の感覚でピタッとあうポイントを見つけたとき、
その現場に立ち会い、一緒に喜べるうれしさもひとしおです。
それを、最後のWSでまた味わえたなんて、ほんとに幸せでした。
めしめしさん、こちらこそ、どうもありがとうございました!



それからこの日、もうお一方、思わぬうれしいお客様が!

切手市場で声をかけて下さったI♡さんが、
祐天寺最後のワークショップに遊びに来て下さいました!

ひつじくん おこめつぶが行けなかった
 今年4月のスタンプ・ショウの
 お土産までいただいて。
 アマールカ切手(日本切手)と、
 チェコ郵政の記念スタンプ、
 ひつじくん。


チェコ・アニメ歴25年超のおこめつぶ、
二つの趣味が合体したお土産に思わずホロリ


I♡さんのおこしで、紙モノが乱舞するドキドキのテーブル。
6月WSI♡さん

一体なんなんでしょう?
ほんとに、怖いぐらい興味のツボが一致してしまうI♡さん。
郵趣や紙モノ雑貨にとどまらず、挿絵本、箱アートと、
どこまでも話が広がります。
おしゃべりに熱中しすぎたおこめつぶ、
連続参加で2個目を彫るめしめしさんを、すっかり放置…。
最後だというのに、し、失礼しました〜


6月WS新はんこ
 Krabatの新作はんこも、
 今回が最後ということで、
 来月目白WSの展示用はんこを
 フライングで完成させ、
 皆さんに捺していただきました。
 DDRレース切手、4枚組です。


 ビート・ハプニングの
 レコはんも、
 かなりユル〜く完成。





せっかくの最終回なのに、体調不良が祟って、
いつもの美味しい反省会は出来ませんでしたが、
皆さんと再会を約束し、
なんとか無事に家路に着いたおこめつぶ。

1年半の長きに渡って、月いちの楽しみだった祐天寺通いも、ついに終りました。
2年前の冬、松島屋さんからWS開催のお話をいただいて以来、
新米はんこ講師として、至らないながらも
毎回「あーでもない、こーでもない」と反省&挑戦を繰り返し、
あっという間に1ヶ月が過ぎて行く日々でした。
終った今思えば、なんだか夢だったようなホントだったような、
深い森を彷徨いながら、いろんな発見、いろんな出会いに心踊る
おとぎ話のような経験でした。


WSに参加して下さった皆様、遊びに来て下さった皆様、
素敵なスペースを提供してくださった出雲亭さん、
どうもありがとうございました。

そして、さようなら、祐天寺。
WSの場としては長いお別れかもしれませんが、
いつの日か、また素敵なご縁がありますように。



さて、この日はさすがに、帰りついた途端バッタリ。
ダリオにご飯をあげたあとはなにもする気にならず、

コブラ&金田一

金田一耕助シリーズ『悪魔が来りて笛を吹く』(キング版DVD)第4話と、
COBRAの2巻で、ゴロゴロしたのでした。(世の流れからとことん外れていく私…)



というわけで祐天寺WS、ひとまず


続きを読む

PageTop

雨の日はレインコートを

じめじめの季節、到来ですね。
蒸し暑かったり、肌寒かったり、
この時期、なんだか体も重く感じられ、外出も控えがちなのですが。

sxs7月全体

そんなことも言ってられません。
今週末、6月20日(土)は、
祐天寺・出雲亭さんでの最後の消しゴムはんこワークショップ開催です。


出雲亭WS場 所 珈琲 出雲亭 
(営業時間 11:30〜19:00)
 目黒区祐天寺2−15−5
(東急東横線祐天寺駅より
 徒歩2分)

Facebookはこちら→

     
時 間 1回目 
    15時〜17時
    2回目
    17時〜19時
    入れ替え制


参加料 1000円 + 1ドリンク(500円〜)のご注文をお願いします。
    1回所要時間 1時間半〜2時間。
    1・2回通して参加ご希望の方は、
    2回目料金 300円 + 1ドリンク追加(100円引き)となります。

