FC2ブログ

ブロッケン山のおこめつぶ

無題

母の庭

先週、母をみおくりました。

小さくて目立たないけれど、
我慢強く、賢く、いつも勇敢な母親でした。
自分に与えられたものを、
それがよいものであれ、悪いものであれ、
分け隔てなく大切にする人でした。
数十年、手前勝手なバラバラ家族を
たった一人でつないでいました。

最期を看取ることは出来ませんでしたが、
それでよかったんだと思います。
誰かがそばにいると、
その人のためにまた、
あの人は頑張ってしまったでしょう。



先月のワークショップの報告もアップ出来ないまま
中途半端なタイミングではありますが、
息も出来ないような猛暑の折です。
しばらく、母の喪があける頃まで、
当ブロッケン山も閉山させていただこうと思います。



まったく、なんて容赦ない、つらい暑さでしょう。

母の日
皆さまも、
どうぞご自愛ください。
秋に、また。

スポンサーサイト

PageTop

只今、鎌倉→目白 移動中

暑いですね〜〜〜(第一声)

毎度ご報告がやたら遅いのですが、
皆さま、どうぞこのテンポ感に慣れて下さいまし。

7月7日(土)、鎌倉のクラフト&ヴィンデージ雑貨のお店
patrone(パトローネ)さんでの
Krabat初の 消しゴムはんこオーダー会
なんとか無事に終了しました。
18-7受注会1
それもこれもすべて、
企画してくださったパトローネさんと
お忙しい中お越し下さったお客様がたのおかげです。オーイオイオイ
まずはお礼をば。
皆様、どうもありがとうございました。フカブカ…


当日は、WSやレンタルスペースとしても使っておられる
「みんなのテーブル」をお借りして、
パトローネさんのディレクションで
このような素敵なことになっておりました。↑


台風や水害で日本中大変だった先週、
7日の鎌倉はギリギリ曇り空で、
暑さがいったん引いてくれたのはありがたかったです。


スタートの11時半には、すでにご注文のお客様が。

IMG_8613.jpg
見本を参考に、
各々のお客様の
ご希望を
うかがって
参りますと


お孫さんにネームスタンプをプレゼントしたい、というお客様。
御朱印帳片手に来て下さったスタンプ・ラヴァーのお客様。
ご自身のショップや教室のロゴスタンプを頼んで下さった
クラフト作家さんにパン作りの先生。
「お気に入りの切手をモチーフに、オリジナルスタンプを」という
切手ファンの方も!


18-7受注会2 順番まで、
 物販のほうも
 楽しんで
 いただきつつ。

 ←ゲットしたて
 ほやほやの
 ケイト・
 グリナウェイの
 カレンダー
 (復刻版)。
 早くも
 ディスプレイに
 使ってしまい
 ましたとさ。


IMG_8615.jpg
窓辺の
捺し放題
コーナーには、
皆さん
長時間ご滞在。

この切手型
カードは→
お客様が
持って来られた
ものですが、
驚きの
ぴったりサイズ!
 


なかには、知らずにたまたま来店されて
捺し放題にどぶんとハマってしまったお客様も。
パトローネさんが用意して下さった袋やカードが、
これまたシンプル&オシャレだったので、
はんこが映える、映える。


ところで、その日はご近所の八雲神社の夏祭りで、
ずっとお囃子が響いて、賑やかでした。
18-7受注会3
 ←あ、しまった!
 上から撮っちゃった。
 神様、ごめんなさい!
 (バチ、
  当たりませんよーに)



さて、切れ目なく、楽しくお話をうかがって、
「ああもあろう、こうもあろう」とアイディアを練りつづけ、
気がつけばもう午後3時過ぎ。

お客様が途切れたスキに、
遅いお昼をササッといただいてひと心地つきました。

もうすでに十分な量をご注文いただいたので、
パトローネさんとお店用スタンプの相談をしながら
「今日はそろそろ終了かな」と思っていたら
どっこい、スタンプ・ラヴァーの逆襲が!
お昼に来られたお客様から話を聞いて、
さっそく駆けつけて下さった2名様、ご来店。
閉店までの時間、捺し放題コーナーも物販もご注文も、
たっぷりフルで楽しんでいただけました。

午後6時半、オーダー会終了。
皆様、重ね重ね、ありがとうございました!

