ブロッケン山のおこめつぶ

田舎の日曜日

またまた、久しぶりの更新です。

2軒の家を行ったり来たりの二重生活も、長くなって来ました。

再入院から3ヶ月経っても病状に光が見えない母親と、
疲れとストレスで言動がどんどん混乱していく父親。
ダークな緊張感の漂う実家通いで
こちらも体力気力ともに衰え著しく、

「このままでわ、夏までもたんぞ…」

と、「てにをは」までおかしくなるタイミングで、
フラッとやってきた2つのお知らせ。↓
滋賀イベント
どちらも、おこめつぶの(ある意味)ペンフレンドであり、
滋賀で〈 お手紙文化研究会 〉をやっておられる
赤いヤギさんからでした。

ヤギさんがお住まいの湖東で催されるハンドメイド・イベント
〈 ヘムスロイドの杜まつり 〉
草津市在住の木版画家 ひらやまなみさんの個展。


実家から横浜へ帰る道すがら、
滋賀県の米原駅で新幹線に乗り換えですので、
これはまさにうってつけと、
週末は滋賀で1日リフレッシュすることにしました。
今回はその1日のご報告です。



日曜日のお昼に
JR能登川駅でヤギさんと待ち合わせ、
まずはことうヘムスロイド村へ。
ヘムスロイド2018
山のふもとの森林公園に、ドドンと横断幕が。
田んぼと山に囲まれて、いかにものびのび過ごせそう。

「ヘムスロイド」とは、
スウェーデン語で「手工芸」の意味だそうで、
旧・湖東町(現・東近江市)と
手工芸の盛んなスウェーデン・レトビック市との
姉妹都市交流から名付けられたそうです。
今どきの北欧ブームとは、どうやら無関係。

ヘムスロイド1
緑の敷地に130店のカラフルなテントが並びます。
お土地柄もあるのか
陶芸、木工、レザークラフトが多い中、
今年は帆布バッグのショップがぐっと増えたそう。(ヤギさん談)
地元滋賀を中心に、東海・関西圏の出展者さんがメインですが、
なかには静岡・東京などからも来られてたり。

皆さん、技術もプロダクト力も大変なもので、
長年本格的に活動されている印象でした。
作品にも、好きなことに地道に打ち込んで来た貫禄が滲み出てて。


思わず目を奪われたものをご紹介しますと…

ヘムスロイド5

こちらのお店で→
東近江市が生んだ
交通安全系人気キャラ、
飛び出し注意の
〈とび太くん〉革小物、
発見。↓

とび太くん財布 ←イケてますネ。
 個人的には
 DDRの
 アンペルマン
 グッズより
 買いです。


ウッドクラフトのランプシェード。↓
ヘムスロイド3
形や構造が面白くて、じーっと観察してしまいました。
微妙に北欧っぽい?ヘムスロイドだけに。


ヘムスロイド4








 それから
 ←キレイな白髪頭の
 お父さん、自信作
 ↓1円玉まぶしい!

ミクロの道具箱
じゃなくて、
ミクロの
道具箱
。→

これ、
接着剤だけでなく
全部本物と
同じように
軸棒にヘッドを
嵌め込んで
接着してます。
棒の横っちょには
止め金具まで…

まるで巨大1円玉の幻覚を見てるようでもあり。
小さきものにはちょっとうるさい私めも、脱帽。


村内にはいくつか工房もあり、
地元の作家さん方が借りられているそうで。
展示販売されていたガラス工房をのぞいてみました。
ヘムスロイド2
お天気がいい日はガラス器が一段と美しいですね〜


会場はまわりになにもない田舎の山里だけに、
出展者さんもお客さんも、
車がないとちょっと参加しにくい場所ではありますが、
だからこそ、とにかく運営・管理が万全
マーケット以外にも駐車場、飲食の露店、総合案内、休憩所、ライヴスペースと、
どのエリアもスムーズに機能していて、快適。
マーケットもほどよい規模で、疲れません。
主宰さんだけでなく、地域の方々が一丸となって
イベントをしっかりサポートしてないと、こうはならないんだろうなあ。
ヤギさん(元ボランティア・スタッフ)のお話では、
出展者さん用に宿泊施設(合宿所?)や炊き出しもあるそうで。