ご予約 当ブログ、コメント欄
    もしくは
    出雲亭 TEL 03-6303-2550 にて承ります。
    お名前(HNでもかまいません)、人数、希望回をお知らせください。
    
    *基本的に予約不要。お席の空きがある場合は、その場で参加可能です。



今月の予約状況は、現在
15時からの回は 残席 2席
17時からの回は 十分お席がございます

店内のカウンター部分を使ってのWSです。
テーブルフロアは通常どおり営業されてますので、
WSに参加されない方も、お時間が許せば気軽に一服しにいらしてください。
喫茶のお客様も、Krabatの新作はんこを捺していただけます。
おこめつぶ本人は14時頃より入店しております。
14時〜15時、17時以降はWSの合間におしゃべりも楽しめるかと思います。
祐天寺最後のワークショップ、皆様ぜひぜひ足をお運びください。


そして、今月のレコはんはこれ↓
レコはん7月
猫ジャケ第2弾。
80年代後半〜90年代初頭のU.S.インディ界の人気者、
ビート・ハプニングのファーストアルバムから、
ロケット猫です。
なんとみごとな力の抜け具合…。このロウ・ファイ感が、うまく出ますかどうか。

ところで、月いちWSが終ってしまうと、
月いちレコはんはどうなってしまうんでしょ?
発表の場がない
でもきっと、好きだからボチボチ彫り続けるんじゃないかと思います。
そのうちまたどこかで、ドバッとお見せ出来る日を楽しみにしながら。


ではでは、20日、出雲亭さんでお待ちしております!




話変わって、7月11日、TRAD目白イベントスペースでの
STAMP×STAMPワークショップ
sxs DDR4

こちらは、切手(STAMP)とはんこ(STAMP)を組み合わせて、
2倍楽しもうというコンセプトのイベントです。
上の画像は、展示用に製作中のDDRレース切手。
下の画像、ドイツの国際文通週間切手は、WSの最後に皆さんに作っていただく、
切手カード用の重ね押しはんこです。


今回おかげさまで、ご予約状況も順調です。

席数8席×3回という、思えば驚異的な募集席数ですが、
現在の残席数は

1回目(13:00〜14:30) 1席
2回目(15:30〜17:00) 7席
3回目(18:00〜19:30) 5席

となっております。
2回目、3回目は、まだまだお席ありますよ。


イベントの詳細情報・予約お申し込み方法は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

TRAD目白HP内イベントカレンダー →こちら

でご覧いただけます。

sxs7月重ね捺しまた、当ブログの前掲記事でも、
前回ワークショップ内容、
開催までの経緯などは、
『ライバルは店長さん!?』
『徹底比較コーヒー&スタンプス』

第1回開催の模様は
『人生いろいろ*ワークショップ』

などにアップしております。


WSに関するご質問は、当ブログコメント欄でも承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。



さあ!
ありがたいことに外は雨、体調いまいち。
家にこもるには最上のコンディションです。
出雲亭ラスト・ワークショップ、目白STAMP×STAMPワークショップと、
ここからスパートをかけるべく、
ねじりはちまきをしめたおこめつぶだったのですが。


そこへ伝令が!(忘れてたのを思い出しただけです)

レインコーツ、まさかの再来日
18日 下北沢SHELTER
19日 代官山UNIT
レインコーツ

レインコーツは、イギリスのパンク・ニューウェイヴ期にうっかり登場し、
いろんな意味で音楽シーンの度肝を抜いたガールズ・バンド。
今じゃ皆さん、いい歳のおばさんですが、
おこめつぶにとってはいつもまでも色褪せないロックアイコンのひとつです。


梅雨と一緒に、レインコーツも来ちゃうそうで。
それも出雲亭ラストWSの前日、前々日…

しかし5年前、奇跡の初来日を見逃しているおこめつぶ
(Tシャツだけ、人に頼んで買う怠慢ぶり)。
メンバーの皆さんの年齢も考えると、きっとこれが最後の来日、
もう後がありません

かくいう私もこの歳、この体調、
酸素の薄いライヴハウスで2時間立ってられるのか?おい

いや、そんな今だからこそ、レインコーツの
炸裂するおばさんパワーが必要とか!?



