FC2ブログ

ブロッケン山のおこめつぶ

夏を諦めず…

最近、
切手市場でニューフェイスの方(主に同年代女性)と
お話する機会があると
すでにブログでブロッケン山をたずねて下さっている方が多くて、
大変励みになりまする。
皆様、どうもありがとうございます。

ただ、
同年代女性の切手ファンが増えるということは、
同時に女子人気切手の競争率が上がるとも言え、
どんなイベントでも昼から参加の私にとっては、
再び切手戦国時代到来か?ブオ〜ブオ〜(←ホラ貝)


そんなわけで今月の市場も
獲れ高ははかばかしくなく、
プラウエン・カヴァー
↑これ(ちょっとヨレてるけどプラウエン・レース切手カヴァー!)とか

RFサンピエール・ミクロン
↑これ(サンピエール・ミクロンの環境保護切手!)がなかったら、
ほぼカラ手で帰るところでした。

タカシマヤさん、橘さん、
今月もありがとうございました〜


一抹の不安を胸に、
でもでも、
女性でもおじさんでも、
切手メイトがどんどん増えるほうが楽しいですよね。
皆様、どうぞ末永く市場でお会いしましょー。



話変わって、
前回記事にてついに弱音を吐いてしまったおこめつぶ。
5月があまりに厳しい状況だったため
この6〜7月中は、
クラフト活動やイベント開催を諦めざるをえないかも
と、暗〜く考えておりました。

しかし、やっぱ諦めないことにしました。
理由は後付けでいろいろ言えるんですが、
ただもう直感で「いっときでも止めちゃいかん」というのが大きくて。
基本根性も根気もないぐーたら人間なんですが、
現在、自分史上最大のしぶとさを見せています。

なんでこんなに真剣にやってるのか、自分でもわからないんです。
実際今、楽しい面より苦しい面のほうが大きいような気もするし。
それでもピンセットやデザインナイフを折らないのは、
多分、そこに多少の〈 希望 〉を感じるからなのかな、と。

楽だけど虚しいよりは、しんどいけど希望があるほうが、
きっと気持ち前向きでいられますよね。
その一番さいたるものが、子育てなのかなあと、
勝手に想像したりしてます(未経験者)。



で、諦めないと、どうなるか?
というと


鎌倉ヴィンテージ&クラフト雑貨のお店
patrone(パトローネ)さんにて
納涼切手のお茶会&消しゴムはんこオーダー会
7月2日(火)に開催いたします。(6/12現在 都合により延期となりました。)
1903切手コラージュWS

お土産作成
〈 切手のお茶会 〉 
13:00〜16:00予定
(茶菓&コラージュWS付)
募集定員 5名(要予約)
参加費 2500円/1名様
*工作用ハサミを
 ご持参ください。

お茶会前半はおこめつぶの拙コレクションを見ていただきながらのレクチャー。
今回は『国別か?トピカルか?』というお題で、
コレクション・テーマを中心におしゃべりしたいと思います。
どんどん増える切手、
掘っても掘っても湧いて来る興味を、
どうやってまとめていけばいいんでしょう?
切手とのお付き合いのヒントになればうれしいです。

後半はおこめつぶ厳選の外国切手を使って、
コラージュカードを作っていただきます(上画像)。

お茶会ですから、なにか教えるという構えでもなく、
皆さんが日頃抱いている疑問に、私の知る限りでお答えしながら、
一緒に切手を見て、触って、楽しくお喋り出来ればと思います。
もちろん、素性のわからない切手や自慢のコレクションの持ち込みも大歓迎!
その他、中古ストックブックやピンセットの販売もあります。



〈 はんこオーダー会 〉 11:30 〜 閉店時間
1905オーダースタンプ
所要時間は、
1名様30分程度です。
Krabat手持ちのデザイン、
お客様の持ち込みデザイン、
なんでもOKです。
まずはご相談ください。

 なお、お茶会時間中、はんこオーダーは主にpatroneさんにご対応いただきます。
 ご予約は基本必要ありませんが、
 私本人が直接お話をうかがえる時間が限られておりますので、
 ご来店時間、ご相談内容など、決まっておられる方は、
 あらかじめお店にご連絡いただけると助かります。 


切手のお茶会オーダー・スタンプについて、
お問い合わせ、ご予約お申し込みは

patroneさんの HP コンタクトフォームより、
またはお電話 0467-53-8680  まで、

どうぞお気軽にご連絡ください。
はんこや切手がお好きな方、鎌倉でお待ちしております!


