ブロッケン山のおこめつぶ

第 三 章

すっかり日も経って、先週のことですが、
Mika Mikaさんのアトリエで
ユールボック作りのワークショップに参加しました。
ユールボックWS2
こちらはMika Mika先生作のお手本↑


昨年12月にKrabatも参加させていただいたイベント
Sweet Sweet Sweden+で、
大人気だったMika Mikaさんのユールボック・ワークショップ。
本格的なわら細工に
「こ、これはすごい!」と衝撃を受けたおこめつぶも、
後日ご自宅アトリエでのWSの開催をお願いしたのでありました。


この日は
Sweet Sweet Sweden+でご一緒した
北欧料理研究家の佐々木千恵美さん、
北欧雑貨のWebショップ Freluga(フレルーガ)さん(→)、
Mika MikaさんWS常連のT子さん、
皆さんと稲わらをモミモミしながら
楽しい1日を過ごさせていただきました。


ユールボックWS1
まずは
Mika Mikaさんが
用意してくださった
サンドイッチと
きのこの
ポタージュで
昼食を。

味はもちろん、
器もオシャレ〜




しめらせた稲わらをギュウギュウ揉んで、
要所要所を糸で縛り、
後ろ足から形を作って行くこと、約2時間。
だいぶらしくなってきたけどうわっ!
ユールボックWS3
一瞬ホラーな状態に…


最後に頭をまとめ、
なんとか完成。
最初は「こんなの、私に作れるのか?」と思いましたが、
Mika Mika先生のやさしくわかりやすい指導のもと、
無事に出来ました。
ユールボック完成
ご一緒した皆さんの作品と、記念撮影。↑
どの子もそれぞれ微妙に特徴があるのが、
手作りの面白さですよね。


多摩川の景色 ひと仕事
 終えた後の
 多摩川の景色も
 格別。

 この日は
 穏やかな
 いいお天気で、
 清々しかった
 です。
 (まだちょっと
  寒いけどね)




楽しく有意義な場を設けて下さったMika Mikaさん、
ご一緒した皆さま、
どうもありがとうございました!



で、
すぐにでもブログにアップしたかったのですが、
WSの翌日、突然実家から電話が。

実はしばらく前から母親の病状が思わしくなく、
ついに再入院することに。
入院準備と付き添いのため、急遽帰省。

治療によくない状況がいくつか重なったらしく、
母の状態は想像以上に悪くなっていました。
今回の入院は長引きそうです。

今回の帰省も悪天候との戦いで、
JRのダイヤが乱れる寸前を見極めて移動。
帰りの日は、電車の時間ギリギリまで超高速雪かきでした。

新幹線に無事乗り換え、ホッと一息。
関ヶ原の辺りを通過しながらぼーっとしていたとき、
窓外の景色に重なって、
『第 三 章』の文字が出ました、スーパーインポーズで。
                 (↑映画の観過ぎ)

…おかしなことを書いてますかね?
私の場合、
不意に潜在意識からお知らせを受けることは
時々あるので、慣れっこなんですが。

ただ、自分の人生が章立てになっていたというのは初耳で。
でも、そう言われてみると
「なら、第二章はあの時点から始まったんだな」と納得できる節もあり。
とにかく、目の前の問題に対処するのが精一杯で、
近視眼的にしか物事を見られなくなってるときに、
サッとちがう角度から状況を照らしてもらえると、
現在を前向きに捉え直す助けにもなります。
この歳で「第三章」ということは、
起承転結でいうなら「転」、
結末を左右する大事なポイントにさしかかったってことですよね。
心してかからねば。
潜在さん、お知らせありがとう。



どうやら人生の(多分厳しい)第三章に突入した現在、
ユールボック窓辺

幸運を運ぶ
ユールボックは
窓辺に、


私は雪かきによる筋肉痛です。
(出るまで3日もかかった…)




続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

雪街ろまん

実家へ戻る前に、
ちょっといやな予感はしてたんですが。
帰ってみたら、
まさに北陸大雪被害のど真ん中でした。

戻った翌日、
昼過ぎには家裏の箱庭がこんなことに。↓
大雪1
庭なのかなんなのか、もうわかりません。


雪国育ちとはいうものの、
ちょっと呆然。
ここ30年ぐらい
年々雪が少なくなってますから、
こんなにまでなる日は、
ひと冬に1日あるかないかです。



家の外へ出ると、こんなだし。↓
大雪3
これは降り出して2日目の画像なので、
各戸ちゃんと雪かきされて、だいぶマシになった状態です。
1日目はほんと、別惑星かと思いました。