…という結論に達しました。
雨降りだったらレインコートを着て行こうと思います。


続きを読む

PageTop

お知らせ&初夏の放置庭事情

TRAD目白イベントスペースで開催されるSTAMP×STAMPワークショップ
第2回 7月11日(土)の予約受付が
6月10日(水)より始まりました。
SXS7月1

TRAD目白2Fの切手屋さん、エスケースタンプ目白店主宰で行われる
STAMP×STAMPワークショップは
いろんな方に、もっと切手に親しんでもらいたいという思いから始まった、
切手と消しゴムはんこのコラボレーション・イベントです。
Krabat、ふつつか者ながらWSの講師を務めさせていただいております。


イベントの詳細情報・予約お申し込み方法は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

TRAD目白HP内イベントカレンダー →こちら

でご覧いただけます。

SXS7月2また、当ブログの前掲記事でも、
前回ワークショップ内容、
開催までの経緯などは、
『ライバルは店長さん!?』
『徹底比較コーヒー&スタンプス』

第1回開催の模様は
『人生いろいろ*ワークショップ』

などにアップしております。


WSに関するご質問は、当ブログコメント欄でも承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


初めての方も、リピートの方も、ぜひぜひ多数の方のご参加を、
心よりお待ちしております!
6月20日(土)祐天寺・出雲亭での
< ・月いちはんこWS 最終回 >も重ねて、
どうぞよろしくお願いします。




さて、話変わって…
5月から7月、春から初夏へ向かうこの時期は、
多少ともガーデニングをたしなむ人なら皆、心躍る季節です。

我が家のそれなりガーデンが、
まぎれもない放置庭になってから、はや2年…。

たとえ放置であっても、この時期だけは相次ぐうれしいニュースが。
引きの画面ではその放置ぶり(雑草、崩れた姿形、未剪定の枝)が
明かされてしまうので、すべてクローズアップでお送りします。


4年前に植えたマートルが、今年初めて花をつけました。
マートル

マートル2

まだ咲き始めで、そんなに数は多くないですが、あたりを漂う爽やかな香り…。
まったく世話が行き届かないなかを、グングン巨大株に成長し、
花までつけていただいて、まことに恐縮です。


青い釣り鐘型の小花をいっぱいつけるつる性植物は、
名前さえ憶えていません
青い花
いませんが、丈夫で、すくすく絡みついて、放置でも元気いっぱいです。


シモツケも、毎年やたら元気です。
しもつけ
白とピンクがひとつの株から咲きます。

これは、いつのまにやら勝手に生えて来たカジイチゴ
かじいちご
繁茂力旺盛で、じめじめした日陰でもぜんぜん平気。
春先、新芽を間引くのに必死です。
5月には白い花、そのあとはたくさんの実が。