また、お客さんもスタッフさんも老若男女、
いろんな年齢、文化圏の方が和やかに集っていて、
村の鎮守の縁日的な雰囲気。
これも、ターゲットの層が決まっちゃってる今どきのイベントでは
あんまり味わえない雰囲気だなあと感心しました。

ピクニックスペースでは家族が何組も芝生に座ってお弁当を広げてたり、
田んぼの用水路らしき小川で子供達がキャッキャと水遊びしてたり、
ヘムスロイド村全体がのどかな癒し空間。

実はちょっとだけ、Krabatも参加可能かどうか、
下見な気持ちもあったのですが、
結局そんなの、どこへやら…



さて、次はJR能登川駅方面へ取って返して、
ひらやまなみさんの個展会場である、古民家カフェ&ギャラリー
ハクモクレンさんへ。

なみさんとは、
2年前の夏、初めてヤギさんとお会いしたときに、
ヤギさんのお友達として、たまたまご一緒したのですが。
その後、実は
同大学の同学部に同時期に在籍していたことが判り、
急激にシンクロ率アップ。
偶然が偶然を呼ぶ、不思議なご縁です。
楽しみにしていた今回の個展へ、いざ!


美しくリノベされた古民家を広々と使った
気持ちのいいギャラリー。
なみさん個展
ポストカードも作られている〈近江の風景〉の連作や、
野鳥、猫、草木などをモチーフにした最近作が展示され、
奥では版木もじっくり拝見出来ました。


ひらやまなみ2
 生活のなかにある
 身近なテーマを
 彫って20年。

 2008年には
 幻冬舎ルネッサンスから
 画文集
 『きょうもいい日』
 を出版されました。

 大学では
 なみさんが
 後輩でしたが、
 ものづくりでは
 大先輩っすね。

ひらやまなみ1
しばらく前、
ご家族に黒猫が
加わったそうで、
さっそく
作品に登場→

ダリオまで
シンクロ!



たった2、3色の組み合わせで、
独特の暖かい色鮮やかさを生む木版画。
色数が制限されたなかで、
なにをどんなふうに配置し、配色するか。
なにを彫り、なにを残すか。
製作の過程を想像しながら観ると、
その創意や工夫が忍ばれて、また面白いです。

なみさんのように、
「好きだ」「心地いい」と感じるものを、
素直に純粋に表現されている方の作品は、
観ていてとても和みますね。それにちょっとうらやましい。
私のようなひねくれ者は、なにをやっても
ひねってひねって迷宮入りの繰り返しで…
なみさんの版画から、
シンプルなものの訴求力を実感させていただきました。



日曜のギャラリーは大盛況で、
お客様がひっきりなしに訪れるなか、
作品観賞後は、カフェスペースで
ヤギさんとホッと一息。
窓辺のテーブルから、
昔の薄いガラスを通して見える、揺らいだお庭がステキで…
ハクモクレン

お客様の出も落ち着いた頃、
なみさんご本人もテーブルに合流し、
ものづくりのこと、好きなもののこと、今考えていること、
あれこれ楽しくおしゃべりしているうちに、
あっという間に閉店時間に。

名残惜しくはあるけれど、
ヤギさん、なみさん、不思議なご縁のお二人と
次は東京・人形町での再会(ということは、例の…)を約束して、
今回の湖東探訪はとりあえず終了。
いつかまた、お会い出来る日を楽しみにしています!

滞在6時間の小トリップでしたが、
しばし自分の苦境からはなれ、
山のおいしい空気を吸いながらリフレッシュ出来ました。
愛車でアテンドしてくださったヤギさん、
ほんとにお世話になりました。
素敵な田舎の日曜日を、どうもありがとうございました!