雪かきといえば、我が家だってよそごとではありません。

今回の帰省目的ももちろん、急病で動けない母親の家事代行ですから、
雪が小やみになったのを見計らって、ゴム長そうちゃーく!
家と車庫の2軒分、雪かき雪かき(30数年ぶり)。
次は、新雪に膝までズボズボはまりながら病院、銀行、買い出し…

ある程度除雪されている車道を歩くと、凍ってツルツル。
危ないわ、寒いわ、小刻みにギクシャク進みながら、
この動き、なにかに似ている、なにかに… あ、ロボットダンス?
とひらめいても、足下危なくって笑うに笑えず。


いろいろ予定の変更も余儀なくされましたが、
出来る限りのミッションはクリアし、
交通機関の麻痺状態で1日延びはしたものの、
列車の遅れを逆算予想し、うまいこと横浜へも戻れました。

と思ったら、
実家でもらった風邪をこじらせ、寝込むこと3日間

いや、しかし、
2月にはパトローネさんでよりみちフリマもありますし、
ただ寝込んでいるわけにも…

とりあえず、目の前に切手をぶちまけて↓
2018切手整理
作業開始。

グルグル巻きの毛布から顔とピンセットだけ出して整理・分類しながら、
この状態、なにかに似ている、なにかに… あ、ヤドカリ?
と気づいてもうれしくもなく。

でも、思えば今のように
イベントやパトローネさんで
切手をどんどん出させてもらう機会がなければ、
こんな怠け者に蒐集を続ける根性なかったんじゃないかと。
買うだけ買っても整理・分類が追っつかず、
あとは茫漠と広がる切手墓場…ってなことになってたかも。
趣味を活かせる場所があるって、ほんとにありがたいです。


鎌倉のヴィンテージ雑貨屋〈 patrone 〉(パトローネ)さんで、
ハンドメイド素材やキット、セカンドハンドなど
いろんな持ち寄り品が集まるイベント〈 よりみちフリマ 〉
2月8日(木)〜11日(日)に開催です。
パトローネさんでの1年ぶりのよりみち、
今年も外国の古切手・郵趣品で参加させていただきます。
もちろん、お客としても大好きなイベントなので、
お買い物もしっかり楽しみたいと思います。


風邪のあいだは、
去年からの(オンリー・マイ)海洋ブームの流れで、
じわじわとコンラッドを読んでました(風邪、永遠に治らなそう)。
疲れたら向田邦子さんの手料理本で、昭和のおかずをおさらいしたり。
養生中とはいえ、寝床ライフは満喫せねば。
闇の奥 ←こっちは
 ダンナの知人の方から
 いただいた
 小さなロンドン紅茶セット
 
 フォーンブース、
 ビッグ・ベン、
 ダブル・デッカーと
 名物づくしのカンカンが
 よろし♡

早春リマスター版
さしあたって今、
一番楽しみなのは
これ。→
元気になり次第、
行きたい。
見逃すまじ!
(前売りだしね)





さて、ようやく風邪もよくなってきたようなので、
庭の掃除に出てみると、
こんなカタが遊びにきてました(ダリオには内緒)。↓
冬の小鳥
羽毛をいっぱいに膨らませて、
まだまだ寒いっすね!


とかなんとか、のんきにやってたら
ありゃりゃ?
横浜でも降って来ちゃいました


続きを読む

PageTop

そろそろ始動

毎日寒いっすね〜

みなさん、お正月休みはいかがでしたか?

机上の皆さん
年末、大掃除できれいになったデスク上の方々。↑


我が家では、年が明けても大掃除続行でしたが、
それ以外はもう、なんにもする気にならず、
体力の問題でほぼ強制的に寝正月でした。


まー、それをダリオで表すと、こんな感じ↓
ふんぞりダリオ


で、ただ寝ているだけもあれなんで、
「こんなときこそ」と映画三昧をば。

と言っても、
気合いを入れて長年観たかったあの映画、この映画、ではなく
Amazonプライムや手持ちのDVDで、
もう何度観たかもわからない旧作や
ひやかし半分の最近作をダラダラ観続けるっちゅう、
ある意味安上がりで贅沢な毎日。
子供の頃のお正月って、テレビで映画三昧だったなあ
と、正月早々童心にかえってました。
思えば、お正月の定番は海外や温泉、なんて習慣
いつ、誰が始めたんでしょうね?
家でダラダラするだけの、この上なくヒマなお正月よ、カムバック!
というのが、おこめつぶの正直なところです。


