ブロッケン山のおこめつぶ

八人の侍★ワークショップ

ご報告が遅くなってしまいましたが…

11月22日、minoria/松島屋さんでの消しゴムはんこワークショップ、
なんとか無事終了しました。

WS10扉


今回、定員数いっぱいいっぱい、6名様での開催ということで、
Krabatは早めに松島屋さんに向かい、
店主のみのりさんとしっかりセッティング&打ち合わせ。
今日は、なんだかすごいことになりそうです。
ザン、ザザザン

備えあれば憂い無し。
準備万端ではんこメイトの皆さんを待つ体勢に。
ザザザン、ザザザン

2時過ぎ、まず現れたのは、
先月惜しくもご参加いただけなかったmika*さん
はんこ道具一式を携えて、気合い十分のリベンジ参加です。
こんなふうに再会出来て、ほんとにうれしいです!

そして、大きな荷物を抱えたリピーターコンビ、Y☆さん&Aさんが登場。
WS後のカルトナージュ・プチ講座のため、大切な作品をお持ちいただきました。
今日は延長でよろしくお願いしまーす!


まずは3人で図案選びからボチボチ始めていると、
3時頃、残りの3名様が続々と松島屋さん入り。

9月に参加させていただいたnorth to southさん主催の北欧イベント
ご縁をいただいたCHさんとY◇さん
初めてのご参加、ありがとうございます!


Y☆さん&Aさん、CHさん&Y◇さんのお四方は、
この日たまプラーザで開催されていたイベントから
はしごでご来店くださいました。
皆さん、布ものハンドメイド作家to-goさんの
ファン兼ご友人の方々です。
松島屋さんでのはんこWSも、9月の北欧イベント参加以来、
素敵なお客様にどんどんご参加いただき、すっかり賑やかになりました。
north to southさん、そしてto-goさん、誠にありがとうございます!


そして、最後の一人は2度目のご参加、ドール用シューズ作家marikunさん。
遠いところをリピート参加、ありがとうございます!


Krabatとみのりさんを含め、ついに8人がそろいました。

店内はまるで女子ロッカールーム女湯の脱衣所か、
なんせ8人ですから、皆さん至近距離、すぐにうちとけワイワイガヤガヤ賑やかに。

しかし、デザインナイフを握った途端、沈 黙…
WS10全景


むむむ、一刀一刀、真剣勝負です…


しかしその沈黙もまた、ゴム板を相手にもれるうめきつぶやきに、
徐々に破られて行ったのでした。


そして出来上がった作品は…
(登場順に)

mika*さん作
WS10mika*さん
クリスマス図案のなかから、< ブルガリア切手 >のツリーをチョイス。
これまで独自に消しゴムはんこを彫られていたというmika*さん、
さすがに経験者の自信みなぎる選択です。
細かい模様に苦心しながらも、手彫り感豊かに仕上がりました!
これからの1ヶ月、ガンガン使えるはんこになりましたね。


Y☆さん&Aさん作
WS10Y☆さんWS10Aさん

今回3回目となるお二人は、Y☆さんが北欧図案の< ダーラナホース >を、
Aさんがクリスマス図案の< 雪降る街 >をチョイス。
お二人とも、タッチがずいぶん慣れてきました。

Y☆さん、全然イマイチじゃないですよ!
前回より、彫るペースがだいぶ速くなってますし!
とはいえ、大きいはんこほど、逆に粗が目についてしまうんですよね〜
円形の細い溝や、角型彫刻刀でサッと入れる線など、
難所の多い図案でもあり、私もちゃんと横について、
みっちり指導させていただけばよかったと、
後ほど反省いたしました。
次の機会には、必ずや細い溝、角型彫刻刀を一緒に制覇しましょう!

それからAさん、
お!初回にあれだけ苦労した細い線を、普通にクリアしてますね!
もみの木のギザギザにひっかかったり、窓が取れたり、
途中いろいろありましたが、最後は趣のある風景に仕上がりました。
なんだかんだ言いつつ、ちゃっかりスキルアップしてるじゃないですか。
自信持って下さいよ!