…という記事を、なるだけ早く、
せめてなみさんの個展開催中にアップしたかったんですが、
悲しいかな、横浜へ戻った途端、〆切仕事の嵐。
その他、優先事項が折り重なってるうちに、
今日はもう、6月なのですね。トホホホ…


気をとり直して
ブロッケン山から次のお便りは、
どうもタイミング的に、
7月のはんこ戦士出撃予告(←気合いの表れ)になりそうです。
7日(土)にpatroneさんでの受注会、
21日(土)にSTAMP×STAMPワークショップ、
7月が、どうやら今年の天王山。
せめてそんなに暑くならないことを希望しつつ…


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

それでも花は咲く

3週間のご無沙汰でした、こめつぶです。

…ちょっと、疲れが出ました。
エリゲロン18

実家やら仕事やらでわいて来る懸案事項に全力投球しているうち、
ゴールデンなウィークもさっさと過ぎ、
もう5月も半ばの母の日ではないですか。


我が家の、結局今年も放置のままの庭でも、勝手に花盛り。
ありがたいことです。

タイム18白が消滅し
紫だけで
がんばってる
タイムの絨毯、


スズラン18 雑草と一緒に
 どんどん増えてる
 すずらん、


夏みかん18去年の実が
なったまま
開花してしまった
夏みかん、


皆さん、ほんっとごめんなさいね

毎年11月頃に「来年こそは!」と思い、
5月頃に「やっぱダメだった…」と膝を折る、放置庭脱却計画
今回もやっぱダメでした。
でも、不測の事態にみまわれ続けた今回は、
しょうがないと言えばしょうがないかな。
そんな庭でも咲いてくれて、花たちよ、ほんとにありがとう。



さて、先に
消しゴムはんこと切手雑貨の〈 Krabat 〉(クラバート)関連で、
早め早めのお知らせを少々。

エスケースタンプ目白店主宰
STAMP×STAMP
消しゴムはんこワークショップ

次回の日程が
7月21日(土)に決定しました。
ご予約受付は、6月21日(木)より開始となります。


次回の特集テーマはお名前はんこ(多分ね)。
ついにWSに禁断の文字彫り登場か!?

フランス・プリキャンセル
フランス
83〜88年
プリキャンセル→
のデザインをもとに、
切手モチーフの
お名前はんこを
ご用意しようと
現在構想中です。
どうぞお楽しみに!




それから7月はもうひとつ、こめつぶ史上初の試みが!

Krabat商品を扱っていただいている
鎌倉のヴィンテージ&クラフトの雑貨屋さん
〈 patrone 〉(パトローネ)さんで、
消しゴムはんこ受注会を催させていただく予定です。
日にちはまだ未定ですが、多分上旬になるかと。

現在、はんこの受注だけでなく、
プチワークショップや商品紹介&販売、試し捺しコーナーなど、
いろいろ楽しんでいただけるよう企画を練っております。
こちらの詳細も、決まり次第
当ブログ&patroneさんのツイッター(→)でお知らせさせていただきますね。
皆様、どうぞよろしくお願いします〜っ


先日patroneさんへ、受注会の打ち合わせついでに、
レトロ・イニシャルはんこを補充してきました。↓
イニシャルはんこ1805
入り口からお店に入った正面に、
白い大皿にイニシャルはんこがてんこ盛り。


というわけで、
5月後半〜6月は来るべき7月に向け、
ブロッケン山ごもり(&まだまだ実家)となりそうです。
クラフトなのか?仕事なのか??主婦なのか???親孝行なのか????
今年前半の綱渡り生活を総括すべく、
バランス第一でがんばりたいと思います。




さあ、お知らせ終りで一安心ホッしたところで
今さらですが、
我が家のゴールデン・ウィークを振り返ってみると…
まあ、普段とまったく同じでしたね

前回のWS以降、切手ファン的には
いつものルーティーン+スタンプショウ2018もあり
それなりに充実してたはずなんですが…

昨年のスタンプショウで(有)フクオさんの件を
大々的に喧伝してしまったため、
昨年のJAPEX以来、
昼から参加の私が会場に到着する頃には
フクオさんブースに知り合いの女子が鈴なり
椅子があく頃には、もうぺんぺん草も生えてないという、
結局切手市場と同じような事態になってしまいました。
…また作戦の練り直しでおます。

連休中の平日に訪れたエスケーさんでは、
初心に返ってダンボール修行に励みました。
ダンボール箱にパンパンに詰まった切手を、1枚1枚自分で見る
エスケーさんで積むこの苦行は、無駄ではなかったんだと、
最近つとに感じてます。


