ブロッケン山のおこめつぶ

魔の3週間前

12月2日(土)・3日(日)
東横線都立大駅 クァンタム・ギャラリー&スタジオでの

Sweet Sweet Sweden+ 2017冬
北欧マルシェ

ショップ画像

まで3週間を切りました。


そろそろ勝負どきというか、
諦めどきというか…


本来なら、
矢継ぎ早に商品紹介していきたいところなんですが。

そうやすやすとことが運ぶと思ったら大間違い。
この1週間ほど、予定ではビシバシ商品製作しているはずが、
魔のエア・ポケットに落ちてました。
まずは風邪
寝込むほどではなかったものの、
くしゃみ鼻水で集中力ダダ下がり。

おかげで、
マルシェと平行して進める予定だった
STAMP×STAMPワークショップの作業に手がつけられず…
ダンナの手伝い仕事もなかなかはかどらず…

そんなとき、
キッチンでは炊飯器の容態が急変
完全お陀仏にならないようなだめすかしながら、
いまだに妙なご飯を食べております。


でもそんなの、まだ序の口でした。

週末、切手市場で最後の北欧切手狩りに精を出し、
ドロドロに疲れて帰宅。
夕飯を作りながら
「ダンナの帰りが遅いなあ」と思っていたら、
とある病院のERから電話が…
「本日、ご主人さまが緊急搬送されてきまして」
…あら、まあ
夜半に慌てて病院へ向かい、病状を説明されて10分で帰され、
翌朝また病院へ向かい…
幸い、翌日に退院は出来たものの
どうやらダンナは、ご新規でなんかややこしい病をゲットした模様。
我が家の新ルール、順応が大変です。

その翌日は、買い物帰りに突然の雨。
もちろん傘もなく、この寒空にぐしょ濡れ


先々週ぐらいまでは、当面の問題が
マルシェとSTAMP×STAMPの両立だけだったので
まだ焦ったり騒いだりしてましたが、
今はもう、降りかかる難題がとっくにキャパを超えたので
激流に翻弄される小舟のように、
心を無にしてただただ耐えております。


というわけで、
テンションがあがらないままの商品紹介、
どうかお許しくださいね。

しんどい現実と平行しつつ、〈 切手フレーム 〉新作が完成。↓
北欧切手フレーム1
今回は時間の都合で4つだけですが、
スウェーデン切手のなかから
個人的に思い入れのあるものを厳選しました。
背景のペーパーボックスも、もちろん今回の商品です。

北欧切手フレーム2
79年クリスマス切手は、
中央に発行初日の消印まで
ついて
かなりレアな状態。
この日がお誕生日の方に
プレゼントとか、
いかがでしょうか?




それから、
なにぶんヒドい1週間だったので、
ド集中して作る作業をする気になれず、
先に切手商品をまとめることに。


切手イベントにたむろっている紙モノ女子の方は、
概ねブルガリア、ドイツ、チェコスロヴァキアあたりから集め始め、
徐々にそれぞれの趣味性を発揮して
ヨーロッパのあちこちに散って行く感じです。
北欧切手からこの道に入る方は稀ですが、
ムーミンやキャンディー猫切手を擁するフィンランドと、
泣く女子も黙るデンマークのクリスマスシールが
北欧エリアの一番人気ではないでしょうか。

今回、残念ながらクリスマスシールは出ませんが、
北欧エリアの女子的有名切手、かわいい絵柄の切手など
時間と資本の許す範囲で集めてみました。


17冬北欧切手1
国別、クリスマスや花のトピカルでまとめたアソートセット(画像左)
この人なしに北欧のかわいい切手は語れないということで、
ムーミンのヴァラエティーセット(画像右)
単片や2種完ものを集めたプチセット(画像右上)は、お値段もプチっとな。


17冬北欧切手2
スウェーデンのBrev(ブレーヴ)切手、
クリスマス切手が中心のフルセット商品。↑
みなさま、シリーズ切手を1枚ずつ集めるのはほんとに大変です(楽しいけど)。
どうぞこの機会に、ガーンとそろいで持ってって下さい!