ご注文いただいたスタンプは、
21日のワークショップが終わり次第、順次製作に入る予定です。
現在家庭の事情で、まとまった作業時間がなかなかとれないKrabatですが、
そんなときだからこそ、私もひとつひとつ楽しみに彫らせていただきます。
9月頭までにはご注文の商品をパトローネさんへ納品出来るようがんばりますので、
それまで皆様、しばらくお待ちくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。




さて、krabat次のミッションは
7月21日(土)、目白駅前 トラッド目白 2Fイベントスペースにて、
エスケースタンプ目白店主宰
STAMP×STAMP 展示&ワークショップです。
開催まであと1週間! 


ふみの日直前、
今夏の消しゴムはんこワークショップは、
初の文字入れに挑戦してもらえる
切手モチーフの〈 ひと言はんこ 〉です。

SXS11ハンカチ
恒例のWSオマケはハンカチ。↑(試しにちょっとやってみました。)
ガーゼハンカチ、白と生成り、どちらか1枚選べます。
もちろん、洗っても色あせない布用インクを使用。
WSで製作したお名前入りはんこや、
Krabat作のサンプル・スタンプでオリジナルハンカチ、作って下さいね。
そして、展示テーマは〈 海 〉です。

WS内容、予約お申し込み方法などは、
当ブログ前々掲記事『TWO+ONE』に詳述しております。
どうぞ、そちらのほうで情報をご確認ください。

現在のWSご予約状況は

13:00〜の回 5名様(残席3)
16:00〜の回 4名様(残席4)

となっております。

もちろん、残席分は当日飛び入り参加も歓迎ですので、
お気軽にご参加くださいね!
イベントについてのお問い合わせは
エスケースタンプ目白店(03-3980-8000)まで、お電話でどうぞ。
(ご予約専用メールアドレスでの受付は、前日の20日いっぱいで終了します。
 当日のご予約は、直接お電話でどうぞ。)
皆様のご参加、心よりお待ちしております!



SXS11追込初の受注会→
夏の恒例WSへ
速やかに切替中の
Krabat。
この暑い7月が
今年一番の
イベント月に
なっております。

いろんな意味を
込めて、
汗がたら〜り…



あ、そうそう。
6月下旬にpatroneさんが参加された
大阪・梅田の阪急百貨店でのイベント「鎌倉・湘南スローライフ」。
大阪北部地震直後だったにも関わらず、多くのお客様にご来場いただけ、
無事に終了されたそうです。
Krabatの切手セットも、予想外にご好評をいただいたようで、
鎌倉に戻って来たものは僅かでした。
おこめつぶ第二の故郷・大阪の、あの阪急百貨店の催事場に
自分の商品が並ぶというだけでもちょっとクラクラッ♨︎でしたが、
よい反応まで得られて、とてもうれしいです。
関西方面の皆さま、どうもありがとうございました!



最後に、ちょっと余談。
今回の受注会に向けて、
追い込みの1週間は切手フレームを作ってたんですよ。

前日の朝、なんとか間に合った最新作(生々しい現場写真で失礼)。↓
18切手フレーム新
ドイツ・クリスマス切手の天使ちゃん(右上)は、
パトローネさんでさっそくよいお方に連れられて行きました。

最後の最後までイメージが固まらなかったギリシャ神話切手
(アフロディーテとナルキッソス)は、
「アンシェント、アンシェント」と念じながら作っていたら、こんなことに。↓
  切手フレームギリシャ神話
これって、「かわいい」とか「かわいくない」とかいう前に、
ほぼ現地の土産物


…ギリシャに行かずして一瞬行った気もしてくる
疑似土産、おひとついかがっすか〜?


