ブロッケン山のおこめつぶ

マイ・プライベート・キヌガワ

さて、先週末
本当に鬼怒川温泉へ行ってきました。

鬼怒川


龍王峡
往路は
ちょっと
足を延ばして、
龍王峡の
険しい渓谷を
転げるように散策


鬼怒川パークホテルズ
 宿泊は老舗、
 鬼怒川パークホテルズ。
 露天風呂で
 ノミ退治の疲れを癒し、


ライン川下り1
翌日はベタに
川下りと


1泊1.5日で
温泉旅行を満喫しましたよ。


…って、
関東圏の方々は、
こんな画像、見飽きてますよね。
夫婦で鬼怒川温泉なんて
普通過ぎてブログで書くほどのことでもないのかも。


が、
今回、実は常ならぬことが。


公私ともども、いつも夫婦でお世話になっている
スウィートドリームス・プレスのレーベル・オーナー、
福田さんからお誘いを受け、
諦めかけていた夏の小旅行計画を、
急遽復活させた今回。
そんな福田さんの同行者は
米ポートランドのインディ・ロックバンド
サッドホース 〉のジェフ・ソールさん!
    鬼怒川お二人
            ジェフさん↑         福田さん↑
               (うしろのカップルは無関係です)


9月8日から始まるThe Renderers のジャパン・ツアーに
ドラマーとして参加するため、
早めに来日されてたジェフさんが
福田さんに「どっか連れてけー」ってことだったようで。
男二人旅より、どうせなら大勢で、ってわけですね。

悲馬はんこ
それで、
おこめつぶが急遽製作した
〈WELCOMEレコはん〉も
(サッド)
(ホース)
だったのでした。



我々夫婦はジェフさんとは
今回初対面だったのですが、
ジェフさん、物静かで知的なナイスガイで、
来日4回目ということで日本語も少々。
気配り上手な福田さんのアテンドで、
ムーチョ楽しい2日間でした(皆さんもそうだったのでありますように…)。


鰻コーラジェフさんオススメ
うなぎコーラ。→
こういうのを
ためらいなく
飲んじゃうのも、
フロンティア精神
ですかね?


鬼怒川ソフトクリーム こんなになるまで
 がんばってる
 ←ソフトクリーム
 絶景より
 こっちに目が行ってる
 うちのダンナも
 どうなんでしょう?


ネコを愛でる龍王峡の
野良ニャンたちを
愛でる福田さん。→

和むなあ…


喫茶アリゾナ 山道に
 こつ然と現れた
 ←アリゾナ
 
 残念ながら
 閉まってました。




ホテルでのお話。
福田さんとジェフさんのお部屋、
温泉ホテルの二人部屋だから、
用意されていた丹前が男性用1枚、女性用1枚で。
真っ赤な曼珠沙華の丹前を羽織った福田さんが
「これってどう見ても女性用だよね、
 僕が着てると変だよね」

とおっしゃって、
男性用に替えてもらえるようフロントに頼んだのですが。
みんなで「もっと赤いのが来たりして」「アハハハ」と笑っていたら、
ほんとにそうなりました
でも、面白かったのでOKでした


そんな福田さんのピースフルなお人柄、
おこめつぶはいつもリスペクトです。



この9月、
ジェフさんがドラマーを務めるThe Renderersのライヴ・ツアーは現在
東京松本京都を回る予定。
詳しい情報はスウィート・ドリームス・プレスのHPでご覧になれます。
サッドホースの動画や
購入可能なレコードもチェック出来ますよ。
興味を持たれた方は、どうぞこちらへ!→ 



最後に、
おこめつぶの心の土産はというと…


2日目の朝一で出掛けた川下り。
船が川面を進むうち、
空気中にヒュンヒュンと何かが飛び交いだし、
上空がふわふわ動く点だらけに。
夏のこの時期限定、トンボでした。
それも、ものすごい大群。
降り出した雪に見とれるときのような、
ほんとに気持ちいい瞬間でした。


でも、そこは凡人のおこめつぶ。
我に返って、「このすごい状態をぜひカメラに!」と
デジカメを向けましたが、全然写らないんですよね、これが。
ライン川下り
この場にも大量に飛んでるはずなのに、空気と一体化してて
画像ではまったく見えません。