そして、今回の目玉商品
17冬北欧切手3
フィンランド、『キャンディー100年』切手FDC(ファースト・デイ・カヴァー)、
2004年ムーミンの特殊フェルト切手(未使用・タブ付き)、
スウェーデンのスタンプ・ブックなど。


キャンディ100年切手
切手好きの女性なら
まず間違いなく
探している
(もしくは
持っている)
テッパンの1枚。
見よ、→
このかわいさ♡


「北欧モノなら、これ!」
と言える代表選手をご披露出来るなんて…
ちょっと検索してもらうとわかると思いますが、
このどれもが紙キレ1枚とは思えないお値段で、
今回10円ハンターの私に出せるとは正直思っていませんでした。
これもひとえに、
仲良くさせていただいている切手屋さん、
ディーラーさんのおかげでありまするうぅぅぅ(うれし泣き)。


…と、ここまでご紹介して来て、ふと思うことあり。
イベント参加決定当初、ここまで切手をがんばるつもりはなかったのに、
切手関係の方々のご厚意で
フェルト・ムーミンやキャンディ猫FDCが手元にやってくるにつれ、
自分のモチベーションが勝手にあがってしまったようです。
う〜ん、独り相撲にならないといいんですけど…


北欧マルシェ、いつも土曜のスタートから数時間は大変混雑します。
Krabatブースは、商品が小さいため間口が狭くなると思いますので、
切手をじっくり見たいお客様は、混雑時を避けていただくか、
スタッフに一言お声かけくださると、大変ありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


Sweet Sweet Sweden+ 2017Winter
こちらのブログでも、日々情報を更新しております。→(☆)

気になる方はどうぞ、チェックしてみてください!



さて、そうこうしているうちに
魔の2週間前っぽくなってきて、

消印型グリーティング・スタンプもどうやら完成か?↓
消印型はんこ

消印型スタンプ、
実はテクニカルな問題が少々あり、
今回出品を見送ろうかとも思いましたが、
これが出ないとはんこ部門が寂しいので、
あとひとがんばりしてみますね。



すっかり長くなってしまいました!
12月16日(土)開催の
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップのご案内は、
次回改めて、にいたしましょう。

しかし、
北欧マルシェ当日までにあと1回更新、出来るのかな…
(不安を残しつつ、また次回!)

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

年季明け

ただいま戻りました。

はんこ蟹1
ああ、シャバの空気はうめえゼ…


非常事態宣言を勝手に出して以来、
あっという間の1ヶ月(マイ体感)でしたが、
台風あり、ハロウィンあり、JAPEXありのめまぐるしい季節
皆さま、いかがお過ごしでしたか?
今年ももう2ヶ月だなんて、夢みたいですね(確実に悪夢)。


とにもかくにも、
さっそくKrabat参加イベントの告知をさせていただきます。
お察しのよい方なら、
冒頭画像のカニが持っている旗でピンとくるかと。

ポスカ表最終

来る12月2日(土)・3日(日)の二日間、

Sweet Sweet Sweden+ 2017冬
北欧マルシェ
に参加させていただきます!

場所は、今回も
東急東横線 都立大学駅から徒歩1分の
クァンタム・ギャラリー&スタジオ
2日(土) 11:00〜18:00
3日(日) 11:00〜17:00

となります。

Krabat、約2年ぶりの北欧ミッションが発令
久しぶりにマルシェの皆さまとご一緒出来るということで、
大喜びでお誘いを受けたまではよかったが、
「イベントまであと約2ヶ月、どーするよ!?
というわけで、
製作時間稼ぎにブログをクローズとなったのでした。

冬の北欧マルシェ、
スタジオ・ルンドベリーさんの北欧伝統編みニットや
ファブリック作家to-goさんの新作バッグ、
ヴィンテージの生活雑貨にクリスマスの定番おやつなどなど、
初冬にうれしいあったかアイテムが並びます。
また、時節を盛り込んだ手作りワークショップや
フィーカ・スタイルのお話会など、
イベント内イベントも盛りだくさん。
師走のお忙しい時期かとは存じますが、
皆さま、ぜひお立ち寄りくださいね!


