ブロッケン山のおこめつぶ

年季明け

ただいま戻りました。

はんこ蟹1
ああ、シャバの空気はうめえゼ…


非常事態宣言を勝手に出して以来、
あっという間の1ヶ月(マイ体感)でしたが、
台風あり、ハロウィンあり、JAPEXありのめまぐるしい季節
皆さま、いかがお過ごしでしたか?
今年ももう2ヶ月だなんて、夢みたいですね(確実に悪夢)。


とにもかくにも、
さっそくKrabat参加イベントの告知をさせていただきます。
お察しのよい方なら、
冒頭画像のカニが持っている旗でピンとくるかと。

ポスカ表最終

来る12月2日(土)・3日(日)の二日間、

Sweet Sweet Sweden+ 2017冬
北欧マルシェ
に参加させていただきます!

場所は、今回も
東急東横線 都立大学駅から徒歩1分の
クァンタム・ギャラリー&スタジオ
2日(土) 11:00〜18:00
3日(日) 11:00〜17:00

となります。

Krabat、約2年ぶりの北欧ミッションが発令
久しぶりにマルシェの皆さまとご一緒出来るということで、
大喜びでお誘いを受けたまではよかったが、
「イベントまであと約2ヶ月、どーするよ!?
というわけで、
製作時間稼ぎにブログをクローズとなったのでした。

冬の北欧マルシェ、
スタジオ・ルンドベリーさんの北欧伝統編みニットや
ファブリック作家to-goさんの新作バッグ、
ヴィンテージの生活雑貨にクリスマスの定番おやつなどなど、
初冬にうれしいあったかアイテムが並びます。
また、時節を盛り込んだ手作りワークショップや
フィーカ・スタイルのお話会など、
イベント内イベントも盛りだくさん。
師走のお忙しい時期かとは存じますが、
皆さま、ぜひお立ち寄りくださいね!


と言いつつ今回、はんこと切手雑貨のKrabat
主宰north to southさんへ販売委託での参加ということで、
おこめつぶが二日間フルで在廊にはならないかと思いますが、
お手伝いや接客も兼ねて、
時間の許す限り会場に出張りたいと思ってます。
おこめつぶにご用の方は、
2日(土)のスタート時間からしばらくと、
3日(日)の午後いっぱいは
確実に現場にいると思いますので、
どーぞ狙ってお越し下さいまし。


Sweet Sweet Sweden+ 2017Winter
これから当日までこちらのブログで、→(☆)
出店者さんやイベント内容が、徐々に紹介される予定です。
もちろん、インスタやツイッターもありますよ。
ご興味持たれた方、
よかったらどうぞ、あれこれチェックしてみてください!




で、問題はおこめつぶです。


ブログをクローズしてまで商品製作に打ち込んだこの1ヶ月…
はんこ蟹2
その姿はまるで、こんな↑だったと言います(ダンナ談)。

しかし
他に、商品を置いていただいているお店とのお約束もあり、
すぐにトップスピードに入るわけにもいかず…
2年間のブランクが吉と出たか、凶と出たか?
久々に北欧テイストをおさらいしながら、
作りたいものの構想はわくのですが、
そう簡単にことが運ぶわけもなく、
現在も激しく格闘中。

とりあえず
フィニッシュした商品から紹介させていただくと


北の大地を覆う、〈 ヘザーはんこ 〉
ヘザーはんこ
日本人には〈 ヘザー 〉という呼び名よりも、
〈 エリカ 〉のほうが馴染みがあるでしょうか。
北ヨーロッパ原産のグランドカヴァー植物です。
ヘザーのモチーフをシルエットはんこにしてみました。
持ち手はボードゲーム、バックギャモンのコマ(チェコ産)。