どうやら放置庭をそれなりに保つ秘訣は、
放置向きのものしか植えない。
そういうことっぽいです。


ところで、鉢植えのキャットタイム
キャットタイム2

日向の階段に置いていたら、ご近所の野良猫たちにかじられてボロボロ。

名前の通り、猫はほんとにこの草が大好きのようです。
試しにダリオに匂いをかがせてみたら、1分後には

ダリオ悪酔い ぐでんぐでんに。
 エビを相手に
 散々くだ巻いたあげく、
 屋内の往来で
 大の字になって
 寝てしまいました。



そうそう、こんなこともありました。

ある日、キャットタイムの匂いにつられてやってきた野良猫の一匹が、
ヴェランダのダリオと、じ〜〜〜〜〜っと睨み合っていました。

緊張感は漂っていますが、2匹ともシャーともフーともいいません。

…もし、あなた、うちのダリオと
お友達になってはもらえますまいか?
ダリオ友達
願いをこめたおもてなし(カリカリ)、3杯目。

その後二匹は、網戸越しに見つめ合いながら、
長いことまったりと過ごしていました。


仲良きことは美しきかな


続きを読む

PageTop

北欧デー in 東京

ものすごいタイムラグで綴っております当ブログ。

先日、5月に開催された北欧マルシェの皆さまとの、
打ち上げランチ会がありました。

シマクマたち

スウェーデンの6月は、夏至祭の季節。
六本木の北欧レストラン< リラ・ダーラナ >に、
lykkeさん作のシマクマが勢揃いして、
まずは夏至祭の名物メイポールと一緒に記念撮影。
(うちの子は、左端ののっぽくんです)


リラ・ダーラナは、fikafabrikenのSさんがアルバイトされているお店です。

リラ看板
看板は黄色にダーラナホース。
店内も、ディスプレイの素敵さ、
かわいさはもちろん、
誰かのおうちに招待されたような
暖かさと落ち着きがあり、
とても居心地よかったです。
う〜ん、ここなら
何時間でもいられる
(住んでもいい)…




約3週間ぶりに顔をあわせた面々。
メニューを持ったまま話に花が咲いて、オーダーが進まない、進まない。
楽しいおしゃべりは再現不能なので、
せめておしゃべりに負けないぐらい堪能したお料理を。

コースは、前菜、サラダ、メイン、そしてデザート&コーヒー。

目もあやな前菜プレート。
前菜


メインディッシュには、
皆さんが通のミートボールを選ぶなか、
おこめつぶは一人チキン・オバジンに挑戦。
オバジン
さて、オバジンとは!?
米ナスのグラタン、ガーリックライス添え、チキンのせ。
どこからどう攻めても、うまいとしか考えられない組み合わせです。
予想通りアツアツのトロトロ、ライスと絡めて超うま。
ボリュームたっぷり、お皿も素敵で、目も口も大満足な一皿でした。


そして、このデザート・プレート
デザート
ひょえ〜、これ全部ですか?!(もちろん5人前です)

崩すのがもったいなくて誰も手をつけられず、
ソーダアイスが溶け始め…
慌ててスプーンを挿入、そこから完食まではあっという間の出来事。

最後にコーヒーのおかわりをいただきながら、
「もう食べられないね」「夕飯いらないね」と言いかわす皆さん、
たまらなく充実した笑顔でした。

まさにおいし楽しいランチ会、無事終了しました。



さて、ランチのあとは、lykkeさんと
表参道のスパイラルホールで開催中の〈ミナカケル〉展へ。

北欧デザインにインスパイアされた日本のファッションブランド
〈ミナ ペルホネン〉の20周年記念展覧会です。
北欧文化、絶賛勉強中のおこめつぶは、
マルシェの皆さんのお話でしか知らなかったのですが、
この機会に実物を見ようと、lykkeさんにお供させていただきました。

 ミナ展1


ミナ展2


ミナ展3

ミシン刺繍や織の凹凸で模様が浮き上がった、素敵なテキスタイルの数々。
物販では、目移りしすぎて結局なにも買えませんでしたが、
半立体平面のほんわかしたかわいさを存分に味わうことができました。


家へ帰って、
「写真ではわかれへんけど、
ぷっくり浮き上がった模様がめちゃめちゃかわいんや〜」
と、ダンナに一所懸命口で説明したところ、
「それが伝わるような写真を撮らな」
ダメ出しをくらいました。