来年のお正月の参考にと思い、
自分のためだけに上映ラインナップを書いてみると、
クリスマスあたりから
『グレムリン』→『ゴッドファーザー Part2』→『 〃 Part1』→『 〃 Part3』→
内田吐夢監督の『宮本武蔵』第4作→
『ストリート・オブ・ファイヤー』(このへんで年越し)→『マッド・マックス2』→
『マグニフィセント・セブン』→『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』
→『グレートウォール』(途中、数本すでに失念)

って、この並び
ギャング、アクション、ウェスタン、ちゃんばら、寅さん、怪獣、
混じりっけなしのオッサン・セレクト
…ダンナと協議の上で決めてるから(ええ、言い訳です)。


出来るなら、
今年1年ずっとこんな感じで寝てたいんですが。
でも、さすがにそろそろ動かないといけません。ガバッ(←フトンを剥がされる音)


明日からまた、
ダンナとダリオに留守を頼み、
実家へ向かいます。
交代で、年末年始に帰っていた兄から、
すでに新たなミッションがてんこもり。
実家のある街は、一応雪国と呼ばれるお土地柄。
今週末は寒かろうなあ…ブルブルッ
無線LANもないので、当ブロッケン山も当分閉山。


おこめつぶのクラフト活動、
消しゴムはんこと切手雑貨の〈Krabat〉(クラバート)商品は、
現在、学芸大学のハンドメイド雑貨店〈ミヤオミ〉さん、
鎌倉の古道具&クラフト雑貨のお店〈patrone〉(パトローネ)さんの2店で、
それぞれお店の雰囲気にあったものを選んで、扱っていただいております。

また、次のイベント参加は、
2月上旬、patroneさんでのよりみちフリマに、
次のSTAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップは
4月中旬になる予定です。

家庭の事情で忙しくはなっても、
クラフト活動は出来る限りこれまで通り
続けて行きたいと思っておりますので、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


ブログ更新、しばらくは間遠になるかもしれませんが、
みなさま、思い出されたときには
またぜひ寄って下さいね。



では最後に、
切手市場2018の1
先土曜、切手市場で切手初めでした。


スロヴァキア赤十字切手チェコとの合併前、
大戦中の43年
スロヴァキア
寄付金付き
赤十字切手。

寄付額が
すごいことに
なってるぞ…




フィリピン諸星切手 …このフィリピン切手
 あまりにも
 諸星大二郎先生で、
 クラクラッ…
 気がついたら
 買ってました。
 
 妖魔がついてるの
 かもしれませんね。




ではでは、このへんで。

続きを読む

PageTop

I'll be back

先週から始まった
鎌倉 patroneさんでのミニ企画

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々


にお邪魔してまいりました。

スタンプフェア1
おおお、お美しい、
さすがパトローネさん!!

いつものパトローネさんのシンプルシックな店内に、
カラフルな切手が色を添えておりました。
krabatが製作させていただいたパトローネさんオリジナル 
ハンガリー刺繍パターン紙箱や、
おなじみイニシャルはんこも一緒に
素敵にディスプレイされてましたよ。


スタンプフェア2
Vintage Stamp Fair、
パトローネさん
SNSの
イカした画像の
おかげで、
お客様の出足も
上々だそうで。

おこめつぶことkrabatも、大変うれしゅうございます。

売り場には、皆さんに切手をじっくり楽しんでもらえるよう、
可愛いヴィンテージの椅子もご用意いただいて、
いたれりつくせり。


先日ご依頼いただいた、追加納品分も発送済み。
人気の単片バラ売りストックブック、
今週末には充填されると思いますので、
お楽しみに〜。

Vintage Stamp Fair
切手と旅する世界の国々

は、鎌倉大町のパトローネさんで、10月4日(水)まで開催しております。
どうぞよろしくお願いいたしまーす。



さて、しばらく前の記事で
「今年の残りは、現在krabat商品を置いていただいている
パトローネさん、ミヤオミさんの2店とじっくりお付き合いするぜ!」
と豪語したかと思いますが。

先日、予想外のイベント参加のお誘いが!
喜びつつも、結局またバタバタすることになりそうです。

まだ準備段階なので、
詳しいことはまたの機会に譲るとして。
さしあたって12月までの商品製作スケジュールが、
ギュウギュウのすし詰め状態に。
これはもう、他のなにかをスッパリ諦めないことには
にっちもさっちもいきそうになく…

で、
10月は雑貨製作に時間をあてるため、
ブログをお休みしようと決心しました。

ブログ、書けないのは寂しいですが、
以外のことを諦めちゃうと生存が危うくなる恐れがあるので、
苦渋の選択(そりゃ家業とか家事のほうは、ねえ)。
ブロッケン山からは
しばらくウンともスンとも聞こえないかもしれませんが、
便りがないのは必死な証拠と、
見守っていただけるとうれしいです。


11月には晴れ晴れとイベント告知が出来るよう、
しばしのお別れ。
でも、I'll be back
(ビートルズでもシュワちゃんでも、まあ、どちらでも)



そんなわけで
切手釣果自慢も無駄話もしばらくおあずけなので、
パーッといきましょう、パーッと!