ドイツ・イギリス・イタリアなどの包装紙で作った
〈 ギフトボックス 〉
ギフトボックス
クリスマス柄と、そうでない柄があります。
お揃いのキャンドルスタンド柄は、DDR(旧東ドイツ)のヴィンテージ包装紙。
画像の箱は9cm×5.5cmの名刺サイズですが、
実はもうちょっと大きい、12cm×8cmのものもいくつか作りました。
しっかりした作りなので、ギフトだけでなく、
机の上やカバンの中でも活躍してもらえたら、と思います。


北欧風モチーフのはんこをあしらった
〈 ブック型ミニカード 〉
ミニカード
開いて、中のカードを抜き出して書いて、また戻す方式。
カードだけだと開いてきちゃうので、クロモスの帯を付けてみました。
プレゼントのリボンに挟んで使っていただくとベターかと。



…今のところ、こんな感じです。
まだまだ、
記念消印風のグリーティング・スタンプや、
Krabat定番の切手フレーム、新作
はんこ重ね捺し技で作るポストカードなど
構想で頭をパンパンにしつつ、手を動かしております。
ここからの1ヶ月で、どこまで出来るか…



あ、そうそう!
大事なことを忘れてました。
今回、主宰のネコ村女史のリクエストもあって、
北欧切手をちょっと本格的にお出しします。


Krabat、最近の切手活動と言えば
9月の終わりから鎌倉のパトローネさんで
ヨーロッパ切手のミニフェアをさせていただいたばかりですが、
その勢いを延長して、
北欧4カ国、さらにはアイスランドグリーンランドと、
行けるところまで切手の足を伸ばしてみたいと思います。


私、この2年間でなによりも成長したのは、
切手力ではないかと。
いや、これは私の成長というよりも、
普段お世話になっている切手屋さんやディーラーさんとのつながりが、
この2年間で着実に強くなったということだと思います。

いつもなにくれとなくご助力くださっている
エスケースタンプ目白店さま、
神保町の柚子堂さま、
切手市場のディーラーさま方、
この場を借りて、ほんとにありがとうございます!
これからもどーぞよろしくお願いします〜


さて、
北欧切手のご紹介は、満を持して以降に譲るとして。


ついでにもうひとつ、予告編を。

おなじみエスケースタンプ目白店主宰、
トラッド目白2F イベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第9回
1712SXS扉
12月16日(土)開催です。

特集モチーフは
年末恒例、クリスマス&来年の干支です。

告知にはまだちょっと早いタイミングですが、
こちらのほうも合わせて、どうぞよろしくお願い致します。



ネット上に戻ったかと思えば
いきなり詰め込み過ぎのブロッケン山ですが、
次はいつ更新出来るのか?と思うとつい…

二つのことを同時にやるって、
マジ大変(=キャパ極小)。


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

待ちの時間

鎌倉 patrone(パトローネ)さんでのミニ企画

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々

切手フェア1

ですが、
スタートがしばらく遅れる見込みです。

当ブログ上で
9月12日(火)より、とお伝えしておりましたが、
お店のご都合で、おそらく今週末か、来週からになりそうです。
フライング告知、失礼いたしました〜。

おこめつぶも現在、
お店のGOサインを待っているところです。
明らかになり次第、改めてお知らせしますね。



ところで、
パトローネさんはこの9月で7年目を迎えるそうです。
ラッキー7の年ですから、記念スタンプを、
ということで、7周年記念はんこ
受注製作させていただきました。

7thアニバーサリーはんこ

これから1年、オンラインストア商品のラッピングなどに
活躍してもらえたらうれしいです。

実はこちらも、納品待ち。


いろいろ、
待つ身であります。


…黙って待ってるのもなんなので、
適当に立ち話でも。



秋と言えば切手狩りでしょうか(強引に)。
秋のきのこ切手
秋より一足早く
エスケーさんで
摘んだ
クロアチア、
チェコ、
スロヴァキアの
キノコ。

そろそろ鍋でグツグツしたい季節ですね。



それから、
先日は柚子堂さんでこんなゴミを拾ってきました。

フランス YVERT & TELLIER社 1963年発行の
切手カタログ Ⅱ ヨーロッパ編

yvert tellierカタログ1

発行年が古過ぎてカタログの意味がないとか、
保存状態、外はボロボロ、中はバラバラ寸前とか、
そもそもフランス語なんて読めないとか、
そんなことはいいんです。
紙の質感と当時のデザインや印刷がいい感じなので、
バラしてクラフト素材に使おうと、いただいてきた(有料)のですが。


家でちゃんと見て、愕然
yvert tellierカタログ2
全然ゴミじゃないかも?!