と言いつつ今回、はんこと切手雑貨のKrabat
主宰north to southさんへ販売委託での参加ということで、
おこめつぶが二日間フルで在廊にはならないかと思いますが、
お手伝いや接客も兼ねて、
時間の許す限り会場に出張りたいと思ってます。
おこめつぶにご用の方は、
2日(土)のスタート時間からしばらくと、
3日(日)の午後いっぱいは
確実に現場にいると思いますので、
どーぞ狙ってお越し下さいまし。


Sweet Sweet Sweden+ 2017Winter
これから当日までこちらのブログで、→(☆)
出店者さんやイベント内容が、徐々に紹介される予定です。
もちろん、インスタやツイッターもありますよ。
ご興味持たれた方、
よかったらどうぞ、あれこれチェックしてみてください!




で、問題はおこめつぶです。


ブログをクローズしてまで商品製作に打ち込んだこの1ヶ月…
はんこ蟹2
その姿はまるで、こんな↑だったと言います(ダンナ談)。

しかし
他に、商品を置いていただいているお店とのお約束もあり、
すぐにトップスピードに入るわけにもいかず…
2年間のブランクが吉と出たか、凶と出たか?
久々に北欧テイストをおさらいしながら、
作りたいものの構想はわくのですが、
そう簡単にことが運ぶわけもなく、
現在も激しく格闘中。

とりあえず
フィニッシュした商品から紹介させていただくと


北の大地を覆う、〈 ヘザーはんこ 〉
ヘザーはんこ
日本人には〈 ヘザー 〉という呼び名よりも、
〈 エリカ 〉のほうが馴染みがあるでしょうか。
北ヨーロッパ原産のグランドカヴァー植物です。
ヘザーのモチーフをシルエットはんこにしてみました。
持ち手はボードゲーム、バックギャモンのコマ(チェコ産)。


ドイツ・イギリス・イタリアなどの包装紙で作った
〈 ギフトボックス 〉
ギフトボックス
クリスマス柄と、そうでない柄があります。
お揃いのキャンドルスタンド柄は、DDR(旧東ドイツ)のヴィンテージ包装紙。
画像の箱は9cm×5.5cmの名刺サイズですが、
実はもうちょっと大きい、12cm×8cmのものもいくつか作りました。
しっかりした作りなので、ギフトだけでなく、
机の上やカバンの中でも活躍してもらえたら、と思います。


北欧風モチーフのはんこをあしらった
〈 ブック型ミニカード 〉
ミニカード
開いて、中のカードを抜き出して書いて、また戻す方式。
カードだけだと開いてきちゃうので、クロモスの帯を付けてみました。
プレゼントのリボンに挟んで使っていただくとベターかと。



…今のところ、こんな感じです。
まだまだ、
記念消印風のグリーティング・スタンプや、
Krabat定番の切手フレーム、新作
はんこ重ね捺し技で作るポストカードなど
構想で頭をパンパンにしつつ、手を動かしております。
ここからの1ヶ月で、どこまで出来るか…



あ、そうそう!
大事なことを忘れてました。
今回、主宰のネコ村女史のリクエストもあって、
北欧切手をちょっと本格的にお出しします。


Krabat、最近の切手活動と言えば
9月の終わりから鎌倉のパトローネさんで
ヨーロッパ切手のミニフェアをさせていただいたばかりですが、
その勢いを延長して、
北欧4カ国、さらにはアイスランドグリーンランドと、
行けるところまで切手の足を伸ばしてみたいと思います。


私、この2年間でなによりも成長したのは、
切手力ではないかと。
いや、これは私の成長というよりも、
普段お世話になっている切手屋さんやディーラーさんとのつながりが、
この2年間で着実に強くなったということだと思います。

いつもなにくれとなくご助力くださっている
エスケースタンプ目白店さま、
神保町の柚子堂さま、
切手市場のディーラーさま方、
この場を借りて、ほんとにありがとうございます!
これからもどーぞよろしくお願いします〜