…ごもっとも


ともあれ、丸ごと北欧だった1日。
ハッピーな気分とともに、
いつまでたってもおなかが減りませんでした。



続きを読む

PageTop

さようなら、いつだって

つづく
と言ってからずいぶんたってしまいましたが。

しかもリアルの激震も走ってしまいましたが。


ようやく続けます。

先月に引き続き、残念なお知らせがあります。

出雲亭正面

< Krabat 月いちはんこワークショップ >を開催させていただいている
祐天寺のカフェ出雲亭さんが、

6月28日(日)をもって閉店されることになりました。

それにともない、はんこワークショップも
6月20日(土)が最後の開催になります。

突然のお知らせで、私も心苦しいのですが、
松島屋さん、出雲亭さんと、これまでWSにご参加いただいた方々、
遊びに来てくださった方々、応援してくださった方々、
皆様に心からお礼申し上げます。

思えば、駆け出しはんこ屋Krabatも初めての挑戦で、
拙いながら、必死で1年半を続けてきました。
そのなかで学んだこと、皆さんと接することで生まれた楽しさ、
ポジティヴな力は計り知れません
ほんとに、関わってくださった皆様に、感謝、これまた感謝であります。


戦国武将的に言ってみれば(なぜ?)、松島城を失い、出雲城を失い、
あとは本丸、TRAD目白城を残すのみとなりますが、
これからも、体力と視力の続く限り、
消しゴムはんこの楽しい時間を、
皆様とご一緒していきたいと思っております。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。


もちろん
♪お引っ越しのお祝い返しもすまないうちに〜、また〜ですか〜♪
という寂しさはありますが、
なぜかまったくめげていないおこめつぶ。


家なき子
というのも、
きっと今これが、
マイ・ブーム
だからなんじゃ
ないかと。→

1977〜78年
放映のテレビアニメ
『家なき子』
(安価な台湾版)
 であります。



子供の頃、そりゃ、ルパンもガンダムもカルピス子供劇場も大好きでしたが、
その後の人格形成にまで影響したアニメとなると、
『ガンバ』と『宝島』にトドメをさすおこめつぶ(激白!)。

そう、生粋の出崎っこでありました。

とはいえ、当時『家なき子』だけはかわいそう過ぎて見ていられず、
放映半ばにしてリタイアという事態に。

先日ふと
「大人になった今なら、さすがに冷静に見られるんじゃないか?」
と思い立ち、二度目の挑戦が始まったのですが…

しかしこれが、大人だからこそ、世間の厳しさや人のつれなさをリアルに実感、
かわいそうを通りこして、もう恐怖のどん底
十やそこらの子供が、守ってくれる大人もいずに旅芸人を続け、
街々でひどい目にあい、その日食べるものもない…
やっぱ、見てられないです〜

でもね、ちょっとは大人らしい感想もわきました。
これは、かわいそうなお話とか、つらいお話という前に、
サバイバルのお話なんだと。

ルーティーンの日々のなかで忘れがちではありますが、
生きて行くって、ほんとすごく大変なんですよ。
お腹を減らして泣いてたって、誰も助けてなんかくれないんですよ。
そのとき自分に出来ることを必死で考え、必死でやるしかないんですよ。

どんなに平穏に思えても、明日はなにが起こるかわからない。

だから、めげてるヒマがあったら、

前へ進めじゃ by ビタリス老人


と、うまい具合に
おこめつぶまで眠っていたサバイバル本能が覚醒しました。
知人中、現在最もハードエッジなサバイバリスト、
出雲亭のサナエ店長にエールを送りつつ、
おこめつぶもまた、新たな道を歩き始めたいと思います。



…って、頭のなかは勇壮ですけど、
外から見ると、まあ、
猫とごろごろしてる怠惰なおばさんにしか見えないでしょう。
寝ぼけダリオ
↑知り合い中最もサバイバルから遠い存在


というわけで、
6月20日(土)、祐天寺での最後のワークショップ、
皆様、お時間ありましたら、ぜひぜひ遊びに来て下さい!

続きを読む

PageTop