初挑戦、CHさん&Y♢さんは…
なんと、このイニシャル図案にトライ?
WS10スズラン

いや、私もね、内心「そんなムチャな…」と思ったんですよ。

でも、失敗は成功の母、
気に入ったならGO〜っ

ということで、
「まわりの模様は無視して、文字だけでも十分ですから〜」
と保身のフォローを入れつつ、突入してみたところ…
WS10Y♢さんWS10CHさん

Y♢さんはシンプルに、CHさんはほぼ完全にクリア。

え、ええ〜!?

実はファーストネームの“ J ”が図案になかったY♢さん、
ご自身で“ J ”の文字をデザインしてしまいました。
すばらしい〜
潔くまわりの模様を排したのも、英断です。
これだけで、十分素敵なイニシャルはんこになりました!

CHさんは、もしや以前になにかカッター技のハンドクラフトをされてたんでしょうか?
初めてとは思えない構え、ナイフさばき、そして細部へのこだわり…
恐るべきCHさん、衝撃のはんこデビューでした!



marikunさん作
WS10marikunさん
marikunさんは、クリスマス図案のなかから、
もみの木と少年少女がミニマルにデザインされた図案をチョイス。
韓国からいらしたプチドールさんの優しい視線に見守られつつ…。

最後にお店に入られたmarikunさん。
不運にも一番狭いスペースで、しかもKrabatの指導位置から死角に入ってしまい、
ほとんど放置でほんとに申し訳なかったですっ
すでに基本をマスターされておりますので、
重要ポイントでちゃんと適切なアドバイスができていたなら、
少女のアゴ線も難なくクリアできたはず。く、口惜し〜
次は必ず、納得のいく作品に仕上がるよう、横にピッタリ張り付きますからね!

とはいえ、明るく気のいいmarikunさん、
祐天寺での1日を目いっぱい楽しまれたもよう。
そんな1日をさっそくご自身のブログで紹介してくださってます。
よかったら皆さんも、どうぞこちらから→


初の6名様でのWS、講師Krabatもいろんな驚き、いろんな課題、
たくさんの新発見がありました。
今回の学習・反省を、こりずに次回へつなげていきたいと思います。



さて、はんこ製作時間を無事に終えた後は、
スタンプ大会の前に、
一息休憩の腹ごしらえ
WS10後半
おやつ&温泉まんじゅう投入!
さらにmarikunさんのおいしいお土産も!

はんこを無事彫り終え、緊張のほぐれた皆さんも、
ようやく店内散策&お買い物など楽しまれ、

と、そこへ店先を通り過ぎる怪しい人影…

それは、一緒に祐天寺までお車で来られ、WS終了時間を待ちわびた、
mika*さんのご主人だったのです!
あらあら、いつも待たされたり付き合わされたりしている人が、
うちにも1名いるのでわかります、わかります

スタンプ大会開始直前に、大急ぎで捺せるだけ捺し、
ご主人分も包んだ温泉まんじゅうを手に、mika*さんは元気に去って行かれました。
mika*さん、ご主人も、ほんとにお疲れさまでした〜。
来月も、どうぞよろしくお願いします!


さて、今月のスタンプ大会、いつものメモカードやノートに加え
クリスマス&お正月も近いということで、ギフト用紙袋やポチ袋をご用意。

WS10袋
好きな袋を好きな枚数ご購入、
気に入ったスタンプを使って思い思いのペーパーバッグを作っていただきました!