考えてみれば、
現在私が本気出してる切手って、
20世紀前半のヨーロッパ(領含む)切手ばかり。

今持ってるJPSのカタログでは、
第二次世界大戦後のイギリス、ドイツ、フランス、
スイス、オーストリア、スウェーデンの6カ国という、
すごく限定された範囲しか調べられなかったんです。
それが、この1冊で、
ブルガリアもチェコスロバキアもユーゴスラヴィアもオランダも、
アルバニアもドイツ地方切手もポーランドもハンガリーも、
19世紀末〜62年なら
ヨーロッパの隅から隅まで載ってるじゃないですか。
フランス語わかんなくても、絵と数字だけで案外解読可能だし。

ネット検索苦手の私には
これ、
めちゃくちゃ便利じゃないすか。
(うれしいような、ちょっとちがうような)


しかたがないので、
すぐに柚子堂さんに連絡、
一緒に見つけた別のカタログをもう1冊、
取り置きお願いしました。

今度こそ、素材に使えるぐらい
高ゴミ度でありますように。


その他、柚子堂さんでの釣果はこんな感じ。↓
1709柚子堂さん


1709柚子堂2
60年代ソ連の
使用済み揃いが
たくさん出ました。
左下、
カメルーンの
アボカドと
スイスの羊は、
長らくかかって
やっと発見。


カナダ変鳥切手 でも、今回最好の1枚は
 ←カナダの変鳥切手

 持ってるんですけど、
 きれいなのを見つけると
 うれしくてつい購入。
 おそらく、
 ネイティヴ・アートの
 シリーズの1枚かと。




変といえば、
前回記事で書きもらしたんですが。
鬼怒川温泉のお土産(自分用)に、
ダンナがレモン牛乳なるものを購入しました。
どうやら栃木では人気のご当地ドリンクらしいです。
私は牛乳、苦手なので遠慮しましたが。

うなぎコーラやら、レモン牛乳やら、
不思議飲料が多いお土地柄か。

で、帰った翌朝の朝食。
翌日朝食
レモン牛乳(無果汁)と、金谷ホテルベーカリーのパン。


金谷ホテルのパンは、
さすがに美味しかったと記憶してます。




…立ち話と言いつつ延々喋ってそうなので、
いったんリセットしますかね。


続きを読む

PageTop

文を葬(おく)る

ボヤボヤしてるあいだにもう1週間前ですヨ!

7月23日(日)ふみの日に、
滋賀県近江八幡市のお寺で
お手紙をおくるイベント
〈 ふみくよう 〉が開催されます。
ふみくようDM

文供養といえば和歌山・紀三井寺が有名ですが、
あちらは一般の人にはちょっと縁が薄い
オフィシャルな行事のイメージですよね。
こちらは、ある程度の年齢の方なら
誰もが感じたことのある
「そろそろ処分したい手紙もあるけど、
 人の思いがこもってるものだから、
 シュレッダーにかけてゴミ箱へ、
 っていうのはちょっと…」
という心の声に応えて
今回初めて開催される、一般の方向けのイベントです。


主宰は、
毎月23日に、近江八幡市の旧八幡郵便局でお手紙会を開いておられる
お手紙文化研究会 赤いやぎさん。
近江八幡の観音正寺というお寺に力を借りて、
長年大事に仕舞われていた皆さんのお手紙を、
まとめてお空へ送り届けようという企画です。