なにをどこで?というのはもうあやふやですが、
4〜5月は集め途中で放置していたシリーズが、
けっこう動きました。
ポーランドきのこベトナム小型

例えば、ポーランド80年の怪しめきのこが突然完結(左の77年実ものも)したり、
ベトナム、52年シーサー(?)&56年ドラゴンがちょこっと増えたり。

フランス紋章
フランス紋章切手は、チェックメイトまで漕ぎ着けました。
あとは65年パリのみ。


昼いちからの切手市場では、
寺山さん→Y&Sさん→BUCCHI STAMPさんとまわり、オサムショップさんで〆。
収穫はこんな感じでした。↓
切手市場1805


チェコ花ミニシートチェコ花切手の
普通のシート
でもなく、
小型シート
でもない、
10枚
ミニシート?→

実は
初めて見ました。
う〜ん、
こんなのも
あるのか…ゾォ〜






あと、連休中の記憶といえば

西むらどら焼き lykke(リュッケ)さんに
 教えていただいた
 浅草、雷門前の
 老舗菓舗〈西むら〉さんの
 どら焼きやら、

かるかん饅頭お隣の奥様に
いただいた
鹿児島の
かるかん饅頭やら、

GWカレーパン ダンナが
 散歩ついでに
 買って来た
 有名なパン屋さん
 (店名忘却)の
 名物カレーパンやら、

また、実家から大量に持って帰る
母親のお見舞い流れのお菓子やら、
終始モグモグやってたなあと…。
全然ゴールデンじゃないウィークへの、無言の抗議だったのでしょうか。


そういえば、
ウソでも休日気分を味わおうと、
昼下がりの映画鑑賞会を、ほぼ毎日催してました。

折しも、
4月に亡くなられた高畑勲さんの追悼から、
ハイジやらアンやらマルコやら、
ダンナの高畑監督アニメ鑑賞に付き合わされている日々。
5月5日、
こどもの日にはこどもホラーだ!」ということで、
伊ゴシック・ホラーの巨匠マリオ・バーヴァが1977年に撮った、
人力特殊効果が炸裂する現代ホラー『ザ・ショック』を鑑賞。
夫婦ともども、この歳になるまで未見だったもので。

で、その日は偶然
ダブル・マルコ
ダブル・マルコに。

方や地球を半周して母を訪ね、方や母を呪い殺す(あっ、ネタバレ…)。
真逆と見せかけて、
それはイタリア人のマンマ愛の光と影?

マルコたちの母への思いの重たさに、
ちょっと引いたんですが。
我が母は、母の日でちょうど再入院4ヶ月めに突入。
彼らほどではないにせよ、
こちらの思いもけっこう煮詰まってきたような…



続きを読む

PageTop

春のWS、迫る。

いよいよ今週土曜14日、

STAMP×STAMP
消しゴムはんこ展示&ワークショップ 第10回
 
トラッド目白2F イベントスペースにて開催です。
もうすぐWS
Krabatことおこめつぶは、現在イベント準備の追い込み中。↑
展示用のドイツ風景印はんこも、概ね仕上がりました。フウ〜ッ


切手とはんこがコラボする
STAMP×STAMPワークショップ、参加のお申し込みは
まだまだ大募集中ですので、
今週末なにか手仕事してみたい方おられましたら
ぜひご検討くださーい!

今回のイベント内容、予約お申し込み方法など
当ブログ、前々掲記事
『消しゴムはんこワークショップのご案内』に詳述しております。
どうぞそちらのほうでご確認ください。

また、WS定員数 ー ご予約数 = 残席数分は
当日いきなり参加も大歓迎!

当日のお問い合わせは
エスケースタンプ目白店(☎︎03−3980−8000)
まで、お電話でどうぞ。
(予約専用メールアドレスは、
 前日13日いっぱいで受付を終了させていただきますので、ご注意ください。)

皆様のご参加、心よりお待ちしております。



さて、WSに向け慌ただしい
最近のこめつぶ事情を箇条書きしてみると

味噌煮込カツカレー昼メシ時間短縮のため、
名古屋の友人から
いただいたレトルトの
味噌煮込みカツカレー
を食べてみました。

…カレーというより、
味噌でした。



ロイズのチョコポテチ はんこ製作のお供は
 なぜか豪華に
 ロイズの
 ←チョコポテチ

 もちろん
 おいしいですけど、
 貧乏性の私としては
 小銭をバリバリ
 食べてるようで、
 気が気じゃ…




WS準備の合間を縫って、外国切手で頭の体操。↓
外国切手セット
鎌倉patrone(パトローネ)さんの切手コーナー補充用に用意。
トピカル10枚セット、近日中に納品します。