毎回そうなんですが、ここでまたテンション、マックス・アゲイン
ポチ袋では、きりっとした羊くん(画像左)が大人気でした。
ギフト用紙袋、もちろん来月もご用意させていただきます。


その頃、次のカルトナージュ・プチ講座を目指して、りんごちゃん登場。
途中参加でありながら、WS参加者のどなたよりも、
たくさんスタンプを捺しまくり…


さあ、すっかり日も暮れました。
どんどん先に進めて参りましょう。
WSが無事終了し、ここでCHさんとY♢さんも、来月のリピート参加を予約され、
笑顔でお店を辞されました。
お二人とも、お疲れさまでした!また来月、よろしくお願いしまーす♪


次はお店側のお待ちかね、Y☆さんによる
カルトナージュ入門・プチ講座へ。

Y☆さんに、この時期にピッタリな超大作をお持ちいただきました!
カルトナージュツリー

いや、すごいです。カルトナージュだわ、ツリーだわ、ボックスだわ。
芯が紙とは思えない、めちゃくちゃしっかりした作りです。
画像右の写真立てやコスメケースも、もちろんY☆さんの作品です。

松島屋メンバーズ3名、そしてWSから引き続き参加してくださったmarikunさんも、
驚嘆の声をあげっぱなし…。

カルトナージュ歴8年というY☆さん。
これまでに製作された作品の数々を写真で拝見しながら、
雑談まじりのいろんな疑問に答えていただきました。

思えば、そこにいる全員が、それぞれのやり方で独自の道を行く手作り戦士。
Y☆さんの作品から、そこに込められた
手間と労力、愛と情熱
ヒシヒシと受け止めます。

一生打ち込める趣味と出会えた。
一人でも多くの人に、カルトナージュのことを知ってほしい。



アマチュアだからこそ、純粋にひたむきにカルトナージュと向き合う
Y☆さんの言葉、心に残りました。


とはいうものの、どう見ても
緻密な計算半端ない根気
が必要に思えるカルトナージュ。
親友にいろいろ作ってもらえるAさんのポジションが、
一番うらやましかったりして…


ところで、あまり知られていないジャンルのハンドメイド戦士を囲んで、
作品を拝見し、お話をうかがう。
この企画、なかなかよいですね!
情報交換も出来ますし、姿勢や考えをうかがって刺激にもなります。
またいつか、身近な戦士をキャッチして、
プチ講座開きましょうよ、松島屋さん!



長くて短い1日が過ぎ、感無量で皆さんを見送り終えたKrabatは、
きっと野武士たちとの戦いを終えた勘兵衛のようだったことでしょう。

あ、横にはちゃんと七次郎(みのりさん?)と勝四郎(りんごちゃん?)が。

いや、見た感じ、みのりさんは久蔵っぽいですけど。

なら、菊千代はいったいどなただったのかしら…?


< 侍 >と言えば七人と相場は決まっていますが、
私の脳内では、はんこに挑む『八人の侍』の姿が、
お一人お一人素敵な女性の方々に、オーバーラップするようなワークショップでした。
(おっさん時代劇画の読み過ぎですね、きっと)