もうすっかり直前ですが、
1週間あれば全国どこからでも、
お焚き上げ希望の手紙類の郵送に
間に合うんじゃないでしょうか?
ご希望の方は、
供養料1000円(郵便小為替、切手等、換金可能なものでOKです)
を同封のうえ、お手紙を

〒521−1331
滋賀県近江八幡市安土町石寺2
「手紙の日・文供養」実行委員会事務局

までお送りください。

お問い合わせは

TEL 080ー6169−3332
Mail fuminohi☆okueigenji.co.jp(☆マークを@に替えて)

までどうぞ。


もちろん、当日イベントに直接参加することも出来ますよ!
大切なお手紙なら、
自分で最期を見届けたい方もおられるかと思います。

実は我が家の押し入れにも、
若い頃にいろんな方からいただいたお手紙を、
まとめて入れたダンボールが…
四十を過ぎた頃からか、
「これは、私の目の黒いうちに処分せねば(残して逝けない)」
と気にかかるようになりました。
そんなおこめつぶにもこの企画は渡りに船。
イベント立ち上げのお話をうかがったとき、
一も二もなく「現地参加!」を表明し、
実家への帰省に合わせて参加出来るように
いそいそ準備していたのですが。

その後
なんと会場のお寺は、人里離れた山寺と判明。
最寄り駅からバスも通わぬ相当の山道を登りに登るそうで、
車がない人の自力参加は無理とのこと。
なので、電車で会場へ向かう方は、
送迎の予約が必要です。

その場合、

JR琵琶湖線 能登川駅西口に午前9時15分集合
供養料 + 送迎費 = 1500円

となります。
予約&お問い合わせは、

TEL/FAX 0748ー32−0531
(電話は午後18時〜21時だとありがたいそうです)

です。
送迎可能人数20名だそうなので、
必ずご確認のうえご予約ください。

会場となる観音正寺さん、
険しい山中にあるだけに、
天気次第で壮大な雲海が見えるそうですよ。
涼しい境内と美しい眺め、
苦労してたどり着いた分、報われますね。


夏の1日を、
お手紙に込められた思いと共に過ごす〈 ふみくよう 〉イベント。
私も、ぜひともダンボールを担いで向かいたいのですが。
しかし、
朝9時に能登川駅に着くには、夜明けとともに実家を出ねばならず、
体調がまだまだ本調子でない今年の参加は
ちと難しいというのが現状です。

でも、きっと来年もあるはず
赤いやぎさんも、会場のお寺さんも、
これから毎年恒例の行事にしていきたいと
思っておられるそうです。

おこめつぶも、次回は前日から近辺に潜伏し、
9時に能登川駅に集合出来るよう準備したいと思います。
今年がダメならまた来年、
自分史の一部とも言えるお手紙を、
ふみの日に見おくる機会が持てるとうれしいなあ。


以上、直前ですが〈 ふみくよう 〉イベント、
皆さんもぜひぜひご活用ください〜



さて、おこめつぶのほうは
WS後もバタバタが慢性化していて、
ちっとも落ち着かない日々ですが。


krabatも参加させていただいている
高円寺〈 クリまる 〉
14日(金)〜18日(火)
Too-Tickiさん、one flowerさん2会場で開催中です。
(Too-Tickiさんミニギャラリーでは23日(日)まで)

私はまだ現地へ行けていないんですが、
一足先に訪れためしめし&ぺちさんから、
現場画像をいただきました。

Too-Tickiさんのミニギャラリー内棚↓
 image1-3.jpg
めしさんのミニチュア小物や、
他の作家さん(お名前存じ上げず恐縮です)のお人形と
いい感じにコラボらせていただいて、すごくうれしいです〜
めしさん、Too-Tickiさん、ありがとう!