それでも、なんとか撮れないかと無駄な努力をしてるうち、
船はまるでトンボ軍団に付き添われながら
進んでいるような状態に。
気がついたら、シャッターにかけた指にトンボがとまってました。


…しばし、ご対面。

ゆるせ、トンボどの。
こんなグッド・ヴァイヴレーションのなかで、
カメラに必死とは、拙者が大バカ者。
そもそも、夏の川面はまさに貴殿らの領分で、
こっちが迷惑な闖入者、失礼つかまつった。


川の上には、写真には写らないけど、
その場に行けばはっきり見え、感じられる別世界がありました。
同じように、目には見えないけど、
そこにいればビンビン伝わって来るヴァイヴレーションもあります。
それを感じ取ったり、記憶に刻んだりできるかどうかは、
その人の感性次第なんですよね。

川下りのあと、
ジェフさんがカタコトで
「賑やかな東京より、こういうなんにもない町が好き」
とおっしゃってました。
きっとジェフさんは、
一見なにもないところに、いろんなものを感じとってるんだろうなあ。
そう思うと、
こちらもまたちょっと、世界がちがうふうに見えたりして。



カメラ目線トンボ
心身ともに
リフレッシュ
ですな、
トンボどの。
                   / 知らんがな \

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

緑の光線

勝手に夏休みしてまして、
しばらくぶりの更新です。

毎日、暑いですね。皆さん、大丈夫ですか?

こちらは、
〈 Sweet Sweet Sweden+ 〉〈 ふみくよう 〉も、
結局行けずじまいでしたが、
実家へ帰省だけ、なんとか行ってきました。

そして毎度、実家帰りのおやつデフレに。
久々のおやつデフレ
いただきもの、自分用土産、いろいろありますが
バックのフクちゃんこけし手ぬぐい加賀野菜プリン
地元の友人たちのお土産。
年に1回の会合、今年も楽しかったです。
Mやん、Mコ、ありがとね〜


珈琲ぜんざい
しかし、
気になりませんか?
珈琲ぜんざい
(ダンナの実家より)

コーヒーゼリーの苦みとぜんざいの甘味の
意表をついたコラボをどう感じるかは、
それぞれの味覚に委ねられてる感じで。

アイスコーヒー飲みながら冷やしぜんざいを食べると、
こんな感じでしょうか…(まったくヒネりなし)


ホッコメ こちらは、
 地元で見つけた
 ご当地自慢スナック
 ホッコメ

甘エビもスナックになっちゃうと、
普通のエビとどうちがうのやら…
でも、スナック中毒のダンナには好評でした。



さて、実家でのダラダラモードから復活しないまま、
「大人も夏休み」に突入しましたが。
なんもしてないので書くことないかと思いきや、
心の余裕のなせる技か、
いろんなものが気になって、カメラを向けてました。


ちょっと前、
混み出す前に観ておこうと、
乃木坂の新国立美術館ジャコメッティ展へ。

歩く男
〈 歩く男 〉に、スピード感が出ました。


カファブンナ
観賞後のお茶は
六本木の
かうひいや
カファブンナにて。

創業45年、
相当年季の入った
入り口&看板。
中はけっこう
賑わってました。


店内もたくさん撮影させてもらったのですが、
残念な感じの画像しか撮れなかったので、
同好の士の方(純喫茶愛好家?)はぜひ直接入ってみてください。



それから、
街で出会った猛暑のニャンコたち
茂みの下の兄弟 in 中目黒。
野良たち1
「おかん、麦茶!」(イメージ)

自転車置き場のマスター。
野良たち2
「こちらもおいしいコーヒーをたてております」(かうひいやニャニャブンニャ)


皆さんたくましそうな、いい面構え。
うちのダリオにも、こんな貫禄がほしいです。


切手もちょっとだけ。
ヤボ用で新宿へ出たついでに、
新宿切手センターフクオさんへ。


未使用フルセット100円均一を、再度見せていただきました。
フクオさん1
スタンプショウで買い控えた
オランダ領(スリナム、アンティル諸島、ニューギニア等)切手を中心に落ち穂拾い。