ご参加いただいた皆様、松島屋さん、
どうもありがとうございました〜




さて、仕切り直して、
次回12月、今年最後の消しゴムはんこワークショプは、
12月20日(土)の開催となります。


現在4名様のご予約をいただいておりますので、
残席数は、2名様となります。
ご希望の方は、松島屋さんのメールアドレス

minoria@me.com

もしくは、当ブログコメント欄へ、お気軽にお問い合わせください。


来月はもう年の瀬、クリスマス直前。

クリスマス&干支はんこは、今月そろえたものに加え、
羊図案を中心にもうちょっと出せそうです。

物販商品では、北欧はんこをもっと増やせたらと。
物販北欧

そして,
12月のレコはん
これ→レコはんAP

レコはん史上初、自分の家にないジャケットが登場。
XTCのアンディ・パートリッジによる、
デモトラック集『ファジー・ウォーブル』Vol.4。


原則、音楽としても好きなレコードからジャケットを選んで来たのですが
1年の締めくくりに、聴いたこともないレコードをチョイスしてしまいました。

だって、切手ジャケなんですもの


来月もがんばりまーす。



長々と綴ってしまいましたが、
最後まで我慢強く読んで下さった方、どうもありがとうございました!
では、ごきげんよう〜


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

11月消しゴムはんこワークショップのお知らせ

めっきり寒くなりましたね。

紅葉
週末、親孝行温泉旅行のため実家に戻っておりましたが。
散り際にぎりぎりの紅葉も楽しむことができました。

床の間
 実家近辺の温泉地帯は、
 旅館も観光スポットも
 和、和、和だらけ
 
 古きよき日本の文化を
 満喫しました(単に田舎な
 だけなんですが)。


絵皿

年に一度の親孝行が終り、

今月も松島屋さんでの
月いちはんこワークショップが近づいて参りました。



先月のWSで、ついに参加希望の方の数が定員をオーバーしてしまい、
お客様にご迷惑をおかけしてしまった事態を考慮し、
今月より事前予約を承ることにしたところ、
さっそく定員6名分のご予約をいただきました。

はんこメイトの皆様、ありがとうございます!

というわけで、今月はご予約いただいた6名様での開催とさせていただきます。
こじんまりとした店内、
ちょっぴり酸素が薄いかもしれませんが、
皆様、よろしくお願いしまーす。



 < 11月 Krabat 消しゴムはんこワークショップ >

WS張り紙場所 minoria/松島屋 店内
  (営業時間13:00〜
          19:00)
   東急東横線 祐天寺駅より
   徒歩4分 昭和通り商店街内
   目黒区五本木2−13−1  
   HPはこちら→

日時 22日(土)
   14:00〜17:00
  (時間内何時でも受付)

参加料 1000円 お茶代込み



 道具類はお店に用意しておりますが、
 リピーターの皆様、マイ道具をお持ちの方は、
 デザインナイフ、カッティングマット等ご持参いただけると大変助かります
 
 今回、初めての6名様での開催、少しでもスムーズに進められるよう、
 こちらも道具を補充して、気合いを入れて臨みたいと思っております。
 ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。


Xmasカード その他、恒例のKrabat商品も
 販売させていただきます。
 今月は、封筒型ミニカードの
 オマケ切手を、
 クリスマスヴァージョンに
 してみました。
 
 WSの見学、ちょっとひやかし
 なども大歓迎ですので、
 ぜひぜひお気軽に
 お立ち寄りください!

 
 
 12月以降のWSご予約は、松島屋さんのメールアドレス
 
 minoria@me.com
 
へ、もしくは当ブログのコメント欄へ、お気軽にお問い合わせください。



では、今月の仕込みのご報告をば…

今月は、リピーター、経験者のお客様を対象として、
クリスマス&来年の干支図案を集めてみました。

11月サンプル
こんな感じです↑

もろクリスマスの図案、そうでもない図案、いろいろですが、
このなかから気に入ったものを選んでいただきます。

すぐにカードやギフトバッグに使えるよう、
いつもの飾り文字イニシャルやカットよりも、
サイズ大きめで、デザインもやや複雑…。
皆様、腕が鳴りますね〜


北欧モチーフはんこも、イベント用から多少アレンジを加えて、
なんとか準備が整いそうです。

11月サンプル2
このように↑
ワンポイントだけでなく、カードや便せんの縁飾りにも使える北欧モチーフ。
WS用はもちろん、物販商品にも出せるかー!?
と、現在鋭意努力中。

※クリスマス図案、北欧図案に関しまして、
 WS時製作個数は1個とさせていただきます。
 おそらく時間的に、2個は厳しいかと…。


WS後半のスタンプ・タイムには、
クリスマス図案ほぼ全種類のサンプルはんこが登場!

月に撃つレコはんも、無事
新作ケヴィン・エアーズ
『シューティング・
アット・ザ・ムーン』
が出せそうです。

これを仕上げるには、
少々執念が必要でした。
地味ながら、渾身の一作。



リピーターの方々にも毎月楽しんでいただけるよう、
これからも新作はんこ、どんどん出して行きますからね!



ところで、今月はWS終了後に、ちょっとした特別企画が!