おこめつぶには最終日18日(火)しか
期間中に足を運ぶチャンスがありませんが、
なんとかそのワン・チャンスにかけます。



それから、プライヴェート(?)では
ネコ本博士から教えていただいた、
ネコ自前のおもちゃ、毛玉ボールを製作。

抜け毛の時期、
ブラシをかけてもかけても無尽蔵にとれる冬毛。
それをまるめてダリオ・ボールに。
エコなネコですね。

ダリオ玉2当然、真っ黒です。

自分の匂いが
するからか、
興味は
あるようですが


ダリオ玉1
 …おもちゃ
 という認識は
 得られず。

 記念撮影のみ
 でした。




ってな感じで、
今回は失礼します〜


続きを読む

PageTop

じっくり熟成ワークショップ

7月8日(土)
目白駅前 トラッド目白2Fイベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ
なんとか無事に終了致しました。


SXS8テーブル当日12時、
お客様を待つテーブル。

飲み物は
お出しできません
(持ち込み可)が、
おやつは
常備しております♡



直前に激彫りした〈 レース・刺繍 〉はんこの展示も
SXS8展示2
相変わらず手書きなKrabatと

   SXS8展示1
きっちりきっちりラッピングのエスケー店長さん、

それぞれになんとか間に合いました。ホッ



おこめつぶ、実は苦手な夏開催。
この時期湿気と気温の上昇で体調が不安定なもので、
昨年、一昨年とも朝からガタガタ、
最後まで保つのかどうなのか、綱渡りのような1日だったなあ。
で、今年はどうなるかな?とちょっと心配でした。

ところが、この日はなぜか絶好調
いやあ、WS当日にこんな爽快感、
相当久しぶりだったかもしれません。

そして、実は今回、WS前日まで予約のお客様が2名様
参加者数最低記録を塗り替える勢いだったのですが、
前日〜当日未明にポロポロとお問い合わせがあり、
フタをあけてみたら
SXS8WS中

1回目 2名様、2回目 4名様、
計6名のお客様にご参加いただけました。

皆さま、お暑い中お越しいただき、
誠にありがとうございました!



おこめつぶも予想外の展開で、
雑貨好きのお客様とヨモヤマ話で盛り上がって、
お昼休憩が10分になっちゃったり、
おなじみのお客様が素敵な娘さんと親子で登場されて
ビックリしたり、
楽しいハプニング続出の1日となりました。


〈 皆さんの完成作品 〉

初参加の3名様は皆さん、定番の切手図案に挑戦。
SXS8完成1 SXS8完成2

SXS完成3
 帆船、リス、
 鳥と木のモチーフ。
 どなたもしっかり
 彫り上がりました!
 
 みなさま、
 ドキドキの初挑戦、
 お疲れさまでした〜


最近は、初心者のお客様でも、
最初のインストラクションは簡単にして、
まずは彫って、
ゴムの質感や刃先の進み具合を
実感してもらうようにしています。
皆さん、それぞれカンを頼りに始めますが、
ワークショップが進むにつれ、
その人の一番彫りやすいかたちにフォームが出来てくるのが
横で見ていてもワクワクですよ〜。


そして
リピートのお客様は、
ハイレベルな十二星座はんこを、そろってチョイス!
SXS完成4 SXS8完成5

SXS8完成6 うひゃ〜
 皆さん、
 ものすごい集中力でした。
 
 こんなの彫ってる方々に
 話しかけるわけにも…
 講師、ただただ見守るのみ。




そうそう!
今回お嬢さんと親子参加してくださったのは、
実はドール服作家のjjjpipiさん!
かれこれ1年ぐらい前からでしょうか、
WSで、そして切手イベントでおなじみだったのですが、
控えめな優しい方で、
正体(?)をカムアウトしてくださったのはけっこう最近。
めしめし&ぺちさんに続き、
またまたドール&切手のお友達をゲットしてしまいました。

jjjpipiさんのお人柄がうかがえる
ほのぼのドリーミィなブライス・ワールド、
皆さんもぜひ訪ねてみて下さいね〜(→☆



2017年夏の消しゴムはんこワークショップ、
初めての方もリピートの方も
果敢に挑戦し、見事に完成。
皆さん、ほんとにお疲れさまでした!