続きを読む

PageTop

七夕に向け、足踏み中。

そーなんですよ。

切手にさとい方はお気づきかもしれませんが、
7日patroneさんでの受注会、
切手市場とぶつかっちゃったんですよ。

1806市場釣果
先月、市場での穫れ高。↑ようやくご報告。


そんなわけで
残念ながら私は1回休み(もちろん切手市場を、ですよ!)ですが、
切手メイトの皆さん、ご健闘を祈る。



SXS11図案1
さて、先々週より
ご予約受付が始まった
7月21日(土)の
STAMP×STAMP
消しゴムはんこ
ワークショップ、

現在のご予約状況は

①13:00〜の回  4名様(残席4)
②16:00〜の回  3名様(残席5)

となっております。
まだまだお席に余裕ありますよ〜

WS内容、予約お申し込み方法など、
当ブログ前掲記事に詳述しております。
皆さま、どうぞふるってご参加ください。


今週末7日(土)に迫った、
patroneさんでのはんこ受注会のほうも、じりじりと準備中。
7月作業中 ←今回、
 ご注文いただく
 皆様へ感謝のオマケ。
 ブラジル郵政鳥しおり
 差し上げます〜


こちらの内容も、前掲記事に詳述しております。
販売用商品の製作作業も、
着々と進んでたらいいのになあ…

実際には、僅かな自由時間をやりくりして
細々内職している感じです。七夕、危うし。



今は趣味にとれる時間がないのももちろんですが、
気がかりごとが多いと、なかなか集中出来なくて。
仕事やクラフトだけじゃなくて、
好きな読書もなかなかはかどりません。

そんなときは、やっぱり漫画ですよね

最近、ふと手にとって読んだ
ドイツの漫画『マッド・ジャーマンズ』↓がすごくよかったので、
大人のマンガ祭
その勢いで、長いこと寝かせていた
山田参助氏の『あれよ 星屑』↑を、全7巻一気読みしました。


どっちも、あらゆる意味でオトナ漫画でした。
「面白い」とか「楽しい」とか、気楽に言えないぐらい。
う〜ん、
かわいい雑貨(自称)を手作りしながら、ヘヴィなオトナ漫画を読む…
どうやっても振り幅デカ過ぎるんですが。
それからも漫画が止まらず、
今は諸星大二郎先生の『BOX 〜箱の中に何かいる〜』を激読中。
漫画のせいで、さらに七夕が危うくなっております。

ところで、上の画像にチラッと参加してる
『チャーリー・モルデカイ』は、実家の行き帰りの車中専用。
映画はヒドかったですけど(ジョッグ役のポール・ベタニーだけ見てました)、
原作のほうは、おふざけ全開の語り口でくるみ込んだ
哀切のハードボイルド(2巻からはちょっと怪しくなりますが)。
ヘタレしぶとい主人公に、元気をもらえます(ほんまかいな)。



あ、そうそう、7月と言えば。
Krabat関連イベントではありませんが、
今年も文月ふみの日(7/23)に開催、〈ふみくよう。↓
ふみくよう2018
ちなみにお隣は、草津の木版画家ひらやまなみさんのポストカード。↑


滋賀でお手紙文化研究会をされている〈赤いやぎさん〉が中心となって、
去年からスタートした〈ふみくよう〉では、
処分したいけど、人の思いが詰まっていて簡単に捨てられないお手紙を、
観音正寺という山寺で、おたきあげしてもらえます。

ご供養を希望される方は、7月23日当日までに

〒521−1131
滋賀県近江八幡市安土町石寺2

「手紙の日・文供養」実行委員会 事務局

まで、お手紙(何通でも可)と
供養料(切手で1000円分)をお送りください。

当日は、限定20名のバスツアー(要予約 供養料込み参加費1500円)も
あるそうです。
なんせ、開催場所のお寺がほんとに山ん中で、
車がないと行き着けないんだそうですよ。
当日ご参加希望の方は、ぜひご利用ください。