当ブログでも常々ご登場いただいている、はんこWSリピーターY☆さん
実はカルトナージュ愛好家でもあることが、先月のWS時に判明しました!

カルトナージュとは、平たく言うと厚紙に布を貼って箱を作るハンドクラフトです。
Krabatも見よう見まねで、その手法を
マッチ箱やしおり作りにちょこっとだけ取り入れていますが、
正しいやり方を常々習ってみたかったんですよ〜。

というわけで、22日のWS終了後(5時半〜6時頃)より、
Y☆さん作品を見せていただきながらお話をうかがう、
< カルトナージュ入門プチ講座 >を内々に催す予定です。
はんこWS参加者の皆様も、もしご興味ありましたら、
お時間が許す範囲で、ぜひ共にカルトナージュのなんたるか?を、
学ぼうではないですか!



その他、松島屋さん切手部門もそろそろ本格的に充実しそうな気配です。
お時間ありましたらぜひ、はんこで疲れた目を、
カワイイ切手で癒して下さいね。


消しゴムはんこWS、今月も盛りだくさんになりそうですね〜
モリモリ過ぎてこぼれないよう、がんばりまーす

ではでは、皆様、お楽しみに〜
(私が一番楽しみにしてるんですけどねっ)

続きを読む

PageTop

おこめつぶの『一週間』

桶川フィーバーの後、地味に仕事とはんこ彫りの日々が続いておりますが…

そんな日々の、ちょっとした断片を拾い集め、
ロシア民謡『一週間』風にしたててみました。

クリケット1

月曜日は♪
素敵なおやつを見つけ〜♪

あたり前田のクラッカーではなく、クリケット
一定年齢以下の方には、つまんないダジャレでごめんなさい。


クリケット2名前から察するにクラッカーと
ビスケットのハーフ?
でも普通にクッキーです。
一粒一粒、小ぶりでカワイイ。

近所のスーパーに、
ある日あたり前のように
積んでありました。



火曜日は♪
さらにおやつを〜♪

FIKA.jpg
FIKAの北欧お菓子
仕事で新宿に出向いたダンナが伊勢丹で買って来てくれました。
ごちそうさま〜

からめ餅からめ2
盛岡名物からめ餅&豆銀糖
このパッケージから、いったいなにが出てくるか?
と思ったら正体はゆべし&すはまでした。
でも、品のよい甘さと滑らかな舌触り、なかなかのお味でした。
ごちそうさま〜


水曜日は♪
我が家の新刊〜♪
『アイルランドの挿絵とステンドグラスの世界 ハリー・クラーク
Hクラーク

19世紀〜20世紀初頭の豪華本挿絵やファッション画にまつわるあれこれを、
コレクションというより、興味の赴くままに楽しんでいます。

9月に発売された本書を、今月ようやくまんだらけの新古本コーナーで入手。
ハリー・クラークはアイルランド出身の挿絵画家。
ゴシック・ロマン的怪奇色が強い画風で、
E.A.ポーやスウィンバーン詩集等の挿絵で有名です。

Hクラーク2

Hクラーク3
見よ、この幻想的ド迫力!

クラークの画集では以前海外のもので失敗した経験があるので、
今回信頼厚いパイインターナショナルさんから海野弘氏監修の
西洋アンティーク図版本シリーズで刊行され、うれしい限り。

また、クラークのステンドグラス・ワークについて、
これだけちゃんと紹介された本は、本邦初ではないでしょうか?
アイルランド、ますます行ってみたくなりました。

ピエブックスさん、ヴィジュアル本ファンとして長年お世話になってます。
ありがとう〜


木曜日は♪
何かが芽生え〜
芽生え
多分、豆苗の豆が、なんの因果か
苔の鉢皿に混じってしまったんだと思いますが。
芽生えると、何かは知らねどそれなりに
「がんばれよ!」という気持になりますよね。

そういえば以前、プラスチックの洗濯バサミから
地球外生物的な何かが芽生えていて、愕然とした覚えがあります。
あのときはさすがに、「がんばるなよ」と思いましたが。
あの画像、どこやったっけな〜?
今度、ヒマなときに探してみます。