ところで、
今回、とても印象的だった出来事のひとつですが。
3年前のスタート時から参加して下さっている中学生のKさんが、
いつもとちがう制服でやってきて、
「高校生になったんですよ!」とにっこり。
なんだかすごくうれしくて、
同時に3年という時の流れをドーンと実感しました。


思えば、スタート当初は20名ものお客様に
1日キリキリ舞いだったSTAMP×STAMPワークショップ。
大人向けの図案にも関わらず、小さいお子さんの参加も多く、
会場はよくもあしくも大にぎわい。
WS中、こちらは時間内に全員の作業をまとめることに必死で、
お話もほとんど出来ずに終ってしまうお客様も
少なくありませんでした。

そんな状態から少しずつ、
自分たちがいいと思えるイベントのかたちに近づくよう、
エスケースタンプ目白店店長さんと相談&実践を重ねて、
3年目の現在、ようやくいい具合に熟成してきたんじゃないかと。

今では、ワークショップだけでなく、
消しゴムはんこの展示コーナーや
無料試し捺しコーナーも
興味を示して下さる方に、しっかり対応出来るようになりました。
WSのお客様とも、常連さん、初めての方問わず、
20名でてんてこまいではなく、6名のお客様でも
お一人お一人と充実した時間を過ごすのに
ちょうどいい空気感の場所に近づいて来た気がします。
消しゴムはんこというだけでなく、
郵趣・切手関係のお客様がじわじわ増えているのも、
うれしい現象のひとつです。


まだまだ進化中の
STAMP×STAMP消しゴムはんこイベントですが、
次回は12月前半
〈 クリスマス&干支 〉図案での開催を予定しております。

もちろん、人気講師でもオシャレ雑貨空間でもない
オープンスペースでのライトなWSですが、
その分リーズナブルで気軽ですので、
みなさま、お時間あればぜひ遊びに来て下さいね〜





さてさて、
ついに夏のWSも終わり、
ようやくひと心地ついたおこめつぶですが。
真っ白(あえて)だった盛夏のスケジュールに
うれしいハプニングがまたひとつ!

6月のコラボ展でのご縁から、
高円寺Too-Tickiさんの企画展に参加させていただくことになりました。↓
  クリまる

高円寺のハンドメイド&ヴィンテージ雑貨のお店4店舗が
合同で開催するイベント〈 クリまる 〉(クリエイターズ・マルシェ)。
期間は7月14日(金)〜18日(火)の5日間ですが、
Too-tickiさん(→☆)のミニギャラリー会場では、
11日(火)〜23日(日)と長期間開催。
もう始まってます!

消しゴムはんこと切手雑貨のKrabatからは、
先月のコラボ展に並んだ
切手フレーム大
 切手フレーム

GTドールハウス
マッチ箱
ドールハウス

等を

引き続き出品させていただいてます。
Too-Tickiさんに出店されている作家さん方の
カラフル&お茶目なテイストのなかではちょっと異色な、
無口で地味なやつらですが、どうぞよろしく。
めしめし&ぺちさんの新作小物も出てますよ〜!
お近くにお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄りください〜


ところで、ここだけの話(ネット上でか)ですが、
Too-Tickiさんともうひとつの会場になっている
ヨーロッパ・ヴィンテージ雑貨のお店〈one flower〉
あまり大きい声では言いたくないのですが
大注目です!(デカ…)
限りなくゴミに近いヴィンテージがお好きな人なら、
「ここ掘れ、ワンワン!」と吠えること、請け合い。
…ああ、結局大々的に言ってしまっている。




おっと!
すっかり長くなってしまいました。
滋賀県のイベント〈ふみくよう〉の詳細、
なるだけ早めに次回、必ずご案内しますからね〜
ひとまず、これにて。


続きを読む

PageTop

マッドがマックス・ワークショップ

7月8日(土)開催の
STAMP×STAMP消しゴムはんこワークショップ 第8回まで、
ついに1週間を切りました。
当ブログでは、これが最後のご案内となりまーす。