〈ふみくよう〉についてのお問い合わせは
以下のアドレスの☆を@に替えて

kannon.32.kunishi☆sweet.ocn.ne.jp

までどうぞ。




…と、以上で今回は終わるはずだったんですが。
家でゴロゴロ漫画ばっかり読んでたら、
ダンナがまたえらいことをやってくれました。


皆さま、ご存知ですか?
日本復刻版『オズボーン・コレクション』。
オズボーン1

簡単に言うと、
イギリスの児童書や絵本のヴィンテージ・コレクションのなかから、
代表的な作品を選んで、
日本のほるぷ出版が80年代に復刻したシリーズです。
これを、沿線上の古本屋で
バラ売り(ここがミソ)SALE価格(ここもミソ)で発見。
第一集の、ほんの一部ですが、ゲットして帰りました。

シリーズ目玉の、ドイルやグリーナウェイ、リアなどの絵本は、
すでになかった(初めからなかったのかも)そうですが、
オズボーン2
再版されにくい豆本やオマケを中心に。

オズボーン4
『くじゃく家の祝宴』。たまらない木版&着色感。

オズボーン3
♪だーれが殺した、クック・ロビン、あ、そーれ!(音頭が出る世代)

オズボーン5
童話の名場面を集めた『新年の贈り物』、箱入り。


そもそも好事家や研究者向けに出版された豪華セットらしいので、
古本屋でまとまった量のバラ売りはめちゃ珍しく、
まさに驚きの出会い(ダンナ談)。
オズボーン・コレクション、もちろん気にはしてましたが、
貧乏自慢の我々ですから、購入を真剣に考えたことなかったんですよ。
その後夫婦で協議の結果、数日後に買い足しに行きましたけど。
我が家は今、まさにオズボーン祭開催中。
続きはまた、時間のあるときにご紹介しますね〜


そんなわけで、
七夕が日に日に危うくなっていきます…


続きを読む

PageTop

TWO+ONE

梅雨ですね。
寒いですね。
ついでに台風だったり地震だったり、
いろいろあって落ち着きませんね。


さて、
今回は予告通り、来る7月の2イベントのご案内です。
おこめつぶ、身辺事情によりテンションやや低めですが、
いっそ低めにスゴむ感じで

エスケースタンプ目白店主宰
STAMP×STAMP 
消しゴムはんこ展示&ワークショップ 第11回

SXS11図案1
JR目白駅前(改札正面右手)のショッピング・ビル 
トラッド目白2F イベントスペースにて
7月21日(土)開催ですぜ

ワークショップのご予約受付は6月21日(木)より開始となりますぜよ。
よろしゅうたのんます。


(仕切り直して)STAMP×STAMPは
二つのSTAMP(切手とはんこ)をミックスし、
ちょっとマニアックに楽しもう!という手作りイベントです。
当ブログ主人おこめつぶこと
Krabatが講師を務める消しゴムはんこワークショップでは、
選りすぐりの外国切手のデザインをモチーフにした
使える大人はんこの製作を楽しんでいただけます。

7月WSの特集モチーフは

フランス83〜88年プリキャンセルのデザインをアレンジした
  〈 切手型ひと言はんこ 〉

です。

…毎回、
「はんこWS」というよりは「はんこ試合」に近い当WSには珍しく、
今回はシンプルかつかわいい、楽ちんモチーフですよ!
と言いつつ、
それだけではすまないのもSTAMP×STAMP。