金曜日は♪
黒猫ダリオ〜♪が、カマキリと対決
カマダリオ
サッシのサンにぶらさがって、足浮いてます。
このかっこでは、カマキリの不戦勝ですかね。



土曜日は♪
『フランク』を観て〜♪(ほんとはもっと前にですが)

フランク
関連画像、サントラですいません。
『フランク』は、ハリボテのマスクを被った、
情緒不安定かつ天才的ミュージシャン「フランク」が率いる
バンド< ソロンフォルブス >の軌跡を描いた、コメディー音楽映画です。
画像の巨大マスクを被ったまま、泣き、笑い、走り、熱唱するフランク役は
なんとマイケル・ファズベンダー…。どんだけ役幅広いわけ?

才能があるとかないとか、
才能以外なんもないとか、
説得力ある人物描写って、かなり難易度高いと思うんですけど、
そこんとこ音楽ファンも納得出来る仕上がりで、感心しました。

お話は完全フィクションなんですが、
この覆面ミュージシャンにはちゃんとモデルがいるそうです。
ハリボテ・デザインもその方のオリジナルから拝借。
実は、その方の元バンドメンバーの回想録が『フランク』の元なんだそうですよ。
なるほど、リアリティーあるわけです。

覆面といえば、実際こんなバンドもいますよね。
レジデンツ
ザ・レジデンツ
目玉を被ってはや40年近く?
ロック界に様々な逸話を作り出した、筋金入りの覆面バンドです。
なんとなく親しみを感じちゃうのは、
やはり鬼太郎のおやじさんの存在が大きいんでしょうか。

レジデンツ、そのうちレコはんにも登場するかと思います。


日曜日は♪
覆面についてじっくり考え〜♪ていたら、
ダンナがさらによくわからない覆面バンド、バブルメンを教えてくれました。
A写
覆面というより着ぐるみです。
愛くるしいミツバチたち(ミツバチに見えてます?)の正体は、
あるバンド(知りたい方、調べりゃすぐわかります)
のメンバーなんだそうですよ。
自分たちのライヴの幕間に、ミツバチに変身、
「バブルメ〜ン」と歌いながら飛び回っていたそうです。
意味不明だけど、カワイイから許します。

しかし、人の覆面を笑ってる場合でもありませんね。
私もおこめつぶの覆面被ってるようなもんですし、
本名も本性も知らずに付き合ってる知り合いの、なんと多いこと。
言ってみりゃ、世の中覆面だらけです。
でも、フランクのように覆面ひとつで別人格をゲットし、
ポジティブにもアクティブにもなれるなら、
もうどんどん被っちゃっていいんじゃないかと思いました。
人に迷惑かけるでなし。
覆面なしで別人格の人よりも、よっぽど付き合いやすそうですしね。



というわけで、これが私の〜♪
一週間のきろくです〜♪

チュラ、チュラチュラチュラチュラチュララ〜♪
チュラ、チュラチュラチュラ〜ラ〜♪


続きを読む

PageTop

桶川、ふたたび

秋の行楽シーズン、今年のテーマは切手狩り

桶2−1

仕事が忙しい時期でもあり、JAPEXも切手市場感謝祭も断念でしたが、
3連休の最終日、最後の力を振り絞り、
切手女子のガンダーラ
桶川・高崎スタンプさんへ行って参りました。

今回の道連れは、切手仲間の新人さん、Qちゃん
っていうか、彼女の桶川詣でに便乗させていただきました。
新人さん、と言っても、人生では先輩。
二人あわせてオーバー100歳
老後の無病息災を願いながらガンダーラを目指すという、
なんともありがたいお話です。


普段は万事準備怠りないQちゃんですが、
この日はのっけから、手土産を電車に置き忘れ、
乗り継ぎ時間3分の高崎線に乗り遅れ、
切手商さんとの待ち合わせに遅れたあげく、
連絡先を携帯から消しちゃってるし、もうボロボロ

初桶川、無意識の緊張があったのでしょうか?