ずっとダリオとベッドをシェアしている私ですが、
最近ダリオが、掛け布団と毛布の間に
うまいこと巣を作って寝ているのに気がつきました。

匠ダリオ掛け布団の
端っこを
丸めて枕にする
匠の技→

毎度
工夫のある猫です。




入院中の母は現在小康状態で、
トラブルにみまわれた友人夫婦からも、やっと朗報が聞けました。
私もホッと一息つきつつ、
差し迫ってやるべきことをザクザクこなしている日々ですが。


実は先週試写会で観た映画『君の名前で僕を呼んで』の、
心がいまだ影響下にあり、↓
  call me
気持ちがややフワフワしております。
おかげさまで、買ったものの長年本棚でホコリをかぶっていた
カヴァフィスの詩集を読み出しました。
(自分のなかでつながっただけで、基本映画の内容とは関係ありません。念のため)

とはいえ私も
主人公のご両親世代のおばちゃんですから、
「キャーッ♡シャラメくん〜」とか
「セツナ過ぎてボロ泣き…」とか
そういうのは、幸か不幸かなかったです。
(スフィアンの曲が流れる3シーンは正直ジワッときましたが)

でも、いろいろ思い出しました。
いろいろ思い出すようにできてる映画でした。

大枠はすごくシンプルで真っ直ぐな初恋物語、
でも中年後期の立ち位置から観ると
結局自分が今、どういう大人になったのか、
通って来た過去のこだまを聴くような映画でした。


すごくよかったのに、感想が書きにくいなあ、この映画。
絡み酒みたいになる前に、このへんでやめときましょ…



ではでは、
今週土曜は目白で!

続きを読む

PageTop

春なのに…

今年もついに花見週ですね!
ネット上でも今頃
きっと桜画像が満開なことでしょう。


さて、2週間後の4月14日(土)に、
トラッド目白2F イベントスペースで開催される
STAMP×STAMP
SXS10予告
消しゴムはんこ 
展示&ワークショップ 第10回

まで、あと2週間です。


WS、現在のご予約状況は

1回目 13:00〜 6名様 (残席2)
2回目 16:00〜 3名様 (残席5)

となっております。

皆さま、年度替わりの多忙な時期で
いつも直前までヒヤヒヤな春の回なのに、
今年はご予約の出足、好調です。
ご予約いただいた皆さま、ありがとうございます!
そして、まだまだお席ありますので、
消しゴムはんこ未経験の方も、どうぞお気軽にご参加くださいませ〜


イベント内容、予約お申し込み方法など
当ブログ前掲記事
『消しゴムはんこワークショップのご案内』に詳述しております。
どうぞそちらのほうでご確認ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。




さて(もちろんここから余談です)、
WSの日が近づくと、
講師Krabat(クラバート)ことおこめつぶも忙しくなって来ます。

なんせWSの打ち合わせと称して、
イベント主宰のエスケースタンプ目白店さんへ≒切手狩りなわけで。
目白へ向かうということは、
途中に新宿切手センターなるものも存在するわけで。

「打ち合わせだぜ!」と思って行って、帰って来ると
結局こんなことになっております。↓
ベルギーチョコ切手
ベルギーのチョコ切手(画像中央)、やっと買えました♡
モンセラト島やアンティル諸島のお祭り切手も♡ウハウハ


この日のエスケーさんでは、
打ち合わせ特別企画、DDR&ルーマニア小型シート(プチ)祭もあったりして。

なかでもうれしかったのが
DDRお人形切手の小型シート↓店長さま、ありがとう♡
DDRお人形シート


ニューカレドニア鳥切手
でも、
結局
こういうのが→
一番好き
だったりして♡




それから、
昨年末から実家のバタバタ最優先で、
商品製作をすっかりサボっていましたが。
これまで自分はなにをやっていたのか?忘れてはまずいので、
久しぶりにチーズラベルしおりを作りました。↓
チーズしおりnew
近日中に、学芸大学のハンドメイド・ショップ〈 ミヤオミ 〉さんに納品予定です。
気になった方、ぜひお店で見てください!