「試合上等!」な経験者の方は、ワンポイント図案と一緒に
お名前、ご挨拶、座右の銘など、なんでもお好きな〈 ひと言 〉と、
切手の枠もつけて!↓
SXS11図案2

初心者の方は、
切手の絵柄のみを抜き出して反転させた
簡単ワンポイント・モチーフをぜひ!↓
SXS図案3

もちろん
切手枠をつける、つけないとか、
ひと言部分を空白にとか、
絵柄を反転させてとか、
お好みでいろいろアレンジ可能です。
絵に比べると文字彫りは高難易度、というのはありますが、
そこは我々スタッフと相談しつつ、
お一人お一人、使用目的やその日の気分に合わせて、
ベストな図案を選んでくださいね。



では、
ワークショップ情報詳細を。↓


〈 STAMP×STAMP 消しゴムはんこワークショップ 第11回 〉

日 時  7月21日(土)
     1回目 13時〜15時  
     2回目 16時〜18時
定 員  各回 8名
受講料  1500円 / 1名
対 象  中学生以上
     (彫刻刀を修学済みで、当日保護者同伴可能な場合のみ、
      小学4〜6年生もご参加いただけます)

 ※ はんこ製作、押印に必要な道具・インク類はすべてこちらでご用意しております。
   個人のスタンプ帳、使い慣れたツール等をお持ちの場合は、ぜひご持参ください。


予約お申し込み方法

メールにて  1 お名前
       2 年齢
       3 人数(複数で参加ご希望の方は、全員のお名前をお願い致します)
       4 ご連絡先(住所、メールアドレスなど)
       5 参加希望回(1回目or2回目)

を明記の上、下記のアドレス(☆印を@に替えて)

stampxxstamp☆gmail.com

までお申し込みください。

または、トラッド目白2F エスケースタンプ目白店店頭で、直接お申し込みください。
(ご質問、お問い合わせはどうぞお電話で。TEL03-3980-8000)


イベントの詳細情報・参加に関する注意点等は、

STAMP×STAMP情報blog → こちら

でご覧いただけます。
お申し込みの前に、ぜひご一読下さいね。
今回も皆さま多数のご応募をお待ちしております!


ところで、
今回の展示に関しては、
テーマは〈 海 〉とだけ、今のところ決定しております。
いったいどんな海はんこが登場するか(本人にもまだわからず)、
どうぞお楽しみに!




そしてもうひとつ、
開催日は前後しますが。

7月7日(土)
鎌倉大町のヴィンテージ&クラフト雑貨のお店
patrone(パトローネ)さんで
patrone6月2
krabat 消しゴムはんこ受注会をさせていただきます。


patroneさんの大きなテーブルを1つお借りして、
夏が似合う爽やかな店内に1日在廊させていただきます。
なにせ素敵空間に似合ったためしがないおこめつぶですので、
ややキンチョーの夏。

とはいえ、現実逃避のピクニック気分がなくもなく、
あまり難しく考えず、興味を持って下さった方々と
はんこや切手を肴に1日楽しくおしゃべり出来ればと思っています。
また、特注はんこをご所望のお客様というと
ご自身もクラフトされている方が多いかと思うので、
他ジャンルの作家さんのお話をうかがえるのも、今から楽しみです。


一応内容は(ゆる〜く)、
消しゴムはんこの受注販売
「これのはんこがほしい」という図案をご持参されてもよし、
Krabatがご用意する切手図案からチョイスされるもよし、
お気に入りのカットと文字情報をドッキングもよし。
まずはお話をうかがって、仕様や価格などご相談の上受注させていただきます。
(8月を製作期間とするため、商品のお渡しは9月以降になる予定です。
 お急ぎの方はご注意ください。)
ご希望の図案をご自身でお持ちの方は、
当日、図案を画像ではなく、紙にプリントアウトしてご持参いただくと、
製作時間も受注価格も節約できるかもしれません。ぜひお願いします。


プチ・ワークショップ
初めて挑戦の方向けに
所要時間1時間程度の、簡単な図案をご用意します。
プチ・プライスでいろはの「い」を齧ってみませんか?
消しゴムはんこ、ちょっとやってみたかったという方おられましたら、
この機会にぜひ!