しかし幸い、私がかばんに入れっぱなしの古〜いメモから
高崎スタンプさんの電話番号を発掘。
おかげさまで、無事たどり着くことが出来たのでした。

いや〜、ほんと、桶川駅前でランチして帰るしかないところでした。
これもガンダーラを目指す者たちへの、みほとけのご功徳かもしれません。
ありがたいお話です。

桶2−2半年ぶりの高崎スタンプさんは、
すっきりと整頓されて、
前より広々とした印象でした。
夏頃は体調が思わしくなかった
という切手商さんも、
すっかりお元気になられた
ようでなによりでした。

今回も、切手商さんとの
和やかなおしゃべりを
楽しみながらの切手探索
となりました。

子供の趣味と言えば切手集めだった大昔、
我先に自転車を放り出してお店に飛び込んでくる子供達を、
「自転車をちゃんと並べなさい!」としかりつつ、
それが毎日の楽しみだったという、
微笑ましいエピソードが心に残りました。

そうそう、前回の桶川行きのブログ記事(こちら)に、
同好の女性の方からコメントがありました。
どうも高崎スタンプさん、すごくご近所みたいなので、
ぜひ場所を教えてほしいとのことだったのですが。
その後、無事来店されたことを切手商さんからうかがいました。
お得意様が一人増え、とても喜んで下さってました。
「また、どんどんブログで宣伝してちょうだいね!」と言われ、
なんだか私もうれしくなってしまいました。


朗らかなお天気のなか、たまに談笑しながらも、黙々と切手を掘っていた私たちですが、
この日、事件は昼過ぎに起きました

「あ、そこのも10円だからね」
と切手商さんが指差したほうを見ると、
なにやら古い、ばばちいと言っても過言ではない貼り込み帳の山が…。
前回来たときには見なかったものです。

臭い
これはかなり臭い

ピンと来た私、さっそくその山のほうへ。
そして、そこにはまさに宝の山が、
60〜70年代のブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、DDRが
舞踊って
いたのです!


こ、これはまずいぞ、
Qちゃんに気づかれるな!




大興奮しつつも何食わぬ顔を装い、
手だけは猛スピードでページを繰る私のほうへ、
気配を察したQちゃんが、にじり寄ってきました。

そして、恐れていた瞬間、楽園が戦場に変わる瞬間が……!

「いいの、ありますか?」
「…ありますね。…見ますか?」
「いや、それじゃなくて、あっちの、まだ見てない方を見せて下さい


その言葉を聞いたときの、私の胸中のまー、どす黒かったこと!


いや、しかしここはガンダーラ
誰もが幸せを分かち合うユートピア、
私も仏に、仏にならねば〜〜〜〜〜


というわけで、まだ見ていないほうの貼り込み帳を震える手で渡し、
宝は仲良く山分けされたのでした。


ガンダーラは楽しいだけでなく、
厳しい精神修行の場でもあるわけですね。
血を見ずにすんだのも、またみほとけのご功徳、
まっことありがたいお話です。



桶2−3

外はとっぷり日が暮れた夕方、いろいろありましたが、
それでもお互い300枚近くの収穫を手に、
オーバー100歳コンビは、
さらに寿命が3年はのびたような心持ちで、
無事帰路に着いたのでした。





さて、時は流れ、
桶川収穫の整理が、ようやくつきました。
その一部をご紹介。

今回でコンプリートとなった切手
桶2コンプ
イギリス79年国際児童年切手の最高額、アリスが出ました!
えへへ、うれしいな。
画像下半分のチェコ伝統手工芸切手とハンガリー新年切手は、
長い間高額の1、2枚がどうしても出なかったのですが。
今回お手頃価格の揃いを見つけ、思い切って購入。
気になり事が2つ解消しました。

60年代ルーマニア切手
桶2ルーマニア
今回、とにかくルーマニアの収穫がすごくて、この画像も氷山の一角。
この時期のルーマニアの切手は10枚セットが多いので、
コンプリートするのはなかなか大事業。
桶川のおかげで、いろんなシリーズが8〜9割まで集まりました。
国際見本市切手、ついにリーチ!