切手活動は
2週間の間をおいて、またまた柚子堂さんへ。
1709柚子堂再訪
この日は2時間ほどしかいられなかったのですが、
「今日はまさに快心の収穫やね」と
T社長から褒めていただけたぐらい
女子モノのシブいところをガツガツ掘り起こしました。


トンガフルシー切手実逓トンガのフルシー切手
(と勝手に呼んでる)、
驚きの実逓とか



ユーゴ花切手 ユーゴスラヴィア
 59年花切手
 高額エリアとか


フィンランド複十字クリスマスシールも
フィンランドや
カナダって、
あんまり見ませんよね。


ベトナム女の子切手 なんといっても
 南ベトナム58年の
 女の子切手が
 5種そろいました!



前回見つけた古い切手カタログも
古い切手カタログ
結局、いろいろあって残りをほぼ買い占め。↑
帰りの重かったこと…



そうそう、切手といえば、
トラッド目白イベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ
次回は12月16日(土)の予定です。
まだ先のお話ですが、こちらのほうも忘れてはなりません。


12月開催WSのモチーフテーマは
クリスマス&干支というのが毎年のお約束。
干支の犬切手も、まだまだ地味に捜索中。

オーストリア犬切手はんこにするなんて
滅相もありませんが、
おこめつぶの
イチオシ犬切手
オーストリアの
凹版切手です。
こ、この表情が…♡




ところで先日、珍しいことに
誕生日にたまたま人と会う約束があり、
先方様から思いがけずプレゼントをいただきました。
  お誕生日2017
エレガントな秋色ブーケ、
逗子にあるスウェーデン洋菓子〈 リラ・カッテン 〉さんの特注クッキー、
都立大学の名店〈 ちもと 〉の八雲もち、
一品一品に先方様のお人柄がにじむお心づくしに、
オーヴァー50も思わず感涙。
暖かいお気づかい、ありがとうごじゃりまじだ〜




最後に、
滑り込みで間に合ったアルチンボルド展で、
顔ハメならぬ顔コウチクに挑戦。
〈 果物によるおこめつぶの肖像 〉をご披露です。

アルチンボコメツブ1 アルチンボコメツブ2

大人げなく2回もやってしまいました。
実物を知る方も、知らない方も、
こんな私を町で見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね(絶対無理!)。





…ではでは
かならずやI'll be backしますので、
また会う日まで
みなさま、お達者で。



続きを読む

PageTop

捨てるモヤモヤあれば、拾うモヤモヤあり

1週間、早いですね…
皆さん、台風大丈夫でしたか?


さて、まずは
鎌倉・大町のヴィンテージ&クラフトのお店
 patrone(パトローネ)さんでのミニ企画

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々

切手フェア1

が、連休明けの19日より
ようやくスタートした模様です。


大きな企画展や新入荷が続くパトローネさん、
お忙しい中でおもむろに始まりました。
krabat本人も初日に知らせを受けましたので、
近日中にお店にうかがわねば!


60〜70年代ヨーロッパ切手が中心になった今回のフェア、
いろいろラッキーな偶然が重なって、
シリーズ・フルセット商品をたくさん出せました。
(8/25付のブログ記事『夏の終わりの大掃除』に商品画像を掲げております)

これからパトローネさんのツイッターで
商品紹介などされるかと思いますので、
外国切手がお好きな方はぜひのぞいてみてください。→ 


フェア期間は10月4日(水)まで(月曜定休)。
皆さま、鎌倉へお越しの際は
ぜひぜひお立ち寄りくださいね!