さて、
北欧切手のご紹介は、満を持して以降に譲るとして。


ついでにもうひとつ、予告編を。

おなじみエスケースタンプ目白店主宰、
トラッド目白2F イベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第9回
1712SXS扉
12月16日(土)開催です。

特集モチーフは
年末恒例、クリスマス&来年の干支です。

告知にはまだちょっと早いタイミングですが、
こちらのほうも合わせて、どうぞよろしくお願い致します。



ネット上に戻ったかと思えば
いきなり詰め込み過ぎのブロッケン山ですが、
次はいつ更新出来るのか?と思うとつい…

二つのことを同時にやるって、
マジ大変(=キャパ極小)。


続きを読む

PageTop

I'll be back

先週から始まった
鎌倉 patroneさんでのミニ企画

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々


にお邪魔してまいりました。

スタンプフェア1
おおお、お美しい、
さすがパトローネさん!!

いつものパトローネさんのシンプルシックな店内に、
カラフルな切手が色を添えておりました。
krabatが製作させていただいたパトローネさんオリジナル 
ハンガリー刺繍パターン紙箱や、
おなじみイニシャルはんこも一緒に
素敵にディスプレイされてましたよ。


スタンプフェア2
Vintage Stamp Fair、
パトローネさん
SNSの
イカした画像の
おかげで、
お客様の出足も
上々だそうで。

おこめつぶことkrabatも、大変うれしゅうございます。

売り場には、皆さんに切手をじっくり楽しんでもらえるよう、
可愛いヴィンテージの椅子もご用意いただいて、
いたれりつくせり。


先日ご依頼いただいた、追加納品分も発送済み。
人気の単片バラ売りストックブック、
今週末には充填されると思いますので、
お楽しみに〜。

Vintage Stamp Fair
切手と旅する世界の国々

は、鎌倉大町のパトローネさんで、10月4日(水)まで開催しております。
どうぞよろしくお願いいたしまーす。



さて、しばらく前の記事で
「今年の残りは、現在krabat商品を置いていただいている
パトローネさん、ミヤオミさんの2店とじっくりお付き合いするぜ!」
と豪語したかと思いますが。

先日、予想外のイベント参加のお誘いが!
喜びつつも、結局またバタバタすることになりそうです。

まだ準備段階なので、
詳しいことはまたの機会に譲るとして。
さしあたって12月までの商品製作スケジュールが、
ギュウギュウのすし詰め状態に。
これはもう、他のなにかをスッパリ諦めないことには
にっちもさっちもいきそうになく…

で、
10月は雑貨製作に時間をあてるため、
ブログをお休みしようと決心しました。

ブログ、書けないのは寂しいですが、
以外のことを諦めちゃうと生存が危うくなる恐れがあるので、
苦渋の選択(そりゃ家業とか家事のほうは、ねえ)。
ブロッケン山からは
しばらくウンともスンとも聞こえないかもしれませんが、
便りがないのは必死な証拠と、
見守っていただけるとうれしいです。


11月には晴れ晴れとイベント告知が出来るよう、
しばしのお別れ。
でも、I'll be back
(ビートルズでもシュワちゃんでも、まあ、どちらでも)



そんなわけで
切手釣果自慢も無駄話もしばらくおあずけなので、
パーッといきましょう、パーッと!


切手活動は
2週間の間をおいて、またまた柚子堂さんへ。
1709柚子堂再訪
この日は2時間ほどしかいられなかったのですが、
「今日はまさに快心の収穫やね」と
T社長から褒めていただけたぐらい
女子モノのシブいところをガツガツ掘り起こしました。


トンガフルシー切手実逓トンガのフルシー切手
(と勝手に呼んでる)、
驚きの実逓とか



ユーゴ花切手 ユーゴスラヴィア
 59年花切手
 高額エリアとか


フィンランド複十字クリスマスシールも
フィンランドや
カナダって、
あんまり見ませんよね。


ベトナム女の子切手 なんといっても
 南ベトナム58年の
 女の子切手が
 5種そろいました!