*上記のイベントは諸処の事情で延期となりました。
 現在、7月末〜8月初旬に同内容での開催を再調整しております。
 日取りが決定し次第、当ブログでお知らせいたしますので、
 今しばらくお待ちくださいませ。
 


そして続く、
トラッド目白2F イベントスペースにて
エスケースタンプ目白店主宰
STAMP×STAMP
消しゴムはんこワークショップ 第14回

7月20日(土)に開催決定しました。
1907SXS14扉
こちらはまだ、告知タイミングにはちょっと早いのですが、
どうやら来週はブログ記事のアップ、スケジュール的に無理っぽいので
前倒しで失礼します。

今回は、展示、ワークショップ共に
〈 子供たち 〉がテーマです。
いつかは来ると思ってましたが、ついに来ました、このテーマ。
「子供」と聞くと思い浮かぶあの切手この切手、
片っ端からはんこにさせていただきます!

日 時  7月20日(土)
     1回目 13時〜15時  
     2回目 16時〜18時
定 員  各回 8名
受講料  1500円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生もご参加いただけます)

予約お申し込み方法

メールにて  1 お名前
       2 年齢
       3 人数(複数で参加ご希望の方は、全員のお名前をお願い致します)
       4 ご連絡先(住所、メールアドレスなど)
       5 参加希望回(1回目or2回目)

を明記の上、下記のアドレス(☆印を@に替えて)

stampxxstamp☆gmail.com

までお申し込みください。

または、トラッド目白2F エスケースタンプ目白店店頭で、直接お申し込みください。
(ご質問、お問い合わせはどうぞお電話で。TEL03-3980-8000)


WSのご予約受付は
6月20日(木)より開始いたします。
今回も皆さま多数のご参加をお待ちしております!



ほんとにいつも駆け足告知で、恐れ入ります〜
7月の上記イベント2件については、
引き続き詳細情報をお伝えしていくつもりです。
諦めないって、やっぱ大変ですね…


記事を書き終え、
ちょっと疲れたので昼寝します。

気がつくと、昼寝メイトのダリオさんが。↓
   お昼寝ダリオさん
「重くて起きちゃうんですけどー…」



続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

咳をしても一人

月日は容赦なく流れますね。
もう5月も終り…


先週、滅多にないダンナ不在の数日間があり、
ここぞとばかりシングル・ライフを満喫しました。

もう、晩ご飯なんて作らんもんね。
簡単に、ホットドッグで終了。
一人めし
ところでこのケチャップ、どこにでもあるカルディで見つけたんですが、
チップトリーです。
お前、ほんとにケチャップ?
もしやトマトジャム?
疑問を抱いて購入。
ケチャップ?
なるほど、
トマトケチャップではありますが、
フルーティな甘酸っぱさでした。

美味しくて当たり前でしょう、
お値段的に。



そうこうするうちに、
帰ってきてしまったダンナの名古屋土産、
ういろモナカ。↓
ういろモナカ
自分で詰めるタイプ。

ういろモナカ完成
 ういろうの存在感が
 薄い…

 食べた瞬間、
 ういろうよりも
 求肥の食感を期待している
 自分がいました。





ダンナが戻った翌日には、
自分が実家へ帰省。

近所の風景
近所の草むらを撮ってみました。
松林が白樺に見えるのは、北欧病?