ところで、今年の3月〜4月は
傑作映画ラッシュのようで、
私も現在、上映中〜近日上映織り交ぜて
10本近くチェックを入れておりますが。
花より映画
一番楽しみなのは
     これ→

タワーレコード
発行の
フリーペーパー
〈イントキシケイト〉
(今号表紙は横尾画伯)
読者プレゼントで、
試写会ご招待が
当たりました!


スフィアン・スティーヴンスがアカデミー賞を獲り逃がした1本。

ルカ・グァダニーノ監督作品、
これまでの2作はDVDでの鑑賞だったので、
今回初めてのスクリーンで(しかも無料で)、今からワクワクしてます。
イントキさん、ありがとうございます!
ところで、同監督の次作は、なんと!『サスペリア』のリメイクだそうで。
これはホラ女の血が騒ぐ〜



…と、何事もなかったかのように、楽しいことばかり書いていますが。
これらのあれこれは、実は先々週の出来事。


先週末、母親が突然危篤状態に陥ったと知らせを受け、
急転直下、どん底へ。
なにもかも放り出して実家へすっ飛んで帰りました。
母親は本来、命に関わるような病気で入院したわけではないのですが、
老齢のため、投薬治療による体への負担が大きく、
これまで潜在的に持っていた病気が併発に継ぐ併発で、
それがピークに達した結果の昏睡状態でした。

幸い翌朝には意識が戻り、
その後生まれ変わったかのように急ピッチで回復。
最後に見舞ったときには、
病院のテラステーブルで普通に座って話せるぐらいにまでになり、
ひとまず胸をなで下ろして、一旦横浜へ戻ったという次第。
でも、どこかまだ悪夢のなかにいるようです。

春なのに、不安が募ります。

また、
私が「ハハ、キトク」の知らせを受ける直前、
いつも仲良くしていただいているご夫婦に、
大変な災難がふりかかりました。

去年のちょうど今頃、
お二人も含めた方々と一緒に、
桜満開の青山墓地で過ごした楽しい夜を思い出します。
今はただただお二人の身を案じ、無事を祈るばかりで…


春なのに、胸がつぶれるような知らせが続きます。



6年前、両親がこちらへ遊びに来たときに、
3人で見た千鳥ヶ淵の桜の写真です。↓
春なのにな
帰省のため家を出る間際、
冷蔵庫に貼ってあったのが目に入り、
思わず引っぱがして持って帰りました。

今年は桜を見られそうもない母親のために。
そして来年、皆元気で、一緒に見られることを願って。

続きを読む

PageTop

ミモザ満開

ようやく、ちょっと春めいて来ましたね。

この時節は、あちこちでミモザ満開。
区役所ミモザ1
区役所ミモザ2

↑わが街の区役所の
屋上庭園在住
ミモザです。→

ブハッと
ワイルドな
育ちっぷり。
ミモザの繊細な
イメージと
なんかちがうぞ…



現在、実家からの出動要請を待って自宅待機中
といったていで、ちょっと落ち着かないおこめつぶ。
せっかく暖かくなってきたのに、
休日はあちこちのイベントを満喫!
って気分ではないのですが。

昨年12月の北欧マルシェでご一緒させていただいた
北欧ヴィンテージ雑貨と白樺細工のネットショップ
Freluga(フレルーガ)さんが
ブロッケン山近くでイベントに参加されると聞き及び、
これ幸いと遊びに行ってきました!


東急東横線大倉山駅にある
自宅カフェ roof ookurayamaさんでのイベント
「ミモザの木の下で本と雑貨を楽しむ2日間」へ。
ミモザroof2 入り口から
 素敵な雰囲気の
 ←roofさん。


ご自宅の、
見晴らしのいいリヴィング・ダイニングがカフェスペースになっていて、
オシャレすぎず、程よくアットホームなお店でした。
手作りワッフルが名物なんですって。

Frelugaさんのショップスペース↓
ミモザroof3

ミモザroof4
北欧マルシェの
ときとは
またちがい、
春っぽい
ラインナップで
ほのぼの。

(夕方だったので
 写真が暗くて
   すいません)