あと一息切手
桶2リーチ
ブルガリアやDDRの子供切手もそれなりに、
あと1、2枚まで漕ぎ着けたシリーズが多発。


地味だけどうれしい通常切手
桶2通常
最近ようやく自覚したのですが、小型の通常切手がやたら好きなのですよ。
小さくてシンプルな図柄が、大判の記念切手よりダイレクトに可愛さを訴えてます。
これまで無視していたカナダの通常切手を、ついに買い始めてしまいました。
フランス紋章切手も、初めて見る柄を2種ゲット。う、うずらの王様が…
ベトナム不足分切手の獅子も好きだー!


切手ではないけど…
桶2クーポン
クラシックレコードの割引クーポンと思われます。
しかし、いったいいつ、どこでこんなものが流通していたんでしょ?
実は、以前逗子の骨董市で日本ヴァージョン「600円割引」券を、
今回の桶川では英語ヴァージョン「17'6」券を発掘。
2枚とも対象商品は同じですが、ジャケットの色目やデザインがけっこうちがってます。
これについてなにかご存知の方がおられましたら、ぜひご教示ください!


毎回恒例、新・気になり切手
桶2気になり
歴史の証人、第2次大戦中の鍵十字切手。
チェコのスキーくん、雪だるまかと思いました。
甲虫や民族衣装の切手にあるR.P.E.SHQIPERISE(シュチペリセ)とは、
ある時期のアルバニアの国名表記らしいです。
「どこだろ〜?」と思いながら、最近よく買うようになりました。
それから、チェス切手蒐集も、徐々に始まってます。


は〜、こんな感じで、ようやく一段落したのでした。
ここまで読んで下さった皆様、
らちもない切手自慢に長々とおつきあいいただき、ありがとうございました〜。


ところで、深まる秋、切手狩りにうつつを抜かしていたら、
10月下旬から京橋のフィルムセンターで開催されていた
MoMA所持作品の特集上映が終っていました。

ガーン…

ジョゼフ・コーネルの短編映像作品も、後の祭り。
出不精でどんどん見送っている私も、これにはさすがに落ちました↓。

こちらを立てるとあちらが立たず…
ひとつのことにのめり込むのもほどほどに…






続きを読む

PageTop

11月消しゴムはんこWSのお知らせ


11月22日(土)、minoria/松島屋で行われる
Krabat消しゴムはんこワークショップについてのお知らせです。

ギフトバッグ1


参加ご予約について多数のお問い合わせをいただき、ありがとうございました!


おかげさまで、11月は参加定員数まで残り1席となりました。
つきましては、複数名での参加お申し込みを、ここで締め切らせていただきます


ギフトバッグ2
1名様での参加希望
12月以降のWSスケジュール、
その他ご質問等ございましたら、
当ブログコメント欄より、
どうぞお気軽に
お問い合わせください





これまで以上に楽しいWSになるよう、決意も新たにがんばりたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


Xmasはんこ

Krabat、ただいまX'masはんこを絶賛製作中。↑
今月、来月とご参加いただく皆様にも、チャレンジしていただきますよ〜





11月WSはご予約の段階で満席となりました。
皆様、新しく導入しました予約制にご協力いただき、ありがとうございました。
というわけで、11月WSは予約のお客様のみでの開催となりますが、
今回ご参加いただけなかった皆様、また来月以降、
お時間ありましたらぜひぜひご検討ください。

また、WS当日も、松島屋さんのお店部分は通常通り営業しております。
狭い店内、ちょっとごった返しているかもですが、
WSをひやかしがてらのご来店も、心よりお待ちしております!


ではでは22日に向けて、Krabat、これから万全に仕込みますね。
皆様、どうぞよろしくお願いしまーす。







続きを読む

PageTop