カモミール?
道ばたの雑草なんですが、→
見たところカモミールですよね?
ちがうのかな…



先月帰省した折、
やや雲の多い日の夕暮れ時、家の近所で
海方向の空が緑色になっているのを目撃し、
これが例の、
〈緑の光線〉なのか!?と、ひとりぼっちで大興奮。

以来、カメラを構えて帰ってるんですが、
残念ながら、二度と見ることは出来てません。
…っていうか、滅多にないことなんでしょうけどね。


3月頭に父が病に倒れ、はや3ヶ月…。
無人の実家でコンビニ飯をかき込みながらの
病院通いが断続的に続いていますが、
5月に入ってからは病院からの緊急連絡が相次ぎ、
横浜でもほぼ自宅待機の心持ちです。
気がつけば、
母の最初の入院以来もう1年半もこんな調子で、
さすがに疲れが…

いつか、
もう故郷へ帰ることもなくなる前に、
もう一度〈緑の光線〉、見られるかなあ。




そんなふうに終わるのも寂しいので、
切手の話題でも。


1枚も買った憶えがないのに、
勝手に大勢集まってくれたオーストリアのお嬢さん方。↓
  オーストリア通常集め中
1948〜51年普通切手、民族衣装シリーズ。
家にあったものを整理してみたら、全37種中23種ありました。
一人一人は地味だけど、集まると賑やかでいいですね〜

でもこれ、最後の数枚が大変なんですよね、確か。



切手のお嬢さん方に囲まれてはいるものの、
咳をしても一人(ああ、やっぱ寂しく終わる…)。


続きを読む

PageTop

連休仕事


皆さま、
ご無沙汰しておりますが、いかがおすごしですか〜?

連休も終り、世の中、令和元年だそうで。
世の盛り上がりはさておき、
ブロッケン山では今年もつつがなく
ジミ〜な連休を堪能できました。
零細自由業の我が家では、
そこに仕事がある限り、連休もへったくれもないのです。

家業は家業でキープ・オンですが、
Krabatも切れ目なく、令和の初仕事。↓
1905切手ブローチ
切手ブローチ、〈貝の小鳥〉さんヴァージョン。

初仕事、っていうか、以前納品した切手フレームを
ブローチ仕様に直して、再納品しただけでーす…
でもせっかくなので、仕事とカウントさせてください。

こちらの切手ブローチは現在、
目白、絵本の古本屋さん〈貝の小鳥〉さんでお買い求めいただけます。


さらに、令和第二の仕事。↓
1905オーダースタンプ
オーダースタンプ、patroneさんへ納品。

J子さーん、
キツネ&ガチョウはんこ、やっと出来ましたよ〜
patroneさんから追ってご連絡あるかと思いますので、
どうぞよろしくお願い致しまーす。
ご注文、まことにありがとうございました!
(スタンプ仕上げの次は、これまた切手ブローチのお直しでした〜)


以上、
それ以外は切手、切手、切手
途中風邪で一回寝込み、また切手の10日間でした。


切手も、最近は趣味というより半分仕事のノリなので、
楽しいんだかどうなんだか…。
今年は平成→令和の記念押印で大惨事にみまわれたスタンプショー、
そんなこととは関係なく、
平和な5Fディーラーズブースで紙ゴミ収集しておりました。
数日後には目白のエスケーさん、スタンプショーの話題で盛り上がる店内で、
一人こつこつダンボール行を積み、
ダンボールの底面を拝むという、二度目の快挙を成し遂げました。

そのへんで、気がついたら免疫系がやられていて(荒行の積み過ぎ)、
くしゃみ、鼻水、頭痛のためダウン。

翌日には復活して、懲りずに人形町の切手市場へ。


…なぜ、そんなにまで切手を求めて彷徨うのか、私?