で、また買い控えた分を、
そのうち拾いに行くんでしょうね。悪循環…



と、こう書いていて、
毎年同じ時期には同じようなことを考えて、
同じようなことをやってるんだなあと気がつきました。
特に体調を崩して以来、夏はサヴァイバル第一でバカンス気分0。
旅行やビッグイベントなど行けるわけもなく、
地味に地味に日々をやり過ごしております。


そんな冴えないおばさんが、
旅行もイベントも恋もない夏休みに観る映画なら
エリック・ロメール監督の『緑の光線』ではないでしょうか。

緑の光線
夏なのに、寂しい今なら共感度100%。

長年の映画ファンとしてはお恥ずかしい話ですが、
超若い頃、ヌーベルバーグに少々苦手意識があったので、
ロメールやトリュフォーみたいな代表監督の、
観てて当たり前の大名作でもけっこう観ないままこの歳になってます。
そのうち、観てないのも忘れ、DVD持ってることまで忘れてたり。
『緑の光線』もそんな1本だったのですが。
(予告編だけは30余年前の大阪北浜・三越劇場で繰り返し観た記憶が。懐かしい)
でも、「冴えない夏」で思い出したのもなにかの縁、
今夏こそ観ます



ほんとは観て、感想を書きたかったんですけどね。




続きを読む

PageTop

これは花見ではない

春うらら、
先週は桜満開週でしたね。
桜の咲き具合が気になってしかたない、私も日本人。
皆さん、見に出かけられましたでしょうか?


墓地桜1

おこめつぶは、
夫婦共々仲良くしていただいている方々に誘われて、
数年ぶりにお花を見に行きました。
数年前は、両親の東京見物に付き合って千鳥ヶ淵でしたが、
今年はなんと、青山墓地へ。

見物客がいない静かなところ、
というイメージを最優先して、
この結論が出たようです。


ところで、
青山墓地はお花見禁止です。
なんといっても大勢の方々の御霊前ですので、
飲んで騒いで、なんてめっそうもない。
なので、私たちの行動は
決してお花見ではありません

ピクニッックシートもお重も出してません。
私たちはただ、紙コップとおつまみを握って
夜の墓場をゆっくりと通り過ぎただけ。
話す声も自然とヒソヒソ。


満開のお花は、ライトアップもぼんぼりもない、
闇に潜む幽玄な夜桜チーン
墓地桜2

こんなの、逆に初めてです。



夜の墓地とはいえ、
人通りや交通量はけっこうあり、
さすがに座り込んでるお花見客らしき人はいません(ことにしときましょう)が、
怪しい人や酔っぱらいも(我々以外)いませんし、
桜(と墓石)だけの世界を広々と見渡せて、壮観。
お昼はきっと、すごく気持ちいいんじゃないかと。

墓地タワー
遠くに
東京タワーも
見えましたヨ。



墓地桜3
う〜ん、撮影がヘタ過ぎて、
あの幽玄さをお伝え出来ず、口惜しい。
ダンナに撮ってもらおうと思ったら、
「こんなところで僕が撮ると、なんか写っちゃうから」と
うまい断られ方をして、
しぶしぶ自分で撮ったんですが。
デジカメが勝手に暗さを補正して、
実際の印象とはかなりちがってしまいました。



4月半ばですが、
夜はまだ寒いですね。
風も強くなってきたところで、
我々もあったかい飲み屋に場所を移して、
遅くまで楽しく過ごしました。


決してお花見ではありませんが、
夜空を薄ぼんやりとグレーに染めた桜は
不思議な美しさでした。

最後は飲み屋で、ベロンベロンの約2名が、
全然知らないよそのお客さんと「また一緒に飲みましょう!」
と語らってたのも、お花見気分満点でした。




さて、桜に限らず
春はいたるところに花が。

家の放置庭でも、
チューリップ2017
植えっぱなしで毎年葉っぱだけのチューリップが、
なぜか今年は大奮闘。
…あてつけっぽくも見えたり。



4月野の花
テーブルにも、
ダンナが
散歩から
持ち帰った
野の花が。




日本人のお花見好きよ、永遠に。



続きを読む

PageTop

夢は枯れ野をかけめぐる青春

あわわわ、すっかりご無沙汰してしまいました!