雑貨商品販売
消しゴムはんこ、紙雑貨など、
外国切手に関連したハンドメイド商品を中心に、
展示販売させていただく予定です。
時間が許す限りにおいて、目下製作中。

星座はんこ
…なにせ場所が
patroneさんなので、
商品選びも
キンチョー
&シンチョー

今回販売予定の
十二星座はんこ→
でおます。



と、一応こんなフォーマットでやってますが、
なにも注文せずとも、素敵空間でモジモジしているおこめつぶと、
patroneさんでのリラックスした時間を楽しんでいただけるだけで十分です。
ついでがあれば、ぜひ遊びに来て下さいね。
七夕だし、晴れるといいな!


〈 krabat 消しゴムはんこ受注会 〉

日 時  7月7日(土) 11時半〜18時
            (11時の開店時に入店しております。)
場 所  パトローネ店内
     鎌倉市大町1-10-25 三橋ビル2F(鎌倉駅徒歩8分)

  ご予約は特に必要ありません。先着順でお受けします。
  前のお客様との兼ね合いで、お待ちいただく場合があるかもしれません。
  あしからずご了承ください。


パトローネさんのTwitterは → こちら  




ところで、ついでに今patroneさんでは
クラフトフェア「Green Green」を開催中(23日(土)まで)。
先日、打ち合わせと納品のついでにじっくり拝見してきました。
patrone6月1
patroneさんが紹介するクラフト作家さんのなかでも屈指の人気shopが共演。
う〜ん、やっぱどれも素敵、ディスプレイも。

patrone6月3
ombrageさんの
超プチプチリース→

素敵過ぎて
こわい…



それから、20日(水)〜25日(月)は
なんと!大阪・梅田の阪急百貨店9F催事場でのイベント
「鎌倉・湘南スローライフ」に参加されるそうです。

patroneさん、初の関西進出!

おかげさまでKrabatも、
実家から横浜に戻った直後に連絡をいただき、
切手セット補充分
外国切手のトピカルセットを、血ヘド吐きながらご用意。↑(でも、楽しいのはなぜ?)


大町界隈の仲良し店数軒が、集まって出店されているそうですよ。
patroneさんのテーブルでは
上述の切手セットやハンガリー刺繍図案の紙箱など、
krabat関連商品もちょこっと混ぜていただいてます。
関西方面の皆さま、お時間あれば
梅田で乗り換えついでにぜひ覗いてみてくださいね!


以上、
情報出し忘れ、ないですかね?
では、7月のダブル・イベントへ向けて、
これからしばらくフル稼働で頑張りまーす。
(すでにヘトヘトなのはおいといて…)


ところで、
睡眠時間が減る一方のこのごろ。
毎晩深夜2時3時まで、夫婦で黙々と夜なべしてるんですが。
ダリオも負けじと夜なべに付き合って
結局こういうことに。↓
ダリオ抱枕1

ダリオ抱枕2 目の前に
 ←こういうのがいると、
 かえって仕事しづらい
 んですけど。

枕の抱き方もすっかり板につきました。

こうして、
TWO+ONEの夜は今日も更けて行くのでした…



続きを読む

PageTop

田舎の日曜日

またまた、久しぶりの更新です。

2軒の家を行ったり来たりの二重生活も、長くなって来ました。

再入院から3ヶ月経っても病状に光が見えない母親と、
疲れとストレスで言動がどんどん混乱していく父親。
ダークな緊張感の漂う実家通いで
こちらも体力気力ともに衰え著しく、

「このままでわ、夏までもたんぞ…」

と、「てにをは」までおかしくなるタイミングで、
フラッとやってきた2つのお知らせ。↓
滋賀イベント
どちらも、おこめつぶの(ある意味)ペンフレンドであり、
滋賀で〈 お手紙文化研究会 〉をやっておられる
赤いヤギさんからでした。