前回見つけた古い切手カタログも
古い切手カタログ
結局、いろいろあって残りをほぼ買い占め。↑
帰りの重かったこと…



そうそう、切手といえば、
トラッド目白イベントスペースでの
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ
次回は12月16日(土)の予定です。
まだ先のお話ですが、こちらのほうも忘れてはなりません。


12月開催WSのモチーフテーマは
クリスマス&干支というのが毎年のお約束。
干支の犬切手も、まだまだ地味に捜索中。

オーストリア犬切手はんこにするなんて
滅相もありませんが、
おこめつぶの
イチオシ犬切手
オーストリアの
凹版切手です。
こ、この表情が…♡




ところで先日、珍しいことに
誕生日にたまたま人と会う約束があり、
先方様から思いがけずプレゼントをいただきました。
  お誕生日2017
エレガントな秋色ブーケ、
逗子にあるスウェーデン洋菓子〈 リラ・カッテン 〉さんの特注クッキー、
都立大学の名店〈 ちもと 〉の八雲もち、
一品一品に先方様のお人柄がにじむお心づくしに、
オーヴァー50も思わず感涙。
暖かいお気づかい、ありがとうごじゃりまじだ〜




最後に、
滑り込みで間に合ったアルチンボルド展で、
顔ハメならぬ顔コウチクに挑戦。
〈 果物によるおこめつぶの肖像 〉をご披露です。

アルチンボコメツブ1 アルチンボコメツブ2

大人げなく2回もやってしまいました。
実物を知る方も、知らない方も、
こんな私を町で見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね(絶対無理!)。





…ではでは
かならずやI'll be backしますので、
また会う日まで
みなさま、お達者で。



続きを読む

PageTop

捨てるモヤモヤあれば、拾うモヤモヤあり

1週間、早いですね…
皆さん、台風大丈夫でしたか?


さて、まずは
鎌倉・大町のヴィンテージ&クラフトのお店
 patrone(パトローネ)さんでのミニ企画

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々

切手フェア1

が、連休明けの19日より
ようやくスタートした模様です。


大きな企画展や新入荷が続くパトローネさん、
お忙しい中でおもむろに始まりました。
krabat本人も初日に知らせを受けましたので、
近日中にお店にうかがわねば!


60〜70年代ヨーロッパ切手が中心になった今回のフェア、
いろいろラッキーな偶然が重なって、
シリーズ・フルセット商品をたくさん出せました。
(8/25付のブログ記事『夏の終わりの大掃除』に商品画像を掲げております)

これからパトローネさんのツイッターで
商品紹介などされるかと思いますので、
外国切手がお好きな方はぜひのぞいてみてください。→ 


フェア期間は10月4日(水)まで(月曜定休)。
皆さま、鎌倉へお越しの際は
ぜひぜひお立ち寄りくださいね!


待ちの時間が終わり、
これでこめつぶもひと安心。フヒ〜ッ



ところで
パトローネさんからの連絡を待っていた間にも、
なにかといろいろありました。

週末は
15日から始まった、高円寺ハチマクラさんでの
夏の紙祭り2017へ。
9月高円寺収穫
USヴィンテージのクリスマス用包装紙やデッドストックの紙ナプキンなど購入。

紙を使ったクラフトやってる手前、
これは行っとかないといけません。
初日でしたが、去年ほどの混雑もなく
落ち着いた心持ちでじっくり拝見できました。
買えやしませんけど素敵な紙モノ満載で、眼福でした〜


高円寺といえば、
今年6月にToo-Tickiさんのミニギャラリーで
切手仲間のめしめし&ぺちさん、Iさんと3名で
コラボ展をさせていただいて以来、
グンと身近な町になりました。

紙祭りの後、
Too-Tickiさんから歩いて1分の
東欧ヴィンテージ雑貨のお店
one flowerさんにもゆっくりおじゃま出来ました。
上の画像の小箱と、バックギャモンのコマは
one flowerさんにて購入。