それはすべて、patroneさん切手コーナー(&物欲)のため。↓
1905切手納品
今回も、フルセットを中心に100点近く納品して来ました。
ルーマニア切手50〜60年代のおいしいところが、patroneさん初登場。

Krabatオススメはこのあたりでしょうか。↓
1905切手ハイライト
ひとつひとつ、国名/発行年/テーマを明記したカードを裏に付けています。
それが作業上チョー手間なのですが、
やっぱ切手をちゃんと知っていただきたいので、データは省くべからず。

外国切手が気になる方には、
ぜひpatroneさんで実物を手にとって見ていただければ、と思います。
すべて1セットずつなので、早い者勝ちということで、
すでに店頭になかったらごめんなさーい。


とかなんとか、
世のため切手のためみたいなことを言いつつ、
ベースは自分のためです、もちろん。

自分用の掘り出し物では、
60年代半ばのキューバ切手が大漁。↓
キューバ切手収穫
キューバ革命から5〜6年という激動時期の切手です。
そう思うと、なんだか感慨深いカワイさだなあ。
かれこれ4年越しで集めていた国際建築会議切手を、
ついに激安フルセットで釣り上げることができ、オーパ!(……)
エスケーさん、ほんとに頼りになります〜


キューバ、といえば、皆さんはなんでしょう?
ヘミング・ウェイ?
チェ・ゲバラ?(アルゼンチン人ですけどね)
『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ』?

私は多分、20代の頃どハマりしていた
レイナルド・アレナスの小説かなと思います。
行ったこともないハバナに思いを馳せつつ…



あとは、
晩ご飯を食べに出るついでに、夕方からぶらっと
『ウィリアム・モリスと英国の壁紙』展
を観たぐらいでしょうか(連休中なのにチョーがらがらでした)。

モリス壁紙展
シブいモノトーンの〈マリーゴールド〉。

アナログなブロック・プリントの作業風景を見ながら、
さらなる消しゴムはんこの可能性について考えました。
なんにしろ、
“見当”もなしに重ね捺しするなよな
ってことですね。
キモに銘じつつ…

以上、
改めて振り返り、
「平常営業だった」と確信しました。


続きを読む

PageTop

花も実もあるワークショップ


春爛漫

当ブログではすっかりおなじみ
エスケースタンプ目白店主宰
STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ

平成最後(これもおなじみ)の回が先週、無事終了いたしました。
SXS13会場1
今回、〈チェコスロヴァキア特集〉ということで、
ヨゼフ・チャペックの絵本を看板代わりに。↑


暑かったり寒かったり、天候が不安定な季節ですが、
当日はおかげさまで気持ちよく晴れ、
お出掛け日和な1日に。
SXS13会場2

SXS13会場3


会場、
トラッド目白2F
イベントスペースも
春の装いで、
華やかに
デコレーション。



年度替わりで生活環境が変化する方も多いためか、
4月は例年、参加者数の伸びない回で、
いつもエスケー店長共々ヒヤヒヤなのですが。
今年の春は

1回目 8名さま
2回目 3名さま

計 11名の皆さまにご参加いただけました。

SXS13WS.jpg
初挑戦の方あり、お久しぶりの方あり、猛者の方ありで、
賑やかな催しになりました。

ご参加いただいた皆様、
誠にありがとうございました!




では、皆さんの作品をご紹介。


〈STAMP×STAMP はんこギャラリー〉

① 13時〜の回に、初参加された方々
SXS13作品1SXS3作品2
↑当WS人気図案、リスとコーヒーカップを選ばれたお二方。
最初はおっかなびっくり、徐々にコツをつかんで
ヒゲもコーヒー豆も取りこぼさず、
シンプルな図案を手堅くじっくり彫り上げました。

SXS13作品3SXS13作品4?
↑初めてながら、高難易度の図案に挑戦されたお二方。
あれれ?これはどうなっているかというと…
お二人とも大健闘ながら、時間内に彫り上げるのが大変で。
左は、製作途中でお手本との記念撮影となりました。
右は、参加者さんの完成はんことお手本はんこが並んでるところを、
私がてっきり試し捺しだと思って誤撮影。
全然気づきませんでした。あいすみません。


② 13時〜の回に、リピート参加された方々
SXS13作品5SXS13作品7
↑ご夫婦並んで、リスとチェコ切手をチョイス。
旦那さまは豪快に、奥さまは緻密に彫り上げました。
どちらも味のある仕上がり。お上手です!