バタバタしていたしわ寄せがブログに…。

10月扉


9月後半からこのかた、
家業のノルマに苦しめられながらも
ついついブロッケン山を下山することの多かったおこめつぶ。

楽しみ過ぎて荒れ模様だった10日間を
ダイジェストでお送りしたいと思います。


まずは、軽く誕生日がありました。
軽く誕生日
ケーキとプレゼントだけの質素系記念日ですが、
今年はポーリッシュポタリーのマグカップとうさぎをセットでゲット。
ケルセンのホームページを物欲しげに見ていたの、
家人にバレてたようです…
ケーキはしぶく、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベでした。
生まれて半世紀の落ち着きがケーキにも…


それから、
いつもお世話になっているハンドメイド作家MIKA MIKAさんのアトリエで、
木工作家 吉川和人さんのワークショップに参加させていただきしました。
冒頭画像は、そのときの素敵なおもてなしの様子です。


南京カンナ

こんな道具を使いましたよ→
小刀と
不思議なかたちの南京ガンナ。
道具がすでにカッチョいー!


バターナイフ1

 作ったのは、
 ←バターナイフ


久しぶりにお会いする方や、初めましての方、
同年代の皆さんと楽しくおしゃべりしながら始まったWSでしたが、

木を彫って彫って、
削って削って削って、
磨いて磨いて磨いて…

とやってるうちに、
たき火を囲むカウボーイのように無言になっていたおこめつぶ。
脳内イメージは次第にWSマダムからマンダムへ。
無心に木彫りの馬とか彫っている気分でした。

バターナイフ2
皆さんの完成品と一緒に記念撮影。
おこめつぶは、白い木(サクラ)で作りました。

これまでミニチュア製作で木を触って来たこともあり、
木の材質や扱い方など、先生にいろいろ教えていただけて、
それもまた大変有意義でした。


ああ、楽しかった!



と、ホクホクで家へ帰ってみると、
大好きなティム・バックリーが、
しかもなんかいつもよりいい音で流れているではないですか?

先に帰宅していたダンナに聞くと、
仕事帰りの中古レコ屋で、
2001年にライノから出たティムのアンソロジー『MORNING GLORY』を、
なんとワンコインでゲットしたんだとか。
  ワンコイン名盤
こんな名盤(しかも2枚組)がワゴンでいいんですか!?
ティムのアルバムはオリジナルで揃っているので、
音がいいのは知りつつも、アンソロジーは買ってなかったのです。
なんて、ありがたい。

ちなみに、ジャーニーの『エスケイプ』エンボス紙ジャケ(画像下)も
ワンコイン仲間だったそうで。
こっちは生まれて初めて通しで聴きました。
さすがに懐かしいヒット曲目白押し。


「それはいい買い物をしましたね、じいさんや」
「ばあさんも、なかなか上手に出来とるのぉ」


日本昔話のように、お互いを褒め合う日になりました。



ところで、誕生日直前だったと思いますが、
滋賀のペンフレンド、赤いヤギさんから
こんなものが届きました。↓
頂き物複十字
 昨年、今年の複十字シール!
 複十字を集めていること、
 憶えて下さってたんですね。
 うれしい〜っ

読まずに食べたりせず、
すぐコレクションに加わえましたよ!


お返しPCこちらからも
なにかお返しを、
と思い、
その後出掛けた
雑司ヶ谷の
鬼子母神手創り市で、
葉書とステッカーを
購入。→

中村幸代さんという手ぬぐいデザイナーの方の作品です。
絵柄ももちろんですが、懐かしい感じの印刷、色使いが素敵だったので。


赤いヤギさん、いつもお手紙ありがとうございます!



さて、雑司ヶ谷まで行ったということは、
=その後、エスケー目白店へ秋の切手狩りに。

まいどまいどですが、その日の釣果です。
10月切手2
前日、切手市場へ行けなかった鬱憤をはらすように、バカ買い。
カメルーンのバナナは、切手メイトIさん用に。
Iさーん、バナナ、収穫しましたよー!