お店の方に了承を得られたので、
ちょっとご紹介させていただきますね。
one flower1
入り口からガラクタ率高くて素敵。

店内には、
クラフト素材やディスプレイにもってこいの
古い布、手芸パーツ、紙モノ、人形などがビッシリ。
one flower2

     one flower3

このアクセサリーコーナー、
いつも「素敵だなあ」と見とれてしまうんですけど。
  one flower4
あいにく私はアクセサリーに申し訳ない
野武士のような風体なので、どうにもこうにも…


東欧雑貨も紙モノも、
今ではすっかり珍しくなくなりましたが、
見ているだけでアイディアが
モヤモヤ湧いて来るような場所ってのはなかなか貴重。
これからの創作にも
ヒントをもらえた高円寺での1日でした。



翌日、連休初日は夕方から渋谷へ。

9月渋谷収穫
上の画像を解説しますと、
まずは包装紙専門店〈 包む 〉で素材用の紙を購入、
bunkamuraミュージアムで『ベルギー 奇想の系譜』展を鑑賞し、
晩ご飯は〈 やしま 〉で手打ちうどん、
夜9時ごろ、ザ・レンダラーズのライヴを観に〈 ルビー・ルーム 〉へ。
(うどんの乾麺はいただきものです)


そう、この日は
先日鬼怒川温泉へご一緒した(前々記事『マイ・プライベート・キヌガワ』)
ジェフさんのライヴ、
今回の来日のツアー最終日だったんです。
なので、ダンナと共に勇んで会場へ向かったところ…


えー、当ブログではままあることですが、
またデジカメを忘れました

「今どきデジカメ?スマホがあるでしょ?」
事情をご存じない方の、そんな疑問が聞こえるようですよ。
当方、スマホどころかガラ携も持ってない(ダンナさえガラ携)
デジタル石器人。
なので、デジカメ忘れたらもう、その日は画像なしなのです。

〈包む〉や〈ベルギー展〉はいいんですが、
アニソンをBGMに、フィギュアを眺めながら関西ダシのうどんがいただける
渋谷のオアシス〈 やしま 〉と
ブルース・カントリーをベースにした大人のサイケバンド
ザ・レンダラーズのステージは
ぜひ画像付きで紹介したかった…


で、会場でお会いした、おなじみネコ本博士
「デジカメ、忘れちゃったんです〜」
と嘆いたところ、
親切な博士がスマホを出して、
セッティング真っ最中のステージをパチリ!

うおーっ、やったー!!
入れ替え時間でフロアもすいてるし、
ドラムセットのジェフさん正面でバッチリですね!
さすが博士、恩にきます〜♡


それがこの、誰かの後頭部画像。↓
IMG_20170916_214721433_2.jpg
ど、どなたですかーー!?
セッティング中のジェフさん、
見事にまる隠れ…

しかもそんな結果に全然気づかなかった
博士と私。
なぜ?どうしてこうなるか?

いや、だいたいこうなるんですよ。
だってみんな、酔っぱらってるんだもん。

そんなわけでこの日も、
楽しかった思い出は結局、
心の中にだけ刻まれたのでした。



…そんなことより、
私、ちょっとどうなんでしょ?
気がつくと2日間連続外出してたり、
体調を崩して以来鬼門だった
小さいライヴハウスも、終電近くの渋谷駅も
無難にクリアできてたり。

もちろんお薬を飲んでるし、
ダンナや知り合いと一緒にいる心強さもあったけど、
この2年間つきまとわれて来た
体調不安定のモヤモヤを感じずにいられたなんて、
なんと久しぶりな…

今年の夏は去年、一昨年に比べると
ずいぶん体が楽だなあと思ってたんです。
これはもしかして、
ついに健康復活の兆しでしょうか?