SXS13作品8SXS13作品6
↑常連のお二方は、仲良くドイツ切手〈星の銀貨〉をチョイス。
この図案、2年ほど出してて初めて選んでいただけました〜
お二方とも、女の子の顔や髪の微妙なニュアンスに苦心されてました。
ちゃんとかわいらしく彫れているところは、
さすがWSスタート当初からの常連サマです。


③ 16時〜の回に、初参加された方
SXS13作品9
↑今回、男性の参加者さんが3名様もいらっしゃって、そのうちのおひと方の作品。
そういう意味でも、
いつもはクラフト女子軍団と化す会場が、妙に華やか(?)に感じられたり。
最初は手堅くコーヒーカップを選ばれました。
コーヒー豆が一部危うい感じになったものの、無事完成。
消しゴムはんこ作業、気に入っていただけてなによりでした!


④ 16時〜の回、猛者の方々
SXS13作品10SXS13作品11
↑当WSが誇る〈はんこシスターズ〉
エスケースタンプ新宿店店長のアヤちゃんと
ドール服作家のめしめし&ぺちさんが、
何食わぬ顔でチェコ切手を激彫り。
席について「じゃあ、とりあえず一番難しいやつ」って、
寿司でも注文するかのような人たち…

皆様、ほんとにお疲れさまでした!
またのお越しをお待ちしております〜♡


ところで、
長時間の細かい作業中、少しでも脳に酸素を送ってもらおうと
いつもちょこっとおやつをご用意しています。
ですが皆さん、手元に集中してしまうと、なかなかおやつに手が伸びず、
毎回ほぼほぼ持って帰ること(とか、自分がつまんでたり)になっておったのですが…

しかし、今回はなぜかおやつの出が順調で、
用意した者としては、なんかうれしかったです。
問題の、今回のおやつ。↓超拡大ボケボケ画像で失礼。
SXS13おやつ2
おやつ用のウッドプレートをうっかり忘れてしまい、
エスケーさんで切手用トレーをお借りしてます。
テキトーにチョコ、キャンディ、ひと口ケーキなど。
まさかおやつにスポットが当たるときが来るとは、思ってもみませんでした。
これをもって「もあるワークショップ」の「実」とさせていただきます。


春はどなたもお忙しい時期です。
おこめつぶも公私に渡ってやるべきことが山積みで、
WS前日夜に展示用リーフとにらめっこしてたときは、
今回こそもうダメかと思いましたが、
チームワークでなんとか乗り切れた感じです。
主宰&講師アシスタントのエスケー店長さん、
WS参加に会場お手伝いに、大活躍のはんこシスターズ、
いつも顔を出してくださるI(アイ)さん、
前回より会場についてくださっているイベント会社のAさん。
楽しくも頼もしい仲間がだんだんと増えてきたのは、
ほんとにうれしく、ありがたいことです。
この調子で、STAMP×STAMP5年目もがんばりまーす。


今回の展示用に製作した
スヴォリンスキーの55年国際音楽祭切手はんこ。↓
スヴォリンはんこ
凹版図案を凸で無茶彫り。
おこめつぶの切手バカっぷりも、膏肓に入ってきましたかね。


STAMP×STAMP 消しゴムはんこ展示&ワークショップ
次回は7月中旬の予定です。
ぜひ目白でお会いしましょう〜♪

続きを読む

PageTop

屍(しかばね)を越えてゆけ!

急いでご報告です。

3月27日(水)、
アクセサリー、バッグ、お洋服、籐編みなど
マルチに活動されているクラフト作家、MIKA MIKAさんのアトリエでの
Krabat 消しゴムはんこワークショップ、
無事、楽しい1日を過ごしました!
  アトリエWS2

ご縁があって、
仲良くしていただいているMIKA MIKAさんが
素敵なご自宅アトリエで催されている〈 MIKA MIKA Handicraft Lab. 〉 に、
はんこと切手雑貨のKrabatも
久しぶりに登場させていただきました。

集まってくださったのは、
MIKA MIKAさんを中心にいつも楽しく交流されている
手仕事好き、雑貨好きのご友人や知人の皆さん、10名様。
+ お子ちゃま1名様、ワンちゃん2名様!