Iさんと言えば、バターナイフWSのちょい前に、
神保町の柚子堂さんでご一緒したよなあ…(そろそろ記憶も曖昧に)。
柚子堂さん釣果はこんな感じでした。
10月切手1

誕生日のおかげで運気が上昇しているのか、
エスケーさんでも柚子堂さんでも、思わぬ大漁だった気が。
どちらのお店も、いつも営業終了時間過ぎまで、ネバネバ粘ってごめんなさーい。


切手の後は、Iさんと喫茶店ブラジルで
紙に触れる喜びを分かち合ったのでした。

サンマルク 名物ケーキ
 〈 サンマルク
 やっと食べられました
 (よっしゃ!)。



ゼイゼイ
と、まあ、スキあらば家業をサボって
あちこち駆けめぐる10日間だったのですが。

でも確か、私今半病人でしたよね…?


あ、急に心臓が…ドキドキドキ

まあ、とりあえずしぶとくやります。




さて当ブロッケンブログ
次回ははんこと切手雑貨のKrabat(クラバート)として、
ちょっとうれしいご報告になりそうです。

ではまた、近いうちに。
(さあ、仕事だ!)



続きを読む

PageTop

紙専。

月末に向けて、
だんだんと家業の仕事量が増して来ました。
タイム・イズ・マネー(この言葉嫌い)の日々。

しかし、そこをなんとかやりくりし、

紙祭り2016
高円寺の紙雑貨店・ハチマクラさんで開催されている
〈 秋の紙祭り2016 〉へ行ってきました。


以前は東京蚤の市で、
ハチマクラさんを始め中央線沿線の紙モノ人気店・古本屋を
ダイジェスト巡りしていたのですが、
最近ではあまりの混雑ぶりに嫌気がさしてしまい、
足を運ばなくなっていました。


しかし今回、
このイベントタイトルがなんだか切実に心に響き、
初めて実店舗へ。
ハチマクラさん

正直、遠さに負けてないで、
もっと早くにくればよかったと痛感。
その思いを、ヘタクソな写真とともに巻きでご紹介します。


店内1紙漁りには不都合な雨、
しかも平日だというのに、
店内は紙好き女子で
大にぎわい。

お店の方に許可を得て、
撮影させていただきました。



店内2 紙モノの人気店が
 競い合うように出品した
 古い紙雑貨の数々。
 定番商品から、
 彫り出しものまで。


集結した商品の質・量もさることながら、
お店全体の世界観やディスプレーがほんとに素敵で。
時間が止まる、というか
時間感覚がこんがらがってしまいそう。


店内3
あまりお客さんの来ない奥のコーナーでは、
杉浦非水の木版画や、国内外・新旧とりまぜた大判のプリント紙を、
眼力で穴があくほど鑑賞。

ああ、ずっとここにいたい…


欲しいものを選んでいたらキリがないので、
製作に使えそうな紙モノを絞りに絞り、
紙収穫祭
黄ばみわら半紙や包装紙を中心に購入しました。
ハンガリー、カロチャ刺繍柄の包装紙(左)を見つけた瞬間が、
この日のクライマックスかしら。

ゆうに映画一本分は在店してたでしょうか。
それでも後ろ髪を引かれつつ…


その後は、せっかく高円寺まで来たんだし、
いつも仲良くしていただいているドール服作家の
めしめし&ぺちさんがボックスを借りているToo-tickiさんへ。
tootickiさん

店内は撮影禁止でしたが、
めしめしさんのプチワールドもしっかり鑑賞できました。


駅へ戻る途中、たまたま通りかかったバウムクーヘン屋さん
HANAMIZUKIで、ダンナへのお土産もゲット。
(仕事をサボッて来ているので、気を使います)
お土産バウム
このアレンジ・バウムクーヘン、真ん中の穴が広くて、
そこにクリームチーズやカスタードが入ってます。
これが、思いのほか美味でした。


途中、体調が崩れかけてピンチの瞬間もありましたが、
しばし貝のように無言でうずくまって、なんとかやり過ごし。
紙のためなら、路上でうずくまるぐらいなんですか!(もう慣れたというか…)


その後ついでに、新宿で下車し、世界堂本店へ。
紙やインクパッド、塗料等、あれこれ補充できました。

充実の紙づくし


夕方、限られた時間ですべてのミッションをクリアし、
意気揚々と帰宅したら
    スネコ
ダリオがスネコになっていました。
(Amazonのダンボールがお気に入り)


最近、あんまりかまってあげられなくてごめん。




続きを読む

PageTop