ヤギさんがお住まいの湖東で催されるハンドメイド・イベント
〈 ヘムスロイドの杜まつり 〉
草津市在住の木版画家 ひらやまなみさんの個展。


実家から横浜へ帰る道すがら、
滋賀県の米原駅で新幹線に乗り換えですので、
これはまさにうってつけと、
週末は滋賀で1日リフレッシュすることにしました。
今回はその1日のご報告です。



日曜日のお昼に
JR能登川駅でヤギさんと待ち合わせ、
まずはことうヘムスロイド村へ。
ヘムスロイド2018
山のふもとの森林公園に、ドドンと横断幕が。
田んぼと山に囲まれて、いかにものびのび過ごせそう。

「ヘムスロイド」とは、
スウェーデン語で「手工芸」の意味だそうで、
旧・湖東町(現・東近江市)と
手工芸の盛んなスウェーデン・レトビック市との
姉妹都市交流から名付けられたそうです。
今どきの北欧ブームとは、どうやら無関係。

ヘムスロイド1
緑の敷地に130店のカラフルなテントが並びます。
お土地柄もあるのか
陶芸、木工、レザークラフトが多い中、
今年は帆布バッグのショップがぐっと増えたそう。(ヤギさん談)
地元滋賀を中心に、東海・関西圏の出展者さんがメインですが、
なかには静岡・東京などからも来られてたり。

皆さん、技術もプロダクト力も大変なもので、
長年本格的に活動されている印象でした。
作品にも、好きなことに地道に打ち込んで来た貫禄が滲み出てて。


思わず目を奪われたものをご紹介しますと…

ヘムスロイド5

こちらのお店で→
東近江市が生んだ
交通安全系人気キャラ、
飛び出し注意の
〈とび太くん〉革小物、
発見。↓

とび太くん財布 ←イケてますネ。
 個人的には
 DDRの
 アンペルマン
 グッズより
 買いです。


ウッドクラフトのランプシェード。↓
ヘムスロイド3
形や構造が面白くて、じーっと観察してしまいました。
微妙に北欧っぽい?ヘムスロイドだけに。


ヘムスロイド4








 それから
 ←キレイな白髪頭の
 お父さん、自信作
 ↓1円玉まぶしい!

ミクロの道具箱
じゃなくて、
ミクロの
道具箱
。→

これ、
接着剤だけでなく
全部本物と
同じように
軸棒にヘッドを
嵌め込んで
接着してます。
棒の横っちょには
止め金具まで…

まるで巨大1円玉の幻覚を見てるようでもあり。
小さきものにはちょっとうるさい私めも、脱帽。


村内にはいくつか工房もあり、
地元の作家さん方が借りられているそうで。
展示販売されていたガラス工房をのぞいてみました。
ヘムスロイド2
お天気がいい日はガラス器が一段と美しいですね〜


会場はまわりになにもない田舎の山里だけに、
出展者さんもお客さんも、
車がないとちょっと参加しにくい場所ではありますが、
だからこそ、とにかく運営・管理が万全
マーケット以外にも駐車場、飲食の露店、総合案内、休憩所、ライヴスペースと、
どのエリアもスムーズに機能していて、快適。
マーケットもほどよい規模で、疲れません。
主宰さんだけでなく、地域の方々が一丸となって
イベントをしっかりサポートしてないと、こうはならないんだろうなあ。
ヤギさん(元ボランティア・スタッフ)のお話では、
出展者さん用に宿泊施設(合宿所?)や炊き出しもあるそうで。

また、お客さんもスタッフさんも老若男女、
いろんな年齢、文化圏の方が和やかに集っていて、
村の鎮守の縁日的な雰囲気。
これも、ターゲットの層が決まっちゃってる今どきのイベントでは
あんまり味わえない雰囲気だなあと感心しました。

ピクニックスペースでは家族が何組も芝生に座ってお弁当を広げてたり、
田んぼの用水路らしき小川で子供達がキャッキャと水遊びしてたり、
ヘムスロイド村全体がのどかな癒し空間。