切手モチーフがメインのKrabatとしては、
これまでSTAMP×STAMPで製作して来た中から、

ポーランド・ハンガリーの伝統刺繍模様モチーフ↓
  SXS10刺繍模様はんこ

フランス・プリキャンセルのモチーフ2種↓
         SXS11図案1
SXS図案3
を、ご用意しました。


5名様ずつを午前と午後の2回だったのですが、
途中入れ替え時間の賑やかさといったら!
アトリエではワークショップを、
リヴィングでは外国切手のストックブックを自由に見ていただけるようにして、
ワンちゃんたちも大興奮で駆け回り、
さながらホームパーティーのような盛り上がり。

WSでは、参加された10名様中7名様がはんこ初挑戦。
にも関わらず、皆さんけっこうガッツリした図案を選ばれて…

細かい手仕事に慣れている方ばかりですから、
Krabatも「きっと大丈夫」と楽に構えていると、
目が疲れて来る後半、だんだん雲行きが怪しくなって…

こうなったら私も、講師モードから妖精モードへチェーンジ!
誰かが「もう目が無理〜〜」と席を立って
リヴィングへ逃げて行くと、
すかさず妖精がその席に着いてマッハ彫り
その方が席に戻ったときには「あ〜ら、不思議!」
難しいところが、全部終わっているではありませんか。
最後はおとぎの国のワークショップとなったのでした〜


そんなわけで、Krabatことおこめつぶは、
やはり今回も画像撮影まで手がまわらず、
WS風景も残念ながら上の1枚だけなのですが、
この日のハイライトは

MIKA MIKAさんの Twitter
         インスタグラム

でもっと詳しくご覧いただけるかと思います。
気になった方はぜひ、一度のぞいてみてください!


楽しくも大変な時間が終り、
美味しいお菓子とコーヒーのおしゃべりタイムも
とっても有意義でした。
皆さんとにかく明るくパワフルな方々で、
最近の事情で気分が沈みがちなおこめつぶも、
日々の心配事を忘れ、楽しく過ごさせていただきました。

お忙しいところをご参加いただいた皆様、
お声かけくださったMIKA MIKAさん、
エキサイティングな1日をどうもありがとうございました!



ところでここ数年、
1日ワークショップ・ハイで過ごした直後にガックリくるのですが、
案の定この日も終わった途端ガクガクで、変なところが筋肉痛だったり。
WS中は気づかないけど、多分相当無茶なことをしてるんでしょう。

おこめつぶが帰宅して、屍のように転がっていたちょうどその頃、
WSに参加してくださった皆さんは、
グループラインでその日のことをお喋りしながら、
はんこや切手で二度目の盛り上がりをむかえていたとか。

えー、いいなあ、屍も混ざりたかったなあ…
まあ、スマホがないのではなから無理なんですが。

いいんです。
皆さん、私の屍を越えて、どんどん先へ進んで下さい!!




さあて、
お次は4月13日(土)
トラッド目白2F イベントスペースにて
STAMP×STAMP 
消しゴムはんこワークショップ 第13回
です。

3月31日現在の予約状況は、

① 13:00〜15:00の回 5名様(空3席)
② 16:00〜18:00の回 1名様(空7席)

となっております。
②の回、まだまだあいてますよー

イベント詳細・ご予約方法などは、
当ブログ前々掲記事『切手とはんこのいる舗道』に詳述しております。
気になった方は、そちらのほうで内容をお確かめくださいませ。
皆様、多数のご参加をお待ちしております!


開催まであと2週間、
こちらの準備作業も終盤に入っています。

今回のテーマ〈チェコスロヴァキア〉に沿って
展示用にトレースしました。↓
WS13展示用
スヴォリンスキーのミューズ達。

ほんとに彫れるのかどうかは、
やってみないとわかりませんがね(けっこう拡大したのでなんとか)。



おっと、その前に…
またしばらく横浜を留守にします。
家の事情でバタバタしておりますが、
ともあれ、あっちもこっちも無事なことを祈って…



続きを読む

PageTop