待ちの時間が終わり、
これでこめつぶもひと安心。フヒ〜ッ



ところで
パトローネさんからの連絡を待っていた間にも、
なにかといろいろありました。

週末は
15日から始まった、高円寺ハチマクラさんでの
夏の紙祭り2017へ。
9月高円寺収穫
USヴィンテージのクリスマス用包装紙やデッドストックの紙ナプキンなど購入。

紙を使ったクラフトやってる手前、
これは行っとかないといけません。
初日でしたが、去年ほどの混雑もなく
落ち着いた心持ちでじっくり拝見できました。
買えやしませんけど素敵な紙モノ満載で、眼福でした〜


高円寺といえば、
今年6月にToo-Tickiさんのミニギャラリーで
切手仲間のめしめし&ぺちさん、Iさんと3名で
コラボ展をさせていただいて以来、
グンと身近な町になりました。

紙祭りの後、
Too-Tickiさんから歩いて1分の
東欧ヴィンテージ雑貨のお店
one flowerさんにもゆっくりおじゃま出来ました。
上の画像の小箱と、バックギャモンのコマは
one flowerさんにて購入。


お店の方に了承を得られたので、
ちょっとご紹介させていただきますね。
one flower1
入り口からガラクタ率高くて素敵。

店内には、
クラフト素材やディスプレイにもってこいの
古い布、手芸パーツ、紙モノ、人形などがビッシリ。
one flower2

     one flower3

このアクセサリーコーナー、
いつも「素敵だなあ」と見とれてしまうんですけど。
  one flower4
あいにく私はアクセサリーに申し訳ない
野武士のような風体なので、どうにもこうにも…


東欧雑貨も紙モノも、
今ではすっかり珍しくなくなりましたが、
見ているだけでアイディアが
モヤモヤ湧いて来るような場所ってのはなかなか貴重。
これからの創作にも
ヒントをもらえた高円寺での1日でした。



翌日、連休初日は夕方から渋谷へ。

9月渋谷収穫
上の画像を解説しますと、
まずは包装紙専門店〈 包む 〉で素材用の紙を購入、
bunkamuraミュージアムで『ベルギー 奇想の系譜』展を鑑賞し、
晩ご飯は〈 やしま 〉で手打ちうどん、
夜9時ごろ、ザ・レンダラーズのライヴを観に〈 ルビー・ルーム 〉へ。
(うどんの乾麺はいただきものです)


そう、この日は
先日鬼怒川温泉へご一緒した(前々記事『マイ・プライベート・キヌガワ』)
ジェフさんのライヴ、
今回の来日のツアー最終日だったんです。
なので、ダンナと共に勇んで会場へ向かったところ…


えー、当ブログではままあることですが、
またデジカメを忘れました

「今どきデジカメ?スマホがあるでしょ?」
事情をご存じない方の、そんな疑問が聞こえるようですよ。
当方、スマホどころかガラ携も持ってない(ダンナさえガラ携)
デジタル石器人。
なので、デジカメ忘れたらもう、その日は画像なしなのです。

〈包む〉や〈ベルギー展〉はいいんですが、
アニソンをBGMに、フィギュアを眺めながら関西ダシのうどんがいただける
渋谷のオアシス〈 やしま 〉と
ブルース・カントリーをベースにした大人のサイケバンド
ザ・レンダラーズのステージは
ぜひ画像付きで紹介したかった…


で、会場でお会いした、おなじみネコ本博士
「デジカメ、忘れちゃったんです〜」
と嘆いたところ、
親切な博士がスマホを出して、
セッティング真っ最中のステージをパチリ!

うおーっ、やったー!!
入れ替え時間でフロアもすいてるし、
ドラムセットのジェフさん正面でバッチリですね!
さすが博士、恩にきます〜♡


それがこの、誰かの後頭部画像。↓
IMG_20170916_214721433_2.jpg
ど、どなたですかーー!?
セッティング中のジェフさん、
見事にまる隠れ…

しかもそんな結果に全然気づかなかった
博士と私。
なぜ?どうしてこうなるか?

いや、だいたいこうなるんですよ。
だってみんな、酔っぱらってるんだもん。

そんなわけでこの日も、
楽しかった思い出は結局、
心の中にだけ刻まれたのでした。



…そんなことより、
私、ちょっとどうなんでしょ?
気がつくと2日間連続外出してたり、
体調を崩して以来鬼門だった
小さいライヴハウスも、終電近くの渋谷駅も
無難にクリアできてたり。

もちろんお薬を飲んでるし、
ダンナや知り合いと一緒にいる心強さもあったけど、
この2年間つきまとわれて来た
体調不安定のモヤモヤを感じずにいられたなんて、
なんと久しぶりな…

今年の夏は去年、一昨年に比べると
ずいぶん体が楽だなあと思ってたんです。
これはもしかして、
ついに健康復活の兆しでしょうか?

って、ここで調子にのると台無しなので、
希望を胸に、まだまだ静養モードで参ります。


続きを読む

PageTop