実はちょっとだけ、Krabatも参加可能かどうか、
下見な気持ちもあったのですが、
結局そんなの、どこへやら…



さて、次はJR能登川駅方面へ取って返して、
ひらやまなみさんの個展会場である、古民家カフェ&ギャラリー
ハクモクレンさんへ。

なみさんとは、
2年前の夏、初めてヤギさんとお会いしたときに、
ヤギさんのお友達として、たまたまご一緒したのですが。
その後、実は
同大学の同学部に同時期に在籍していたことが判り、
急激にシンクロ率アップ。
偶然が偶然を呼ぶ、不思議なご縁です。
楽しみにしていた今回の個展へ、いざ!


美しくリノベされた古民家を広々と使った
気持ちのいいギャラリー。
なみさん個展
ポストカードも作られている〈近江の風景〉の連作や、
野鳥、猫、草木などをモチーフにした最近作が展示され、
奥では版木もじっくり拝見出来ました。


ひらやまなみ2
 生活のなかにある
 身近なテーマを
 彫って20年。

 2008年には
 幻冬舎ルネッサンスから
 画文集
 『きょうもいい日』
 を出版されました。

 大学では
 なみさんが
 後輩でしたが、
 ものづくりでは
 大先輩っすね。

ひらやまなみ1
しばらく前、
ご家族に黒猫が
加わったそうで、
さっそく
作品に登場→

ダリオまで
シンクロ!



たった2、3色の組み合わせで、
独特の暖かい色鮮やかさを生む木版画。
色数が制限されたなかで、
なにをどんなふうに配置し、配色するか。
なにを彫り、なにを残すか。
製作の過程を想像しながら観ると、
その創意や工夫が忍ばれて、また面白いです。

なみさんのように、
「好きだ」「心地いい」と感じるものを、
素直に純粋に表現されている方の作品は、
観ていてとても和みますね。それにちょっとうらやましい。
私のようなひねくれ者は、なにをやっても
ひねってひねって迷宮入りの繰り返しで…
なみさんの版画から、
シンプルなものの訴求力を実感させていただきました。



日曜のギャラリーは大盛況で、
お客様がひっきりなしに訪れるなか、
作品観賞後は、カフェスペースで
ヤギさんとホッと一息。
窓辺のテーブルから、
昔の薄いガラスを通して見える、揺らいだお庭がステキで…
ハクモクレン

お客様の出も落ち着いた頃、
なみさんご本人もテーブルに合流し、
ものづくりのこと、好きなもののこと、今考えていること、
あれこれ楽しくおしゃべりしているうちに、
あっという間に閉店時間に。

名残惜しくはあるけれど、
ヤギさん、なみさん、不思議なご縁のお二人と
次は東京・人形町での再会(ということは、例の…)を約束して、
今回の湖東探訪はとりあえず終了。
いつかまた、お会い出来る日を楽しみにしています!

滞在6時間の小トリップでしたが、
しばし自分の苦境からはなれ、
山のおいしい空気を吸いながらリフレッシュ出来ました。
愛車でアテンドしてくださったヤギさん、
ほんとにお世話になりました。
素敵な田舎の日曜日を、どうもありがとうございました!


…という記事を、なるだけ早く、
せめてなみさんの個展開催中にアップしたかったんですが、
悲しいかな、横浜へ戻った途端、〆切仕事の嵐。
その他、優先事項が折り重なってるうちに、
今日はもう、6月なのですね。トホホホ…


気をとり直して
ブロッケン山から次のお便りは、
どうもタイミング的に、
7月のはんこ戦士出撃予告(←気合いの表れ)になりそうです。
7日(土)にpatroneさんでの受注会、
21日(土)にSTAMP×STAMPワークショップ、
7月が、どうやら今年の天王山。
せめてそんなに暑くならないことを希望しつつ…


続きを読む

PageTop