お天気にも恵まれ、
こちらのミモザも満開で。
ミモザroof1
…やっぱりミモザはこれぐらいが
風情があるような気が。

春を感じる休日の午後、
Frelugaさんと楽しくお喋りして、
おこめつぶもちょっと息抜き。
なんかほんとに
親戚中で集まって、おうちでわいわいやっているような、
和やかなイベントでした。
こういうのものんびり出来ていいなあ。

4月20日(金)21日(土)には、
同じくroofさんで
Frelugaさん主宰の白樺細工ワークショップも開催されるそうですよ。
詳しくはこちらで↓

大倉山の自宅カフェ roof ookurayamaさん(→

北欧ヴィンテージ雑貨 Frelugaさん(→

どちらも素敵なお店です。
よかったらCHECKしてみて下さい!



私もFrelugaさんで
カワゆい北欧ブックマークを見つけました。↓
しおりヘラジカ
ウッド&レザー製ヘラジカしおり。ダーラナホースのもありました。

って、なにげにヘラジカを挟んでみてますが。
そうです。
そうなんです。
先日、ついに我が家に
MICHEL(ミッヘル)さんがやってきたんです(fromドイツ?)。

私のようななまくら切手ファンが所持していいようなカタログでは、
もちろんないですが、
やってきて下さった以上、ありがたくお迎えするしか…
まあ、ちょっと前の2000/2001バージョンですしね。
さ、さ、むさ苦しいところですが、お上がりくだされっ。

自宅待機中のウルトラ地味な毎日ですので、
MICHELさんのご登場は
けっこう大事件でした。
持ってるだけで切手が全部揃った気になってしまう、
なんかすごいぞ、カタログ・パワー。
昼寝の枕にもうってつけのぶ厚さで、
いい切手の夢が見られそうです(見たいか、それ?)。



で、
次はいつ更新出来るか知れない身ですので、
ちょっと早いですが、ついでに
次のワークショップの予告をば。

エスケースタンプ目白店主宰
STAMP×STAMP
消しゴムはんこ展示&ワークショップ 第10回


SXS10予告

4月14日(土)に開催です。


切手屋(エスケー)さんとはんこ屋(Krabat)さんがタッグを組んで、
ついに4年目に突入する切手とはんこのコラボイベント『STAMP×STAMP』。
18年版ロゴはんこも出来ました!(上画像中央)
今年は本格的に、
女子的外国切手の世界にグイグイ迫って行きたいと思います。
記念すべき第10回の特集テーマは

ポーランド&ハンガリーの民族衣装切手より
   〈 伝統刺繍模様の縁飾り 〉


です。(上画像)
花模様、鳥模様、幾何学模様などの
刺繍パターンをひとつ彫って、
そのまま押せばワンポイント、
繰り返し押せば便せんやメモの縁取り、リボンの模様など、
いろいろアレンジ可能なボーダーはんこを作ります。


特集の刺繍模様は、モチーフがかなり複雑ですので、
経験者の方向きになりますが、
初めての方向きの切手モチーフも、
もちろんたくさんご用意してます。

その他、いつもと同じく

場 所 : JR目白駅前 トラッド目白2F イベントスペース
時 間 : 1回目 13時〜15時
      2回目 16時〜18時
参加料 : 1500円/1名様
定 員 : 各回8名

となります。
予約受付は3月14日(水)のホワイトデーより開始です。

近日中にSTAMP×STAMP情報blog(→ こちら)で、
イベントの詳細情報がアップされる予定ですので、
そちらのほうで内容をご確認の上、
指定のお申し込み方法でご予約ください。
皆さま多数のご応募を、心よりお待ちしております!


この3年間の傾向をみるに、
春の回は例年、
ご予約数もぼちぼちな、のんびり開催になるはずなんですが。
前回まさかのご予約多数で、
こちらのブログでご案内出来たときには
すでに残席僅かになってしまったので、
今回は念のため、早めのお知らせでした。


今回使用するモチーフや展示内容などは
こちらのブロッケン山でも、
次回更新のタイミングでじっくり紹介させていただこうと、
現在鋭意準備中!
なのですが、

正直、
受付開始のタイミングで告知をアップ出来るのか?
自信ないんですよねえ…(来週は実家の予感が)

現在、公私&心身ともにユラユラしてる困った講師ですが、
ワークショップ当日は必ずやしっかり務めさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたしまーす。


続きを読む

PageTop