SXS8台紙

先月のコラボ展との兼ね合いで、
準備のスタートが少々遅れてしまった今回、
おこめつぶは現在、1週間のカウントダウンをする間も惜しんで
悲しいぐらいに激彫りの日々


消しゴムはんこといえば、
皆さん、キャラクターっぽい動物やお花がにっこりしてたり、
お子様向けチョーカワイイ系のモチーフを
まずイメージされるんじゃないかと思いますが。

どっこい
STAMP×STAMP消しゴムはんこイベントは、
切手&コインの老舗、エスケースタンプ目白店が主宰する
切手とはんこのコラボ・イベント
はんこにリメイクされる図案はすべて
洋の内外問わず、世界中の秀逸な切手デザインから選びます。
なので、
「カワイイ」だけでは話がおさまらない、
ちょっとマニアックな図案が並ぶことに。

皆さんに挑戦していただくワークショップ用図案はまだしも、
はんこと切手リーフの展示コーナーとなると、
講師krabatとエスケー目白店店長さん、凝り性が二人そろって
マッド感炸裂
彫れるか?彫れないか?毎回ギリギリの危ない橋を渡っております。


加えて、今回の展示テーマは〈 レース・刺繍 〉

SXS8展示テーマ
そう、
消しゴムはんこで
〈 レース・刺繍 〉
です。→

もちろん、
自分たちでも
ちょっとどうか?
と思ってます。




Krabatの展示は
これまで彫り貯めたレース&刺繍はんこに加え、
今回のマッド・チョイス、
アメリカレース切手 アメリカの
 1987年発行
 レース切手に
 ←挑戦。


が、
レースはんこ2
マッドがマックスを振り切って、
技術と視力の限界に達してしまい
最後はほとんどブラインド彫りでした(あかんでしょう…)


一方エスケー店長さんは、
オーストリアやスイスなどのリアル刺繍切手をはんこ化(予定)。
それはいったい、はんこなのか?切手なのか?刺繍なのか?
現物は当日、お楽しみに!



実を言うと、現在WSご予約数が、
いまだかつてない伸び悩みで…

ちょっぴり寂しいですが、
なんとかモチベーションをキープしつつ、
当日までがんばりたいと思います。



WS内容の詳細・予約お申し込み方法は
前掲記事 『夏の嵐(かも)ワークショップ』に詳述しております。
どうぞそちらでご確認のうえ、
7月8日(土)、ぜひぜひご参加ください〜!
(ご予約なしでも、当日会場で直接参加可能です。)




ところで、
ご予約不振の不安を抱えて激彫るさなか、
気持ちがパッと明るくなる
素敵なイベントのお知らせが届きました!

7月のお知らせ

おこめつぶがいつもお世話になっている
north to southさん主宰の北欧イベント
〈 Sweet Sweet Sweden + 〉(画像左)と
おこめつぶのお手紙メイト、赤いやぎさん主宰
〈ふみくよう〉記念すべき第1回(画像右)
です。

なんと!どちらも7月第4週末!


どちらのイベントにも馳せ参じたい気持ちでいっぱいですが、
STAMP×STAMPワークショップ後の自分の状態が、
どうにも不安で…


ともあれ、
SSS DM
今回の〈 Sweet Sweet Sweden + 〉
いつものヴィンテージ雑貨やファブリック小物に加え、
北欧のお菓子がいっぱい並ぶそうですよ!
場所は、今回も東横線都立大学駅すぐのクァンタム・ギャラリー&スタジオ。
ご興味ある方は、ぜひこちらでチェックしてみて下さい!(→☆



滋賀県のお寺で開催される〈 ふみくよう 〉については、
次回、WS終了後にゆっくりご紹介させていただきますね。




ではでは、
残り時間あとわずか、
マッド覚醒のままでゴールを目指します。(後が怖い…)



続きを読む

PageTop