って、ここで調子にのると台無しなので、
希望を胸に、まだまだ静養モードで参ります。


続きを読む

PageTop

待ちの時間

鎌倉 patrone(パトローネ)さんでのミニ企画

Vintage Stamp Fair
 切手と旅する世界の国々

切手フェア1

ですが、
スタートがしばらく遅れる見込みです。

当ブログ上で
9月12日(火)より、とお伝えしておりましたが、
お店のご都合で、おそらく今週末か、来週からになりそうです。
フライング告知、失礼いたしました〜。

おこめつぶも現在、
お店のGOサインを待っているところです。
明らかになり次第、改めてお知らせしますね。



ところで、
パトローネさんはこの9月で7年目を迎えるそうです。
ラッキー7の年ですから、記念スタンプを、
ということで、7周年記念はんこ
受注製作させていただきました。

7thアニバーサリーはんこ

これから1年、オンラインストア商品のラッピングなどに
活躍してもらえたらうれしいです。

実はこちらも、納品待ち。


いろいろ、
待つ身であります。


…黙って待ってるのもなんなので、
適当に立ち話でも。



秋と言えば切手狩りでしょうか(強引に)。
秋のきのこ切手
秋より一足早く
エスケーさんで
摘んだ
クロアチア、
チェコ、
スロヴァキアの
キノコ。

そろそろ鍋でグツグツしたい季節ですね。



それから、
先日は柚子堂さんでこんなゴミを拾ってきました。

フランス YVERT & TELLIER社 1963年発行の
切手カタログ Ⅱ ヨーロッパ編

yvert tellierカタログ1

発行年が古過ぎてカタログの意味がないとか、
保存状態、外はボロボロ、中はバラバラ寸前とか、
そもそもフランス語なんて読めないとか、
そんなことはいいんです。
紙の質感と当時のデザインや印刷がいい感じなので、
バラしてクラフト素材に使おうと、いただいてきた(有料)のですが。


家でちゃんと見て、愕然
yvert tellierカタログ2
全然ゴミじゃないかも?!

考えてみれば、
現在私が本気出してる切手って、
20世紀前半のヨーロッパ(領含む)切手ばかり。

今持ってるJPSのカタログでは、
第二次世界大戦後のイギリス、ドイツ、フランス、
スイス、オーストリア、スウェーデンの6カ国という、
すごく限定された範囲しか調べられなかったんです。
それが、この1冊で、
ブルガリアもチェコスロバキアもユーゴスラヴィアもオランダも、
アルバニアもドイツ地方切手もポーランドもハンガリーも、
19世紀末〜62年なら
ヨーロッパの隅から隅まで載ってるじゃないですか。
フランス語わかんなくても、絵と数字だけで案外解読可能だし。

ネット検索苦手の私には
これ、
めちゃくちゃ便利じゃないすか。
(うれしいような、ちょっとちがうような)


しかたがないので、
すぐに柚子堂さんに連絡、
一緒に見つけた別のカタログをもう1冊、
取り置きお願いしました。

今度こそ、素材に使えるぐらい
高ゴミ度でありますように。


その他、柚子堂さんでの釣果はこんな感じ。↓
1709柚子堂さん


1709柚子堂2
60年代ソ連の
使用済み揃いが
たくさん出ました。
左下、
カメルーンの
アボカドと
スイスの羊は、
長らくかかって
やっと発見。


カナダ変鳥切手 でも、今回最好の1枚は
 ←カナダの変鳥切手

 持ってるんですけど、
 きれいなのを見つけると
 うれしくてつい購入。
 おそらく、
 ネイティヴ・アートの
 シリーズの1枚かと。




変といえば、
前回記事で書きもらしたんですが。
鬼怒川温泉のお土産(自分用)に、
ダンナがレモン牛乳なるものを購入しました。
どうやら栃木では人気のご当地ドリンクらしいです。
私は牛乳、苦手なので遠慮しましたが。

うなぎコーラやら、レモン牛乳やら、
不思議飲料が多いお土地柄か。

で、帰った翌朝の朝食。
翌日朝食
レモン牛乳(無果汁)と、金谷ホテルベーカリーのパン。


金谷ホテルのパンは、
さすがに美味しかったと記憶してます。




…立ち話と言いつつ延々喋ってそうなので、
いったんリセットしますかね。


続きを読む

PageTop